中村輪夢と大池水杜がBMXフリースタイル・パーク優勝

第4回全日本BMXフリースタイル選手権が9月21日に岡山市の岡山市役所特設会場で開催され、中村輪夢大池水杜が優勝した。

中村輪夢(左)と大池水杜 ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

予選を勝ち抜いた上位8選手で争われた男子エリート決勝は、中村が難易度の高いトリックを組み合わせ、安定したライディングで完全優勝した。大会2連覇、自身3度目の全日本タイトルを獲得した。

中村輪夢が難易度の高いトリックを組み合わせ、安定したライディングで完全優勝 ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

「全日本連覇はもちろんうれしかったが、それ以上に今年の長期練習期間に作り上げてきたトリックである720Tailwhip(セブントゥウェンティーテイルウィップ)を、大会決勝のランで組み込め成功できたことは、成長を実感でき大きな収穫であった。また現状では感染防止対策から無観客試合の可能性があった中、今回の大会が開催されたことで練習でのモチベーションアップにもつながり、大会開催に感謝している」と中村。

男子エリート優勝の中村輪夢(ウイングアーク 1st)を中央に左が2位高木聖雄(JFBF)、右が3位大和晴彦(LCDJ) ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

女子では、大会3連覇中の大池が安定したスムーズなライディングでまとめ、全日本タイトルを守り抜いた。

大会3連覇中の大池水杜が、安定したスムーズなライディングでまとめ、全日本タイトルを守り抜いた ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

「無事に大会連覇できたことに安堵の気持ちではあるが、女子エリートクラスの参加者が増え、表彰台を埋め尽くせたこともこれまでにない経験でうれしかった。また今大会の場で初披露できたトリックのスーパーマンを含む、いいパフォーマンスを自信に、来年に向けても技の完成度アップに取り組んでいく」と大池。

女子エリート優勝の大池水杜(ビザビ)を中央に左が2位深尾梨奈、右が3位佐藤孔怜 ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

●日本自転車競技連盟のホームページ

大池水杜がBMXフリースタイルパークのワールドカップで日本勢初優勝

大池水杜が5月9日から13日までフランスのモンペリエで開催されたUCI BMXフリースタイルパーク&フラットランドのワールドカップで、フリースタイルパーク部門で優勝した。日本勢として初。日本ナショナルチームとして出場していた。

BMXフリースタイルパークW杯で優勝した大池水杜(中央) © Christian van Hanja

大きなジャンプの続く難易度の高い構造となった今回のパーク設定。選手はハイスピードでダイナミックなトリックが求められた。2017年の世界選手権で4位の大池は今回のパークとの相性もよく、他の選手が苦戦する中で独創的なルーティンとダイナミックかつ安定感のあるトリックで日本人初となるBMXフリースタイル・パークのワールドカップで優勝を果たした。

BMXフリースタイルパークW杯で優勝した大池水杜 © Christian van Hanja

大池水杜のコメント
「1位になったことは本当に信じられません。とてもうれしいです。初めての表彰台で一番頂点に立つことができたのは、大きな自信につながりました。今回の結果でようやく2020年の東京オリンピックへ向けて本格的な第一歩を踏み出すことができました。今後、さらに練習を重ねランキングを上げていきます」

●関連ニュース

世界一クールな通学スタイル…BMX界の若きエース中村輪夢が学ランで爆走(笑撃のオチあり)

●最新ニュースへ