ボートの選考レース中止、活動自粛…東京五輪延期を受けて

日本ボート協会は東京五輪の延期が発表されたことを受けて、3月28日から熊本県菊池市で行う予定だった男女軽量級ダブルスカルの代表選考レース、24日から行っていた熊本合宿を中止した。

また、ナショナルチームとしての活動は1カ月間自粛するという。4月上旬に出される国際ボート連盟(FISA)からの予選システムの通知に従って、2021年に延期された東京五輪代表選手選考方針を立てて、代表選手の選考にあたるという。

Crew Japan(ボート日本代表)のfacebook
日本ボート協会のfacebook
Pressportsのボート関連記事

五輪延期の渦中にありながらボートは最終選考レース開催へ

日本ボート協会が3月28日、熊本県菊池市の斑蛇口湖漕艇場で男子軽量級ダブルスカル、女子軽量級ダブルスカルの日本代表選考を行う。

ボートの2019世界選手権日本代表選手団

東京オリンピックの出場権を争う国際大会が中止となり、日本がどの種目で出場権が獲得できるか不明という現状に加え、2020東京五輪そのものも延期の可能性が高まっている。そんな状況の中、五輪の軽量級種目がこの2種目しかないため、日本のトップクルーを選考し、五輪に備えるための選考レースを開催する。

3月22日に埼玉県戸田市の戸田ボートコースで開催された日本代表候補選手選考レースの「男女軽量級シングルスカル」の上位4選手が28日午前9時にスタートする「男女軽量級ダブルスカル」の日本代表選考レースに出場する。

日本代表候補選手選考レース「男女軽量級シングルスカル」の結果は以下の通り。

男子軽量級シングルスカル(LM1x)
1 武田匡弘(関西電力)
2 宮浦真之(NTT東日本)
3 西村光生(アイリスオーヤマ)
4 古田直輝(NTT東日本)

女子軽量級シングルスカル(LW1x)
1 冨田千愛(福井県スポーツ協会)
2 大石綾美(アイリスオーヤマ)
3 山領夏実(デンソー)
4 上田佳奈子(明治安田生命)

3月22日の選考レースで1、2位になった選手のクルーが勝てばその2選手が日本代表候補選手となる。負けた場合はすべての組み合せを変えて29日、30日も実施する。

Crew Japan(ボート日本代表)のfacebook
日本ボート協会のfacebook
Pressportsのボート関連記事

東京五輪予選大会中止のボートで日本代表候補選手内定へ

日本ボート協会は3月20日から22日まで埼玉県戸田市の戸田ボートコースで日本代表候補選手選考レースを開催し、男女シングルスカル、男女軽量級シングルスカル、男女舵手なしペアの優勝者を決めた。

2019世界選手権の女子軽量級シングルスカルで2位になった冨田千愛(写真は2019世界選手権)

男女軽量級シングルスカルの上位4選手は3月28日から行われるダブルスカル2艇でのシートレースを経て代表選手が内定する。

日本代表が決まっても五輪枠獲得の国際大会が中止に

日本代表選手は本来なら東京五輪のアジア・オセアニア大陸予選と世界最終予選に出場して東京五輪の国別出場枠を目指すはずだったが、新型コロナウイルスの拡大によって予選大会がすべて中止。

国際ボート連盟(FISA)から五輪枠の配分規定が発表されるまでどの種目で東京五輪に出場するかが未定のため、今回のトップ選手が五輪出場に決まったわけではないという。日本ボート協会は今後、出場可能な種目が決定次第、必要な選考を経て派遣を決定する。

日本は2019年8月に開催された世界選手権で、五輪種目ではない女子軽量級シングルスカルで冨田千愛が日本女子初の銀メダルを獲得したものの、この大会での2020東京オリンピック・パラリンピックの出場権獲得はできなかった。そのためアジア・オセアニア大陸予選での出場枠獲得を目指していた。

日本は開催国枠としてシングルスカル男女で少なくとも各1枠が付与されることが決まっているが、それ以外は不透明な状態。


日本代表候補選手選考レース結果

男子軽量級シングルスカル(LM1x)
1 武田匡弘(関西電力)
2 宮浦真之(NTT東日本)
3 西村光生(アイリスオーヤマ)
4 古田直輝(NTT東日本)

女子軽量級シングルスカル(LW1x)
1 冨田千愛(福井県スポーツ協会)
2 大石綾美(アイリスオーヤマ)
3 山領夏実(デンソー)
4 上田佳奈子(明治安田生命)

男子シングルスカル(M1x)
1 荒川龍太(NTT東日本)
2 櫻間達也(NTT東日本)
3 山尾圭太(トヨタ紡織)

女子シングルスカル(W1x)
1 米川志保(トヨタ自動車)
2 中条彩香(デンソー)
3 西原佳(プリントパック)

男子舵手なしペア
1 大塚圭宏/高野勇太(NTT東日本)

女子舵手なしペア
1 高野晃帆/村松栄理(立命館大/関西電力)


Crew Japan(ボート日本代表)のfacebook
日本ボート協会のfacebook
Pressportsのボート関連記事

兼康慎と菅沼奈津美がシングルスカルV…ボート新人選手権

ボート競技の第60回全日本新人選手権が10月25日(金)から27日(日)まで、埼玉県の戸田ボートコースで開催され、27日の最終日に男子4種目、女子3種目の決勝が行われて優勝者が決まった。

男子シングルスカル優勝の兼康慎(関西電力)

氏名の後ろの学校名は出身校(一部在学校)。数字ならびにS・B・Cはシート

【男子シングルスカル】
1着 関西電力A 兼康 慎     敦賀工業高校
7分26秒38
2着 日本大学D  福井修聡   清風高校
7分30秒87
3着 松江工業高等専門学校 小野田 空羽 松江工業高等専門学校
7分34秒46
4着 龍谷大学A        岡本 航太朗 高島高校
7分54秒18

男子シングルスカル優勝の兼康慎を中央に左が2位福井修聡、右が3位小野田空羽

【女子シングルスカル】
1着 龍谷大学A   菅沼 奈津美    浜松大平台高校
8分26秒79
2着 中部電力 関 夏樹  横浜商業高校
8分28秒05
3着 名古屋大学 森井 望 旭丘高校
8分29秒28
4着 関西電力    村松 栄理 若狭高校
8分30秒66

女子シングルスカル優勝の菅沼奈津美(龍谷大学)
女子シングルスカル優勝の菅沼奈津美を中央に左が2位関夏樹、右が3位森井望

【女子ダブルスカル】
1着 法政大学A   7分53秒52
     S    市田 佑来   加茂高校
     B    木部 真夕   館林女子高校
2着 立命館大学 7分57秒90
     S    福原 萌意   廿日市高校
     B    西 彩里佐   今治南高校
3着 中央大学C 7分59秒62
     S    堂山 菜々実 田村高校
     B    溝口 心華   浦和商業高校
4着 金沢大学 7分59秒94
     S    笠原 実         武生高校
     B    小関 みゆ紀 米沢興譲館高校

女子ダブルスカル優勝の法政大学A(市田佑来、木部真夕)
女子ダブルスカル優勝の法政大学A(市田佑来、木部真夕)

【男子ダブルスカル】
1着 富山国際大学 7分06秒35
     S    木村 竜暉   今治西高校
     B    直田 拓巳   京都工学院高校
2着 東京経済大学A 7分11秒59
     S    佐伯 真博   広島工業大学高校
     B    鈴木 直也   小見川高校
3着 明治大学 7分20秒57
     S    寺井 昇平   米子東高校
     B    辻 宇輝         阿賀黎明高校
4着 龍谷大学 7分27秒09
     S    市川 凜         関西高校
     B    上田 康介   新田高校

男子ダブルスカル優勝の富山国際大学(木村竜暉、直田 拓巳)
男子ダブルスカル優勝の富山国際大学(木村竜暉、直田 拓巳)

【男子舵手つきフォア】
1着 日本大学 6分54秒04
     S    大野 良太   美方高校
     3    長尾 磨周   小見川高校
     2    合田 光騎   瀬田工業高校
     B    鎌田 祐生   八尾高校
     C    奈良 拓征   館林高校
2着 早稲田大学 6分58秒66
     S    三浦 武蔵   吉田高校
     3    濱野 圭吾   春日部高校
     2    飯島 温人   早稲田大学高等学院高校
     B    船木 豪太   浜松北高校
     C    下平 翔太   小松川高校
3着 東京経済大学 7分03秒22
     S    星野 隼人   南稜高校
     3    三森 智広   本荘高校
     2    佐藤 隼    本荘高校
     B    桑原 諒    富士河口湖高校
     C    小倉 陸    小見川高校
4着 龍谷大学A 7分05秒36
     S    馬場 喜大   東舞鶴高校
     3    西尾 颯馬   恵那高校
     2    上野 太聖   熊本学園大学付属高校
     B    清水 唯吹   美方高校
     C    松永 大輝   東舞鶴高校

男子舵手つきフォア優勝の日本大学
男子舵手つきフォア優勝の日本大学(最前列)、2位早稲田大学、3位東京経済大学

【女子舵手つきクォドルプル】
1着 明治大学 7分19秒91
     S    西田 結惟   加茂高校
     3    田口 晴那   浜松西高校
     2    黒沼 実生   横浜商業高校
     B    岡田 葵衣   館林女子高校
     C    東 夢      浦和第一女子高校
2着 成立学園高校 7分20秒21
     S    松田 京子   成立学園高校
     3    上野 美歩   成立学園高校
     2    瀬川 咲新   成立学園高校
     B    阿南 美咲   成立学園高校
     C    大石 優花   中央大学杉並高校
3着 関西電力 7分22秒15
     S    磴 梨菜         現・美方高校
     3    仲澤 春香   現・若狭高校
     2    新田 明美   美方高校
     B    久保 那月   現・美方高校
     C    武長 凪那   美方高校
4着 早稲田大学   7分28秒20
S    宇野 聡恵   日田高校
     3    茂内 さくら 秋田高校
     2    大崎 未稀   美方高校
     B    髙田 涼花   浜松西高校
     C    勝又 真央   小松川高校

女子舵手つきクォドルプル優勝の明治大学
女子舵手つきクォドルプル優勝の明治大学(最前列)、2位成立学園高校、3位関西電力

【男子エイト】
1着 明治大学 6分06秒88
     S    河畑 晴斗   美方高校
     7    茂見 輝         熊本学園大学付属高校
     6    鈴村 勇人   小松川高校
     5    武藤 駿太   越ケ谷高校
     4    境 凌輔         米子工業高校
     3    小林 駿斗   岡谷南高校
     2    藤長 寿哉   美方高校
     B    藤井 裕嗣   石巻高校
     C    岡部 龍成   徳島市立高校
2着 仙台大学    6分09秒00
S    阿部 亮平   今治南高校
     7    佐藤 大也   本荘高校
     6    深艸 元輝   長崎明誠高校
     5    岸本 健吾   美方高校
     4    小沢 源         西会津高校
     3    山下 大和   八代清流高校
     2    中里 大晟   宇和島東高校
     B    佐竹 洸紀   阿賀黎明高校
     C    立野 陸         猿投農林高校
3着 早稲田大学 6分11秒23
     S    中島 湧心   八尾高校
     7    越智 竣也   今治西高校
     6    阿部 光治   猿投農林高校
     5    森長 佑         若狭高校
     4    牟田 昇平   三田学園高校
     3    菅原 陸央   本荘高校
     2    岩松 賢仁   熊本学園大学付属高校
     B    岡本 真弘   早稲田大学高等学院高校
     C    川野 柊         早稲田大学高等学院高校
4着 中央大学 6分20秒61
     S    白鳥 翼         石巻高校
     7    小野 祐樹   吉田高校
     6    野毛 大揮   中央大学杉並高校
     5    田口 竜成   秋田高校
     4    中曽根 祐太 小松川高校
     3    湯澤 建太   横浜商業高校
     2    永井 嵩士   富士河口湖高校
     B    川東 将稔   桜宮高校
     C    星 逸人         中央大学杉並高校

男子エイト優勝の明治大学
男子エイト優勝の明治大学(最前列)、2位仙台大学、3位早稲田大学

タイムの詳細については日本ボート協会のホームページで

男子は仙台大、女子は早稲田大がインカレ優勝…ボート

第46回全日本大学選手権(インカレ)と第59回オックスフォード盾レガッタが9月5日(木)から8日(日)まで、埼玉県の戸田ボートコースで開催され、男子は仙台大学が初の、女子は早稲田大学が2年連続16回目となる総合優勝を果たした。

男子舵手なしフォアで優勝した仙台大学

インカレは1位が5点、2位が3点、3位が2点、4位が1点と点数をつけ、男子総合優勝・女子総合優勝を決定する。男子は仙台大学が4種目で1位、2位1種目の計23点で初の男子総合優勝を達成した。2位は9点の早稲田大学。女子は2種目で1位、2位と4位が1種目の早稲田大学が計14点を獲得し、2連覇を達成し計16回目の女子総合優勝を飾った。2位は女子ダブルスカルが優勝、女子シングルスカルが4位だった立教大学。

同時開催されたオックスフォード盾レガッタは好記録が続出。NTT東日本が準決勝で5分39秒75を出し、2012年9月10日第90回全日本選手権の男子エイト決勝で日本大学が出した5分41秒18の戸田ボートコースのコースレコードを7年ぶりに更新した。さらに同日行われた決勝では5分38秒20とさらに記録を更新した。

女子舵手つきクオドルプルを制した早稲田大学

氏名の前の数字や記号はシート位置。氏名の後ろは出身校

【女子舵手なしペア】
1位 早稲田大学 8分13秒07
S三浦 彩朱佳 青森高校
B尾嶋 歩美  南稜高校
2位 富山国際大学 8分13秒77
S佐伯 美空  由利工業高校
B中島 茉莉愛   大村城南高校
3位 東京経済大学 8分21秒81
S鶴見 和佳奈 日本橋高校
B木村 聖奈  横浜商業高校
4位 立命館大学 8分22秒06S福原 萌意  廿日市高校
B池田 有里  酒田南高校

女子舵手なしペア優勝の早稲田大学

【男子舵手なしペア】
1位 早稲田大学 7分25秒62
S川田 諒   松山東高校
B牟田 昇平  三田学園高校
2位 法政大学 7分28秒31
S片山 颯汰  恵那高校
B中野 和樹  熊本学園大学付属高校
3位 明治大学 7分35秒26
S中村 智哉  下諏訪向陽高校
B加藤 未来斗 小松川高校
4位 京都大学 7分36秒93
S岩田 光流  守山高校
B山田 紘暉  浜松北高校

男子舵手なしペア優勝の早稲田大学

【女子シングルスカル】
1位 高島美晴(明治大学)8分15秒19 米子東高校
2位 松井友理乃(早稲田大学)8分28秒14 今治西高校
3位 菅沼奈津美(龍谷大学)8分31秒75 浜松大平台高校
4位 三嶋怜奈(立教大学)8分32秒46 南稜高校

女子シングルスカル優勝の高島美晴(明治大学)

【男子シングルスカル】
1位 一瀬卓也(仙台大学)7分17秒02 長崎明誠高校
2位 吾郷匠実(松江工業高等専門学校)7分20秒91 松江工業高等専門学校
3位 阿部光治(早稲田大学)7分27秒10 猿投農林高校
4位 木村 晶(日本大学)7分37秒99 函館水産高校

男子シングルスカル優勝の一瀬卓也(仙台大学)

【女子ダブルスカル】
1位 立教大学 7分24秒40
S角谷 真緒      小松明峰高校
B五十嵐 のどか    本荘高校
2位 法政大学 7分26秒69
S石垣 優香      本所高校
B市田 佑来      加茂高校
3位 富山国際大学 7分27秒27
S吉田 結友      長崎明誠高校
B中田 楓       石狩翔陽高校
4位 早稲田大学 7分28秒77
S宇都宮 沙紀     今治西高校
B木下 弥桜      和歌山北高校

女子ダブルスカルを制した立教大学

【男子ダブルスカル】
1位 仙台大学 6分45秒97
S山下 大和      八代清流高校
B小沢 源       西会津高校
2位 東京海洋大学 6分49秒34
S松本 明士      淳心学院高校
B矢田 大河      学習院高等科
3位 日本大学 6分50秒10
S島田 隼輔      瀬田工業高校
B鎌田 祐生      八尾高校
4位 立教大学 7分00秒60
S渋井 大生      城北埼玉高校
B塘 雄太       吉田高校

男子ダブルスカル優勝の仙台大学

【男子舵手なしフォア】
1位 仙台大学 6分31秒84
S村上 和貴  津幡高校
3古賀 健嗣  大村城南高校
2梶原 龍将  石巻高校
B横尾 剛士  長崎明誠高校
2位 日本大学     6分33秒67
S藤原 祐太      備前緑陽高校
3大野 良太  美方高校
2嘉屋 春樹  宮島工業高校
B合田 光騎  瀬田工業高校
3位 明治大学 6分34秒20
S道端 勇樹  小松明峰高校
3武藤 駿太  越ケ谷高校
2蓮沼 隆世  会津高校
B藤井 裕嗣  石巻高校
4位 同志社大学 6分40秒27
S小島 佑太  熊本学園大学付属高校
3中村 魁   洲本高校
2安藤 優作  城南高校
B藤原 嵩   同志社高校

【男子舵手なしクオドルプル】
1位 仙台大学 6分06秒29
S内田 智也  岡谷南高校
3石倉 嵩大  下諏訪向陽高校
2石垣 達也  石巻高校
B佐竹 洸紀  阿賀黎明高校
2位 富山国際大学 6分08秒67
S木村 竜暉  今治西高校   
3及川 城   佐沼高校    
2坂田 泰人  富山高校    
B柘植 実   美濃加茂高校  
3位 明治大学 6分08秒93
S岡本 康聖  宇和島東高校
3石畑 修一郎 米子工業高等専門学校
2太田 貴明  岡山東商業高校
B寺井 昇平  米子東高校
4位 日本体育大学 6分11秒91
S日田 駿   熊本学園大学付属高校
3遠山 秀雄  伏見工業高校
2小野寺 紘都 佐沼高校
B稲津 龍之介 黒沢尻工業高校

男子舵手なしクオドルプル優勝の仙台大学

【女子舵手つきフォア】
1位 立命館大学     7分10秒46 
S鈴木 伶奈      酒田光陵高校
3高野 晃帆  日田三隈高校
2伊関 法子  宇和島東高校
B木戸 ひかり 桜宮高校
C可児 晴美  加茂高校
2位 日本体育大学 7分16秒96
S天池 奈桜  美濃加茂高校
3濱中 愛生  七尾高校
2塚本 美咲  日本橋高校
B水谷 愛   浜松湖南高校
C山上 真弥  熊本学園大学付属高校
3位 仙台大学     7分22秒14
S柴田 寿音      横浜商業高校
3佐々木 遥香 横浜商業高校
2加藤 彩香  由利工業高校
B落合 ゆき  諏訪清陵高校
C酒巻 有利  館林女子高校
4位 一橋大学     7分23秒42
S横井 七香      浦和第一女子高校
3西尾 友伽  日比谷高校
2長谷部 彩  公文国際学園高校
B岩田 瑞季      船橋高校
C小塚 祐里奈 頌栄女子学院高校

女子舵手つきフォア優勝の立命館大学

【男子舵手つきフォア】
1位 同志社大学     6分34秒24
S山田 倭正      白陵高校
3中野 昂士  宇部高校
2西村 雅親  膳所高校
B黒須 脩太  真岡高校
C藤本 亮   桜塚高校
2位 立教大学 6分35秒93
S山口 恭平  松江東高校
3山口 裕生  新宿高校
2森田 泰生  町田高校
B若濵 健太  清風高校
C永澤 佑真  東京農業大第三高校
3位 早稲田大学 6分36秒96
S髙山 格   横浜商業高校
3瀧川 尚歩  高松高校
2菅原 諒馬  早大学院高校
B堀内 一輝  富士河口湖高校
C菱谷 泰志  米子東高校 
4位 大阪府立大学 6分39秒03
S井口 宏紀  近畿大学付属高校
3奥村 謙一  可児高校
2森 渉  南陽高校
B櫻井 雄太  宝塚北高校
C武田 大生  清風高校

男子舵手つきフォア優勝の同志社大学

【女子舵手つきクオドルプル】
1位 早稲田大学 6分54秒52
S安井 咲智  小松川高校
3南 菜月   新潟南高校
2宇野 聡恵  日田高校
B藤田 彩也香 小松川高校
C奈良岡 寛子 青森高校
2位 中央大学 6分57秒99
S米澤 知華  浦和第一女子高校
3溝口 女華  南稜高校
2遠藤 穗   中央大学杉並高校
B渡邊 花穂  吉田高校
C近藤 真優  吉田高校
3位 仙台大学 7分02秒03
S平松 柊華  相生産業高校
3玉田 夢子  むつ工業高校
2大出 若奈  館林女子高校
B内海 美香  横浜商業高校
C上浦 実咲  猿投農林高校
4位 明治大学 7分03秒26
S塩田 遥香  熊本学園大学付属高校
3髙橋 茜   南稜高校
2西田 結惟  加茂高校
B増田 萌   関東学園大学付属高校
C東 夢    浦和第一女子高校

【男子エイト】
1位 中央大学 5分46秒51
S石塚 慎之助 田村高校
7是谷 有輝  酒田東高校
6久保 如竹  保谷高校
5徳永 貴大  中央大学杉並高校
4塩田 義峰  熊本学園大学付属高校
3二本松 慎也 富山工業高校
2齋藤 拓馬  酒田光陵高校
B千種 蒼大  松山東高校
C小島 発樹  熊本学園大学付属高校
2位 仙台大学 5分47秒78
S杉浦 旭   猿投農林高校
7佐々木 雄也 山田高校
6阿部 亮平  今治南高校
5上中屋敷 拓志        雫石高校
4村野 滉太郎 佐野高校
3信夫 涼   宮古高校
2松浦 大河  相生産業高校
B桑村 潤   小松明峰高校
C別府 弘崇  今治南高校
3位 明治大学 5分48秒91
S鎌原 康陽  岡谷南高校
7木村 奨   今治西高校
6佐々木 心  田名部高校
5茂見 輝   熊本学園大学付属高校
4境 凌輔   米子工業高校
3佐藤 雅也  本荘高校
2松木 健汰郎 熊本学園大学付属高校
B河畑 晴斗  美方高校
C立野 勝輝  猿投農林高校
4位 日本大学 5分50秒09
S江本 拓斗  八尾高校
7瀬戸 淳也  美方高校
6鎌田 拓弥  富山第一高校
5石原 晶太  館林高校
4吉田 拓人  加茂高校
3福井 修聡  清風高校
2高瀬 稜真  日田三隈高校
B江畠 凜斉  青井高校
C三輪 拓斗  清風高校

男子エイト優勝の中央大学

【オックスフォード盾エイト】
1位 NTT東日本 5分38秒20
S高野 勇太  中央大学
7林 靖晴   中央大学
6古田 直輝  明治大学
5大塚 圭宏  日本大学
4西 知希   大阪府立大学
3櫻間 達也  同志社大学
2宮浦 真之  中央大学
B梶谷 嶺   明治大学
C佐々野 大輝 東北大学
2位 関西電力 5分47秒28
S佐藤 翔   日本大学    日本製鉄
7小野 紘輝  仙台大学    チョープロ
6勝又 晋一  立教大学    戸田中央総合病院
5武田 和樹  小浜水産高校  関西電力
4中島 希世紀 仙台大学    チョープロ
3根本 拓海  立教大学    戸田中央総合病院
2田中 雅人  美方高校    関西電力
B奈良 和紀  日本大学    日本製鉄
C立田 寛之  日本大学    戸田中央総合病院
3位 明治安田生命5分47秒98
S中村 澄人  一橋大学
7浜田 祐太  中央大学
6中田 悠介  立教大学
5鎌田 宜隆  一橋大学
4大河原 敦史 慶応大学
3濱谷 奎介  筑波大学
2陶山 修   茨城大学
B是澤 祐輔  早稲田大学
C西村 大河  茨城大学
4位 トヨタ紡織 5分59秒17
S阿部 大貴  仙台大学
7島田 大輔  龍谷大学
6澤田 研太  小浜水産高校
5菊池 渉太  明治大学
4安井 晴哉  龍谷大学
3名取 公甫  日本体育大学
2木村 良太郎 日本大学
B山口 健太  日本大学
C藤原 貴裕  大阪工業大学

オックスフォード盾エイト優勝のNTT東日本

ボート日本は世界選手権で五輪枠獲得できず大陸選手権に望み

オーストリアのリンツで開催されてきたボートの2019世界選手権は9月1日に最終日を迎え、パラ女子シングルスカルの市川友美が13~14位順位決定戦で2着に。14クルーのなかで総合14位になった。

ボートの世界選手権日本代表選手団

同大会では五輪種目ではない女子軽量級シングルスカルで、冨田千愛が日本女子初の銀メダルを獲得したものの、この大会での2020東京オリンピック・パラリンピックの出場権獲得はできなかった。日本はアジアオセアニア大陸予選での出場枠獲得を目指していく。

パラ女子シングルスカルの市川友美
ボート世界選手権に出場したエリート&パラ日本チーム

●日本代表選手リスト
Crew Japan(ボート日本代表)のfacebook
日本ボート協会のfacebook
Pressportsのボート関連記事

女子軽量級ダブルスカル順位決定戦で日本は意地の2着

オーストリアのリンツで開催されているボートの2019世界選手権は8月31日、女子軽量級ダブルスカルの13~18位順位決定戦が行われ、上田佳奈子・大石綾美の日本チームが2着に。27クルーのうち総合14位になった。

女子軽量級ダブルスカル(LW2x)の上田佳奈子・大石綾美

8月31日の結果
パラ男子シングルスカル(PR1M1x)遠藤隆行
19~23位順位決定戦 2着 総合20位/23クルー

男子ダブルスカル(M2x)山尾圭太・荒川龍太
19~24位順位決定戦 3着 総合21位/29クルー

男子ダブルスカル(M2x)の山尾圭太・荒川龍太

女子軽量級ダブルスカル(LW2x)上田佳奈子・大石綾美
13~18位順位決定戦 2着 総合14位/27クルー

パラ男女ミックス舵手つきフォア(PR3Mix4+)八尾陽夏・西岡利拡・有安亮平・齊藤舞香・立田寛之
13~18位順位決定戦 2着 総合14位/18クルー

健常者のボート世界選手権は全種目が終了し、選手とコーチが健闘をねぎらう

9月1日の組み合わせ
パラ女子シングルスカル(PR1W1x)市川友美
13~14位順位決定戦 19:35スタート
1レーン 南アフリカ
2レーン 日本

●日本代表選手リスト
Crew Japan(ボート日本代表)のfacebook
日本ボート協会のfacebook
Pressportsのボート関連記事

冨田千愛が日本勢女子として初めての表彰台…ボート世界選手権

冨田千愛(福井県スポーツ協会)がボートの世界選手権で、日本の女子選手として初めての表彰台に登壇した。8月30日にオーストリアのリンツで開催された軽量級女子シングルスカルで銀メダルを獲得した。

冨田千愛が日本勢女子として初めての表彰台

8月30日の結果
男子軽量級ダブルスカル(LM2x)池田裕紀・西村光生
19~24位順位決定戦 6着
総合24位/32クルー

男子軽量級ダブルスカル(LM2x)の池田裕紀・西村光生

【非五輪種目】男子軽量級シングルスカル(LM1x)武田匡弘
13~18位順位決定戦 6着
総合18位/33クルー

男子軽量級シングルスカル(LM1x)の武田匡弘

【非五輪種目】女子軽量級シングルスカル(LW1x)冨田千愛
決勝 2着
総合2位/17クルー

8月31日の組み合わせ
パラ男子シングルスカル(PR1M1x)遠藤隆行
19~23位順位決定戦 16:10スタート
1レーン パラグアイ
2レーン メキシコ
3レーン 日本
4レーン ウルグアイ
5レーン ブルガリア

男子ダブルスカル(M2x)山尾圭太・荒川龍太
19~24位順位決定戦 16:43 スタート
1レーン エストニア
2レーン チリ
3レーン 米国
4レーン スロベニア
5レーン 日本
6レーン キューバ

女子軽量級ダブルスカル(LW2x)上田佳奈子・大石綾美
13~18位順位決定戦 19:08 スタート
1レーン スペイン
2レーン 日本
3レーン ポーランド
4レーン 中国
5レーン ドイツ
6レーン アイルランド

パラ男女ミックス舵手つきフォア(PR3Mix4+)八尾陽夏・西岡利拡有安亮平・・齊藤舞香・立田寛之
13~18位順位決定戦 19:20 スタート
1レーン ウズベキスタン
2レーン 日本
3レーン ポーランド
4レーン メキシコ
5レーン オーストリア
6レーン 韓国

●日本代表選手リスト
Crew Japan(ボート日本代表)のfacebook
日本ボート協会のfacebook
Pressportsのボート関連記事