通勤・通学に最適なコミューターE-BIKE「EX-CROSS e」新発売

ミヤタサイクルは、通勤・通学に 最適なコミューターE-BIKE「EX-CROSS e」を9月に新発売する。販売価格は16万円(税別)。サイズは420。カラーはブラック(OK21)とミラーシルバー(OS76)。全国ミヤタE-BIKE取扱店で販売。年間販売予定台数2000台。

EX-CROSS e(ブラック)

SR SUNTOUR 製電動アシストユニット「HESC(Human Electro Synergy Components) E-BIKE SYSTEM」の小型軽量で高出力な後輪インホイルタイプユニットを搭載し、ストップ &ゴーの多い街中でもストレスのない軽快なライディングを実現。

また 27×1-1/2 インチタイヤと外装8段変速を採用し、スポーティな走りにも対応。 バッテリーから直接給電するLEDバッテリーライトや幅広バスケット、スタンド、サークルロ ックを標準装備。さらにチェーンケース、前後ドロヨケも装備しているので、通勤通学や日常の移動手段として使える。

SR SUNTOUR製電動アシストユニットは小型軽量で高出力な後輪インホイルタイプ

○小型軽量で高出力な後輪インホイルタイプ
・最大トルク 60Nm、最大出力 400W の小型で高トルクのインホイルモーターを採用
・フリー機構を内蔵し、モーターの抵抗を感じることなく自然なペダリング感覚を実現
・チェーンを介さず後輪を直接駆動させるので、チェーンやギアへのストレスを低減
・不具合時も車輪からモーターを解体することなく内部のみを交換可能な高メンテナンス設計

バッテリーの最大アシスト航続距離はエコモードで100km

○安全かつパワフルな乗り味を実現する3つのセンサーと独自開発のアシスト制御ソフト
・正確なトルクを検出するトルクセンサー
・ケイデンスの読み取りによるアシスト補正
・速度の読み取りによる出力漸減

前後ドロヨケを標準装備
雨天時にも安心の油圧式ディスクブレーキ
ズボンの裾を汚さないチェーンケース
バッテリー給電式のLEDライト

○走行性能
・平坦地での発進から上り坂途中からの発進までスムーズで自然な発進と加速
・右左折や U ターンからの加速でも安定したパワーフィーリングが滑らかな走行を実現
・巡航走行中もペダル踏力に合わせたモーター出力によりアシストのぎくしゃく感を最小限に
・ペダルを強く踏めばしっかり答えてくれるアシストパワーによる高い登坂能力
・走行目的に合わせて NO~CLIMB の 4 つのアシストモードを選択可能

EX-CROSS e(ミラーシルバー)

eバイクでめぐる三嶋大社食べ歩きサイクリング

ミヤタサイクルがeバイクファンライドを2019年5月14日(火)、19日(日)、6月5日(水)、23日(日) に開催する。今回の目的地はサイクルトレインを使って、源頼朝が挙兵に際して祈願を寄せたことで有名な三嶋大社。

源頼朝が挙兵に際し祈願を寄せたことで有名な三嶋大社

日本国内での独占販売権を有するMERIDA(メリダ)の試乗・展示施設、静岡県伊豆の国市のMERIDA X BASE(メリダ・エックス・ベース))でMERIDA CYCLING ACADMY(メリダ・サイクリング・アカデミー)を開設し、地域へのスポーツ自転車文化の浸透と発展を促進するプログラムを定期的に開催している。

今回のサイクリングは、伊豆箱根鉄道のサイクルトレインに自転車を積み込み三島駅に移動。サイクリングのスタート地点三島駅から白滝公園、水辺の文学碑、柳が並ぶ桜川を左手に眺めながら約10分の道のりを経て、商売繁盛・五穀豊穣の神様で源頼朝が挙兵に際し祈願を寄せたことで有名な三嶋大社へ。

草餅『福太郎』

参拝後は草餅『福太郎』を味わい、いよいよ日本一の大吊り橋『三島スカイウォーク』まで1時間の登坂サイクリング。箱根西麓ののどかな田園風景やノスタルジーあふれる箱根旧街道など魅力満載のコースをeバイクの快適な電動アシストで楽しむ。

『三島スカイウォーク』では地元伊豆の国市で人気の『いちごプラザのいちご大福』と富士山と駿河湾のパノラマビューを満喫。

コース長20km、高低差400mのルートだが、最新のeバイクを使用するため、初中級者でも無理なく楽しめる設定となっている。 

参加予約は4月10日(水)よりMERIDA X BASE公式HPの予約ページで受付を開始する。

三島スカイウォーク

MERIDA X BASEとは

『MERIDA X BASE(メリダ・エックス・ベース)』は静岡県伊豆の国市に位置し、「XCITING(EXCITING)」「XCELLENT(EXCELLENT)」「XPERIENCE(EXPERIENCE)」の3つのXを掲げ、その卓越した技術力と商品力を持つMERIDAの「楽しさ」を「最高」の環境で「体験」することができる、国内外では他に類を見ない規模のスポーツバイクの試乗・展示施設。スポーツバイク市場を盛り上げ、伊豆半島全体をサイクリングで活性化することを目指す。

伊豆半島を巡るeバイクツアーが毎日催行…MERIDA X BASE

ミヤタサイクルはeバイクなどを使用し、伊豆半島を巡る『MERIDA XPERIENCE(メリダ エクスペリエンス)ガイドツアー』 を3月9日よりMERIDA X BASEで常設プログラムとして開始する。ツアーは完全予約制。参加者の希望に合わせたルートを提案して案内する。

MERIDA XPERIENCE ガイドツアーとは

MERIDA X BASEを拠点として、世界ジオパークに認定された伊豆半島ならではの地形や地質、歴史、温泉、食べ物などを巡るプレミアムガイドツアー。MERIDA eBIG.SEVEN 600をはじめ、MIYATA RIDGE-RUNNER(リッジランナー)、CRUISE(クルーズ)などShimano Steps搭載のeバイクをメインに使用。世界のeバイクの動向を知り尽くした自転車ジャーナリストの難波賢二が監修した初心者でも上級者でも楽しめるガイドツアー。また、ツアーガイドは伊豆の地を知り尽くしたMERIDA X BASEのスタッフが担当する。

MERIDA XPERIENCEガイドツアー
開催日 3月9日(土)~ MERIDA X BASE営業日
時間 10:00~17:00
最低催行人数2名、1組最大3名(1日2組まで受付可能)
ツアー受講料(昼食、バイクレンタル込み)
2名:1万6000円/人
3名:1万4000円/人
※4名以上での参加を希望する場合は個別に対応。MERIDA X BASE(xbase@gear-m.co jp)まで連絡する。

講座の詳細・申し込みは、MERIDA X BASE公式サイトを確認

※予約受付は1週間前まで
※当日はロッカー利用、入浴施設(タオル付)を無料で利用可
※ヘルメット・グローブは無料レンタルあり
※eバイクはフラットペダルが標準装備となるが、SPD/SPD-SLも取り付け可能。上記以外のビンディングペダルを利用の場合はペダルとシューズを持参
※防寒、雨天用の用意はなく、各自で準備
※昼食代はプランに含まれているが、小銭などを携帯されることを推奨
※中学生以下は必ず保護者の同伴が必要

【MERIDA X BASEとは】
2018年秋に伊豆の国市にオープンした『MERIDA X BASE(メリダ・エックス・ベース)』は「XCITING(EXCITING)」「XCELLENT(EXCELENT)」「XPERIENCE(EXPERIENCE)」の3つのXを掲げ、その卓越した技術力と商品力を持つMERIDAの「楽しさ」を「最高」の環境で「体験」することができる、国内外では他に類を見ない規模のスポーツバイクの試乗・展示施設。スポーツバイク市場を盛り上げ、伊豆半島全体をサイクリングで活性化することを目指す。

最新eバイクを使用して伊豆を走るMERIDA XPERIENCE(メリダ・エクスペリエンス)ガイドツアー

ミヤタサイクルは、日本国内での独占販売権を有するMERIDA(メリダ)とミヤタサイクルの最新eバイクを使用したガイドツアープログラム『MERIDA XPERIENCE(メリダ・エクスペリエンス)ガイドツアー』を2019年2月23日(土)に開催する。

ミヤタサイクルの最新e-bikeを使用したガイドツアー
MERIDA XPERIENCE ガイドツアーとは
MERIDA X BASEを拠点として、世界ジオパークに認定された伊豆半島ならではの地形や地質、歴史、温泉、食べ物などを巡るeバイクによるプレミアムガイドツアー。MERIDA eBIG.SEVEN 600を中心とした最新のeバイクを使用。世界のeバイクの動向を知り尽くした自転車ジャーナリストの難波賢二氏が、初心者でも上級者でも楽しめるガイドツアーを監修。
国際派自転車ジャーナリストの難波賢二氏

【難波賢二氏プロフィール】
国際派自転車ジャーナリスト:1979年生まれ。国立大学在学中より、ジャーナリストとしてサイクルスポーツなどの主要自転車メディアに寄稿。ロードバイク、MTB、eバイクなどのジャンルを問わず、世界のサイクリング動向に詳しい。日本で最初のe-bike個人オーナーとしても知られ、20年以上前からeバイクの動向見つめ続けた数少ないジャーナリストの一人。

昼食もついたツアーだ
【講座概要】
e-bikeガイドツアー
上級者向け(約40km)
2019年2月23日(土) 10:00~16:00 (9:30受付)
定員5名 (最少催行人員2名)
ツアー受講料(昼食、バイクレンタル込み)
2名様:15,000円/人
3名様:12,000円/人
4名様:10,000円/人
5名様:8,000円/人
※6名以上の場合はプライベートガイドツアーを提案するので、メールで問いわ合せ( xbase@gear-m.co.jp )。
講座の詳細・申し込みは、MERIDA X BASE公式サイト
※当日はe-bikeの無料貸し出し、ロッカー利用、入浴施設(タオル付)を利用いただけます。下記の備品を無料でご使用いただけます。 ヘルメット/グローブ/フロントライト/テールライト/サドルバック(チューブ&タイヤレバー入り)/ボトルケージ/携帯ポンプ ※e-bikeはフラットペダルが標準装備となりますが、SPD/SPD-SLも取り付け可能です。受付スタッフにお申し付けください。上記以外のビンディングペダルをご利用の場合は、ペダルとシューズをご持参ください。 ※冬季のサイクリングとなりますので、防風ジャケットと冬用インナーなどの重ね着を推奨いたします。 ※昼食代はプランに含まれておりますが、小銭などを携帯されることを推奨いたします。 ※中学生以下の方は必ず保護者の同伴が必要です。

【MERIDA X BASEとは】
2018年秋に伊豆の国市にオープンした『MERIDA X BASE(メリダ・エックス・ベース)』は「XCITING(EXCITING)」「XCELLENT(EXCELLENT)」「XPERIENCE(EXPERIENCE)」の3つのXを掲げ、その卓越した技術力と商品力を持つMERIDAの「楽しさ」を「最高」の環境で「体験」することができる、国内外では他に類を見ない規模のスポーツバイクの試乗・展示施設です。スポーツバイク市場を盛り上げ、伊豆半島全体をサイクリングで活性化することを目指します。

【施設概要】
(1)名称: MERIDA X BASE
(2)所在地: 静岡県伊豆の国市田京195-2 道の駅 伊豆のへそ内
(3)連絡先: TEL 0558-77-2727
(4)ホームページ: http://merida.jp/x-base/

ミヤタのeバイク、クルーズに新色としてピュアホワイトパールが追加

ミヤタサイクルは、現在好評発売中の電動アシストスポーツサイクル(eバイク)のCRUISE(クルーズ)に新色「ピュアホワイトパール」を追加。2018年7月より全国ミヤタ取扱店で販売を開始する。これによりカラーはクリアブラックを含めて2色に。価格は26万9000円(税別)。

ミヤタ・クルーズ(ピュアホワイトパール)

クルーズは自転車本来の乗る楽しさを体験できるものづくりをコンセプトにシマノ製電動ドライブユニット「STEPS E-8080」に合わせた独自設計の軽量フルアルミフレームとアルミフォークを採用し、坂道での走行のみならず、自転車本来の乗る楽しさも体感できるクロスバイクタイプのeバイク。

2018年の発売以降好調な売れ行きを見せていて、急成長を遂げるeバイク市場においてもその存在感は大きく、注目度の高い商品となっている。これまではクリアブラック1色での展開となっていたが、カラーバリエーション追加の要望が多く、華やかでさわやかな印象を与える新色「ピュアホワイトパール」を追加した。

⚫関連ニュース

eバイクで箱根の山登り区間賞記録を更新…ただし上りでは敗北

⚫最新ニュースへ

【Column】eバイクで箱根の山登り区間賞記録を更新…ただし上りでは敗北

日本生まれの電動アシスト自転車だが、欧州ではe(イー)バイクと呼ばれて大流行している。世界屈指の自転車部品メーカー「シマノ」も独自開発のモーターをリリース。それを国内で初搭載したeバイクがミヤタサイクルから2月1日になるというので、試乗車を実走。箱根駅伝の第5区で記録計測したら、アシストパワーで区間賞記録をちょっとだけ上回った!

箱根駅伝5区をeバイクで走って今年の区間賞を更新!

ヤマハ発動機が世界初の電動アシスト自転車「PAS」を1993年に発売して以来、日本では坂道のある町に住む人が買い物時に使ったり、子どもを乗せて保育所などの送迎に使ったりするイメージだ。ところが欧州ではもっとアクティブに走れるスポーツアイテムとしてとらえられている。体力以上に走行距離を伸ばしたり、急坂や悪路をクリアするレジャーアイテムとして活用されている。

その市場ニーズに応えてシマノが電動ユニットを欧州向けに開発したのが2014年。さらに改良を重ね、日本向けに新開発されたものがいよいよ発売されるというわけだ。発売元のミヤタサイクルが試乗車貸し出しを開始したのが1月10日。その日のうちに保管場所まで取りに行き、箱根駅伝の往路第5区で実走チェックした。つまりこれは日本初のインプレッションとなった。

箱根駅伝5区のスタートは20年前も鈴廣。リベンジだ!

じつはヤマハPASが量産化された20年前。新製品情報誌「モノマガジン」の特集で、箱根の第5区を電動アシスト自転車で上ったことがある。小田原の鈴廣かまぼこ店前をスタートし、いい感じに電動パワーで上りをこなしていたのだが、宮ノ下の富士屋ホテルを通過して激坂に突入したところでバッテリー切れ。あとは重量30㌔の鉄の塊と化し、ゴールできなかった記憶がある。

今回はそのリベンジだ。最先端のeバイクを入手したこの日、あのときと同じように鈴廣前をスタート。電動出力レベルを最強の「ハイモード」にしてグイグイと箱根の山を登る。一定のペースでペダルを回していくとアシストの恩恵にあずかっていることを体感できないのだが、激坂になってペダルを踏み込む力が衰えてしまうと、「グイッ!」という推進力で前に進んでくれるのが分かる。呼吸もこれまでのどんな上り坂よりもラクだ。これはいい!

復路の6区をゴール。下りはほどんど電池を消耗しなかった

芦ノ湖のゴールに飛び込んでGPSウォッチのボタンを止めると1時間09分29秒。区間賞の青木涼真選手(法政大)の記録を更新した。バッテリー消耗は帰路となる第6区も起動してちょうど50%だった。20年前は宮ノ下で充電が切れたのに。機材の飛躍的進化を実感! さらに記録したGPSデータを解析してみると、スタート地点と最高地点までがタイムトライアルのコースとして設定されていて、これまで挑戦した1325人中の17位にランクされていたことが判明。

白状します。電動アシスト機能使いました。しかし冷静に考えてみると、最高点から芦ノ湖まで時速60kmでダウンヒルしてタイムを稼いでいるので、結局上り区間は箱根駅伝のランナーよりも遅い。いやはや、eバイクも楽チンだが彼らがスゴいってことも分かった。

eバイクはこうしてサイクリングの実走距離が伸ばせるので、これまで以上にフィールドが広がるアイテムだ。充電器もコンパクトに持ち運べるので、2日以上のツーリングもできる。体力の劣る人が駆使することで上級者と一緒に走れるなんてケースも。これから流行るかも。

サイクルコンピューターにパワー状況が表示される

シマノ製電動アシストコンポ「STEPS」を日本で初搭載したミヤタサイクルの電動アシストクロスバイク「クルーズ」。アルミフレームにモーターとバッテリーを搭載。ハンドル部分に液晶サイクルコンピューターがあって、電動パワーの強弱や電池残量を操作・把握できる。フル充電あたりエコモードで115km、ノーマル106km、ハイモード78kmのアシスト走行が可能。9段変速。油圧式ディスクブレーキなので箱根からの下りも軽いブレーキレバー操作で速度制御が容易だった。税込み29万520円。

ミヤタサイクルのクルーズ

【これまでのColumn】

ボクのツール・ド・フランスはマルセイユから始まった


洋菓子のパリ〜ブレストは自転車の車輪に似ているから命名された


海外ホテルのネット予約で失敗しないためのテクニック


フランスには外国人が免税で新車を購入できるシステムがある


GPSデバイスはあえてセカンドグレードを選んだ、これだけの理由


ボクのツール・ド・フランスはルーアンから始まった


死ぬまでに泊まってみたいホテル…天文台で満天の星空を見る

ホテル予約ならHotels.com