Thanks!KITTEL PARTY、参加者にはオリジナルTシャツも

10月27日に開催されるツール・ド・フランスさいたまクリテリウムで大会アンバサダーを務める、元プロロードレーサーのマルセル・キッテル氏を招いて「Thanks!KITTEL PARTY」が10月27日(日)のレース終了後に開催される。

マルセル・キッテル ©Yuzuru SUNADA

キッテル氏は、世界トップクラスのスプリンターとして、ツー ル・ド・フランスをはじめとした数々のレースで活躍。さらに、さいたまクリテリウムにも過去5回出場し、レースを盛り上げるとともに、来日の度にファンサービスでも多くのファンの期待に応えてくれた。2019年で現役を引退したキッテル氏に直接感謝の気持ちを伝える機会としてイベントが実施される。

今回のイベントでは、キッテル氏との交流の時間を楽しんでもらうため、80名限定で募集される。また、参加者にはキッテル氏の写真がプリントされたオリジナルの「Thanks!KITTEL T シャツ」をプレゼント。パーティーに参加して、直接キッテル氏に感謝の気持ちを伝えよう!

Thanks!KITTEL PARTY

開催日時:2019年10月27日(日)17:30~18:30(受付時間17:15~17:30)
開催場所:さいたまスーパーアリーナ内 ※詳細は申込者へ別途連絡
受付場所:さいたまスーパーアリーナ内 ※詳細は申込者へ別途連絡
参加費:1万5000円(税込み)/1名
特典:「Thanks!KITTEL T シャツ」、キッテル氏サイン入りさいたまクリテリウムオフィシャルガイドブック、ワンドリンクサービス
参加者:マルセル・キッテル氏
実施内容:キッテル氏からの挨拶/キッテル氏との交流/キッテル氏へのメッセージフラッグ制作および贈呈/キッテル氏への質問コーナー/キッテル氏との集合写真撮影(予定)※実施内容は予告なく変更する場合も
募集人数:80名 ※先着順での受付
応募期間:2019年10月16日(水)12:00~10月18日(金)23:59 ※上記期間中でも募集人数に達し次第申込みを締め切り

Thanks! Kittel Tシャツ。サイズはLのみ

応募方法:以下の内容を入力し、メールで
【申 込 先 】saitama-criterium@saitamasc.jp
【件名】キッテルパーティー参加申込
【必要事項】代表者氏名、代表者住所、代表者電話番号、代表者携帯電話番号、申込人数

注意事項
・応募はメールに限ります。電話、FAXなどメール以外での応募は受け付けておりません。
・先着順での受付となります。
・受付完了後、お申込者様へメールにてご連絡いたします。あらかじめ「saitamacriterium@saitamasc.jp」からのメールを受信できるように設定をお願いいたします。
・複数応募はできません。
・申込1件につき、2名様までのお申込みとさせていただきます。
・参加費は当日受付時にお支払いいただきます。(お支払い方法は現金のみとなります。)
・受付時にご本人確認をさせていただきます。当日は身分証明書(免許証、パスポート、健 康保険証などお申込者(代表者)様が特定できるもの)をご持参ください。
・お申込者(代表者)様のご本人確認ができない場合、同伴者の方もご参加いただけませ ん。
・受付時間内に受付がなされない場合は、本イベントに参加することができません。
・特典はお支払い時にお渡しさせていただきます。
・参加権の転売及び他人への譲渡はできません。

●ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムのホームページ

マルセル・キッテルがさいたまクリテリウム大会アンバサダーとして来日

ツール・ド・フランス区間通算14勝をはじめとした多くの戦績を残し、2019年に現役を引退した元プロロードレーサーのマルセル・キッテル氏の来日が決定した。

ツール・ド・フランスさいたまで大人気だった現役時代のマルセル・キッテル © Yuzuru SUNADA

キッテル氏は、ツール・ド・フランスをはじめ、世界トップクラスのスプリンターとして数々のレースで活躍。また、これまでに、さいたまクリテリウムには通算5回参加し、観客を魅了する迫力のある走りでレースを盛り上げ、輝かしい戦績を残してきた。

キッテル氏は10月27日(日)に開催される「J:COM presents 2019ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の大会アンバサダーとして参加し、大会を盛り上げる。

●マルセル・キッテル氏のコメント
「ツール・ド・フランスさいたまにまた戻ってこられることを発表でき、とてもうれしいです。今回は大会アンバサダーとして参加します。みなさんにお目にかかれるのを楽しみにしています。日本でお会いしましょう!」

ビンチェンツォ・ニーバリ、マルセル・キッテル、マッテオ・トレンティンが和太鼓にチャレンジ © Yuzuru SUNADA

●エガン・ベルナルらが参戦
●ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムのホームページ

マルセル・キッテルがカチューシャとの契約返上…休みを取り今後のキャリア模索へ

カチューシャ・アルペシンとマルセル・キッテル(ドイツ)は、チーム契約をシーズン終わりを待たずに終了することに双方が同意。5月9日にチームがキッテルのコメントとともに発表した。

日本でも絶大な人気を誇るマルセル・キッテルだが…

「チームと私は相互とも、現在の契約の早期終了を決定した」とキッテル。
「人として、アスリートとしてどうしていきたいか、本当に重要なものについて自問自答した末の長いプロセスで決断した。

私はサイクリングを愛しているし、この美しいスポーツへの情熱は決して消えないが、そこで私が成功するためになにが必要であるかも知っている。

選手には長所も短所もあり、強くなったり成功するためにはチーム内でお互いに理解し継続的なプロセスが必要だと考えている。この2カ月間に、私は疲れ果てたような気がした。いま私は最高レベルでトレーニングし、レースすることができない。そんな理由から、私は休憩を取り、自分のために時間を取り、私の目標について考え、私の将来のために計画を立てることに決めた。

1年半にわたってサポートしてくれたチームに感謝したい。特にスタッフには心の底からお礼を́言いたい。私が今まで見た中で́最高の、最も困難な労働者であると断言できる。多くの勝利と結果で彼らの情熱をチャージさせられなかったことを申し訳なく思う。スポンサーやパートナーにも感謝したい。

この決断は、変化することが新しい道や機会につながるという私の経験に基づいて́いる。不安もあるが、私は最終的に新しいチャンスと課題を見つけることに自信を持って́いる。幸せや喜びとともに、私の将来を見つける方法を模索したい。なにが起こるのか非常に興奮して́いる。もう一度レースをして、この目標に到達できるような計画を立てていきたいと思う」

トロフェオパルマでシーズン初勝利を挙げたマルセル・キッテル @Justin Setterfield/Getty Images

マルセル・キッテルがトロフェオパルマで今季初優勝

カチューシャ・アルペシンのマルセル・キッテル(ドイツ)が2月3日、地中海のマジョルカ島で行われたトロフェオパルマで得意とするゴールスプリント勝負を制し、今季初優勝を挙げた。チームは同地で2度にわたる合宿を終えたばかりで、キッテルは好調な仕上がりぶりを示した。

トロフェオパルマでシーズン初勝利を挙げたマルセル・キッテル @Justin Setterfield/Getty Images

「優勝もうれしいけど、昨年までの不調から少しだけカムバックできたこと、チームに初勝利をプレゼントできたことがとてもうれしい。チームメートに援護されて、上りもクリアできた」とキッテル。

同レースはマジョルカ島で開催されていた4日連続のワンデーレースの最終戦。パルマを発着とする159.6kmで行われ、残り40kmには山岳ポイントもあった。キッテルは上りでチームメート全員に援護され、これをクリアするとゴール勝負でスプリント力を見せつけた。

マルセル・キッテルがツール・ド・フランスさいたまに参戦決定

世界最高峰のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」の名を冠した自転車競技イベント「J:COM presents 2018ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」に、ツール・ド・フランスでステージ通算14勝をあげ、2014年のさいたまクリテリウムを制したマルセル・キッテル(カチューシャ・アルペシン)の3年連続5回目の出場が決定した。

ティレーノ〜アドリアティコ第6ステージを制したマルセル・キッテル ©LaPresse/Fabio Ferrari

「日本、そしてさいたまのみなさん、こんにちは。いつもさいたまではすばらしい時間を過ごしていて、今年もまた、さいたまクリテリウムに出場することをとても楽しみにしています。さいたまで11月に会いましょう」とキッテル。

大会は2018年11月4日(日)、さいたま新都心駅周辺で開催される。例年のように世界トップクラスのスプリンターが来日し、大会を盛り上げる。その他出場選手の発表は10月上旬を予定しているという。

ティレーノ〜アドリアティコ第6ステージを制したマルセル・キッテル ©LaPresse/Fabio Ferrari

●ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムのホームページ
【Facebook】
【twitter】
【Instagram】

マルセル・キッテルがティレーノ〜アドリアティコで区間2勝目

イタリア半島を横断する7日間のステージレース、ティレーノ〜アドリアティコは大会6日目となる3月12日に第6ステージが行われ、カチューシャ・アルペシンのマルセル・キッテル(ドイツ)がゴール勝負を制して、第2ステージに続く区間2勝目を挙げた。

ティレーノ〜アドリアティコ第6ステージを制したマルセル・キッテル ©LaPresse/Fabio Ferrari

「イタリアでの初勝利だった第2ステージにはかなわないが、この日も特別な喜びがある。チームメートのネイサン・ハースの誕生日を祝うことができたからね」とキッテル。
「チームメートは牽引力のあるメンバーがそろっていて、ボクは隊列を形成している中にポジションしているだけでよかった。優勝することでチームのモチベーションを持続することができる」

ティレーノ〜アドリアティコ第6ステージ。カチューシャやロットなどスプリンターを擁するチームがペースメーク ©LaPresse/Fabio Ferrari

ティレーノ〜アドリアティコ第6ステージを制したマルセル・キッテル ©LaPresse/Fabio Ferrari

総合成績では、前日に首位に立ったスカイのミハウ・クビアトコウスキー(ポーランド)がその座を守った。総合2位には3秒差でBMCのダミアノ・カルーゾ(イタリア)がつける。
「この日は雨だったのでとてもナーバスな走りになった。ファンにとってはテクニカルサーカスだけど、選手にとってはたまらない」とクビアトコウスキー。
「個人タイムトライアルに強いカルーゾが3秒差で追っているので、最終日のタイムトライアルを終えてどんな結果になるのかは分からないが、総合優勝できるチャンスなので努力をしてみたい」

ティレーノ〜アドリアティコ第6ステージで首位を守ったクビアトコウスキー ©LaPresse/Fabio Ferrari

大会は13日まで。第7ステージとしてサンベネデット・デルトロント間で距離10kmの個人タイムトライアルを行う。

●関連ニュース

キッテルがティレーノ〜アドリアティコ第2ステージで優勝

●最新ニュースへ

キッテルがティレーノ〜アドリアティコ第2ステージで優勝

イタリア半島を横断する7日間のステージレース、ティレーノ〜アドリアティコは大会2日目となる3月8日に第2ステージが行われ、カチューシャ・アルペシンのマルセル・キッテル(ドイツ)がゴール勝負で世界チャンピオンのペテル・サガン(スロバキア)らを制して優勝した。現チームに移籍しての待望の初勝利を挙げた。

ティレーノ〜アドリアティコ第2ステージで優勝したマルセル・キッテル(左) ©LaPresse/Fabio Ferrari

ティレーノ〜アドリアティコ第2ステージ ©LaPresse/Fabio Ferrari

「2017ツール・ド・フランスのポーで勝ってから8カ月も勝利なしで過ごしてしまった。再び勝ててとても気分がいい。新たなチームで僚友と作戦を立て直し、彼らがとてもいい動きをしてくれたので、今日のボクはどのタイミングで飛び出したらいいかを決めるだけでよかった」とキッテル。

総合成績では、前日のチームタイムトライアルで好成績をたたき出したBMCのパトリック・ベビン(ニュージーランド)がタイム差なしの区間5位でゴール。チームメートのダミアノ・カルーゾと同タイムで並んだが、2日間の着順の合計でベビンが上回ったことから同選手が首位のリーダージャージを譲り受けた。

ティレーノ〜アドリアティコ第2ステージ ©LaPresse/Fabio Ferrari

ティレーノ〜アドリアティコ第2ステージを制したマルセル・キッテル ©LaPresse/Gian Mattia D’Alberto

●関連ニュース

BMCがティレーノ〜アドリアティコのチームタイムトライアルで優勝

●最新ニュースへ

ドバイツアーにキッテル、カベンディッシュら強豪選手が集結…2月6日開幕

2月6日から10日までUAEで開催される5日間のステージレース、ドバイツアーの出場選手リストが発表された。カチューシャ・アルペシンのマルセル・キッテル、ディメンションデータ・ケベカのマーク・カベンディッシュが出場し、優勝候補の最有力となる。

マーク・カベンディッシュ(ディメンションデータ) ©ANSA/CLAUDIO PERI
マルセル・キッテル(カチューシャ・アルペシン) ©ANSA/CLAUDIO PERI

トレック・セガフレードはジョン・デゲンコルプを起用。UAEエミレーツのアレクサンドル・クリストフはヨーロッパチャンピオンジャージを着用して登場する。バーレーン・メリダはエースのビンチェンツォ・ニーバリ。クイックステップフロアーズはエリア・ビビアーニ。ロットNLユンボはディラン・フルーネウェーヘン。コフィディスはナセル・ブアニ。シーズン序盤としてはスーパースターがそろい、沿道をにぎわせるはずだ。

アレクサンドル・クリストフ(UAEエミレーツ)©Lorenzo Fizza Verdinelli/BettiniPhoto
ディラン・フルーネウェーヘン(ロットNLユンボ) ©Cor Vos/BettiniPhoto
ジョン・デゲンコルプ(トレック・セガフレード) ©Luis Angel Gomez/BettiniPhoto
エリア・ビビアーニ(クイックステップフロアーズ) ©Dario Belingheri/BettiniPhoto
ナセル・ブアニ(コフィディス ©Schamps/BettiniPhoto
ビンチェンツォ・ニーバリ(バーレーン・メリダ) ©Ilario Biondi/BettiniPhoto

●関連ニュース
2月開催のドバイツアーでキッテルとカベンディッシュが激突へ