佐藤寿美と小林勇輝がdrawer THE RACINGで始動

drawer(ドゥロワー)が運営するプロマウンテンバイクレーシングチーム「drawer THE RACING」の2019年シリーズの体制が発表され、日本の女子ライダーとしての立ち位置を確実なものにした佐藤寿美に加え、新たに19歳の若手ライダー小林勇輝が加入することになった。代表はドゥロワーの山路篤。

drawer THE RACINGの佐藤寿美と小林勇輝

2020年東京五輪の開催を翌年に控え、若手のライダー2名でシーズンを戦っていく。成人を迎え、その立ち位置を確実なものにした佐藤、若手ライダー小林が所属。

drawer THE RACINGの佐藤寿美

佐藤寿美(さとうとしみ)
2015年MTB XCOアジア選手権ジュニアクラス3位。2015年MTB XCOジュニアクラス全日本チャンピオン。2016年、2017年MTB XCO U23クラス全日本チャンピオン。2018年ナショナルランキング2位など、輝かしい戦績を持つプロレーサー。チーム3年目となる2019シーズンは、さらなる飛躍を誓い、日本のトップを目指す。

drawer THE RACINGの小林勇輝

小林勇輝(こばやしゆうき)
5歳からマウンテンバイクを始め、2018シーズンは念願のU23カテゴリーで日本代表入り。粘りのある走りで全日本選手権2位を獲得(U23カテゴリー)し、メキメキと頭角を現したニューカマー。自身初のプロチーム入りを果たし、2019シーズンは念願のエリート表彰台を目指す。

また、経験豊富なチームスタッフの拡充により、これまでにない充実した環境において若い選手の成長とさらなる競技力の向上だけでなく、東京五輪正式種目となるマウンテンバイク競技の認知拡大の一助となるよう努めていきたいという。

drawer THE RACINGチームウェブサイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。