ガニまたにならない子ども乗せ電動アシスト…エナシスベビー

進む、曲がる、止まる、押し歩く。どんなシーンでも使いやすい電動アシスト自転車を、自転車専門店のあさひとチャイルドシートの専門メーカーであるオージーケー技研が共同開発した。

子供乗せ電動アシスト自転車「ENERSYS baby」(エナシスベビー)と「ENERSYS baby LIMITED」(エナシスベビーリミテッド)の販売を2月下旬より全国のサイクルベースあさひ、あさひ公式オンラインショップで開始。一部店舗では取り寄せ。

子どもを乗せて運転する時の安定感と快適さを考えてフレーム設計。膝周りを広くしたことで、チャイルドシートに膝が当たらず、ガニ股になりにくくなっている

あさひオリジナル自転車で初、子ども乗せ用の電動アシスト自転車

自転車専門店であるサイクルベースあさひと日本製チャイルドシートのトップメーカーであるオージーケー技研が、子どもを乗せた時の安定感や安全を第一に考えて共同開発した。新型電動アシストユニット「PLUS-D」によるパワフルかつ自然な乗り心地や、チャイルドシートに膝が当たりにくいフレーム設計、後輪リング錠に施した安全機能により、子連れのおでかけにおけるあらゆるシーンで使い勝手のよさを実現。

パパにもママにも選べるシックな2種類のカラー展開で、子育て世帯をサポートする一台となった。

前にチャイルドシートを付けてお子様を乗せた場合に、視界を広く確保できるよう設計したハンドル形状
フレームが低いため乗り降りの際にバランスを崩さず足を通すことができ、乗り降り時の転倒リスクを軽減
スマートフォンなどが充電できるUSBポート付きスイッチパネルは、災害など非常時にも役立つ
鍵を開けないとスタンドロックが外せない機構を設け、鍵の解除忘れとそのまま発進してしまう誤動作を防止。予想外の動きを防ぎ安全性を高め、それによる車輪の故障も防止
クランク軸の回転をモーターが直接アシストする新型電動アシストユニット「PLUS-D」採用と、子供乗せ自転車専用のアシストプログラムによりパワフルで自然なアシスト感

エナシスベビー
販売日:2020年2月下旬~
販売価格:13万9980円(税込)
カラー:マットアイボリー/マットブラック
タイヤ:20型
変速 :内装3段変速
適応身長:142cm~※お子様二人同乗の場合は152cm~
重量:30.5kg
取り扱い:全国のサイクルベースあさひ各店、あさひ公式オンラインショップ※一部店舗では取り寄せ。
充電時間:約5~6時間 充電一回あたりの最長走行距離:約70km(エコモード)
バッテリー容量:36V×10.3Ah(25.2V換算で14.7Ah相当)
付属品:OGK製リヤチャイルドシート「RBC-015DX」(カラー:ブラック・ブラック)
特徴:走行時の安定性を高め、乗りやすさに徹底的にこだわったあさひオリジナルモデル

エナシスベビーリミテッド
販売日:2020年2月下旬~
販売価格 :14万6980円(税込)~
カラー:マットブラック
タイヤ:20型
変速:内装3段変速
適応身長:142cm~※お子様二人同乗の場合は152cm~
重量:30.4kg
取り扱い:全国のサイクルベースあさひ各店、あさひ公式オンラインショップ※一部店舗では取り寄せ。
充電時間:約5~6時間 充電一回あたりの最長走行距離:約70km(エコモード)
バッテリー容量:36V×10.3Ah(25.2V換算で14.7Ah相当)
付属品:OGK製リヤチャイルドシート「GRANDIA RBC-017DX2」(カラー:マットブラック)オートテールライト(電池式)
特徴:OGK社の最上位モデルチャイルドシート「GRANDIA」を標準装備したあさひオリジナルモデル

エナシスベビーリミテッド・マットブラック

※エナシスベビー、エナシスベビーリミテッドともに、子ども二人同乗の際は別途OGK製フロントチャイルドシート(指定品)を購入のこと。

●詳細サイト

ルイガノの3人乗り電動アシスト自転車がペアレンティングアワード

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)日本総販売代理権を持つあさひが展開する、3人乗り対応電動アシスト自転車「LGS ASCENT deluxe」が、「第12回ペアレンティングアワード」(主催:ペアレンティングアワード実行委員会)のモノ部門を受賞した。

「LGS ASCENT deluxe」は子どもの送迎から普段のお買い物まで、マルチに使える3人乗り対応の電動アシスト自転車。初めての人でも乗り降りしやすいフレーム形状に、最長66km走行可能なヤマハ製ユニットを搭載し、子どもの乗降時に便利なハンドルストッパーや、自動点灯のランプヘッドなど、安心安全な機能も魅力の一台。今回の受賞では子どもの自転車同乗時に感じるママの不安を軽減した点が高く評価された。

●LGS ASCENT deluxe製品ページ

LGS ASCENT deluxe(アセント デラックス)LG WHITE

LGS ASCENT deluxe(アセント デラックス)

乗り降りのしやすいフレーム形状に高品質な日本製電動ユニットを搭載した20インチ電動アシスト自転車。大容量の12.3Ahバッテリーを搭載しロングモードで最長66kmの走行が可能。手元で簡単に操作できるハンドルロックや暗さを感じると自動点灯するランプヘッドなど、子どもと安心・安全に同乗できる装備が満載。

LGS ASCENT deluxe(アセント デラックス)SMOKE BLUE

価格:15万円(税別)
カラ―:LG WHITE/LG MATTE BLACK/ANTIQUE PINK/SMOKE BLUE
サイズ:365mm(144cm~)
変速:SHIMANO INTER-3(内装3段変速)
重量:29.7kg
充電時間:3.5時間
バッテリー容量 :12.3Ah

LGS ASCENT deluxe(アセント デラックス)ANTIQUE PINK

LGS ASCENT deluxe 対応前後チャイルドシート(ブラック/アイボリー)
LG ASCENT R チャイルドシート 1万3900円(税別)
LG ASCENT F チャイルドシート 1万1000円(税別)

LGS ASCENT deluxe(アセント デラックス)LG MATTE BLACK

ペアレンティングアワードとは

「ペアレンティングアワード」は、育児雑誌メディアが中心となり、毎年、子育てにまつわるトレンド(ヒト・モノ・コト)を表彰し、信頼性が高くタイムリーな情報を提供。日本のパパやママたちがより子育てを楽しみ、自信を持って子供たちと関われるような、子育て社会になることを目指しているという。

子ども乗せ卒業層向け、オシャレ電動アシストをファッション誌が企画

ブリヂストンサイクルと光文社ファッション&ライフスタイル誌「STORY(ストーリィ)」は、電動アシスト自転車「il mio(イルミオ)」を先行発売モデルとして限定1000台で、10月より光文社公式通販サイトkokode.jpと東京都世田谷区内の自転車ショップで先行展示販売する。

イルミオ・トープ。13万9800円(税別)

この製品は、子育てがひと段落し次の自分を考え積極的に新しいことへ挑戦したい世代に向けて、商品開発をブリヂストンサイクルとSTORY編集部が共同で行った電動アシスト自転車。コンセプトは「40代の毎日が輝きだす“マジックバイク”」。実用性はもちろんのこと、大人女性が美しく見えるエレガントなデザイン・カラーを取り入れた。

子ども乗せ電動アシスト自転車の利用は年々増加傾向にある。今回開発・発売する製品は、子どもを乗せる機会がなくなり、次の電動アシスト自転車へ乗り換えたいという女性「子ども乗せ卒業層」を対象としたもの。子育てがひと段落する女性のライフステージ特有のニーズを織り込んだ商品で、「シニア」、「子ども乗せ」、「通学」市場に次ぐ、「子ども乗せ卒業市場」という電動アシスト自転車の新しい市場の形成に注力した。

ターゲットユーザ世代が求める「日常生活に便利な実用性」「所帯感を出さないデザイン」「おしゃれなコンパクト設計」というニーズから、イルミオが誕生した。イルミオとはイタリア語で「私のもの」という意味で、「自分だけの自転車で自分時間を楽しめる生活」を目指して名付けた。デザインは、洗練された大人のファッションを求めるSTORY読者の声を反映し、細部までこだわったエレガントなデザインと統一感のあるカラーリングを実現した。

① 気分が上がるデザインだから行動範囲を広げたくなる。自転車でちょっと遠出してカフェやショッピングへ行きたい気分になる。
② 仲のいい同僚や独身時代の友達に会いにいきたくなる。
③ 必要に迫られて自転車に乗る生活から、より健康的でおしゃれな生活のために自転車に乗ろうと思えるようになる。

これらの3つのテーマから「40代の毎日が輝きだす“マジックバイク”」というコンセプトとした。

この製品には、走りながら自動充電する回復充電機能を搭載。この回復充電機能は、従来の「左ブレーキをかける」と回復充電できる機能だけでなく「走行中にペダルを止める」と前輪モーターが発電してバッテリーを充電する機能。この機能により走行距離が最大28%向上し、4日走ると最大一日分を充電できるようになった。


ファッション&ライフスタイル誌「STORY(ストーリィ)」
発行元:光文社
発売形態:月刊毎月1日発売
創刊:2002年11月
人生を満喫する、知性と好奇心に溢れた「新しい40代」女性のために送るファッション&ライフスタイル誌。女性としての美しさと経験の
ベストバランスを保っているのが、現在の40代。ライフフスタイル全般にポジティブで「年を重ねる=美しさ」という価値観を生きている新しい40代に向けて、STORYは高感度の“自分磨き”情報を提供。
公式WEBサイト

子ども乗せ電動アシスト自転車を卒業した子どもが乗るハイディキッズ新発売

ブリヂストンサイクルは、幼児自転車「HYDEE KIDS(ハイディキッズ)」を9月中旬より全国の販売店を通して発売する。ハイディキッズは、雑誌VERYとコラボした子ども乗せ電動アシスト自転車「HYDEE.Ⅱ(ハイディツー)」と同じデザインで設計した幼児自転車。ハイディツーを卒業する子どもたちへのファーストバイクとして、デザイン性はもちろん、軽量設計で実用性の高いパーツを標準装備している。

ハイディキッズ 3万4800円(税別)

ハイディキッズの発売とあわせて、子ども乗せ電動アシスト自転車 ハイディツー19年モデルもモデルチェンジを実施。同社独自開発の両輪駆動の電動アシストシステム「デュアルドライブ」を搭載した仕様となっている。ハイディツーの19年モデルには走りながら自動充電する機能もある。

また、「ハイディツー2019年限定モデル」はカラータイヤを装備し数量限定1000台で、10月中旬より全国の販売店を通して新発売する。デザインは限定モデルだけの特別なロゴをあしらい、リヤチャイルドシートには限定仕様のグレー系の迷彩柄を標準装備。さらに新開発のグレータイヤを使用しコーディネートすることで、標準モデルよりもさらにハンサムな仕様となっている。

ハイディツー 2019年モデル 限定車 15万7800円(税別)

VERY主催イベント「VERY FES.」
9月24日(月・祝)に、VERYが主催する人気モデルのファッションショー「 VERY FES.」が開催される。会場の中央広場ブースには、ハイディキッズの試乗スペース、ハイディツーが展示される。

日時:2018年9月24日(月・祝) 11:30~16:30
会場:二子玉川ライズ(ガレリア・中央広場・iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ)
イベントの詳細ページ

子ども乗せ電動アシスト自転車の試乗会が大盛況…3月4日まで二子玉川ライズで

ブリヂストンサイクルが、子ども乗せ電動アシスト自転車のセミナー&一般試乗会「ブリヂストン サイクルフェス TOKYO Vol.3」を2018年3月3日(土)・4日(日)に二子玉川ライズ ガレリア(東京都世田谷区玉川)で開催している。

フロントシートは子どもの挙動がよく分かるので小さい子どもを乗せるのにいい

さまざまなパーツをコーディネートできることで人気の子ども乗せ電動アシスト自転車ブランド「bikkeシリーズ」と「ハイディツー」を用意。「bikkeシリーズ」の中でも「bikke MOB dd」と「bikke GRI dd」は、両輪駆動(DUAL DRIVE)を搭載した電動アシスト自転車だ。両輪駆動の電動アシストシステムは、前輪モーターと後輪カーボンベルトドライブを組み合わせていて、2つの駆動ならではの力強くスムーズな乗り心地が特徴。直感的に操作できる「スマートワンタッチパネル」・大きな「バスケット」・子どものお尻に巻き込まれない「自立式バックル」を採用し、利便性も向上している。

1〜3歳の子どもが1人ならフロントシートに座らせる

今回は同社初の試みとして一般試乗会のほか、社員が講師となり「子ども乗せ電動アシスト自転車の安全な乗り方・選び方」と題したセミナーを同時に開催している。同社が実施してきた各地試乗会でのお客様アンケートから「正しい自転車ルールを知りたい」「車種の違いを知りたい」「全車種を乗り比べしたい」という声をもらい、今回は4車種の乗り比べ試乗もあわせて各回90分の「子ども乗せ電動アシスト自転車の安全な乗り方・選び方」セミナーコースを設定した。

セミナー3月4日(日)も11:00~12:30と15:30~17:00に開催される。

2〜5歳の子どもが1人ならリヤシートに座らせる
オシャレな親にもオススメのモデルが続々登場
電動アシスト機能はハンドルにつけられたインジケータで操作できる
ブリヂストンサイクルの広報担当が子ども乗せ電動アシスト自転車の概要を説明
若いパパやママが真剣な表情でセミナーに参加していた
子どもにヘルメットを着用させる努力をする義務がある
クッションなどもカラフルなので子どもの好みに応じて着せ替えできる
1歳ならフロントシートタイプ、2歳以上6歳未満ならリヤシートタイプを選ぶといい

●関連ニュース

ブリヂストンサイクルの五輪出場社員や現役が埼玉サイクルエキスポでトークショー

●最新ニュースへ