インドア練習で頭角を現した植竹海貴がZwift選手権で2連覇

Y’sRoadの植竹海貴が11月30日に開催されたアミノバイタル全日本最速店長選手権 in Zwift 2ndの女性店長 and 女性スタッフカテゴリーで優勝し、2021年に続いて連覇を達成した。

全日本最速店長選手権を連覇した植竹海貴

八重洲出版の自転車月刊誌サイクルスポーツの名物企画「全日本最速店長選手権」のオンライン版である「アミノバイタル全日本最速店長選手権 in Zwift」は、バーチャルサイクリングアプリ「Zwift」上で開催される。スポーツサイクルショップ店長や女性スタッフの中で最速の選手を決定する大会だ。

今回は、「男性店長」と「女性店長 and 女性スタッフ」の2つのカテゴリーで実施され、植竹が参戦した「女性店長 and 女性スタッフ」カテゴリーには8選手が参加した。

植竹は序盤、男子選手に交じり先頭集団を牽引。レース全体を通して高パワーをキープした走りで終始独走態勢を崩さず、2位以下を引き離して優勝し、連覇を達成した。

JBCF「Jフェミニンツアー」年間総合優勝の植竹海貴

レース後に植竹は、大会を振り返って次のようにコメント。

「去年に引き続き優勝できてうれしかったです! 今回は男性選手と同時スタートだったので、男性の集団についていく作戦でしたが、2回目のアタックで集団からドロップしてしまい、そこから独走になってしまいました。Zwiftのレースは実走とは違い、アイテムの使用ポイントなどが難しかったので、もっと練習したいです。応援ありがとうございました!」

SARISサポートライダーである植竹は、実走練習に加え、SARIS社のスマートトレーナー 「SARIS H3」とバーチャルサイクリングアプリ「Zwift」を組み合わせたインドアトレーニングも取り入れ、競技力の強化に取り組んでいる。このトレーニングの結果、「Jフェミニンツアー」 で、2022年度に参加した12戦中8勝を挙げ、2022年の年間総合優勝を達成し、2021年に続く2 年連続のタイトル獲得が実現した。

スマートトレーナーのSARISに乗ってバーチャル練習

●植竹海貴のトレーニング日記

Amazon Payでワイズロードオンラインの買い物が飛躍的に便利に

ワイ・インターナショナルが利便性のさらなる向上を目的に、EC サイト「ワイズロードオンライン」の決済方法にAmazon Payを2022年11月18日(金)から導入した。

【ワイズロードオンライン】

ワイズロードオンラインはこれまで、クレジットカード、代金引換、コンビニエンスストア払い、銀行振込の4種の支払方法があった。今回は新たにAmazon Payを導入したことにより、Amazon Payで支払う人は住所情報や支払い情報を入力せずにオンライン決済を利用することが可能となった。情報入力の手間を省き、簡単で安心安全にワイズロードオンラインで買い物できる。

Amazon Payとは、Amazonアカウントに登録された住所情報とクレジットカード情報を使って、商品やサービスの支払いができるサービス。

植竹海貴が実業団のJフェミニンツアー12戦中8勝で総合連覇

ワイ・インターナショナルの実業団チームY’s Roadに所属する植竹海貴(うえたけみき)が実業団レースのJBCF(全日本実業団自転車競技連盟)Jフェミニンツアーで、年間12戦中8勝を挙げ、 2022年の年間総合優勝を達成。2021年に続く2年連続のタイトル獲得となった。

Jフェミニンツアーのリーダージャージを着用して走る植竹海貴

植竹海貴のコメント
先シーズンに引き続きJフェミニンツアーで年間総合優勝をすることができました。今シーズンはナショナルチャンピオンジャージを着てレースを走ることができ、とても幸せでした。シーズンの中盤に調子を落としてしまい、思うような走りができない苦しいレースもありましたが、後半は調子を上げていき9月の大会では4連勝、年間12戦で8勝を挙げることができました。 応援して下さった皆様、サポートしていただいた皆様、本当にありがとうございました。来シーズンは全日本選手権も含め再度のタイトル獲得を狙いますので応援よろしくお願いいたします。

ワイ・インターナショナル鳥居恵一郎代表取締役社長のコメント
実業団チームY’s Road所属の植竹が昨年に続き、「JBCF Jフェミニンツアー」にて年間総合優勝できたこと、大変うれしく思います。本人の絶え間ない努力の結果ではありますが、ファンの皆様、スポンサー様はじめ皆様の応援や ご協力があって達成できたものと考えております。残念ながら先日の全日本選手権は連覇とはなりませんでしたが、さらに練習を重ね来年は必ずや優勝し女子ロードレース界をけん引してくれることと信じています。

2022シーズンで最も注目される女子のナショナルチャンピオン、植竹海貴

ワイズロードが年に1度の最もお得な10日間BLACK FRIDAY SALE

ワイ・インターナショナルが「年に1度のもっともお得な10日間BLACK FRIDAY SALE」を実施する。スポーツ自転車専門ワイズロードオンラインでは2022年11月18日 (金)20時から28 日(月)10時まで、全国のワイズロード直営店舗では11月19日(土)から27日(日)まで。

最大95%OFFで対象商品は5万点以上

2022年の「ブラックフライデーセール」は、対象商品が2021年の合計約40,000点から50,000点以上に増加。国内外の一流ブランドの完成車・フレームや、ウェア、アクセサリーなど各種商品を最大95%OFFで提供する。

さらに、「ブラックフライデーセール」期間中は、2022年から開始したワイズロードオンラインでのチャット接客に対応するスタッフを増員し、買い物をサポートする。

●ワイズロードオンラインのセールページ

ワイズロード新橋店が10月21日開店…フラッグシップショップと位置づけ

ワイ・インターナショナルは、2022年10月21日(金)にスポーツ自転車専門店「ワイズロード新橋店」(住所:東京都港区新橋4-11-1 A-PLACE新橋1F、B1)をオープンさせる。

ワイズロード新橋店

ワイズロード新橋店は、通勤通学での利用者が多い新橋駅の烏森口から徒歩約3分、約200mに位置し、新橋周辺に勤めている人だけでなく、港区・中央区・千代田区に住んでいる人にもアクセスしやすい店舗となる。

このような立地から、本格的なスポーツ自転車のみならず「クロスバイク通勤パッケージ」や
「ロードバイク乗り出しパッケージ」などを用意し、初めてスポーツ自転車を購入しようという人にも選びやすい商品を展開していくという。

店舗内には、ワイズロード川崎店に続き日本国内で2号店目となる「PINARELLO(ピナレロ) ROOM」、「Cannondale(キャノンデール)」のブランドストア、ワイズロード横浜店に続き日本国内2店舗目となるe-bikeの「BESV(ベスビー)」のショップインショップのほか、オーバーホールなど各種メンテナンスを行う「Techセンター」を設置し、あらゆるニーズに応える。

ワイズロード新橋店

また、クリック&コレクト(ネットで注文・店舗で受取)による「当日受取サービス」を、ワイズロードの店舗として初めて年内を目途にスタートする予定。さらに、オンライン限定セール品を手に取って、店舗で注文して自宅で受け取ることができるサービスも開始する。このような取り組みを行う新橋店は、同社のOMO戦略に基づいた新しいスタイルを提案するフラッグシップショップとしての位置付けとなる。

ワイズロード新橋店のスタッフも同時募集

ワイズロード新橋店では一緒に働いてくれるスタッフを募集。あらゆる車種を扱うため、得意なスポーツサイクルのジャンルで才能を生かすことができる。
●スタッフ募集の詳細ページ