ガンナ3勝目、アルメイダ首位死守…ジロ・デ・イタリア第14S

第103回ジロ・デ・イタリアは10月17日、コネリャーノ〜バルドッビアデーネ間の34kmで第14ステージとして個人タイムトライアルが行われ、イネオス・グレナディアスのフィリッポ・ガンナ(イタリア)がトップタイムで優勝。初日の個人タイムトライアル、第5ステージに続いて今大会3勝目を挙げた。

タイムトライアル世界チャンピオンのアルカンシエルを着て走るフィリッポ・ガンナ ©Fabio Ferrari/LaPresse

イタリア選手がジロ・デ・イタリアの1大会で個人タイムトライアル2勝を挙げたのは1990年に総合優勝したジャンニ・ブーニョ以来。25歳以下の選手としては1994年のエフゲニー・ベルツィン(ロシア)以来。

2020ジロ・デ・イタリア第14ステージは個人タイムトライアル ©Marco Alpozzi/LaPresse
大会初日の個人タイムトライアルを含め今大会3勝目を挙げたガンナ ©Jennifer Lorenzini/LaPresse

第3ステージで首位に立ち、マリアローザを着用しているドゥークニンク・クイックステップのホアン・アルメイダ(ポルトガル)は6番手の好記録。総合2位ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、サンウェブ)との差を40秒から56秒に広げた。

マリアローザのアルメイダも好調の走り ©Fabio Ferrari/LaPresse
2020ジロ・デ・イタリア第14ステージ ©Marco Alpozzi/LaPresse
ステージ2番目のタイムを記録したローハン・デニス(左)とそれを破ったチームメートのガンナ ©Jennifer Lorenzini/LaPresse

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)ホアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥークニンク・クイックステップ)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
マリアアッズーラ(山岳賞)ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル、EF)
□マリアビアンカ(新人賞) ホアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥークニンク・クイックステップ)

アルメイダがステージ6位の好記録でマリアローザを死守 ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse

第13ステージにもどる≪≪   ≫≫第15ステージにすすむ

2020ジロ・デ・イタリア出場176選手リスト
🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集サイト
🇮🇹2020ジロ・デ・イタリア関連ニュース(まとめページ)
●ジロ・デ・イタリアのホームページ

負傷棄権のエースがガンナに託した勝利…ジロ・デ・イタリア第5S

第103回ジロ・デ・イタリアは10月7日、ミレート〜カミーリャテッロシラーノ間の225kmで第5ステージが行われ、フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアス)が独走勝利して第1ステージの個人タイムトライアルに続く2勝目を挙げた。

イネオス・グレナディアスのフィリッポ・ガンナ ©Fabio Ferrari/LaPresse

「昨日、ゲラント・トーマスから逃げに乗れというメッセージを受け取った」というガンナが歓喜のゴールを見せて、スキーリゾートに集まったイタリアファンをにぎわせた。

ガンナはトラック競技で4度の世界タイトルを持つスピード系選手。9月25日にイタリアのイモラで開催された世界選手権エリート男子タイムトライアルで優勝している。今大会の1勝目も個人タイムトライアルで、ガンナが集団スタートのラインレースで優勝したのはプロ初。アマチュア時代の2016年にU23パリ〜ルーベで優勝して以来。

ジロ・デ・イタリア第5ステージ。いよいよイタリア半島での戦いへ ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse
2020ジロ・デ・イタリア第5ステージ ©Fabio Ferrari/LaPresse

「第1集団は総合成績の上位につける選手もいて、強い選手ばかりだった。この日の最初の計画は逃げ集団に加わることではなかったが、チームメートのサルバトーレ・プッチョと一緒に行って逃げに乗ることができた」とガンナ。

「プッチョは一日中ボクに助言してくれた。彼は自分でレースに勝つわけではないが、チームの本当のリーダーだ。ボクにとって兄弟のようなもの」

第1ステージの個人タイムトライアルに続いて区間勝利したガンナ ©Massimo Paolone/LaPresse

チームは、総合優勝を目指したエースのゲラント・トーマスが第3ステージで落車して負傷。第4ステージをスタートせずに大会を離れた。

「トーマスからアタックするようにとメッセージを受け取った。峠の頂上でトップになってアドバンテージを持った。多くのリスクを取ないようにしたが、下りコーナーで路側の壁をあまりにも近くから見ることになったのは確かだ」

独走勝利したガンナをあとから到着したチームメートが祝福 ©POOLFabio Ferrari/LaPresse /RCS

個人総合成績ではドゥークニンク・クイックステップのホアン・アルメイダ(ポルトガル)が首位を守った。

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)ホアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥークニンク・クイックステップ)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
マリアアッズーラ(山岳賞)フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアス)
□マリアビアンカ(新人賞) ホアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥークニンク・クイックステップ)

ポイント賞のペテル・サガン ©Gian Mattia D’Alberto – LaPresse
アルメイダがマリアローザをキープ ©Massimo Paolone/LaPresse

第4ステージにもどる≪≪   ≫≫第6ステージにすすむ

2020ジロ・デ・イタリア出場176選手リスト
🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集サイト
🇮🇹2020ジロ・デ・イタリア関連ニュース(まとめページ)
●ジロ・デ・イタリアのホームページ

世界チャンピオンのガンナが最速…ジロ・デ・イタリア開幕

第103回ジロ・デ・イタリアが10月3日にシチリア島で開幕し、第1ステージとして行われた距離15.1kmの個人タイムトライアルで、この種目の世界チャンピオン、フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアス)が初優勝。総合成績でも首位に立った。大会は25日にミラノにゴールする。

フィリッポ・ガンナ ©LaPresse

モンレアーレ〜パレルモ間で異例のジロ・デ・イタリアがスタートした。本来なら開幕はハンガリーのブダペストで5月9日。ハンガリーで3ステージを行う予定だった。しかしパンデミックによりハンガリー政府が非常事態を宣言。大規模なイベント開催を禁止したため、国際的なイベントを開催することが不可能になった。

シチリア島で開幕した2020ジロ・デ・イタリア ©Fabio Ferrari/LaPresse

大会はまず開催延期を発表し、10月3日開幕を決定。新たな開幕地を模索してシチリア島に決定。シチリア島はこれで9回目のグランデパールとなる。今回は4ステージが行われる。

当初計画でもシチリア島はハンガリーで3ステージをこなした選手らが次に迎えるレースコースだった。第4〜第6ステージが行われる予定だったが、新コースでは一部を修正して合計4ステージとした。

タイムトライアル世界チャンピオンのアルカンシエルを着るガンナ ©Fabio Ferrari/LaPresse

初日は1週間前にイタリアのイモラで行われた世界選手権でタイムトライアル世界チャンピオンとなったガンナがその貫禄を示してトップタイム。その平均時速は58.831kmで、これまでのグランツールにおける個人タイムトライアルで最速記録。またジロ・デ・イタリアでの初日の個人タイムトライアルでイタリア選手として優勝したのは、2006年のパオロ・サボルデッリ以来。

ガンナはステージ優勝だけでなく、総合1位のマリアローザ、ポイント賞、新人賞の3部門でいきなりトップに立った。

世界チャンピオンのガンナが初日のたい美海トライアルで優勝 ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse

「これは自分自身のプライドだけでなく、イタリア国家とイタリアサイクリング界の誇りだ」とガンナ。

「とにかくきれいに乗ることを心がけた。トラック競技で4つ、タイムトライアルで1つの世界チャンピオンになったが、今日はこの素晴らしいジャージを獲得できた。これだけでキャリアを終えないことを願っている。これからもっと実績を積み上げたい。明日からはキャプテンのゲラント・トーマスを助けるために働く」

第1ステージで優勝し首位に立ったガンナ ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse
アンバサダーのフィギュアスケート世界チャンピオン、カロリーナ・コストナーがフィリッポ・ガンナと記念撮影 ©LaPresse

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアス)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアス)
マリアアッズーラ(山岳賞)リック・ツァベル(ドイツ、イスラエルスタートアップネーション)
□マリアビアンカ(新人賞) フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアス)

≫≫第2ステージにすすむ

2020ジロ・デ・イタリア出場176選手リスト
🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集サイト
🇮🇹2020ジロ・デ・イタリア関連ニュース(まとめページ)
●ジロ・デ・イタリアのホームページ

イタリアのガンナが世界選手権タイムトライアルでチャンピオン

イタリアのフィリッポ・ガンナが9月25日にイタリアのイモラで開催された世界選手権エリート男子タイムトライアルで優勝した。所属チームはイネオス・グレナディアス。距離31.7kmを35分54秒10、平均時速52.978kmで走破した。

フィリッポ・ガンナのスタート ©Ilario Biondi/BettiniPhoto©2020

2位は26秒72遅れでベルギーのワウト・ファンアールト、3位は29秒80遅れでスイスのシュテファン・キュング。

ガンナはトラック競技の個人パシュートで4回の世界チャンピオンとなった実績があるが、ロード競技での世界チャンピオンはこれが初めて。

イネオス・グレナディアスに所属するガンナ ©Dario Belingheri/BettiniPhoto©2020

●世界選手権エリート男子タイムトライアル
1) GANNA Filippo (Italy) km 31.7 in 35:54.10 average speed 52.978 km/h
2) van AERT Wout (Belgium) +26.72
3) KUNG Stefan (Switzerland) +29.80
4) THOMAS Geraint (Great Britain) +37.02
5) DENNIS Rohan (Australia) +39.76
6) ASGREEN Kasper (Denmark) +47.13
7) CAVAGNA Remi (France) +48.35
8) CAMPENAERTS Victor (Belgium) +52.81
9) DOWSETT Alex (Great Britain) +1:06.38
10) DUMOULIN Tom (Netherlands) +1:14.06

ベルギーのワウト・ファンアールト ©Dion Kerckhoffs/CV/BettiniPhoto©2020
スイスのシュテファン・キュング ©Dario Belingheri/BettiniPhoto©2020

祝福は後回し。ジロ・デ・イタリアではトーマスをサポート

「このアルカンシエルは私にとって夢だった」と新世界チャンピオンは、表彰式後に家族と抱き合った後、興奮して言った。

「この成果を祝いたいけど、今は(来週開幕する)ジロ・デ・イタリアに集中し続ける必要がある。私は第1ステージをターゲットにし、その後は総合成績のエースであるゲラント・トーマスを助けたい」

フィリッポ・ガンナを中央に左が2位ワウト・ファンアールト、右が3位シュテファン・キュング ©Dario Belingheri/BettiniPhoto©2020

ガンナはティレーノ・アドリアティコが終わるとすぐに高地トレーニングを行った。非常に重要なプログラムで、信号がなく、ポケットに入れたスマホはほとんどWi-Fiに接続せず、ソーシャルメディアのフィードを読むことができなかったという。この日の大本命であるガンナは、それがプレッシャーを抑えるのに役立った。

「今日はどうしてもうまくやりたいと思った。昨夜、イタリアのカッサーニ監督に『明日は勝ちたい』と伝えるテキストを送った。その結果に達し、本当に幸せだ。今日の優勝候補はファンアールトのような素晴らしいチャンピオンで、ほんの数日前に彼はチームをツール・ド・フランスのトップに近づけた。この勝利をだれに捧げますか? 私の愛する人たちに。ロックダウンという困難な時期に、一歩を踏み出すのはあなたの考え方次第だと、両親は私が子供の頃から教えてくれた」

アルカンシエルを着たガンナ ©Luca Bettini/BettiniPhoto©2020

●大会ホームページ
●Liveサイト Live!
●facebook
●twitter
●Instagram
●YouTubeのUCI channel Live!

表彰式後に家族と感激の抱擁。2020世界選手権エリート男子タイムトライアル ©Luca Bettini/BettiniPhoto©2020