パールイズミのポンチョはバックパックを背負ったまま羽織れる

パールイズミは2020年秋冬新商品として「サイクルポンチョ」をサイクルショップやスポーツ用品店で発売する。

「サイクルポンチョ」は、バックパックを背負ったまま羽織れるシルエットや、前輪からの泥はねを防ぐ泥よけ、ハンドルに装着したライトが隠れない設計など、スポーツバイクの乗車シーンに特化した雨天時に活躍するポンチョ。収納ポーチ付きで、コンパクトに収納・携帯することもできる、通勤ライドやツーリングなどにも便利なアイテム。

前輪からの泥跳ねを防ぐ前泥よけ付き

サイクル ポンチョ
【 カラー 】ネオンイエロー
【 価 格 】6000円(税抜)
【 サ イ ズ 】 FREE(対応身長150-185cm)
【商品特徴】
□雨天時でも目立ちやすい蛍光カラー採用
□着脱が簡単な首元が大きく開くV字マチ
□バックパックを背負っても羽織れるシルエット
□走行時にバタつきの少ない自転車専用設計
※フード着用の際はヘルメットの下に着用
※製品の性質上、フード周辺、裾からの水の浸入を完全に防ぐことはできない

装着したライトが隠れない設計
小さく畳んでボトルゲージに収められる収納ポーチ付き (長さ240mm×直径80mm)

●パールイズミのホームページ

日本の第一次産業を元気にするモンベルのフィールドウエア

農業・林業・漁業といった日本の第一次産業を元気にしたい。そのような思いから始まったモンベルのフィールドウエア。実際に第一次産業に従事されているプロの声と、アウトドア用品を開発する中で培われたモンベルの技術が融合したウエア&ギアを展開している。今回は、2020年の新モデルを紹介。

ロガーヘルメット。7400円(税別)

カバーオールにインディゴ染めモデルが新登場

機能性と風合いを両立したインディゴ染めの生地を使用したカバーオールが新登場。適度な通気性とストレッチ性で、農作業やガーデニングに最適な一着。肌離れがよく、汗をかいてもベタつきにくい快適な着心地を実現している。

フィールド インディゴ カバーオール。1万5800円(税別)

フィールド インディゴ カバーオール
農作業などの野外作業に最適なカバーオールは豊富なラインアップ


雨天時の作業を快適に。フィールドレインシリーズがモデルチェンジ

フィールド レインジャケット Men’s。1万8800円(税別)
フィールド レインジャケット Women’s。1万7500円

世界最高水準の防水透湿性を備え、雨天時の作業を快適にサポートするフィールドレインシリーズ。裏地のない2レイヤー生地で、大幅な軽量化としなやかな着心地を実現した。耐久性・防水透湿性・軽量性。日々の作業に必要なすべての機能を備えた農作業用レインウエア。

フィールド レインアノラック。1万7400円(税別)
フィールド レインビブ。1万5400円(税別)

フィールド レインジャケット
フィールド レインジャケット(女性用)
フィールド レインアノラック
フィールド レインビブ


ムレを放出する、快適な漁業用ウエア

フィッシャーマン ジャケット。1万1400円(税別)。フィッシャーマン ビブ。9600円(税別)

防水性に特化した一般的な漁業用ウエアに比べ、ムレを放出する優れた透湿性を備えた漁業用の軽量防水ウエアを開発した。長年のレインウエア開発で培われた、浸水を防ぐ独自の機能を備え、漁業の現場で高いパフォーマンスを発揮する。すっきりとしたシルエットながらも、厚手のインナーを重ね着することができるサイズ感。

フィッシャーマン ジャケット
フィッシャーマン ビブ


林業用の「ロガーヘルメット」新登場

厚生労働省の保護帽規格をクリアした強度を備え、軽量性と堅牢性を両立した林業用ヘルメットが新登場。日本人の頭部形状にフィットさせた独自のアジアンフィットデザインを採用し、別売のイヤーマフやフェイスシールドなどのオプションも装着可能。

ロガーヘルメット用のイヤーマフは4200円、フェイスシールドは2000円

ロガーヘルメット
オプションはこちら ≫イヤーマフ≫ フェイスシールド

その他にも、モンベルでは独自のノウハウを生かして作り上げたフィールドウエア&ギアを幅広く取り揃えている。

雨の時にレーシングパンツの上に着用するレインパンツ

パールイズミは2020年春夏新商品として「レイン オーバーパンツ」をサイクルショップやスポーツ用品店などで発売する。

「レイン オーバー パンツ」は、雨天時のライドにレーサーパンツの上に重ねて着用できるパッドのないオーバーパンツ。防水ストレッチ性素材が、動きやすさはそのままに雨水をブロックする。

コンパクトにたたんで携帯できるポケッタブル仕様なので、突然の雨対策や防風性を活かした防寒アイテムとしても使える。製品の特性上、完全防水ではない。

2360 / レイン オーバー パンツ
【 カラー 】 1. ブラック
【 価 格 】 1万2800 円(税抜)
【 サ イ ズ 】 M, L, XL

防水ストレッチ性素 材が雨水をブロック
小さく畳んでポケッ トに収納 ポケッタブル仕様 (W110×H140mm) 腰部内側に収納用 ポケットを装備

●パールイズミのホームページ

雨の日の自転車通勤・通学におすすめのレインポンチョに新作

新型コロナウイルスの影響で、電車通勤から自転車通勤に切り替える人も増えている。これから始まる梅雨に備えて、雨対策を検討中の人におすすめの機能性、防水性の高い自転車用ポンチョを紹介。

左がチャリーポンポン、右がレインバイシクルポンチョ

Wpc.では自転車用レインポンチョを多数展開。大人気の自転車用レインポンチョ「チャリーポンポン」に加え、この夏の通勤・通学需要で人気が高まるクロスバイク・ロードバイクにも対応した「レインバイシクルポンチョ」が登場した。


レインバイシクルポンチョ 5940円(税込)
雨の日も安全に快適に過ごしてほしい。 防水・はっ水はもちろん、安全面や機能面にもとことんこだわった自転車に乗る人のためのレインポンチョ。専用の収納袋に入れて小さく携帯できるのでバッグに入れておくと安心。

 デザインはシーンを選ばず、デイリーユースで使える無地のデザインから、ファッション性のあるオシャレなデザインまでそろっているので幅広い年代に着用できる。レインポンチョを活用することで両手が自由になるので、より安全により快適に。梅雨の時期も快適に自転車に乗るために、利用シーンにあわせて活用できる。

ギフト対象 【KiU公式】 レインポンチョ KiU RAIN PONCHO キウ ポンチョ レインコート はっ水 撥水 防水 レディース メンズ ユニセックス 男女兼用 雨 通勤 通学 収納袋 雨 無地 花 ドット送料無料

価格:4,730円
(2020/5/22 17:35時点)
感想(259件)


チャリーポンポン 4730円(税込)
荷物が濡れないよう、レインポンチョを自転車のカゴにサッとかぶせて使うチャリーポンポン。首の動きに合わせてフードが左右に動く仕様なので視界を遮らず、安全に運転することができる。 

人気のデザインに加え、今季は新たに3柄が登場。雨の日でも気分が高まるかわいいデザインが特徴。毎日の買い物にも使える。 

ギフト対象 【Wpc.公式】 レインポンチョ チャリーポンポン 雨 自転車 自転車用レインポンチョ レディース メンズ 通勤 通学 収納袋 送料無料

価格:4,730円
(2020/5/22 17:33時点)
感想(2件)

●ワールドパーティーのホームページ

進化を遂げるレインウエア…モンベルサイトが選び方や手入れ方法を紹介

最新レインウエアの機能性はスゴい。独創的な技術で雨の日が確実に快適になる。アウトドアメーカーのモンベルが、雨の多い日本の気候に合わせてさまざまなタイプを用意している。トレントフライヤージャケット、バーサライトジャケット、レイントレッカーがモデルチェンジ。さまざまなフィールドやアクティビティに対応できる、豊富なラインアップを取りそろえている。

モンベル製品は上下別売なので、使い勝手がいいように自由に組み合わせることが可能

同社ホームページではレインウエアの選び方を紹介している。レインウエアを選ぶ上で基準となるのは、素材の特性や強度、機能性などの要素だが、これらと使用するシーンを照らし合わせ、重視したい特性を持ったウエアを選ぶことで雨天時でも安全で快適に行動することができるという。また異なる性能のウエアを組み合わせたり、体にベストフィットするサイズを選ぶことで快適性を高めることも重要。

例えば上下でサイズの違う組み合わせにする。上着は軽量性、下は耐久性を重視した組み合わせ、上は視認性の高い色、下は汚れの目立たない色など用途に応じて自由に組み合わせにすると自分にとって使い勝手のいいレインウエアになる。

レインウエアの選び方

トレントフライヤー ジャケット Men’s
バーサライト ジャケット Men’s
レイントレッカー ジャケット Men’s
レイン アンブレロ

レインウエアはお手入れも重要だという。レインウエアを適切に洗濯することで撥水性能が回復し、高い防水透湿性能を持続させることができる。洗濯のやり方が適切なら自宅でできると紹介している。例えば「標準の2倍ほどの水量で十分にすすぎ脱水機は使用しない。洗濯絵表示タグを確認した上で、乾燥機の使用が可能なら乾燥機の使用をおすすめ」など。

レインウエアのお手入れ方法(洗濯・撥水処理とリペアについて)

サイクリング用は乗車姿勢にマッチした立体デザインなどが特徴

●関連ニュース

カヤック、自転車、ハイキングで海から山頂を目指すイベントに出てみよう

●最新ニュースへ