NIPPOのカノラがスイスの超級ワンデーレースで3位

GPデュ・カントン・ダルゴヴィが6月7日にスイス北部のギッピンゲン(Gippingen)で55回目となる大会が開催され、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニのマルコ・カノラが3位になった。9.15kmの小さな周回コースを3周回したあと、19.8kmの大きな周回を8周回する185.9kmのワンデーレースで、大きな周回コースには高低差約100mの登坂区間が組み込まれていた。

GPデュ・カントン・ダルゴヴィでマルコ・カノラが3位。中央は優勝のクリストフ © Vigneron/BettiniPhoto

6つのUCIプロチーム、7つのプロコンチネンタルチームが参戦するハイレベルなレースとなったが、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、ツアー・オブ・ジャパンでの遠征疲れや時差が抜け、調子のいいカノラをエースに臨んだ。

序盤より4選手が逃げる展開でレースは進んでいき、一時は7分ほどにタイム差が広がったが、ヨーロッパチャンピオンのアレクサンドル・クリストフを擁するUAEエミレーツが集団ゴールスプリントに持ち込むべくコントロール。3選手となった先頭集団に1分ほどのタイム差で最終周回に入ったメイン集団は、次第に逃げていた選手たちを吸収し、30選手ほどに人数を減らした集団でのゴールスプリントになった。

調子のよさを感じていたカノラが早めにスプリントをしかけ、勝者となるクリストフ、2位のフランチェスコ・ガバッツィ(アンドローニ)に交わされたものの、ピュアスプリンターを相手に3位入賞。今季5回目のトップ3リザルトを残した。

またアシストとしての走りに徹した伊藤雅和は、16秒差の第2集団内42位でのフィニッシュ。40位までに与えられるUCIポイント獲得を逃したことは残念だったが、ヨーロッパの超級ワンデーレースで、チームの好成績に貢献し、最後まで走りきれたことは大きな自信になった。

マルコ・カノラ

マルコ・カノラのコメント
チームの貢献的な走りがあり、このような成績を残せたことをうれしく思っている。最後は調子のよさを感じていたので、早めに仕掛けてスプリントで勝負をすることを決めた。クリストフが後ろにつき、抜き去っていったことは残念だけど、調子が上がっていることを確認でき、6月末のイタリア選手権に向けて、とてもいい手応えを掴むことができた。

伊藤雅和

伊藤雅和のコメント
大きい逃げには注意して最後はカノラのスプリントという作戦。カノラの近くで常に走って、1回登りで止まった時も待って引き上げて、いい位置で走れるように集団の前まで連れていったりしたことが、今日の仕事だった。最後までメイン集団に残れて最後にカノラが前に行ったのを見て自分は安全にゴールした。 リザルトを見たらポイント圏内まであと少しだったので、しっかりもがけばよかったと後悔している。

初山翔

初山翔のコメント
力を全く感じない1日となってしまい、なすすべなく遅れてリタイヤとなった。残念です。

バレリオ・テバルディ監督

バレリオ・テバルディ監督のコメント
UAEエミレーツがスプリントでの勝利をめざしてレースをコントロールした。自分たちチームもカノラをエースに、チームで協力しながらレースに挑んだ。伊藤、ザッカンティ、サンタロミータの働きはとくによく、最後にカノラを前方集団に送り込むことに大きく貢献し、カノラも最大限の力でチームの目標であった表彰台を獲得してくれた。正しいトレーニングやチームワークの積み重ねがあれば、必ず結果が出るということを証明するレースだった。

⚫関連ニュース

韓国最大の5日間のステージレースに吉田隼人らNIPPO勢が参戦

⚫最新ニュースへ

NIPPOの日本人クライマー中根英登と伊藤雅和がツアー・オブ・アルプス参戦

イタリア北部からオーストリアにかけての山岳エリアで開催される5日間のステージレース、ツアー・オブ・アルプスに中根英登と伊藤雅和、2人の日本人クライマーが参戦する。4月16日(月)から5日間にわたって繰り広げられる超級山岳レースに、2018年もNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニが参戦する。同レースは長年「ジロ・デル・トレンティーノ」として、1962年よりイタリアで開催されていたが、2017年からレース名を変更。さらに開催日数や開催エリアがオーストリアまで拡大された。

ツアー・オブ・アルプスに参加するNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニのメンバー

2018年はイタリア北部トレンティーノ=アルトアディジェ州のアルコでスタートを迎え、初日から山岳が組み込まれる。最難関ステージとなるのは第2ステージで、標高1750mのアルペ・ディ・パンペアゴの山頂フィニッシュが設定される。最終日は2018年の世界選手権ロードレースが開催されるオーストリアのインスブルックにフィニッシュ。すべてのステージに山岳ポイントが設定されていて、5月に開幕するジロ・デ・イタリアの前哨レースとして、9つのUCIプロチームが参戦する非常にレベルの高い大会だ。

NIPPO・ヴィーニファンティーニはクライマーを中心とした布陣で挑む。軸となるのは2004年、2006年、2007年に総合優勝をあげているダミアノ・クネゴ。15日のアムステルゴールドレースを走り終えて、翌日スタートというハードスケジュールだが、相性のいい大好きなレース。現役最後となるが、高いモチベーションをもって参戦する。

活躍が期待されるイバン・サンタロミータ、ニコラ・バジョーリ、フィリッポ・ザッカンティのイタリア人選手たちは、クネゴとともに事前にシチリアのエトナ火山近郊で高地トレーニングで積み、コンディションを仕上げて参戦する。特に登坂スペシャリストのサンタロミータは攻撃の核として戦う。

日本人選手は中根と伊藤のクライマーコンビが揃って出場。中根はシーズン序盤から好調さをみせているが、体調不良や不運のトラブルにより結果につなげられず、非常に悔しい思いを重ねていて、ここでの活躍を誓う。伊藤にとっては待ち望んだ今季初戦。2017年は5月のツアー・オブ・ジャパンで大腿骨骨折の重傷を負ったが、長いオフシーズンを利用し、完全復活。初戦からレベルの高い大会となるが、チームの期待に応えるべく全力を尽くす。

伊藤雅和

伊藤雅和のコメント
今年初レース! みんなはレースを重ねてるのでコンディションの差は歴然だと思うけど、しっかり練習をしてきたので、最後まで仕事をこなしながら走り抜けたい。ここからシーズン始まるので一戦一戦大切に走って強くなっていきたい。

中根英登

中根英登のコメント
ツール・ド・台湾から少し期間が空いたので、コンディションを上げるためのトレーニングと休養に集中して取り組めた。調子のいい状態でレベルの高いレースに挑戦できることを楽しみに思う。チームの歯車として機能できるように頑張りたい。

アレッサンドロ・ドナーティ監督

アレッサンドロ・ドナーティ監督のコメント
登坂能力を重視してのメンバー選考となった。区間優勝、総合優勝の経験があるクネゴ、そしてサンタロミータがチームのリーダーとなり、他の選手たちは彼らを支え、チームとして結果を出していきたい。若手のジョアン・ボウには果敢にアタックを仕掛けて、逃げに乗るようなシーンも期待している。


Tour of the Alps
開催期間/2018年4月16日(月)〜20日(金)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.HC
開催国/イタリア、オーストリア

4月16日 第1ステージ Arco › Folgaria (134.6k)
4月17日 第2ステージ Lavarone › Fiemme/Alpe di Pampeago (145.5k)
4月18日 第3ステージ Ora/Auer › Merano/Meran (138.3k)
4月19日 第4ステージ Chiusa/Klausen › Lienz (134.3k)
4月20日 第5ステージ Rattenberg › Innsbruck (161.6k)

ツアー・オブ・アルプスの公式サイト
ツアー・オブ・アルプスのフェイスブック
ツアー・オブ・アルプスのツイッター
ツアー・オブ・アルプスのハッシュタグ #TotA

●関連ニュース

カノラをエースにアムステルゴールドレース参戦…NIPPO・ヴィーニファンティーニ

●最新ニュースへ