東京五輪金2の杉浦佳子が全日本パラタイムトライアルで5連覇

2022全日本パラサイクリング選手権ロード大会が6月24日、広島県中央森林公園サイクリングロードで開幕し、初日に行われた個人タイムトライアルでWC2,3を結合した女子クラスで杉浦佳子(TEAM EMMA Cycling)で優勝。5連覇を達成した。

女子⾃転⾞競技クラスC2-3で優勝した杉浦佳子
杉浦佳子(EMMA Cycling)が2017年からタイムトライアル5連覇

男子は藤田征樹が川本翔大を抑えて優勝

男⼦ ⾃転⾞競技クラス C1-5(12.0km)は6選手が出走。MC1-5を結合しての開催で、係数計算での結果、藤田征樹(藤建設)が優勝。

藤田征樹(藤建設)

男⼦ トライシクル・クラスT2(12.0km)は1名出走。MT2クラス1人での出走、福井万葉が26分51秒97で4連覇。

男⼦ ハンドサイクル・クラス MH2-5(12.0km)は4名出走。MH2-5を結合しての開催、係数計算での結果、MH3の2人がスタート、洞ノ上浩太(ヤフー)が優勝。

男⼦ ⾃転⾞競技クラス C1-5(12.0km)
[競技結果]
1 藤田征樹(藤建設)MC3  18:34.29 計算タイム:17:17.07
2 川本翔大(大和産業)MC2  19:20.34 計算タイム:17:21.17
3 福冨伸彦(PLUS ULTRA)MC5  22:30.04 計算タイム22:30.04

藤田征樹(藤建設)を中央に左が2川本翔大(大和産業)、右が3位福冨伸彦(PLUS ULTRA)

女子 ⾃転⾞競技クラス C2-3(12.0km)
[競技結果]
1 杉浦佳子(TEAM EMMA Cycling)WC3  20:43.85 計算タイム:20:43.85
2 藤井美穂(楽天ソシオビジネス)WC2  30:10.93 計算タイム:29:05.91

男⼦ トライシクル・クラスT2(12.0km)
[競技結果]
1 福井万葉  MT2  26:51.97 計算タイム: 26:51.97

トライシクル優勝の福井万葉

男⼦ ハンドサイクル・クラス MH2-5(12.0km)
[競技結果]
1 洞ノ上浩太(ヤフー)MH5  29:53.82 計算タイム: 29:53.82
2 田中祥隆(アイ工務店)MH3  34:24.43 計算タイム: 33:26.83
3 佐藤友祈(モリサワ)MH2  43:41.53 計算タイム: 36:27.14

杉浦佳子がブリヂストンサイクルと機材サポート契約

パラサイクリングの杉浦佳子(すぎうらけいこ)がブリヂストンサイクルと機材サポート契約 を締結した。

杉浦佳子

杉浦は東京2020パラリンピック自転車競技で女子個人ロードタイムトライアルC1-3と女子個人ロードレースC1-3で2つの金メダルを獲得。日本選手のパラリンピックでの金メダル獲得の最年長記録を保持している。

「この度は、このような素晴らしいお力添えをいただくこと、また、これまでお世話になった皆さまへ感謝をいたします。フレームの出来、サイズ展開、種類の豊富さと私にはブリヂストンしかないと考えております。これからも世界への挑戦に邁進し、精進し続けます」と杉浦。

杉浦佳子がパラ世界選手権個人タイムトライアルで銀メダル ©日本パラサイクリング連盟

2020東京パラ金2の杉浦佳子が全日本タイムトライアル4連覇

2021全日本パラサイクリング選手権ロード大会が10月22日に広島県中央森林公園サイクリングロードで開催され、2020東京パラリンピックで金メダル2箇を獲得した杉浦佳子(VC福岡エリート)が女子C2-3クラスで優勝した。

パラ女子⾃転⾞競技クラスC2-3は2020東京パラ金メダリストの杉浦佳子が2017年大会から4連勝 ©JCF

エリート男子タイムトライアルは増田成幸が優勝

89回目を迎える全日本自転車競技選手権ロードレースが広島県三原市の中央森林公園内サイクリングコースで10月22日から24日まで開催される。また、第24回全日本選手権個人タイムトライアル・ロードレース大会、2021全日本パラサイクリング選手権ロード大会が併催される。

エリート男子は増田成幸が49分25秒40で優勝 ©JCF

同大会は2019年6月に東京2020オリ・パラ競技会場である富士スピードウェイ(静岡県小山町)で開催されて以来、新型コロナウイルス感染症拡大により中止、延期を繰り返し約2年4カ月振りに開催されることになった。

男子U23は松田祥位が33分39秒57で優勝 ©JCF

国内自転車競技における同大会の位置付けは、当該年度の種目別優勝者(次大会までの1年間)を選出し、UCI(国際自転車競技連合)が定める国際ポイントを国内で獲得できる貴重な存在となっている。国際ポイントを獲得することは、世界選手権やオリンピックなどへの出場権を獲得する重要な要素でもある。

樫木祥子が38分55秒30で女子エリート優勝 ©JCF

今回の大会開催にはスポーツ庁、日本スポーツ協会、UCI、日本自転車競技連盟が定める新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインを厳格に順守し行われる。大会参加する選手チーム関係者はもとより、競技役員、報道関係者など会場に入場する場合は72時間以内のPCR検査陰性結果が条件となり、入場時毎日の体調自己報告はオンラインにて行い、受け取ったQRコードを入場ゲートで大会スタッフがスキャンし入場する運用をしている。また感染対策の一環として残念ながら無観客としている。

石上夢乃が40分34秒51で女子U23優勝、エリート+U23でも2位に入った ©JCF

主な日程=1日目は個人タイムトライアルとパラサイクリング(個人タイムトライアル)。2日目は個人ロードレース カテゴリー:男子U23、女子エリート+U23。3日目は個人ロードレース カテゴリー:男女年代別マスターズ、男子エリート。

大会参加者数は個人タイムトライアルで男子U23:20、女子エリート+U23:11、パラ:13、男子エリート:20の合計64人。はロードレース男子U23:135、女子エリート、U23:26、男子マスターズ(30-39):17、男子マスターズ(40-49):26、男子マスターズ(50-59):28、男子マスターズ(60-69):11、女子マスターズ:10、男子エリート:113の合計366人。

パラ⾃転⾞競技クラスC1-3で藤田征樹が3年ぶり7回目の全日本チャンピオンに ©JCF

第24回全日本選手権個人タイムトライアル・ロードレース大会
2021年10月22日(金)
広島県中央森林公園サイクリングロード

男子U23(24.0km)20名出走
第2ウエーブ1番目スタートの松田祥位(岐阜・EQADS)が33分39秒57で優勝。
[競技結果]
1 松田祥位 岐阜   EQADS 33:39.57
2 留目夕陽 東京   中央大 33:59.57
3 宮崎泰史 大分   Sparkle Oita Racing Team 34:09.55

男子U23優勝の松田祥位(中央)、左が2位留目夕陽、右が3位宮崎泰史 ©JCF

女子エリート+女子アンダー23(24.0km)10名出走
1番目スタートの樫木祥子(東京・Team illuminate)が38分55秒30で優勝。
5番目スタートの石上夢乃(神奈川・鹿屋体育大学)が40分34秒51で女子アンダー23優勝、エリート+U23では2位に入った。
[競技結果]
1 樫木祥子 東京   Team illuminate 38:55.30
2 石上夢乃 神奈川   鹿屋体育大 40:34.51
3 石田唯 京都   早稲田大 41:11.80
女子アンダー23のみ別途表彰
1 石上夢乃 神奈川 鹿屋体育大 40:34.51

女子エリート優勝の樫木祥子(中央)、左が女子U23優勝で総合では2位の石上夢乃、右が3位石田唯 ©JCF
石上夢乃が女子U23の全日本チャンピオンに ©JCF

男子エリート(36.0km)18名出走、1名失格(規則に適合しない器材使用のため)
第2ウエーブ1番目スタートの増田成幸(栃木・宇都宮ブリッツェン)が唯一50分を切り、23回大会に続き49分25秒40で優勝。
[競技結果]
1 増田成幸 栃木   宇都宮ブリッツェン 49:25.40
2 山本大喜 奈良   KINAN Cycling Team 50:12.77
3 中根英登 愛知   EF Education-NIPPO 50:25.71

エリート男子優勝の増田成幸(中央)、左が2位山本大喜、右が3位中根英登 ©JCF

2021全日本パラサイクリング選手権ロード大会
2021年10月22日(金)
広島県中央森林公園サイクリングロード

男⼦ ⾃転⾞競技クラス C1-3(12.0km)4名出走
MC1,2,3を結合しての開催、係数計算での結果、2013〜2018年6連勝の藤田征樹が優勝。
[競技結果]
1 藤田征樹 藤建設 MC3 18:50.82 計算タイム:18:50.82
2 川本翔大 大和産業 MC2 19:57.91 計算タイム:19:11.79
3 多田尚史 acu-power Racing Team MC3 25:51.87 計算タイム25:51.87

パラ男⼦⾃転⾞競技クラスC1-3優勝の藤田征樹を中央に左が2位川本翔大、右が3位多田尚史 ©JCF

男⼦ ⾃転⾞競技クラス C5(12.0km)3名出走
MC5クラス3名での争いの中、梶鉄輝が初優勝
[競技結果]
1 梶鉄輝 JPF MC5 18:58.02
2 吉井常浩 – MC5 22:01.53
3 沼野康仁 usplab.VC SPLENDOR MC5 29:13.80

パラMC5クラスで梶鉄輝が初優勝 ©JCF
パラMC5クラス優勝の梶鉄輝 ©JCF

女子 ⾃転⾞競技クラス C2-3(12.0km)2名出走
WC2,3を結合しての開催、係数計算での結果、2020金メダリスト杉浦佳子が2017年大会から4連勝。
[競技結果]
1 杉浦佳子 VC福岡エリート WC3 21:37.61 計算タイム:21:37.61
2 藤井美穂 楽天ソシオビジネス WC2 27:50.77 計算タイム:26:46.44

杉浦佳子がパラWC2-3全日本チャンピオンに ©JCF

男⼦ トライシクルクラスT2(12.0km)1名出走
MT2クラス1人での出走、福井万葉が29分12秒21で2018年、2019年に続いて優勝。
[競技結果]
1 福井万葉 バタフライ・エフェクト MT2      29:12.21

パラ男⼦トライシクルクラスT2は福井万葉が29分12秒21で2018年、2019年に続いて優勝 ©JCF
パラ男⼦トライシクルT2優勝の福井万葉 ©JCF

男⼦ ハンドサイクルクラス MH2-3(12.0km)2名出走
MH2の官野一彦が欠場のため、MH3の2人がスタート、田中祥隆が優勝。
[競技結果]
1 田中祥隆 アイ工務店 MH3 31:07.27
2 村田成謙 ベリサーブ MH3 43:32.68

パラ男⼦ハンドサイクルMH2-3は田中祥隆が優勝 ©JCF
パラMH3を制した田中祥隆 ©JCF

東京パラ自転車競技に川本、杉浦、藤井、藤田の4選手参戦

東京2020パラリンピックが2021年8月24日から9月5日まで開催され、自転車競技には日本勢4選手が参加する。8月25日から28日までトラックレースが静岡県の伊豆ベロドロームで、8月31日から9月3日までロードレースが静岡県の富士スピードウェイで行われる。

藤井美穂

日本代表選手

川本翔大
かわもとしょうた

川本翔大 ©2019 JCF

①1996.8.19
②170cm/63kg
③大和産業
④広島県
⑤トラック=500mタイムトライアル・個人パーシュート・チームスプリント、ロード=タイムトライアル、ロードレース
⑥リオパラ五輪
熱中していた野球から高校時代に自転車へ。抜群の運動能力で着実にステップアップする。片足切断のクラス。


杉浦佳子
すぎうらけいこ

杉浦佳子 ©日本パラサイクリング連盟

①1970.12.26
②155cm/48kg
③楽天ソシオビジネス
④静岡県
⑤トラック=500mタイムトライアル・個人パーシュート・チームスプリント、ロード=タイムトライアル、ロードレース ⑥初出場
2017年の世界選手権ロード・タイムトライアルの世界チャンピオン。高次脳機能障がいクラス。


藤井美穂
ふじいみほ

藤井美穂

①1994.10.31
②155cm/48kg
③楽天ソシオビジネス
④茨城県
⑤トラック=500mタイムトライアル・個人パーシュート、ロード=タイムトライアル、ロードレース
⑥初出場
走り高跳び1m39cmの日本記録保持者。2014年に陸上競技から自転車に転向。片足切断のクラス。


藤田征樹
ふじたまさき

世界チャンピオンのアルカンシエルを着用した藤田征樹

①1985.1.17
②170cm/63kg
③藤建設
④北海道
⑤トラック=500mタイムトライアル・個人パーシュート・チームスプリント、ロード=タイムトライアル、ロードレース
⑥北京パラ五輪、ロンドンパラ五輪、リオパラ五輪
2009トラック、2015ロードで世界王者に。パラリンピックでは銀4、銅2を獲得。両足切断のクラス。

①生年月日 ②身長/体重 ③所属 ④出身地 ⑤出場予定種目 ⑥パラ五輪代表歴

TOKYO2020パラリンピック自転車競技の放送予定

8月25日 NHK BS1 9:55〜15:05
8月26日 NHK BS1 9:55〜16:10
8月27日 NHK BS1 9:55〜10:45

●日本パラサイクリング連盟のホームページ

東京パラで金メダルが期待される杉浦佳子がVC福岡所属に

東京パラリンピックで金メダルを目指す障がい者自転車選手の杉浦佳子が、 国内レースではVC福岡の所属選手として参戦することになった。

杉浦佳子が2019パラ世界選手権個人タイムトライアルで銀メダル ©日本パラサイクリング連盟

「2019年夏の世界選手権以降、全くレースがない状況下、 パラリンピックに向けてレース感を養うため、実業団レースに参戦したいと考えておりました」と杉浦。
「VC福岡の佐藤信哉代表にコーチをしていただいて2回もアルカンシエルを獲得することができ、また同チームの八幡選手にもパーソナルコーチをお願いしている関係で、このチームに加入させていただくこととなりました」

女子パラサイクリングW杯で優勝した杉浦佳子 ©2019 JCF

●杉浦佳子の戦績
2017年 パラサイクリングロード世界選手権タイムトライアル 金メダル
2018年 パラサイクリング世界選手権ロードレース 金メダル
2018年 UCI Para-Cycling Award受賞(日本人初)
2019年 パラサイクリングトラック世界選手権500mTT 銀メダル
2019年 パラサイクリングロード世界選手権タイムトライアル 銀メダル
     同 ロードレース 銀メダル
2020年 パラサイクリングトラック世界選手権500mTT 銅メダル


「杉浦佳子選手の加入を大変うれしく思います」と佐藤代表。
「アスリートとして競技に向かう姿勢など、尊敬する選手の一人です。VC福岡はトップチームから育成に位置付けられるサテライトチーム、上は60代の社会人マスターズクラブ、ユースチームの小学生にいたるまで、幅広くロードレースに向き合うメンバーが在籍しており、そのメンバーに勇気を与えてくれる存在になることを確信しております。また、これを通してパラサイクリングという障がい者スポーツにも興味を持って下さる方が増えることを願います」

●VC福岡のホームページ