三浦恭資が60歳以上の全日本王者に…マスターズ選手権

第89回全日本自転車競技選手権ロードレースは大会3日目となる10月24日、広島県中央森林公園サイクリングロードで男女・年齢別のマスターズクラスが開催され、60-69歳ロードレースでは1986、1987年に全日本選手権を連覇した実績を持つ三浦恭資(Tri-X JAPAN)が、同走の男子50歳代の集団と競り合い、男子60歳代2位の増田謙一(パインヒルズ90)に2分35秒差をつけて60歳代クラス初代チャンピオンとなった。

男子マスターズ60-69歳1位の三浦恭資(Tri-X JAPAN)。1986、1987年の全日本王者だ ©日本自転車競技連盟

唐見実世子が圧倒的強さで初代女子マスターズチャンピオンに

年齢区分のない女子マスターズでは、男子60歳代の三浦とともに唐見実世子(弱虫ペダル サイクリングチーム)が男子50歳代の集団で走行し、2位の安藤沙弥(TeamSHIDO)に2分43秒差をつけ、初代女子マスターズチャンピオンとなった。

女子マスターズで圧勝した唐見実世子(弱虫ペダル サイクリングチーム) ©日本自転車競技連盟

男子マスターズ30-39歳+40-49歳 ロードレース(7周86.1km)41名出走、33名完走

朝8時に2クラスが同時スタート。両クラスとも集団で推移。残り2周で築山元樹(Team Grandi petit)と森榮晃彦(パラティアムTOKYO)の2人が飛び出るが、間もなく集団に吸収される。最終周に原田将人(Infinity Style)が単独で飛び出し、雑賀大輔(湾岸サイクリング・ユナイテッド)がそれを追う。その後、川崎嘉久(Team Zenko)も集団から飛び出す。結果、原田将人がそのまま逃げ切り30歳代クラスの初代チャンピオンとなった。また、2-3位のゴールスプリントを川崎嘉久が制し、40代クラスの初代チャンピオンとなった。

男子マスターズ30-39歳+40-49歳 ©日本自転車競技連盟
原田将人(Infinity Style)が男子マスターズ30-39歳で優勝 ©日本自転車競技連盟
男子マスターズ40-49歳は川崎嘉久(Team Zenko)が雑賀大輔(湾岸サイクリング・ユナイテッド)を制して優勝 ©日本自転車競技連盟

[競技結果]
1 原田将人 兵庫 Infinity Style 2:13:22(30-39歳1位)
2 川崎嘉久 岐阜 Team Zenko 2:13:24(40-49歳1位)
3 雑賀大輔 千葉 湾岸サイクリング・ユナイテッド 2:13:24(40-49歳2位)
4 山本裕昭 静岡 BONDS静岡サイクルRT 2:13:31(40-49歳3位)
6 糸井正樹 大阪 VC VELOCE 2:13:34(30-39歳2位)
7 小林亮 兵庫 soleil de l’est 2:13:34(30-39歳3位)

男子マスターズ30-39歳。1位原田将人(Infinity Style)、2位糸井正樹(VC VELOCE)、3位小林亮(soleil de l’est) ©日本自転車競技連盟
男子マスターズ30-39歳。1位川崎嘉久(Team Zenko)、2位雑賀大輔(湾岸サイクリング・ユナイテッド)、3位山本裕昭(BONDS静岡サイクルRT) ©日本自転車競技連盟

男子マスターズ50-59歳+60-69歳 ロードレース(5周61.5km)37名出走、35名完走

男子マスターズ30-39歳+40-49歳のスタート3分後に女子マスターズも含めた3クラスが同時スタート。残り3周で山本敦(SBC Vertex Racing Team)、木村博志(イナーメ信濃山形)、西谷雅史(弱虫ペダル サイクリングチーム)、酒井浩一(IMEレーシング)の4名が先行する。残り2周、そこから山本と西谷が抜け出し、2人のゴールスプリントを山本が制し、50歳代クラスの初代チャンピオンとなった。男子60歳代の三浦は、男子50歳代の集団と走行し、2位の増田に2分35秒差をつけ60歳代クラス初代チャンピオンとなった。

男子マスターズ50-59歳クラスを走る西谷雅史(弱虫ペダル サイクリングチーム)ら ©日本自転車競技連盟
男子マスターズ50-59歳は山本敦(SBC Vertex Racing Team)が西谷雅史を制した ©日本自転車競技連盟

[競技結果]
1 山本敦 神奈川 SBC Vertex Racing Team 1:38:40(50-59歳1位)
2 西谷雅史 東京 弱虫ペダル サイクリングチーム 1:38:41(50-59歳2位)
3 木村博志 埼玉 イナーメ信濃山形 1:39:08(50-59歳3位)
12 三浦恭資 大阪 Tri-X JAPAN 1:46:28(60-69歳1位)
22 増田謙一 東京 パインヒルズ90 1:49:03(60-69歳2位)
23 小久保正彦 奈良 大正池クラブ 1:49:03(60-69歳3位)

男子マスターズ 50-59歳。1位山本敦(SBC Vertex Racing Team)、2位西谷雅史(弱虫ペダル サイクリングチーム)、3位木村博志(イナーメ信濃山形) ©日本自転車競技連盟
男子マスターズ60-69歳。1位三浦恭資(Tri-X JAPAN)、2位増田謙一(パインヒルズ90)、3位小久保正彦(大正池クラブ) ©日本自転車競技連盟

女子マスターズ ロードレース(5周61.5km)10名出走、8名完走

男子マスターズ30-39歳+40-49歳のスタート3分後に、男子マスターズ50-59歳、60-69歳クラスとともに同時スタート。男子マスターズ60歳代の三浦とともに唐見実世子(弱虫ペダル サイクリングチーム)が男子マスターズ50歳代の集団で走行し、2位の安藤沙弥(TeamSHIDO)に2分43秒差をつけ、初代女子マスターズチャンピオンとなった。

女子マスターズ。1位唐見実世子(弱虫ペダル サイクリングチーム)、2位安藤沙弥(TeamSHIDO)、3位手塚悦子(IMEレーシング) ©日本自転車競技連盟

[競技結果]
1 唐見実世子 茨城 弱虫ペダル サイクリングチーム 1:46:32
2 安藤沙弥 東京 TeamSHIDO 1:49:14
3 手塚悦子 東京 IMEレーシング 1:49:31

草場啓吾が初めての全日本チャンピオンに…最後はゴール勝負

第89回全日本自転車競技選手権ロードレースは大会3日目となる10月24日、広島県中央森林公園サイクリングロードで男子エリート ロードレース(15周184.5km)が行われ、9選手のゴールスプリントを草場啓吾(愛三工業)が制し、初めて全日本チャンピオンとなった。108選手出走、61選手完走。

草場啓吾が全日本選手権エリート男子ロードで優勝 ©JCF

午前11時にスタートしたレースは残り12周で風間翔眞(シマノ)が単独で先行して逃げ続けたが、残り6周で集団に吸収された。残り5周で冨尾大地(CIEL BLEU KANOYA)が逃げるが間もなく吸収された。残り3周で入部正太朗(弱虫ペダル)が単独で逃げるが次の周には集団に吸収され、先頭集団は18選手となる。

全日本選手権エリート男子ロード ©JCF

そして最終周には入部、山本元喜(KINAN Cycling Team)、寺崎武郎(バルバレーシング)、金子宗平の4人が先行。その後、追走者を含め先頭集団は10人となり、最終的には9人のゴールスプリントを草場が制し、男子エリート全日本チャンピオンとなった。

全日本選手権エリート男子ロード ©JCF
残り12周で風間翔眞(シマノレーシング)が単独で先行 ©JCF
前回のチャンピオン、入部正太朗が終盤にアタックを見せる ©JCF

男子エリート ロードレース
1 草場啓吾 京都(愛三工業)4:47:16
2 増田成幸 栃木(宇都宮ブリッツェン)4:47:16
3 中根英登 愛知(EF Education-NIPPO)4:47:17

草場啓吾を中央に左が2位増田成幸、右が3位中根英登 ©JCF

兒島直樹が全日本選手権U23男子でナショナルチャンピオンに

第89回全日本自転車競技選手権ロードレースは大会2日目となる10月23日、広島県中央森林公園サイクリングロードで男子U23ロードレース(10周123.0km)が行われ、兒島直樹(ブリヂストンサイクリング)が優勝した。131人出走、56人完走。

兒島直樹が全日本選手権U23男子のチャンピオンに ©JCF

晴天の中、午前8時に男子U23のロードレースがスタート。天野壮悠(シマノ)、平井光介(EQADS)、留目夕陽(中央大)、小出樹(京都産業大)、山田拓海(早稲田大)らが三段坂を積極的に行く。残り7周で小出と松原颯祐(日本体育大)が逃げるが集団に吸収される。

全日本選手権U23男子 ©JCF

その後、残り5周に河野翔輝(ブリヂストンサイクリング)が単独で逃げるがやはり集団に吸収される。最終周回、兒島が単独で先行、その後ろを山本哲央(ブリヂストンサイクリング)、寺田吉騎(Asia Cycling Academy)、大河内将泰(鹿屋体育大)の3名が追う。

最後は兒島が後続3名に7秒差をつけて逃げ切り、初優勝を飾った。

全日本選手権U23男子 ©JCF

男子U23ロードレース
1 兒島直樹 福岡(ブリヂストンサイクリング)3:03:44
2 山本哲央 山梨(ブリヂストンサイクリング)3:03:51
3 寺田吉騎 静岡(Asia Cycling Academy)3:03:51

全日本選手権U23男子の2位争いは山本哲央が制した ©JCF

植竹海貴が2021全日本選手権エリート女子のチャンピオン

第89回全日本自転車競技選手権ロードレースは大会2日目となる10月23日、広島県中央森林公園サイクリングロードで女子エリート+女子アンダー23(8周98.4km)が行われ、植竹海貴(Y’s Road)がエリート女子で初優勝。川口うらら(日本体育大)がU23チャンピオンになった。24人出走、11人完走。

植竹海貴(右)が金子広美を制して優勝 ©JCF

男子U23の表彰式後、11時30分に女子エリート+女子アンダー23のロードレースがスタート。残り6周で先頭集団が金子広美(イナーメ信濃山形)、植竹、川口、樫木祥子(Team illuminate)、牧瀬翼(WINGS PLUS)、石上夢乃(鹿屋体育大)、古山稀絵(日本体育大大学院)、米田和美(MOPS)、伊藤優以(Team ZERO UNO FRONTIER)、石田唯(早稲田大)の10人に絞られる。

全日本選手権エリート+U23女子 ©JCF

その後、残り5周で伊藤と石田が遅れ、残り4周で金子、植竹、川口の3人となるが金子、植竹から川口が遅れ、2人で最終周回に入った。最後はゴールスプリントを植竹が制し初優勝を飾った。

先頭を走る金子広美 ©JCF
植竹海貴(右)が金子広美を制して優勝 ©JCF

女子エリート+女子アンダー23ロードレース
1 植竹海貴 東京 Y’s Road 2:48:23
2 金子広美 三重 イナーメ信濃山形 2:48:23
3 川口うらら 兵庫 日本体育大 2:49:41(U23優勝)

川口うららが全体3位になり、U23の全日本チャンピオンとなった ©JCF

草場啓吾が初めての全日本チャンピオンに…最後はゴール勝負

2020東京パラ金2の杉浦佳子が全日本タイムトライアル4連覇

2021全日本パラサイクリング選手権ロード大会が10月22日に広島県中央森林公園サイクリングロードで開催され、2020東京パラリンピックで金メダル2箇を獲得した杉浦佳子(VC福岡エリート)が女子C2-3クラスで優勝した。

パラ女子⾃転⾞競技クラスC2-3は2020東京パラ金メダリストの杉浦佳子が2017年大会から4連勝 ©JCF

エリート男子タイムトライアルは増田成幸が優勝

89回目を迎える全日本自転車競技選手権ロードレースが広島県三原市の中央森林公園内サイクリングコースで10月22日から24日まで開催される。また、第24回全日本選手権個人タイムトライアル・ロードレース大会、2021全日本パラサイクリング選手権ロード大会が併催される。

エリート男子は増田成幸が49分25秒40で優勝 ©JCF

同大会は2019年6月に東京2020オリ・パラ競技会場である富士スピードウェイ(静岡県小山町)で開催されて以来、新型コロナウイルス感染症拡大により中止、延期を繰り返し約2年4カ月振りに開催されることになった。

男子U23は松田祥位が33分39秒57で優勝 ©JCF

国内自転車競技における同大会の位置付けは、当該年度の種目別優勝者(次大会までの1年間)を選出し、UCI(国際自転車競技連合)が定める国際ポイントを国内で獲得できる貴重な存在となっている。国際ポイントを獲得することは、世界選手権やオリンピックなどへの出場権を獲得する重要な要素でもある。

樫木祥子が38分55秒30で女子エリート優勝 ©JCF

今回の大会開催にはスポーツ庁、日本スポーツ協会、UCI、日本自転車競技連盟が定める新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインを厳格に順守し行われる。大会参加する選手チーム関係者はもとより、競技役員、報道関係者など会場に入場する場合は72時間以内のPCR検査陰性結果が条件となり、入場時毎日の体調自己報告はオンラインにて行い、受け取ったQRコードを入場ゲートで大会スタッフがスキャンし入場する運用をしている。また感染対策の一環として残念ながら無観客としている。

石上夢乃が40分34秒51で女子U23優勝、エリート+U23でも2位に入った ©JCF

主な日程=1日目は個人タイムトライアルとパラサイクリング(個人タイムトライアル)。2日目は個人ロードレース カテゴリー:男子U23、女子エリート+U23。3日目は個人ロードレース カテゴリー:男女年代別マスターズ、男子エリート。

大会参加者数は個人タイムトライアルで男子U23:20、女子エリート+U23:11、パラ:13、男子エリート:20の合計64人。はロードレース男子U23:135、女子エリート、U23:26、男子マスターズ(30-39):17、男子マスターズ(40-49):26、男子マスターズ(50-59):28、男子マスターズ(60-69):11、女子マスターズ:10、男子エリート:113の合計366人。

パラ⾃転⾞競技クラスC1-3で藤田征樹が3年ぶり7回目の全日本チャンピオンに ©JCF

第24回全日本選手権個人タイムトライアル・ロードレース大会
2021年10月22日(金)
広島県中央森林公園サイクリングロード

男子U23(24.0km)20名出走
第2ウエーブ1番目スタートの松田祥位(岐阜・EQADS)が33分39秒57で優勝。
[競技結果]
1 松田祥位 岐阜   EQADS 33:39.57
2 留目夕陽 東京   中央大 33:59.57
3 宮崎泰史 大分   Sparkle Oita Racing Team 34:09.55

男子U23優勝の松田祥位(中央)、左が2位留目夕陽、右が3位宮崎泰史 ©JCF

女子エリート+女子アンダー23(24.0km)10名出走
1番目スタートの樫木祥子(東京・Team illuminate)が38分55秒30で優勝。
5番目スタートの石上夢乃(神奈川・鹿屋体育大学)が40分34秒51で女子アンダー23優勝、エリート+U23では2位に入った。
[競技結果]
1 樫木祥子 東京   Team illuminate 38:55.30
2 石上夢乃 神奈川   鹿屋体育大 40:34.51
3 石田唯 京都   早稲田大 41:11.80
女子アンダー23のみ別途表彰
1 石上夢乃 神奈川 鹿屋体育大 40:34.51

女子エリート優勝の樫木祥子(中央)、左が女子U23優勝で総合では2位の石上夢乃、右が3位石田唯 ©JCF
石上夢乃が女子U23の全日本チャンピオンに ©JCF

男子エリート(36.0km)18名出走、1名失格(規則に適合しない器材使用のため)
第2ウエーブ1番目スタートの増田成幸(栃木・宇都宮ブリッツェン)が唯一50分を切り、23回大会に続き49分25秒40で優勝。
[競技結果]
1 増田成幸 栃木   宇都宮ブリッツェン 49:25.40
2 山本大喜 奈良   KINAN Cycling Team 50:12.77
3 中根英登 愛知   EF Education-NIPPO 50:25.71

エリート男子優勝の増田成幸(中央)、左が2位山本大喜、右が3位中根英登 ©JCF

2021全日本パラサイクリング選手権ロード大会
2021年10月22日(金)
広島県中央森林公園サイクリングロード

男⼦ ⾃転⾞競技クラス C1-3(12.0km)4名出走
MC1,2,3を結合しての開催、係数計算での結果、2013〜2018年6連勝の藤田征樹が優勝。
[競技結果]
1 藤田征樹 藤建設 MC3 18:50.82 計算タイム:18:50.82
2 川本翔大 大和産業 MC2 19:57.91 計算タイム:19:11.79
3 多田尚史 acu-power Racing Team MC3 25:51.87 計算タイム25:51.87

パラ男⼦⾃転⾞競技クラスC1-3優勝の藤田征樹を中央に左が2位川本翔大、右が3位多田尚史 ©JCF

男⼦ ⾃転⾞競技クラス C5(12.0km)3名出走
MC5クラス3名での争いの中、梶鉄輝が初優勝
[競技結果]
1 梶鉄輝 JPF MC5 18:58.02
2 吉井常浩 – MC5 22:01.53
3 沼野康仁 usplab.VC SPLENDOR MC5 29:13.80

パラMC5クラスで梶鉄輝が初優勝 ©JCF
パラMC5クラス優勝の梶鉄輝 ©JCF

女子 ⾃転⾞競技クラス C2-3(12.0km)2名出走
WC2,3を結合しての開催、係数計算での結果、2020金メダリスト杉浦佳子が2017年大会から4連勝。
[競技結果]
1 杉浦佳子 VC福岡エリート WC3 21:37.61 計算タイム:21:37.61
2 藤井美穂 楽天ソシオビジネス WC2 27:50.77 計算タイム:26:46.44

杉浦佳子がパラWC2-3全日本チャンピオンに ©JCF

男⼦ トライシクルクラスT2(12.0km)1名出走
MT2クラス1人での出走、福井万葉が29分12秒21で2018年、2019年に続いて優勝。
[競技結果]
1 福井万葉 バタフライ・エフェクト MT2      29:12.21

パラ男⼦トライシクルクラスT2は福井万葉が29分12秒21で2018年、2019年に続いて優勝 ©JCF
パラ男⼦トライシクルT2優勝の福井万葉 ©JCF

男⼦ ハンドサイクルクラス MH2-3(12.0km)2名出走
MH2の官野一彦が欠場のため、MH3の2人がスタート、田中祥隆が優勝。
[競技結果]
1 田中祥隆 アイ工務店 MH3 31:07.27
2 村田成謙 ベリサーブ MH3 43:32.68

パラ男⼦ハンドサイクルMH2-3は田中祥隆が優勝 ©JCF
パラMH3を制した田中祥隆 ©JCF