ポガチャルがツール・ド・フランス連覇…ファンアールトがパリで3勝目

第108回ツール・ド・フランスは最終日となる7月18日、シャトゥ〜パリ・シャンゼリゼ間の108.4kmで第21ステージが行われ、UAEエミレーツのタデイ・ポガチャル(スロベニア)が2連覇を達成した。

2連覇を達成したポガチャル ©A.S.O. Charly Lopez

ポガチャルは第5ステージの個人タイムトライアルで優勝して首位に肉薄。アルプスの第8ステージで首位に立ち、ピレネーの第17、18ステージで連勝。最終的に総合2位ヨナス・ビンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ビスマ)に5分20秒差をつけて圧勝した。

ポガチャルは2020年と同様に4つのリーダージャージのうち、個人総合優勝のマイヨジョーヌ、山岳賞、新人賞の3枚を手に入れた。

10年ぶり2度目のポイント賞を獲得したマーク・カベンディッシュ(左端)、世界チャンピオンのジュリアン・アラフィリップ(その右) ©A.S.O. Charly Lopez
4賞ジャージは左から山岳賞のワウト・プールス(繰り上げ着用)、個人総合のポガチャル、新人賞のヨナス・ビンゲゴー(繰り上げ着用)、ポイント賞のカベンディッシュ ©A.S.O. Charly Lopez
ルーブル美術館の中庭を貫通する ©A.S.O. Aurélien Vialatte
2021ツール・ド・フランス第21ステージ ©A.S.O. Aurélien Vialatte
パリ・シャンゼリゼにゴールしたのは141選手だった ©A.S.O. Charly Lopez
エトワール凱旋門 ©A.S.O. Charly Lopez
18/07/2021 – Tour de France 2021 – Etape 21 – Chatou / Paris Champs Elysees (108,4 km) –

パリにゴールした最終ステージの勝者はユンボ・ビスマのワウト・ファンアールト(ベルギー)。前日の個人タイムトライアルに続く3勝目。

●4賞ジャージ
マイヨジョーヌ(個人総合成績)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)
マイヨベール(ポイント賞)マーク・カベンディッシュ(英国、ドゥクーニンク・クイックステップ)
マイヨブラン・アポワルージュ(山岳賞)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)
□マイヨブラン(新人賞)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)

タデイ・ポガチャルが2021ツール・ド・フランス総合優勝 ©A.S.O. Romain Laurent

第20ステージにもどる≪≪

🇫🇷ツール・ド・フランス2021特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス公式サイト

ファンアールトが最後のTTを制す【ツール・ド・フランス20S】

第108回ツール・ド・フランスは最終日前日となる7月17日、総合成績をほぼ確定させる2回目の個人タイムトライアルが第20ステージとしてリブルヌ〜サンテミリオン間の距離30.8kmで行われ、ユンボ・ビスマのワウト・ファンアールト(ベルギー)が35分53秒のトップタイムで優勝。山岳区間の第11ステージに続く2勝目で、大会通算5勝目を飾った。

ワウト・ファンアールトがトップタイム ©A.S.O. Pauline Ballet

首位のタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)は転倒などのリスクを回避する安全重視の走りで57秒遅れの8位に。総合2位ヨナス・ビンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ビスマ)が3番目の好記録を出したが、ポガチャルは総合成績で5分20秒差をつけ、大会連覇を確実にした。

トタルエネルジーのジュリアン・シモンがスタート ©A.S.O. Charly Lopez
DSMのニルス・エーコフが個人タイムトライアルを走る ©A.S.O. Charly Lopez
2021ツール・ド・フランス第20ステージ ©A.S.O. Charly Lopez
赤ワインの世界的産地サンテミリオンが舞台 ©A.S.O. Charly Lopez
EFエデュケーションNIPPOのヨナス・ルッチ ©A.S.O. Charly Lopez
EFエデュケーションNIPPOのニールソン・ポーレス ©A.S.O. Charly Lopez
2021ツール・ド・フランス第20ステージ ©A.S.O. Charly Lopez
ユンボ・ビスマのマイク・テウニッセン ©A.S.O. Pauline Ballet
2021ツール・ド・フランス第20ステージを走るマイヨジョーヌのポガチャル ©A.S.O. Charly Lopez
連覇を確実にしたタデイ・ポガチャル ©A.S.O. Aurélien Vialatte
タデイ・ポガチャルが最終日前日の恒例の優勝者会見に臨む ©A.S.O. Aurélien Vialatte

●4賞ジャージ
マイヨジョーヌ(個人総合成績)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)
マイヨベール(ポイント賞)マーク・カベンディッシュ(英国、ドゥクーニンク・クイックステップ)
マイヨブラン・アポワルージュ(山岳賞)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)
□マイヨブラン(新人賞)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)

夏祭りもいよいよ終わりが近い ©A.S.O. Aurélien Vialatte

第19ステージにもどる≪≪   ≫≫第21ステージにすすむ

🇫🇷ツール・ド・フランス2021特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス公式サイト

ファンアールトがモンバントゥー制す【ツール・ド・フランス11S】

第108回ツール・ド・フランスは7月7日、ソルグ〜マロセーヌ間の198.9kmで第11ステージが行われ、ベルギーチャンピオンジャージーを着るワウト・ファンアールト(ユンボ・ビスマ)が独走。大会通算4勝目を挙げた。

ファンアールトが独走で2回目のモンバントゥーを上る ©A.S.O. Pauline Ballet

首位に立つUAEエミレーツのタデイ・ポガチャル(スロベニア)は他の有力選手を逃がすことなく1分38秒遅れの区間4位でゴール。総合成績で2位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションNIPPO)に5分18秒差をつけ、大会連覇に前進した。

マイヨジョーヌのタデイ・ポガチャル ©A.S.O. Pauline Ballet
悪魔の棲む山モンバントゥー ©A.S.O. Aurélien Vialatte
モンバントゥーに暗雲立ちこめる ©A.S.O. Aurélien Vialatte
モンバントゥー ©A.S.O. Aurélien Vialatte
世界チャンピオンのアラフィリップが積極的に動いた ©A.S.O. Pauline Ballet
先頭からアントニー・ペレス、アラフィリップ、ピエール・ロラン、ダニエル・マーティン ©A.S.O. Pauline Ballet
2021ツール・ド・フランス第11ステージ ©A.S.O. Aurélien Vialatte
モンバントゥーを上るファンアールト ©A.S.O. Pauline Ballet
ステージ通算4勝目だが、ゴール勝負以外で勝ったのは初めてのファンアールト ©A.S.O. Pauline Ballet

●4賞ジャージ
マイヨジョーヌ(個人総合成績)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)
マイヨベール(ポイント賞)マーク・カベンディッシュ(英国、ドゥクーニンク・クイックステップ)
マイヨブラン・アポワルージュ(山岳賞)ナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)
□マイヨブラン(新人賞)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)

2021ツール・ド・フランス第11ステージ ©A.S.O. Aurélien Vialatte

第10ステージにもどる≪≪   ≫≫第12ステージにすすむ

🇫🇷ツール・ド・フランス2021特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス公式サイト

ポガチャルがティレーノ〜アドリアティコ総合優勝

イタリア半島をはさむティレニア海とアドリア海を結ぶ7日間のステージレース、第56回ティレーノ〜アドリアティコは最終日となる3月16日に第7ステージとして個人タイムトライアルが行われ、UAEエミレーツのタデイ・ポガチャル(スロベニア)がそれまでの貯金を守り抜いて初の総合優勝を達成した。

タデイ・ポガチャルが2021ティレーノ〜アドリアティコで総合優勝 ©Marco Alpozzi – LaPresse

第7ステージの個人タイムトライアルでトップタイムをたたき出したのは総合2位ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ビスマ)。ファンアールトはポガチャルとの差を1分15秒から1分03秒に縮めるにとどまり、総合2位。

スロベニア勢の総合優勝は2019年にプリモシュ・ログリッチが達成して以来、2人目。22歳での優勝は歴代第5位の若さ。最年少優勝は1978年にジュゼッペ・サロンニ(イタリア)が20歳で達成したとき。

ポガチャルは個人総合のほかに山岳賞と新人賞を獲得。ポイント賞はファンアールト。総合敢闘賞はステージ2勝を挙げたマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)。

ワウト・ファンアールトがティレーノ〜アドリアティコ第7ステージの個人タイムトライアルを制した ©Marco Alpozzi/LaPresse

自分自身にプレッシャーをかけていた…ポガチャル

「シーズン最初のレースとなったUAEツアーで大きな手応えを感じて今季をスタートさせた。あのときから調子がよかったし、今も調子がいい。ここで勝つためのプレッシャーは感じたが、自分自身にプレッシャーをかけていたからね」とポガチャル。

タイムトライアルの世界チャンピオン、フィリッポ・ガンナは3位のタイム ©Marco Alpozzi – LaPresse

ツール・ド・フランス覇者に負けただけ…ファンアールト

「最後の個人タイムトライアルでの勝利は自信になったし、今シーズンのこれからにいいことだ。個人タイムトライアルのために自転車のメカを交換し、ポジション調整して挑んだ。前日はエネルギーを節約するように走った。1週間のパフォーマンスを考えると、長いトレーニングの成果が見られて、最高のレベルに近いと思う」と総合2位のファンアールト。

「このレースでベストを尽くすために参加した。ツール・ド・フランスの勝者に負けただけで2位に満足している。今からミラノ〜サンレモまでの間に回復を心がけたい」

総合優勝のポガチャルを中央に、左が2位ファンアールト、右が3位ミケル・ランダ ©Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

ティレーノ〜アドリアティコ関連ニュース
ティレーノ〜アドリアティコ初日はファンアールト優勝(2021年3月11日)
アラフィリップがティレーノ〜アドリアティコ第2ステージV(2021年3月12日)
ファンデルプールV、ファンアールト首位…ティレーノ〜アドリアティコ3S(2021年3月13日)
ポガチャル区間勝利で総合首位に…ティレーノ〜アドリアティコ4S(2021年3月14日)
ファンデルプール全力の50km逃げでポガチャルを振り切る(2021年3月15日)
ウルスシュミットV、ポガチャル首位…ティレーノ〜アドリアティコ第6ステージ(2021年3月16日)
●ティレーノ〜アドリアティコのホームページ

ファンデルプールV、ファンアールト首位…ティレーノ〜アドリアティコ3S

イタリア半島をはさむティレニア海とアドリア海を結ぶ7日間のステージレース、ティレーノ〜アドリアティコは3月12日に第3ステージが行われ、オランダチャンピオンのマチュー・ファンデルプール(アルペシン・フェニックス)が同年代のライバル、ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ビスマ)をスプリント勝負で制して優勝。

ファンデルプールがティレーノ〜アドリアティコ第3ステージ優勝 ©Marco Alpozzi – LaPresse

2位のファンアールトは総合成績で首位を守り、翌ステージの山岳コースに挑む。

2021ティレーノ〜アドリアティコ第3ステージ ©Marco Alpozzi – LaPresse

「フィニッシュラインでのポーズは、MotoGPライダーをマネしたもの。だれだったか正確に思い出せないけど(実際はファビオ・クアルタラロ)Instagramでそれを見つけ、次に優勝するときはそれをコピーするとチームメイトに約束していた」とファンデルプール。

「昨日は自分自身に少し怒っていたフィナーレでミスを犯したからだ。今日は本当に勝ちたかった。チームは逃げグループを捕らえるという素晴らしい仕事をした。ジュリアン・アラフィリップがチームメートを逃がすためにギャップを作ったが、ファンアールトがすぐに反応した。それは私にとって完璧だった。奇妙な状況だったかもしれないが、うまくいった。ミラノ〜サンレモは別の物語になる。今日のステージ勝利とは比べられないが、個人的にはこのステージ勝利はいい兆候だ」

オランダのファンデルプールがベルギーのファンアールトを制して優勝 ©Gian Mattia D’Alberto – LaPresse
ファンアールトが首位を守った ©Gian Mattia D’Alberto – LaPresse
新人賞ジャージはタデイ・ポガチャル ©Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

ティレーノ〜アドリアティコ関連ニュース
ティレーノ〜アドリアティコ初日はファンアールト優勝(2021年3月11日)
アラフィリップがティレーノ〜アドリアティコ第2ステージV(2021年3月12日)
●ティレーノ〜アドリアティコのホームページ