世界チャンピオン、ピーダスンのトレック・マドン完成

トレック・セガフレードのマッズ・ピーダスン(デンマーク)は、10月5日にベルギーで開催されるツール・ド・・ユーロメトロポールでカスタムペイントされた世界選手権仕様のトレック・マドンSLRをデビューさせる。

Pictures made by JoostVH Photography

23歳のピーダスンは、9月29日に英国ヨークシャーで開催されたUCI世界選手権ロードで優勝し、20年ぶりにデンマークの男子選手として5色の虹色ジャージ「アルカンシエル」と最年少ロードワールドチャンピオンの座を獲得した。

「マッズの勝利は信じられないほどの偉業だった」とアートディレクターのブライアン・リンドストロームはコメント。
「彼のカスタム世界選手権バイクを作るにあたって、私たちはマドンのDNAを尊重しつつ、クリーンでシンプルで上品なデザインを維持しながら、新しいチャンピオンを称えたいと思った」

世界選手権のデザインバイクは、リンドストロームとシニアプロダクトグラフィックデザイナーのミカ・モランによって作成され、米国ウィスコンシン州ウォータールーにあるトレックのプロジェクトワンカスタムペイントショップでプロダクトデザイナーのカイル・ドニーによって仕上げられた。

ピーダスンのカスタムマドンSLRは、伝統的な白が基調となり、トップチューブとフォーククラウンに大胆な世界選手権ストライプをあしらった。また、トレック・セガフレードのチームデカールとパーソナルワードが添えられた。世界選手権デカールと一緒に「すべて、またはなにもない」と「アンダードッグ」という言葉がダウンチューブに付いている。

Pictures made by JoostVH Photography
Pictures made by JoostVH Photography

世界選手権ストライプの威信は、10月8日にトレバーリ・バレジーネ、9日にミラノ〜トリノに出場してシーズンを終える若いデンマーク選手のもとから消える気とはない。

Pictures made by JoostVH Photography
Pictures made by JoostVH Photography

「まだ信じられないよ」とピーダスン。
「世界選手権のアルカンシエルを獲得することはどんな選手にとっても夢だ。今シーズン以降も歴代の王者に敬意を表することを楽しみにしている」

Pictures made by JoostVH Photography

プロジェクト1は、トレックのカスタムバイクプログラム。これは選手がコンポーネントからカラーリングまで、自分の愛車のすべての詳細をカスタマイズすることができるシステム。

Pictures made by JoostVH Photography

●トレック・ジャパンのホームページ

リッチー・ポートのトレックはSRAM RED eTap AXS搭載

トレック・ジャパンは2019年2月7日より、カスタムプログラムProject Oneを通じて、SRAM(スラム)の新型電動コンポーネント、SRAM RED eTap AXSでアッセンブルされた完成車の提供を開始する。 これにより最新のフレーム、最新のコンポーネントで作られた世界に1台だけのバイクが入手できる。

シフトワイヤなどがなくなってシンプルな美しさを見せる

写真はトレック・セガフレードに移籍したリッチー・ポート(オーストラリア)のトレックバイク。発表されたばかりのSRAM社製SRAM RED eTap AXSが搭載されている。

●トレック・プロジェクトワンの詳細サイト

スラムも12段化。ワイヤレス電動変速メカだ
パワーメーターが内蔵されたフロント駆動パーツ
トレック・セガフレードに移籍したリッチー・ポートのネームが見える
スラムの最新ロードコンポーネントは当初ディスクブレーキ仕様が市場にデリバリーされる

ジョン・デゲンコルプをモチーフにしたChasin’ Acesペイントが登場

トレック・セガフレードのクラシックレーサー、ジョン・デゲンコルプ(ドイツ)をモチーフにした限定ペイント”Chasin’Aces”がトレックのカラーオーダーシステム、プロジェクトワンに登場した。

テーマはマットブラックを基調とし、ジョンが愛するカフェレーサー・モーターサイクルにひらめきを得たストライプがフレームをふちどっている。色はフロントフォークとチェーンステーの内側では赤へと変わり、デザインを一層輝かせている。このペイントは7月ごろまでの限定された期間のみの販売となる予定。またマドンでのみ選択可能。

2月28日までは「2万円キャッシュバックキャンペーン」を実施しているトレック・ジャパンだが、このペイントも対象となる。

●ジョン・デゲンコルプの特設ページ

トレックの2万円キャッシュバック!プロジェクトワンキャンペーン

●関連ニュース

2万円キャッシュバック…プロジェクトワンキャンペーンが1月27日スタート

トレックのカスタムオーダープログラムProject Oneにホットなペイントテーマ

トレックのカスタムオーダープログラム「Project One」にホットなペイントテーマFull Fade(フルフェード)とBreak Away(ブレイクアウェイ)が新たに仲間入りした。これまでの選択肢がさらに広がり、ユーザーが思い描く夢の一台が実現へと近づいた。

トレック・ドマーネ フルフェード

「Project One」はコンポーネントの種類やサイズが選べる上に、フレームカラーは数多くのペイントデザインや35種類ものカラーパレットから、無数の組み合わせが用意されていて、世界に1台だけのカスタムバイクを作れるプログラム。

トレック・フュエルEX フルフェード

■Full Fade(フルフェード)
Full Fadeは、フレーム全体を2つのカラーのグラデーションで彩る。派手にいくか、静かな深みを表現するかは自由。このペイントテーマのためだけに用意された13パターンのカラーの組み合わせから選ぶことができる。
・アップチャージ額:5万6000円
・対象モデル:全てのProject Oneバイク

トレック・エモンダ ブレイクアウェイ

■Break Away(ブレイクアウェイ)
Break Awayとは集団から圧倒的な速さで飛び出すこと。ダウンチューブのトレックロゴを通りながら、2つのカラーでフレームを塗り分ける。自分だけの個性を膨大な色の組み合わせから選ぶことができる。
・アップチャージ額:11万2000円
・対象モデル:Émonda SLR

特設ページ

トレック・マドン フルフェード

1月27日からは期間限定で2万円がキャッシュバックされるキャンペーンも開催する。まだ誰も持っていない最新のペイントで彩られたバイクをお得に手に入れよう。
詳細ページ

すぐにオーダーを予定していない人も、Projecto Oneのサイトでデザインされたオリジナルバイクのコンテストを開催している。いろいろなデザインや組み合わせを試すことはいつでも可能で、参加は無料。まだ発売されていない最新アイテムも当たる。
トレックのFacebookページ

トレック・スピードコンセプト フルフェード

●関連ニュース
サイクリングに必要なアイテム全9点が当たる!新生活メルマガ登録キャンペーンをトレックが実施
子どもの自転車購入をサポートするプログラムをトレックがスタート

2万円キャッシュバック…プロジェクトワンキャンペーンが1月27日スタート

トレックのカスタムオーダープログラム「プロジェクトワン」。トレックは、「プロジェクトワン」を期間限定価格で購入できる「2万円キャッシュバック!プロジェクトワンキャンペーン」を1月27日に開始する。期間中はプロジェクトワンのバイク・フレームセット購入価格から2万円キャッシュバックされる。

コンポーネントの種類やサイズが選べる上に、フレームカラーは数多くのペイントデザインや35種類ものカラーパレットから無数の組み合わせが用意されていて、世界に1台だけのカスタムバイクを作れるプログラム。

■キャンペーン概要:
プロジェクトワンの全てのバイク(フレームセット含む)が期間中、購入価格から2万円引きとなる。
※Project One Now は対象外
•期間:1月27日(土)~2月28日(水)まで
•購入方法:プロジェクトワンはすべてのトレック正規販売店で取り扱いしていて、直接トレック正規販売店で申し込む。

■キャンペーン特設ページ
https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/project_one_sale_jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。