漁船タクシーでビワイチを気軽に…マリオットホテル企画

滋賀県守山市の琵琶湖マリオットホテルでは、2020年9月18日(金)~11月29日(日)の期間、金・土・日曜および祝日限定で、琵琶湖を漁船タクシーでショートカットすることでサイクリストが気軽にビワイチを楽しめるアクティビティ「Let’s Go Petit-BIWAICHI!」を発売。

琵琶湖一周約200kmを自転車で走破する「ビワイチ」は、ロードバイクに乗るサイクリストの憧れと言われるロングライド。2019年11月には国土交通省自転車活用推進本部によって第1次ナショナルサイクルルートの1つに認定された。ホテルでは自転車を軸とした観光振興を掲げる守山市とともに、ビワイチを活用した企画を通じて滋賀県ならではのサイクルトリップを提案している。

アクティビティでは、ビワイチの途中、自転車ごと漁船に乗って湖をわたる。漁船タクシーでサイクリングルートをショートカットし、気軽にビワイチを挑戦することができる。漁船の上では、はじける水しぶきや湖風を全身に浴びながら、サイクリングとはまた違った琵琶湖の秋の景色を堪能できる。

サイクリングの後はホテル館内のレストランや温泉で利用できるクーポンで、ゆっくりと身体を労わるひとときも。紅葉を楽しめる絶好のビワイチシーズンに、琵琶湖マリオットホテルで楽しもう。

Let’s Go Petit-BIWAICHI!とは?

琵琶湖で活躍する現役漁師が操舵する漁船で、大溝港(高島市)・長命寺港(近江八幡市)・木浜漁港(守山市)の3つの港から、乗船・下船地を自由に選んだ航路を進み、ビワイチルートをショートカット。体力や時間に合わせて気軽にビワイチを楽しむことができる。

ルートの途中には約500本のメタセコイアが約2.4km並ぶ絶景や、風情ある街並みの並ぶ近江八幡など、滋賀県を代表する観光スポットが点在。サイクリングだけでなく、びわ湖観光も満喫。 
 
おすすめビワイチルート例

初級者向け
琵琶湖マリオットホテル~近江八幡観光~《長命寺港→木浜漁港》~琵琶湖マリオットホテル
(サイクリング総走行距離:約20km、ビワイチ漁船タクシー乗船時間:約30分)
初~中級者向け
琵琶湖マリオットホテル~近江八幡観光~《長命寺港→大溝港》~琵琶湖大橋~琵琶湖マリオットホテル
(サイクリング総走行距離:約50km、ビワイチ漁船タクシー乗船時間:約60分)
中級者向け
琵琶湖マリオットホテル~近江八幡観光~メタセコイア並木~《大溝港→木浜漁港》~琵琶湖マリオットホテル
(サイクリング総走行距離:約110km、ビワイチ漁船タクシー乗船時間:約60分)

★おすすめ立ち寄りスポット

メタセコイア並木(高島エリア)

約500本のメタセコイアが約2.4km並ぶ、滋賀県を代表する観光スポット。「新・日本街路樹百景」に選定され、秋には黄色から赤に染まる美しい紅葉が楽しめる。
【所在地】滋賀県高島市マキノ町蛭口~牧野

近江八幡の水郷(近江八幡エリア)

水郷と近江商人の伝統が息づく近江八幡エリア。豊臣秀吉時代に城下町として栄え、今も風情が残る街並みは、国の伝統的建造物群保存地区に選定されている。情緒を感じる水郷めぐりは滋賀観光の定番。
【所在地】滋賀県近江新町 ほか

日程:2020年9月18日(金)~11月29日(日)の金・土・日曜・祝日
内容:・漁船タクシー乗船(大溝港・長命寺港・木浜漁港のうち2拠点間、 往路のみ)
     大溝港 9:30~14:30発 / 長命寺港 9:00~15:30発 / 木浜漁港 9:30~14:30発
     ※ご希望の乗船地・乗船時刻をお伺いいたします。 
   ・ホテル館内レストランまたは日帰り温泉入浴でご利用いただけるクーポン
       レストラン:お会計料金から10%オフ(ティータイム 11 :00~17 :00利用)
       日帰り温泉:1名様245円引き(通常料金:1045円、 税込)
料金:1名様 2,000円
定員:1組貸切 1隻 2~7名様

※ご予約は2名様より、 5日前までの事前予約制となります。 
※表示料金には別途消費税を加算させていただきます。 
※料金には、 ビワイチ漁船タクシー乗船、 乗船中の保険、 記念品を含みます。 
※当日の天候により、 中止となる場合がございます。

●琵琶湖マリオットホテルのホームページ

サイクリング & カヤックで琵琶湖を満喫

湖畔の風や匂いを全身に感じながら走る「サイクリング」と、 湖上で自然との一体感を楽しむ「カヤック」。 琵琶湖を代表する2つのアクティビティを1度に体験いただけるイベントを開催いたします。 琵琶湖大橋をサイクリングとカヤックで横断、 湖上からと欄干から琵琶湖での滞在をご堪能いただけます。 ホテル特製のランチボックス付きでピクニック気分も楽しめます。 

Let’s Go Petit-BIWAICHI!
日程:2020年9月13日(日)、10月18日(日)
時間:9 :45~15 :00
内容:
09:45 「ジャイアントストアびわ湖守山」で自転車のサイズあわせ
10:00 サイクリング 約15~30km
             カヤック 約1~2時間
             途中でランチタイム(ホテルよりランチボックスをお持ちいただきます)
15:00 ホテル帰着
料金:1名 1万円
※表示料金には別途消費税を加算 
※料金にはクロスバイク、ヘルメット、ミネラルウォーター、ランチボックス、サイクリングガイド、カヤック体験保険を含む
※当日の天候により、内容の変更または 中止となる場合も

初めてビワイチに挑戦する人が学習しておきたいホームページ

滋賀を自慢したくなるローカルメディア「しがトコ」が近年注目を集める琵琶湖サイクリング「ビワイチ」の裾野拡大を図るためのWebサイト『Ready for BIWAICHI MORIYAMA』を制作。守山市ホームページで公開した。

琵琶湖岸などの美しい景観を楽しみながら行えるサイクリング「ビワイチ」は、2019年11月に国土交通省自転車活用推進本部が指定するナショナルサイクルルート第1号に選ばれるなど、近年高く評価されている。

守山市は「ビワイチ」ルートの中でも最も人気なスポットの一つ「琵琶湖大橋」の根本部分に位置し、「ビワイチ発着地」として自転車を活用したまちづくりが展開されている。レンタサイクル拠点や駐車場、温浴施設など、ビワイチユーザーにとって魅力的な民間施設が続々とオープンするなど「ビワイチ」での重要なエリア。

今回、公開したWebサイト『Ready for BIWAICHI MORIYAMA』は、初めて琵琶湖でのサイクリングをする人を対象に、ビワイチの準備方法や自転車の選び方などを伝える内容。20~30代へのビワイチユーザの裾野拡大を目指し、親しみやすいコンテンツで設計した。同時に「ビワイチ発着地」としての守山市を訴求することで、守山市の魅力もPRし観光促進や消費喚起も目指しているという。

制作は、守山市に拠点に置く滋賀のローカルメディア「しがトコ」の編集チームが担当。実際に市内店舗の取材やユーザインタビューを実施、それらをもとにコンテンツ化している。また、「ビワイチ準備動画」も作成。動画はビワイチを始めたいと思ってる守山市内の大学生をモデルに起用するなど、リアルで分かりやすい内容で制作した。

ホームページでは新たに描き下ろしのオリジナルイラストを制作。ターゲットを初めて琵琶湖サイクリングに挑戦する20代に想定し、若い世代のユーザーにも興味を持って受け入れられるようなタッチに調整。

コンテンツ制作にあたっては、実際に市内店舗を取材にまわり、またビワイチへの興味層にもインタビューなども実施しコンテンツ化している。 

<ホームページの詳細>
【タイトル】Raady for BIWAICHI MORIYAMA
【公開日】2020年3月27日(金)
【公開場所】守山市ホームページ


ビワイチ準備動画も同時公開!

動画でも、 「自転車の選び方」「乗り方」といったビワイチの基本的なことを切り口に、 守山の魅力を伝える内容として構成。 登場する3人のモデルは、 いずれも滋賀県内に在住し、 ビワイチを始めてみたいと考えている大学生。 実際に自転車に乗り、 琵琶湖大橋をサイクルすることで、 守山発着のビワイチの魅力を感じてもらいました。

<動画の詳細>
【タイトル】ビワイチ準備動画「ビワイチ始めてみよう」
【公開日】2020年3月27日(金)
【公開場所】守山市ホームページ


琵琶湖一周200kmをサイクリングするビワイチ

日本一の琵琶湖一周約200kmをサイクリングする「ビワイチ」は、湖岸に美しい風景が広がり、ゆっくり走る家族連れからスポーツとして楽しむサイクリストまで、それぞれのペースで快適にサイクリングを楽しむことができるサイクリングコース。

200kmは走り慣れたサイクリストなら1日で走れる距離だが、おすすめは2~3日かけて宿泊し、滋賀県内をゆっくり観光・食事を楽しみながら走るビワイチ。ビワイチを完走したことで得られる達成感、高揚感、満足感に加え、ルート沿いの美しい風景や歴史遺産、滋賀の郷土食など数多くの魅力的なスポットをゆっくり楽しめるのが大きな特徴。また、琵琶湖大橋北側150kmや南側50kmだけを走るコース、さらには琵琶湖を船で横断しショートカットするコースもある。


滋賀を自慢したくなるローカルメディア「しがトコ」
FacebookやInstagramなど、SNSを中心に“滋賀のええトコ”を発信し、Facebookファン数は滋賀県No.1の4万人を突破するローカルメディア。Instagramではハッシュタグ「#しがトコ」が、投稿数19万8000件を超えるなどし、滋賀県内では有数のインターネットメディア。独自の視点でのコンテンツ制作や滋賀県などの行政組織とのタイアップなど、“滋賀を自慢したくなる“をテーマにコンテンツを発信している。 
○しがトコWebサイト