サンウェブが2020チーム体制とジャージを発表

ドイツ登録のプロチーム、サンウェブが2019年12月10日、男子、女子、ディベロップメント(若手育成)チームの選手体制を発表した。使用する自転車はサーベロ。ウエアは赤を基調とし、「キープチャレンジング」と具現化する縦の2本ストライプが入る。

男子チームのマイケル・マシューズ、女子のフロールチェ・マッケイ、ディベロップメントチームのクサンドレス・ベルブローセム

2019シーズンまでのエースだったトム・デュムラン(オランダ)がライバルチームであるユンボ・ビスマに移籍していったが、オーストラリアのマイケル・マシューズ、オランダのウィルコ・ケルデルマン、アイルランドのニコラス・ロッシュらが所属。

●サンウェブチームのホームページ

北米のグランプリ・ケベックでマシューズが2連覇

カナダで開催されるプロロードレースのメジャー大会、グランプリ・ケベックが9月13日に同国東部のケベックで開催され、サンウェブのマイケル・マシューズ(オーストラリア)がゴール勝負でボーラ・ハンスグローエのペテル・サガン(スロバキア)を制して2連覇した。

マシューズが第10回グラングリ・ケベックで優勝 ©Oran Kelly/Cor Vos

グランプリ・ケベックは2日後の15日にモントリールで開催されるグランプリ・モンレアルとともにカナダで開催される最高峰のロードレース。平たん路がコースとなり、マシューズのようなスプリンターが得意とする。サガンは2016、2017年の優勝者。

グランプリ・ケベックで優勝したマシューズを中央に左が2位サガン、右が3位バンアベルマート ©Oran Kelly/Cor Vos

3位はCCCのフレフ・バンアベルマート(ベルギー)で、前年にマシューズに敗れて2位になった雪辱を果たすことはできなかった。

●グランプリ・ケベックのホームページ

マイケル・マシューズがモントリオール優勝…3日でワールドツアー2勝

グランプリシクリスト・ド・モントリールが9月9日にカナダ東部のモントリオールで開催され、サンウェブのマイケル・マシューズ(オーストラリア)がゴール勝負を制して初優勝した。同大会は最高峰のワールドツアー大会で、2日前の7日に同じカナダのケベックで同規模のレースが行われ、マシューズが勝利。同選手は3日の間にワールドツアー大会で2勝を挙げたことになる。

グランプリ・ケベックを制したマイケル・マシューズ © Brian Hodes/Cor Vos

2位はバーレーン・メリダのソニー・コルブレッリ(イタリア)、3位はBMCのグレッグ・バンアベルマート(ベルギー)。

「うわー! なんと言っていいか、本当に言葉がないよ。ボクはチームに感謝するしかない。とても難しいレースが続く今シーズンだけど、この日もボクをサポートしてくれたアシスト陣の働きはスゴかった。こんなに強いチームはほかにはないはずで、彼らに感謝する言葉が見つからない」とマシューズ。

⚫関連ニュース

マイケル・マシューズがカナダのグランプリ・ケベックで初優勝

⚫最新ニュースへ

マイケル・マシューズがカナダのグランプリ・ケベックで初優勝

第9回グランプリシクリスト・ド・ケベックが9月7日にカナダ東部のケベックで開催され、サンウェブのマイケル・マシューズ(オーストラリア)がゴール勝負を制して初優勝した。

グランプリ・ケベックを制したマイケル・マシューズ © Brian Hodes/Cor Vos

2位はBMCのグレッグ・バンアベルマート(ベルギー)、3位はトレック・セガフレードのジャスパー・ストイベン(ベルギー)。同大会は最高峰のワールドツアー大会で、2日後の9日に同じカナダのモントリオールに場所を移して同規模のレースが行われる。

グランプリ・ケベックを制したマイケル・マシューズを中央に左が2位バンアベルマート、右が3位ストイベン © Brian Hodes/Cor Vos

⚫関連ニュース

マイケル・マシューズがツール・ド・ロマンディのプロローグを制して首位に

⚫最新ニュースへ

マイケル・マシューズがツール・ド・ロマンディのプロローグを制して首位に

自転車ロードレースの最高カテゴリー、UCIワールドツアーに位置づけられた6日間のステージレース、ツール・ド・ロマンディが4月24日にスイスで開幕。サンウェブのマイケル・マシューズが初日のプロローグを制して首位に立った。マシューズは2月24日にベルギーで開催されたオムロープヘットニュースブラットの終盤に落車して肩を骨折。リハビリ後にレース復帰していた。大会は29日まで。

ツール・ド・ロマンディのプロローグを制したマイケル・マシューズ © René Vigneron/Cor Vos

「シーズン序盤はとても困難な幕開けとなったが、物事は最終的に上向きになったと感じた」とマシューズ。
「本当に美しいコースで、自分の力で走れることにうれしさを難じた。今週末にどんな結末が待っているのか想像できないが、今夜は勝利できたことを楽しもうと思う。明日は次になにをすべきかを探し出すことに集中したい」

●関連ニュース

マイケル・マシューズが肩の骨折によりストラーデビアンケを欠場

●最新ニュースへ