小林海が4日間のフランス名門レース、ツール・デュ・リムザンに出場

ツール・デュ・リムザンが8月15日(水)より4日間にわたりフランス中部の旧リムザン地域圏(現アキテーヌ=リムーザン=ポワトゥーシャラント地域圏)で開催され、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニが3年ぶりに出場する。2012年に新城幸也が総合優勝したことで日本でも有名な大会。4日間のステージに厳しい山岳は含まれていないものの、全体的にアップダウンが多く、逃げの展開もねらえる。

ツール・デュ・リムザンに出場するNIPPO・ヴィーニファンティーニの7選手

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは大部分の選手がスペインでの厳しい山岳レース、ブエルタ・ア・ブルゴスからの連戦となる。この大会でエースを担うマルコ・カノラとフアンホセ・ロバトは12日に開催された欧州選手権にも出場した。ブルゴスで素晴らしい走りをみせたマルコ・ティッツァ、ニコラ・バジョーリ、フィリッポ・ザッカンティの走りも期待されていて、復帰2戦目となる小林海もチームワークの歯車となるべく、ベストを尽くして戦いたいという。

小林海(まりの)

小林海のコメント
ブエルタ・ア・ブルゴスで溜まった疲労をしっかり抜いて、とてもいい状態のチームメイトたちを少しでも多くサポートしたいと思っている。頑張ります。

バレリオ・テバルディ監督

バレリオ・テバルディ監督のコメント
非常に強く、またコースに適したチームでの出場になるため、好成績を期待している。エースとなるのはカノラとロバト。彼らの脚質は多くのステージに向いているので、チーム一丸となり一つでも上の成績、そして勝利を狙っていきたい。ほかの選手たちも調子がよく、ブルゴスではとてもいいレースをしたので、本大会での活躍も期待できるだろう。

51st Tour du Limousin
開催期間/2018年8月15日(水曜日)〜8月18日(土曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.1
開催国/フランス

ツール・デュ・リムザンの公式サイト
ツール・デュ・リムザンのフェイスブック
ツール・デュ・リムザンのツイッター
ツール・デュ・リムザンのハッシュタグ #TDLNA2018

8月15日 第1ステージ Saint-Just le Martel › Bonnat(172.7km)
8月16日 第2ステージ Base Départementale de Rouffiac > Coteau de Grèzes(176.7km)
8月17日 第3ステージ Egletons › Uzerche(190.1km)
8月18日 第4ステージ Bellac › Limoge(162.6km)

⚫関連ニュース

愛三工業の岡本隼がNIPPO・ヴィーニファンティーニ研修生に

⚫最新ニュースへ

エシュボルン〜フランクフルトにNIPPOの初山翔と小林海が初出場

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニが5月1日にドイツ・フランクフルト近郊で開催されるUCIワールドツアーのワンデーレース「エシュボルン〜フランクフルト」に2年ぶりに出場する。同大会は2016年まではUCIヨーロッパツアー1クラスとして開催。2017年にUCIワールドツアーにランクアップした。

エシュボルン〜フランクフルトに出場するNIPPO・ヴィーニファンティーニのメンバー

2018年で57回目の開催を迎えるエシュボルン〜フランクフルト。ドイツの大都市フランクフルト近郊で開催されるワンデーレースにNIPPO・ヴィーニファンティーニがワイルドカードを獲得し、2016年以来の出場を果たした。2018年は212kmのコースに、多くの登坂区間が組み込まれている。最も長い登りとなるのは57km地点のフェルトベルクで、10.8kmにわたり登坂区間が続く。一番傾斜のある坂は、コース内に4回組み込まれているマンモルスハイナーベルクで最大勾配は23%。近年はゴールスプリントの展開となっているが、それまでに何度も登坂区間があるため、勝利をねらうスプリンターには登坂力が求められる。

NIPPO・ヴィーニファンティーニはマルコ・カノラを中心とした布陣で出走。ツアー・オブ・クロアチアでポイント賞を獲得したスプリンターのエドアルド・グロスも絶好調。高いモチベーションをもって格上チームに挑む。日本からは初山翔と小林海が初出走。初山はミラノ〜サンレモで逃げに乗るなど素晴らしい活躍をみせた春の連戦から休息・トレーニング期間を経て、約1カ月ぶりに欧州のトップレースに戻ってきた。小林も4月15日のアムステルゴールドレース以来となる2週間ぶりのレース。

初山翔

初山翔のコメント
およそ1カ月ぶりのレースになる。春先の連戦のあと、十分な休養とトレーニングを積んできたつもり。シーズン第2幕のいいスタートが切れるように頑張りたい。

小林海(まりの)

小林海のコメント
今回もレベルの高いワンデーレース。長く厳しいレースになるはずだが、しっかり目立つ働きをしたい。頑張ります!

バレリオ・テバルディ監督

バレリオ・テバルディ監督のコメント
この重要なレースから招待されたことをうれしく思っている。チームはそのことを誇りに思い、ベストを尽くして戦いたい。コースや出場選手の顔ぶれをみても、このレースの難易度は高いが、カノラ、グロス、ロバトと好調な3選手をエースとして戦っていきたい。また彼らを支えるマランゴーニ、初山、ティッツァ、そして若手の小林にも期待している。



Eschborn-Frankfurt
開催期間/2018年5月1日(火曜日)
カテゴリー/1. UCIワールドツアー
開催国/ドイツ
コース/Eschborn › Frankfurt am Main 218.7km
エシュボルン〜フランクフルトの公式サイト
エシュボルン〜フランクフルトのフェイスブック
エシュボルン〜フランクフルトのツイッター
エシュボルン〜フランクフルトのハッシュタグ #Radklassiker

●関連ニュース

NIPPOのグロスがツアー・オブ・クロアチア第2ステージ優勝…総合でも首位に

●最新ニュースへ

カノラをエースにアムステルゴールドレース参戦…NIPPO・ヴィーニファンティーニ

UCIワールドツアーのアムステルゴールドレースが4月15日(日)にオランダ南東部、丘陵地域のリンブルフ州にて開催され、主催者招待枠によりNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニが参戦。同大会へは1年ぶり、3回目の出場となる。チームに所属する小林海が初参戦する。

アムステルゴールドレースに出場するNIPPO・ヴィーニファンティーニのメンバー

2018年は263kmのコースにカウベルクなど35の登坂区間が組み込まれた。フィニッシュラインを3回通過するものの毎周回コースが異なり、「1000のカーブ」とも言われるコーナーの多い複雑なコース設定も大会の特徴となっている。またフィニッシュラインは2017年同様にカウベルクは回避され、フィニッシュライン約7km手前にベメレルベルクの頂上が設定された。その後残り1km地点にむけて再び登り、最後はやや下ってフィニッシュラインに向かうコース設定。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは3月31日に同地域で開催されたボルタリンブルフクラシック、11日にベルギーで開催されたブラバンツペイルへの出場メンバーを軸に挑み、この大会に照準を絞り、高いモチベーションをもって挑むマルコ・カノラがエースを務める。

ワールドツアーレースでの経験豊富なシモーネ・ポンツィ、ファンホセ・ロバトが終盤のアシストを担い、ボルタリンブルフクラシックで逃げ切り2位入賞したマルコ・ティッツァ、ブラバンツペイルで逃げに乗ったエドアルド・グロス、そして初出場となる小林の若手3選手には逃げを狙うとともにチームの歯車となるべく、献身的な走りが期待されている。

10年前の2008年に同大会で優勝し、今季での引退を表明しているチームキャプテンのダミアノ・クネゴがオランダのファンの前で最後のアムステルゴールドレースに挑む。

小林海(まりの)

小林海のコメント
前哨戦とも言われるブラバンツペイルでは、自信があったものの正直思うような走りができなかった。とにかく今はしっかり休んで、先日までの好感触の脚、パーソナルベストの脚で、当日はいままでで一番いいパフォーマンスを発揮したい。チームの役に立つ走りができるよう頑張ります。

マリオ・マンゾーニ監督

マリオ・マンゾーニ監督のコメント
比較的自分たちに向いているタイプのレースだと考えている。長くて厳しいレースになると思うが、素晴らしい大勢の観客たちの前で、チャレンジ精神をもって格上チームに挑んでいきたい。カノラは高いモチベーションをもち、クネゴはレースを熟知している。招待していただいたことを誇り、スタートからゴールまでベストを尽くして戦いたい。


53rd Amstel Gold Race
開催期間/2018年4月15日(日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー1.HC
開催国/オランダ
アムステルゴールドレースの公式サイト
アムステルゴールドレースのフェイスブック
アムステルゴールドレースのツイッター
アムステルゴールドレースのハッシュタグ #AGR

●関連ニュース

NIPPO・ヴィーニファンティーニがフレッシュ・ブラバンソンヌに参戦

●最新ニュースへ

NIPPO・ヴィーニファンティーニがフレッシュ・ブラバンソンヌに参戦

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニが4月11日にベルギー中部で開催されるワンデーレース「ブラバンツ・ペイル」に初参戦する。27の急坂が組み込まれる同レースは、日曜日のアムステルゴールドレースの前哨戦として非常に重要な一戦。チームはマルコ・カノラをエースに一致団結して戦う。

フレッシュ・ブラバンソンヌに参加するNIPPO・ヴィーニファンティーニのメンバー

1961年に初開催されたレースは、フランス語で「ラ・フレッシュ・ブラバンソンヌ」と呼ばれ、かつてのブラバント州を巡る。1995年にブラバント州は3つの地域に分割され、スタートのルーヴェンはフランドル地方のフラームスブラバント州、フィニッシュのオーベレルエイセはワロン地方ブラバン・ワロン州となっている。

北のクラシック最終戦パリ〜ルーベと、アルデンヌクラシック初戦アムステルゴールドレースのあいだに開催されるため、7つのUCIプロチームをはじめ、強豪プロコンチネンタルチームが非常にいいコンディションで出場してくる。またコースは急坂が連続するアルデンヌクラシックさながらのレイアウト。そのためアルデンヌクラシックを狙う世界のトップ選手が前哨戦として挑む。

2018年は201.9kmのコースに27の急坂セクションが組み込まれた。終盤になるにつれ、多くの登坂区間が登場し、特に最後に3周回する周回コースには5つの急坂区間が組み込まれている。フィニッシュラインも登坂区間上で、パンチ力のある選手の活躍が期待される。

NIPPO・ヴィーニファンティーニはマルコ・カノラを第1エースとし、日曜日に参戦するUCIワールドツアーのアムステルゴールドレースに向けてコンディションやチームワークを高めながら勝利を狙う。第2エースとなるのはフアンホセ・ロバトだが、好調なシモーネ・ポンツィ、エドアルド・グロス、マルコ・ティッツァの結果も期待されている。

日本人選手は小林海が出走。拠点のスペインでトレーニングを積み、非常にいいコンディションでの参戦となる。また小林は日曜日のアムステルゴールドレースへの出走も予定しているため、チームをサポートしながらもいい走りをし、2017年のイル・ロンバルディア以来となるUCIワールドツアーにいいイメージをもって挑むべくベストを尽くして戦いたいという。

小林海(まりの)

小林海のコメント
コンディションはとてもいいと思う。前回のレースでのミスをしっかり修正して、チームのために、自分のために、もう1段階上の走りができるように頑張ります。

マリオ・マンゾーニ監督

マリオ・マンゾーニ監督のコメント
カノラが狙う日曜日のアムステルゴールドレースに向けて、コンディションを確かめる意味でも、また格上チームのライバルたちに強さを示すためにも非常に重要なレースになる。またカノラだけでなく、調子のよいポンツィ、ロバト、グロス、そして先週のレースで逃げ切りで2位入賞を果たしたティッツァの結果にも期待したい。若手のイメリオや小林はチームのため走ることになると思うが、チームワークなしでは結果が出ない厳しいレースにおいて、彼らの走りもとても大切だと考えている。

●関連ニュース

NIPPOの初山翔と西村大輝が2018シーズンの手応えをコメント

●最新ニュースへ