パリ郊外のル・ゴルフ・ナショナルで伝統の対抗戦…2024パリ五輪でも会場に

2年に一度開催される欧米両チームによる伝説のゴルフ対抗戦「ライダーカップ」が2018年9月25日から30日までパリ西部にあるル・ゴルフ・ナショナルで開催される。同ゴルフ場は2024パリオリンピックのゴルフ競技会場でもあり、日本のゴルフファンにとっても魅力のあるコースとして一躍脚光を浴びつつある。

ル・ゴルフ・ナショナル

世界中が注目するライダーカップ。サッカーのワールドカップとオリンピックに次いで最もマスコミの注目を集めるスポーツイベントだという。この栄えある大会をフランスで開催できることは、フランスゴルフの発展にとって大きな推進力となると分析されている。今回のライダーカップは、サンカンタンアンイブリン県の国立ゴルフ場(Le Golf National)で開催される。会場はヨーロッパでも数少ない8万人のギャラリーを受け入れることができる。


ライダーカップとは? 一言で言えば、2年ごとに開催される米国チーム対ヨーロッパチームの対抗戦で優勝したチームに与えられるトロフィーのこと。試合は米国とヨーロッパのホーム・アンド・アウェー方式で争われる。過去のライダーカップでは、ゴルフ史に残るさまざまな偉業が成し遂げられてきた。

長年、米国チームがカップを独占していたが、1985年以降はヨーロッパチームの優勝が米国チームを上回るようになり、11大会中8回の優勝を誇る。出場選手もセベ・バレステロス、セルヒオ・ガルシア、フィル・ミケルソン、タイガー・ウッズなど世界の一流選手ばかり。現在までにフランス人では、ジャン・バンドベルド(1997年)とトマ・ルベ(2004年)の2人の選手が選ばれている。

3日間にわたり12人ずつの2チームが腕を競い合う。試合はシングルかダブルスのマッチプレイで行われる。28試合が終わった段階で、14 1/2かそれ以上のスコアを獲得したチームが優勝となる。とりわけダブルスのマッチプレイは、選手同士で互いに力を補い合う独特の戦術が必要となるため、見ごたえがある。大会開催中はギャラリーもテレビ視聴者も大いに盛り上がる3日間となるのだ。

ル・ゴルフ・ナショナルはベルサイユ宮殿にも近く、プレートともにフランス観光もできる © A. Poupeney

Domaine de Marie-Antoinette(小トリアノン宮殿) © C.Millet

●関連ニュース

フランスでゴルフする!…お買い物でもグルメでもない新たな目的を発見

●最新ニュースへ

フランスでゴルフする!…お買い物でもグルメでもない新たな目的を発見

世界随一の観光大国フランスだけに、ゴルフ場も素晴らしい。ショッピングやグルメ、サイクリング体験だけでなく、フランスにゴルフをしに行くという旅の目的が注目されている。

フランスで最も有名な「ル・ゴルフ・ナショナル」は、欧州でも数少ない8万人のギャラリーの受け入れが可能なゴルフ場で、毎年オープン・ド・フランスの舞台にもなっている。そして2年に一度開催される欧・米両チームのゴルフ対抗戦、「ライダーカップ」が「ル・ゴルフ・ナショナル」で行われることになった。このこの大会は欧州対米国のホーム・アンド・アウェー方式で争われ、ゴルフ史上最も輝かしい瞬間を刻んできたという。

第42回となる2018年のライダーカップは9月25日から30日にかけ、パリ郊外のサンカンタンアンイブリン県にあるこの名門ゴルフ場で開催される。フランスがライダーカップの開催国となるのは初めてのことで、フランスがゴルフデスティネーションとして大きく飛躍する記念すべき年となる。

ジャパン・ゴルフフェア2018
3月23日(金)から25日(日)までの3日間にわたってパシフィコ横浜で開催されるアジア最大のゴルフショー「ジャパンゴルフフェア2018」に、フランス観光開発機構が初出展。ブース番号は(3-20)。フランス各地のオススメのゴルフコースや宿泊施設などの情報を取りそろえ、フランスへのゴルフ旅を夢見るプレイヤーの訪問を歓迎する。入場無料・予約不要。ライダーカップ開催地となるル・ゴルフ・ナショナルの支配人ポール・アーミテージ氏も特別来日。

パンフレット「フランス ゴルフ旅」

パンフレット「フランス ゴルフ旅」
フランス各地のゴルフ場を紹介するパンフレット「フランス ゴルフ旅」が制作された。掲載エリアはパリ・イルドフランス、コート・ダジュール、アルプス・モンブラン、ビアリッツ・バスク、ノルマンディー、ブルターニュ、ブルゴーニュ。「ジャパン・ゴルフフェア2018」の会場で配布するほか、PDF版が下記リンクから提供される。

「フランス ゴルフ旅」のパンフレットをダウンロードする