MTBの新世代女王は川口うらら…U23ロード含め全日本4冠

川口うらら(日本体育大)が11月21日に愛媛県の八幡浜市民スポーツパークで開催された第34回全日本自転車競技選手権大会マウンテンバイク(XCO)女子U23で2位に大差をつけ優勝した。20歳の川口は2021年、全日本自転車競技選手権大会でU23ロードレース、マウンテンバイク(XCE、XCC、XCO)の2競技・4種目で優勝して4冠を達成した。

川口うらら

自転車競技のひとつ、MTB(マウンテンバイク)には複数の種目がある。XCO(クロスカントリーオリンピック)は丘陵地に設定された周回コースを走って順位を競うもので五輪採用種目。XCE(クロスカントリーエリミネーター)は少人数で一斉スタートして勝ち上がっていく形式で、世界選手権とワールドカップで行われる。XCC(クロスカントリーショートサーキット)はクリテリウムと呼ばれる短い周回路でのレース。

第34回全日本自転車競技選手権大会マウンテンバイク(XCO)女子U23を走る川口うらら

川口は10月23日に開催された全日本選手大会ロードレースのU23で優勝。11月6〜7日に開催された全日本選手権大会マウンテンバイクXCE、XCCでも優勝していて、2競技4種目での全日本自転車競技大会で優勝を果たした。 

第34回全日本自転車競技選手権大会マウンテンバイク(XCO)女子U23を走る川口うらら

2021年8月にイタリアで行われたマウンテンバイク世界選手権にU23日本代表として選出され、34位という結果を残した。翌週のスイスでのワールドカップでは23位と健闘。10月から11月にかけて開催された全日本選手権では、女子U23ロードレース・XCE女子・XCC女子・XCO女子U23の4つへ出場し、それぞれで優勝を目標に挑んだ。

第34回全日本自転車競技選手権大会マウンテンバイク(XCO)女子U23で優勝した川口うらら(中央)

優勝候補と呼ばれプレッシャーがある中でも、海外でのレース経験を生かし、積極的にレースを展開し危なげない走りで優勝した。 

日本体育大の川口うらら

川口は2000年12月5日生まれの20歳。兵庫県たつの市出身。龍野高卒業、日本体育大在学。ホームコースのたつの市菖蒲谷森林公園のMTBトレイルで培ったテクニックを生かした走りが特徴。ジュニア(17~18歳)ではロードレース・マウンテンバイクの日本代表としてアジア選手権制覇・世界選手権にも出場。
現在はダイセル、ナガセケムテックス、帝国電機製作所の支援を受け、マウンテンバイク選手として活動中。

三浦恭資が60歳以上の全日本王者に…マスターズ選手権

第89回全日本自転車競技選手権ロードレースは大会3日目となる10月24日、広島県中央森林公園サイクリングロードで男女・年齢別のマスターズクラスが開催され、60-69歳ロードレースでは1986、1987年に全日本選手権を連覇した実績を持つ三浦恭資(Tri-X JAPAN)が、同走の男子50歳代の集団と競り合い、男子60歳代2位の増田謙一(パインヒルズ90)に2分35秒差をつけて60歳代クラス初代チャンピオンとなった。

男子マスターズ60-69歳1位の三浦恭資(Tri-X JAPAN)。1986、1987年の全日本王者だ ©日本自転車競技連盟

唐見実世子が圧倒的強さで初代女子マスターズチャンピオンに

年齢区分のない女子マスターズでは、男子60歳代の三浦とともに唐見実世子(弱虫ペダル サイクリングチーム)が男子50歳代の集団で走行し、2位の安藤沙弥(TeamSHIDO)に2分43秒差をつけ、初代女子マスターズチャンピオンとなった。

女子マスターズで圧勝した唐見実世子(弱虫ペダル サイクリングチーム) ©日本自転車競技連盟

男子マスターズ30-39歳+40-49歳 ロードレース(7周86.1km)41名出走、33名完走

朝8時に2クラスが同時スタート。両クラスとも集団で推移。残り2周で築山元樹(Team Grandi petit)と森榮晃彦(パラティアムTOKYO)の2人が飛び出るが、間もなく集団に吸収される。最終周に原田将人(Infinity Style)が単独で飛び出し、雑賀大輔(湾岸サイクリング・ユナイテッド)がそれを追う。その後、川崎嘉久(Team Zenko)も集団から飛び出す。結果、原田将人がそのまま逃げ切り30歳代クラスの初代チャンピオンとなった。また、2-3位のゴールスプリントを川崎嘉久が制し、40代クラスの初代チャンピオンとなった。

男子マスターズ30-39歳+40-49歳 ©日本自転車競技連盟
原田将人(Infinity Style)が男子マスターズ30-39歳で優勝 ©日本自転車競技連盟
男子マスターズ40-49歳は川崎嘉久(Team Zenko)が雑賀大輔(湾岸サイクリング・ユナイテッド)を制して優勝 ©日本自転車競技連盟

[競技結果]
1 原田将人 兵庫 Infinity Style 2:13:22(30-39歳1位)
2 川崎嘉久 岐阜 Team Zenko 2:13:24(40-49歳1位)
3 雑賀大輔 千葉 湾岸サイクリング・ユナイテッド 2:13:24(40-49歳2位)
4 山本裕昭 静岡 BONDS静岡サイクルRT 2:13:31(40-49歳3位)
6 糸井正樹 大阪 VC VELOCE 2:13:34(30-39歳2位)
7 小林亮 兵庫 soleil de l’est 2:13:34(30-39歳3位)

男子マスターズ30-39歳。1位原田将人(Infinity Style)、2位糸井正樹(VC VELOCE)、3位小林亮(soleil de l’est) ©日本自転車競技連盟
男子マスターズ30-39歳。1位川崎嘉久(Team Zenko)、2位雑賀大輔(湾岸サイクリング・ユナイテッド)、3位山本裕昭(BONDS静岡サイクルRT) ©日本自転車競技連盟

男子マスターズ50-59歳+60-69歳 ロードレース(5周61.5km)37名出走、35名完走

男子マスターズ30-39歳+40-49歳のスタート3分後に女子マスターズも含めた3クラスが同時スタート。残り3周で山本敦(SBC Vertex Racing Team)、木村博志(イナーメ信濃山形)、西谷雅史(弱虫ペダル サイクリングチーム)、酒井浩一(IMEレーシング)の4名が先行する。残り2周、そこから山本と西谷が抜け出し、2人のゴールスプリントを山本が制し、50歳代クラスの初代チャンピオンとなった。男子60歳代の三浦は、男子50歳代の集団と走行し、2位の増田に2分35秒差をつけ60歳代クラス初代チャンピオンとなった。

男子マスターズ50-59歳クラスを走る西谷雅史(弱虫ペダル サイクリングチーム)ら ©日本自転車競技連盟
男子マスターズ50-59歳は山本敦(SBC Vertex Racing Team)が西谷雅史を制した ©日本自転車競技連盟

[競技結果]
1 山本敦 神奈川 SBC Vertex Racing Team 1:38:40(50-59歳1位)
2 西谷雅史 東京 弱虫ペダル サイクリングチーム 1:38:41(50-59歳2位)
3 木村博志 埼玉 イナーメ信濃山形 1:39:08(50-59歳3位)
12 三浦恭資 大阪 Tri-X JAPAN 1:46:28(60-69歳1位)
22 増田謙一 東京 パインヒルズ90 1:49:03(60-69歳2位)
23 小久保正彦 奈良 大正池クラブ 1:49:03(60-69歳3位)

男子マスターズ 50-59歳。1位山本敦(SBC Vertex Racing Team)、2位西谷雅史(弱虫ペダル サイクリングチーム)、3位木村博志(イナーメ信濃山形) ©日本自転車競技連盟
男子マスターズ60-69歳。1位三浦恭資(Tri-X JAPAN)、2位増田謙一(パインヒルズ90)、3位小久保正彦(大正池クラブ) ©日本自転車競技連盟

女子マスターズ ロードレース(5周61.5km)10名出走、8名完走

男子マスターズ30-39歳+40-49歳のスタート3分後に、男子マスターズ50-59歳、60-69歳クラスとともに同時スタート。男子マスターズ60歳代の三浦とともに唐見実世子(弱虫ペダル サイクリングチーム)が男子マスターズ50歳代の集団で走行し、2位の安藤沙弥(TeamSHIDO)に2分43秒差をつけ、初代女子マスターズチャンピオンとなった。

女子マスターズ。1位唐見実世子(弱虫ペダル サイクリングチーム)、2位安藤沙弥(TeamSHIDO)、3位手塚悦子(IMEレーシング) ©日本自転車競技連盟

[競技結果]
1 唐見実世子 茨城 弱虫ペダル サイクリングチーム 1:46:32
2 安藤沙弥 東京 TeamSHIDO 1:49:14
3 手塚悦子 東京 IMEレーシング 1:49:31

草場啓吾が初めての全日本チャンピオンに…最後はゴール勝負

第89回全日本自転車競技選手権ロードレースは大会3日目となる10月24日、広島県中央森林公園サイクリングロードで男子エリート ロードレース(15周184.5km)が行われ、9選手のゴールスプリントを草場啓吾(愛三工業)が制し、初めて全日本チャンピオンとなった。108選手出走、61選手完走。

草場啓吾が全日本選手権エリート男子ロードで優勝 ©JCF

午前11時にスタートしたレースは残り12周で風間翔眞(シマノ)が単独で先行して逃げ続けたが、残り6周で集団に吸収された。残り5周で冨尾大地(CIEL BLEU KANOYA)が逃げるが間もなく吸収された。残り3周で入部正太朗(弱虫ペダル)が単独で逃げるが次の周には集団に吸収され、先頭集団は18選手となる。

全日本選手権エリート男子ロード ©JCF

そして最終周には入部、山本元喜(KINAN Cycling Team)、寺崎武郎(バルバレーシング)、金子宗平の4人が先行。その後、追走者を含め先頭集団は10人となり、最終的には9人のゴールスプリントを草場が制し、男子エリート全日本チャンピオンとなった。

全日本選手権エリート男子ロード ©JCF
残り12周で風間翔眞(シマノレーシング)が単独で先行 ©JCF
前回のチャンピオン、入部正太朗が終盤にアタックを見せる ©JCF

男子エリート ロードレース
1 草場啓吾 京都(愛三工業)4:47:16
2 増田成幸 栃木(宇都宮ブリッツェン)4:47:16
3 中根英登 愛知(EF Education-NIPPO)4:47:17

草場啓吾を中央に左が2位増田成幸、右が3位中根英登 ©JCF

兒島直樹が全日本選手権U23男子でナショナルチャンピオンに

第89回全日本自転車競技選手権ロードレースは大会2日目となる10月23日、広島県中央森林公園サイクリングロードで男子U23ロードレース(10周123.0km)が行われ、兒島直樹(ブリヂストンサイクリング)が優勝した。131人出走、56人完走。

兒島直樹が全日本選手権U23男子のチャンピオンに ©JCF

晴天の中、午前8時に男子U23のロードレースがスタート。天野壮悠(シマノ)、平井光介(EQADS)、留目夕陽(中央大)、小出樹(京都産業大)、山田拓海(早稲田大)らが三段坂を積極的に行く。残り7周で小出と松原颯祐(日本体育大)が逃げるが集団に吸収される。

全日本選手権U23男子 ©JCF

その後、残り5周に河野翔輝(ブリヂストンサイクリング)が単独で逃げるがやはり集団に吸収される。最終周回、兒島が単独で先行、その後ろを山本哲央(ブリヂストンサイクリング)、寺田吉騎(Asia Cycling Academy)、大河内将泰(鹿屋体育大)の3名が追う。

最後は兒島が後続3名に7秒差をつけて逃げ切り、初優勝を飾った。

全日本選手権U23男子 ©JCF

男子U23ロードレース
1 兒島直樹 福岡(ブリヂストンサイクリング)3:03:44
2 山本哲央 山梨(ブリヂストンサイクリング)3:03:51
3 寺田吉騎 静岡(Asia Cycling Academy)3:03:51

全日本選手権U23男子の2位争いは山本哲央が制した ©JCF

植竹海貴が2021全日本選手権エリート女子のチャンピオン

第89回全日本自転車競技選手権ロードレースは大会2日目となる10月23日、広島県中央森林公園サイクリングロードで女子エリート+女子アンダー23(8周98.4km)が行われ、植竹海貴(Y’s Road)がエリート女子で初優勝。川口うらら(日本体育大)がU23チャンピオンになった。24人出走、11人完走。

植竹海貴(右)が金子広美を制して優勝 ©JCF

男子U23の表彰式後、11時30分に女子エリート+女子アンダー23のロードレースがスタート。残り6周で先頭集団が金子広美(イナーメ信濃山形)、植竹、川口、樫木祥子(Team illuminate)、牧瀬翼(WINGS PLUS)、石上夢乃(鹿屋体育大)、古山稀絵(日本体育大大学院)、米田和美(MOPS)、伊藤優以(Team ZERO UNO FRONTIER)、石田唯(早稲田大)の10人に絞られる。

全日本選手権エリート+U23女子 ©JCF

その後、残り5周で伊藤と石田が遅れ、残り4周で金子、植竹、川口の3人となるが金子、植竹から川口が遅れ、2人で最終周回に入った。最後はゴールスプリントを植竹が制し初優勝を飾った。

先頭を走る金子広美 ©JCF
植竹海貴(右)が金子広美を制して優勝 ©JCF

女子エリート+女子アンダー23ロードレース
1 植竹海貴 東京 Y’s Road 2:48:23
2 金子広美 三重 イナーメ信濃山形 2:48:23
3 川口うらら 兵庫 日本体育大 2:49:41(U23優勝)

川口うららが全体3位になり、U23の全日本チャンピオンとなった ©JCF

草場啓吾が初めての全日本チャンピオンに…最後はゴール勝負