2020東京パラの42.195kmを自転車で走るバーチャルレース

東京都がデジタル技術を活用して東京2020パラリンピックマラソンコースをVR(仮想現実)空間で再現し、スポーツの新たな楽しさと東京が持つ観光の魅力を体験できる取り組みを開始。同コースにスマートトレーナーで参加できるバーチャルスポーツ大会の参加者を募集している。

大会はランとライド(自転車)の2部門があり、それぞれ5回の出走がある。ライドは距離10kmが4回。4回目のスタートはYoutube配信でライブ実況される。最後のスタートが42.195km。

参加費は無料、ゲストはYoutube配信回に出演し、芸人の安田大サーカス団長安田(ライド10kmに参加)、タレントの森脇健児(ラン5kmに参加)、パラリンピアンの土田和歌子(ラン5kmにレース解説として出演)。

安田大サーカス団長安田、タレントの森脇健児、パラリンピアンの土田和歌子

TOKYOVRRacing2021大会詳細
日時:2021年12月12日(日)10時~18時
内容:VRレース(ライド・ラン各5回)
オンラインで参加し、 VR空間内のアバターに参加者自身のライドやランの動きを投影し、レースを実施
*(ライド、 ラン各1回)
募集人数:オンラインで参加(上限あり)/東京体育館で参加:各回18名
その他、 サテライト会場からも参加できる
募集期間:2021年11月12日(金)から11月30日(火)まで
〇参加方法/以下のURLよりエントリーページへお入りください。
《レース》
●ライド
10km(浅草寺雷門→増上寺)
42.195km(東京2020パラリンピックマラソンコース
●ラン  
3km(銀座→増上寺
5km(浅草寺雷門→日本橋
21km(上記フルマラソンコースを活用したハーフコース

●TOKYO VR Racing2021大会のエントリーページ

淡路島を団長安田、競輪選手、テレビ大阪女子アナが翔巡る

テレビ大阪「KEIRIN presents 翔る×ばいしくる」が6月14日(月)午後9時54分にスタート。第1回の放送は淡路島の象徴「明石海峡大橋」から東海岸を南へ進むコース。安田大サーカス 団長安田、競輪選手の谷口友真、ウーデンジェニファー里沙(テレビ大阪アナウンサー)が走る。

淡路島で団長安田を中央に、左がウーデンジェニファー里沙アナ、右が競輪選手の谷口友真

「自転車×自然」「自転車×グルメ」など、自転車となにかをかけ合わせるだけで、人生がもっともっと楽しく豊かになる。同番組ではサイクリストに大人気のコースである淡路島の絶景の中を自転車で「翔巡る(かけめぐる)」ことで、自転車そのものの魅力を発信し再発見する。

自転車で淡路島を走る魅力と楽しさが伝わる

「どこを走っていても絵になる景色ばかりで、本当にぜいたくな時間でした」とテレビ大阪の新戦力ウーデンジェニファー里沙アナ。
「特に海岸線を走っていたときは海の上を走っているかのような感覚になりました。自転車ならではのさわやかな風も感じることができ、走り終わった後には心地よい達成感を得ました。番組をご覧になる方にも私が感じた自転車で淡路島を走る魅力と楽しさが伝わってほしいです!」

テレビ大阪の新戦力、ウーデンジェニファー里沙アナ

放送日時
第1回 6月14日(月) 午後   9時54分~
第2回 6月24日(木) 午後10時58分~
第3回 7月8日(木)  午後10時58分~
第4回 7月22日(木) 午後10時58分~
●KEIRIN presents 翔る×ばいしくるのホームページ