パリ五輪採用のブレイキン国際大会で日本勢連覇ならず

レッドブルは日本時間の11月7日にポーランドのグダニスクで世界最高峰の1on1ブレイキンバトル世界大会、Red Bull BC One World Final 2021を開催。2020年のRed Bull BC One世界チャンピオン、Shigekix(19歳、大阪府)含め、日本勢は国別では最多となる5選手が出場したが、優勝ベルトを日本に持ち帰ることはできなかった。

B-Girlを制したLogistx ©Gniewko Głogowski / Red Bull Content Pool

2004年に初開催し、18回目を迎えるWorld Finalに向けて、2021年は世界26カ国以上で行われた予選とオンラインのE-Battleを開催。9月に開催した日本代表決定戦勝者のB-Girl Ayane(23歳、大阪府)とB- Boy Nori(35歳、茨城県)、そしてE-Battle勝者のB-Girl Ayumi(38歳、京都府)が11月5日に開催されたRed Bull BC One Last Chance Cypherに挑み、NoriとAyumiがWorld Final出場権を獲得。2020年のWorld Finalに出場しているAyaneは、残念ながら2021年は一歩及ばなかった。

フレアロックと日本のShigekix(奥)のワンオンワン ©Romina Amato / Red Bull Content Pool

World Finalからはワイルドカード(招待選手)としてB- Girl Ram(20歳、神奈川県)とRed Bull BC One B- Girl初代チャンピオン(2018年)Ami(22歳、埼玉県)、そして2020年のRed Bull BC OneチャンピオンShigekix(19歳、大阪府)が参戦した。

Shigekixの連覇はならなかった ©Little Shao / Red Bull Content Pool

優勝候補と目されていた日本人選手たちだが、Top16でNoriとAmiが、続くTop 8ではAyumi、RamだけでなくShigekixまでが敗退。大会後にShigekixは、「すごく悔しい結果になってしまいました。去年優勝し、史上初の2連覇がかかっているのは自分にとってモチベーションになる状況で、強くなるために自分と向き合っていろいろなことを経験し挑戦をしてきた1年でした。この1年やってきたことを否定するつもりはないので、このままもっと強くなって帰ってくることが今できることかと思います」とコメント。

Ayumi ©Romina Amato / Red Bull Content Pool

2018年にスタートしたB-GirlのWorld Finalは、B-Boyと同じLast Chance Cypherを含むフォーマットでの初開催となった2021年、B-Girlの世界チャンピオンに輝いたのはカリフォルニア生まれの米国人Logistx(ロジスティックス)だった。

米国のLogistxが圧巻のダンスを披露した ©Little Shao / Red Bull Content Pool

初優勝にLogistxは「まるで夢のようです。Red Bull BC Oneはずっと手に入れたいタイトルでしたので、この瞬間を何度も思い描いていました。今私が身に付けているのは単なるベルトではなく、またタイトル獲得を表すだけのものでもありません。私の価値観や倫理観など、私がフロアで表現したいものを体現してくれるものです。私がこれを手に入れるためのエナジーを与えてくれた会場のみなさんに感謝します」とコメントした。

B-girl Logistx ©Little Shao / Red Bull Content Pool

Shigekixに代わって初めてRed Bull BC One世界チャンピオンに輝いたAmir(アミール/カザフスタン)は「踊っている最中に魂と心にパワーを感じました。その力をあのステージで発揮できたことを嬉しく思います」と付け加えた。

Red Bull BC One World Final 2021はRed Bull TV、Red Bull BC One YouTubeチャンネルで見逃し配信で視聴できる。また11月19日(金)23:00より、WOWOWライブで総集編の放送も予定している。

B-Girl Logistx ©Adrian Rudd / Red Bull Content Pool

日本から男女6選手…Red Bull BC Oneはライブ配信で

世界最高峰の1on1ブレイキンバトルの世界大会、Red Bull BC One World Final 2021(レッドブル・ビーシーワン・ワールドファイナル2021)がポーランドのグダニスクで日本時間の11月7日に開催される。

日本のB-Boy、B-GirlはBC One優勝候補ばかり

ブレイキンとは通称ブレイクダンスと呼ばれるアクロバティックな動きを取り入れたダンスで「Hip-Hop」文化を構成する要素の一つ。ダンサーたちのことをB-Boy、B-Girlと呼ぶ。

日本からはCypher Japan勝者のB-Girl Ayane(23歳、大阪府)とB-Boy Nori(35歳、茨城県)、E-Battle勝者のAyumi(38歳、京都府)がLast Chance Cypherから参戦。

Red Bull BC One B-Girl初代チャンピオンのAmi ©Dean Treml/Red Bull Content Pool

World Finalからは、B-Girl Ram(20歳、神奈川県)とRed Bull BC One B-Girl初代チャンピオンのAmi(22歳、埼玉県)、そして2020年のRed Bull BC One世界チャンピオンShigekix(19歳、大阪府)がワイルドカード(招待選手)として参戦する。

Ram以外の5名全員がWorld Final出場経験者と日本選手は優勝候補の一角を占めている。

2020年のRed Bull BC One世界チャンピオンShigekix(右)、左はロシアのカステット ©Dean Treml/Red Bull Content Pool

ライブ配信は、Last Chance Cypherが日本時間の11月5日(金)、World Finalは日本時間の11月7日(日)に行われる。

Ami。2018年にスイスで行われたRed Bull BC One World Final B-Girl Battle ©Romina Amato/Red Bull Content Pool
Shigekix。2020年にオーストリアで行われたRed Bull BC One ©Little Shao/Red Bull Content Pool

Ami(1998年12月11日生まれ、埼玉県出身)

Ami ©Little Shao/Red Bull Content Pool

湯浅亜実。今でもお気に入りのムーブに挙げるウィンドミルを学びたいと思ったことが10歳でブレイキンを本格的に始めたきっかけ。姉のB-girl Ayuと成し遂げたBattle of the Year 2016 2 on 2 B-Girl優勝をはじめ、Silverback Open 2017 B-Girl優勝、Undisputed World B-Boy Series 2017 B-Girl優勝、そしてRed Bull BC One B-Girl初代チャンピオンに輝く。
●もっとプロフィールを読む

Ayane (1997年11月26日生まれ、大阪府出身)

AYANE ©Jason Halayko/Red BullContent Pool

幼稚園でダンスに出会い、小学4年生の時に見たダンスバトルに衝撃を受けブレイキンを始める。B-Girlの世界大会Battle Opsession 2015やBOTY B-Girl 1on1 Battle International Final 2018など数々の世界大会で優勝。キッズの頃から国内外で活躍するメンバーで構成の 「浪速平成シスターズ」でも活躍。
●インタビューサイト

Ayumi(1983年6月22日生まれ、京都府出身)

Ayumi ©Little Shao/Red Bull Content Pool

2004年に姉から教わったことがきっかけでブレイキンを始める。数々の国際大会で優勝・好成績を修め、現在は世界でも注目される’Body Carnival ’のメンバーとして ショー、コンテスト、バトルイベント、インストラクターとしてさまざまな活動を展開している。
●インタビューサイト

Nori(1986年9月26日生まれ、茨城県出身)

NORI ©Little Shao/Red Bull Content Pool

高校卒業後、東京を拠点に活動。The Floorriorz所属。Red Bull BC One World Finalに4度出場(2013、2016、2018、2019年)し、 国内の現役世代随一の経験と実力を誇る。

Ram(2001年4月11日生まれ、神奈川県出身)

Ram ©Little Shao/Red Bull Content Pool

5歳からブレイキンを始める。初めて正式競技に採用された第3回ユースオリンピック競技大会(2018年ブエノスアイレス)にて、「女子ブレイキン(個人)」、「混合団体」で金メダルを獲得。「川崎市スポ―ツ特別賞」を最年少受賞。2017年10月からThe Floorriorzに加入。

Shigekixx(2002年3月11日生まれ、大阪府出身)

Shigekix ©Little Shao/Red Bull Content Pool

半井重幸。姉Ayaneの影響により7歳の時にB-Boyingを始める。11歳で世界大会に挑戦を始め、Kidsの世界大会を総ナメにする。2017年に史上最年少記録となる15歳でRed Bull BC One World Finalに初出場し、2018年ブエノスアイレスユースオリンピックで銅メダル獲得。国際大会優勝数は45回。
●もっとプロフィールを読む

Red Bull BC One World Final 2021
開催日時 :11月7日(日 )午前2:00~6:00(日本時間、終了時刻は予定)
開催場所 :ポーランド・グダニスク
内容:2021年の世界No.1 B-Boy、B-Girlを決める大会
配信:
・Red Bull TV (午前4:00/Top 8~、ライブ&見逃し配信)
●対応アプリ入手
*Ultra HD / Dolby Atmos対応
YouTubeでも視聴可能
・(午前2:00/ Top16~、ライブ&見逃し配信)
YouTube
・WOWOWオンデマンド(午前2:00/ Top16~、ライブ&見逃し配信)
・WOWOWライブ(11/19[金]23:00~総集編)
※WOWOWオンデマンドで同時配信

●Red Bull BC Oneのホームページ

姉Ayaneと同時参戦のShigekixがブレイクダンス世界大会優勝

世界最高峰の1on1ブレイキン(ブレイクダンス)バトルの世界大会、Red Bull BC One World Final 2020が日本時間の11月29日(日)午前4時から6時30分にオーストリアのザルツブルクで開催され、大阪府出身のShigekix(シゲキックス)が優勝。大会史上最年少の世界チャンピオンとなった。

Shigekixがブレイキン(ブレイクダンス)バトルの世界大会で最年少優勝 ©Little Shao/Red Bull Content Pool

大会には世界トップクラスのB-Boy、B-Girl計16選手が出場し、日本からは2020年全日本ブレイキン選手権チャンピオンのShigekixと、その姉Ayaneの姉弟が参戦した。

Red Bull BC One World Final 2020で演技する日本代表のAyane ©Little Shao/Red Bull Content Pool
Shigekix ©Little Shao/Red Bull Content Pool
Shigekixとともに世界大会に挑んだ姉Ayane ©Little Shao/Red Bull Content Pool

●決勝の動画サイト

次世代五輪種目のストリートスポーツが渋谷でバトル

中学生以下のU15を対象としたストリートスポーツプロジェクト「NEXT GENERATIONS」が9月21、22日に東京都渋谷区の渋谷ストリームなどで開催され、2020東京五輪に採用されたスケートボード(ストリート)、2024パリ五輪採用のブレイキン(ブレイクダンス)、ダブルダッチのコンペティションが行われた。

渋谷を歩く人たちの注目を集めたダブルダッチのパフォーマンス

ストリートスポーツ振興とマナー向上の啓蒙を目的として、渋谷区民を含めた若年層が積極的に参加できるストリートスポーツプロジェクト「NEXT GENERATIONS」を一般社団法人渋谷未来デザインが2018年に立ち上げ、渋谷にゆかりのある企業や団体がサポートする。

ブレイキン競技は交互にパフォーマンスをくり出すマジバトルだ

今回のコンペティションは、渋谷~原宿~表参道エリアを中心に多拠点でカンファレンスや体験プログラムが開催される都市回遊型イベント 「Social Innovation Week Shibuya 2019」の一環として開催された。

渋谷駅直結の渋谷ストリーム稲荷橋広場は活気にあふれた
2本のロープを使う縄跳びダブルダッチ
ユースオリンピック競技に正式採用されたブレイキンことブレイクダンス

いわゆるU15(15歳以下)のストリートスポー ツコンペティションとして、中学生以下を対象としたスケートボード(ストリート)、ブレイキン、そしてダブルダッチの大会が行われ、またぞれぞれの分野で活躍するトップアスリートを招いて体験ワークショップが開催された。

ダブルダッチに出場した8選手。10歳から15歳までのネクストジェネレーションだ

2020年東京五輪で正式種目となったスケートボード(ストリート)、2024年パリ五輪の追加種目ブレイキン、米国で生まれ世界60カ国以上で競技が行われているダブルダッチは、いずれも日本人選手の活躍がめざましく、世界でも注目を集める競技。各

優勝者にはG-SHOCKとニューバランスのシューズが贈呈された

競技のコンペティションには、その活躍が注目される中学生以下の選手たちが集結するのみならず、スケートボード(ストリート)とブレイキンではエントリー枠を設けて、中学生以下であればだれでもチャレンジできる機会を提供した。

また、各競技のジャッジにはその世界で活躍するトップアスリートたちが起用された。次世代を担う若手たちの目の前で、ショーケースやデモランで華麗な技を披露するのも見ど ころの一つだった。

ブレイキンの決勝進出4選手。右から2番目が優勝のBboy HAL

体験ワークショップでは、各競技のジャッジたちを中心としたインストラクターたちが、多くの子供たちにそれぞれのスポーツを楽しんでもらう体験ワークショップを開催。アスレチックブランド「New Balance」がサポートする若手・精鋭ダンサーによるスペシャルダンスユニット「 F_ind (ファインド)」の SORA/MIYU/GEN ROC による、中高生を対象としたスペシャルワークショップも開催された。

大会2日目に行われたブレイキンとダブルダッチの上位選手

●NEXT GENERATIONSのホームページ