パレパントルが開幕戦グランプリ・マルセイエーズで優勝

新型コロナウイルス感染拡大の状況下で、2021年の欧州ロードシーズンが開幕。1月31日にフランス南部で開幕レースとして知られるグランプリ・ラ・マルセイエーズが行われ、AG2Rシトロエンのオレリアン・パレパントル(フランス)が優勝した。

オレリアン・パレパントル(左)がグランプリ・ラ・マルセイエーズで初優勝 中央は2位のブライアン・コカール ©Fred Machabert / ypmedias.com

24歳のパレパントルは激しいゴールスプリント合戦で、ビタルコンセプトのブライアン・コカール(フランス)をわずかに制して、プロ初勝利を挙げた。

「厳しいレースだった。今日、私たちはチームとして大きな野望を持っていた。ゴール前で絶好の状況になったとき、まだその野望を実現できるとは思っていなかった。ゴールスプリントに加わって、この非常に特別なスプリントでなんとか勝つことができた」とパレパントル。

オレリアン・パレパントル ©Vincent Curutchet / AG2R CITROËN TEAM

「この開幕戦でプロ初優勝を果たしたのでうれしい。今日、グループはイーブンペースだった。チームは交代でアタックに出た。フランスのシクロクロス選手権でチームメートのクレモン・バントゥリーニが優勝した後、ロードシーズンをうまく開始することが重要だった。AG2Rシトロエンのためにいい働きができたと思う」

●グランプリ・ラ・マルセイエーズのホームページ

AG2Rシトロエンが2021シーズンのチームジャージを発表

バンサン・ラブニュが率いるフランスチーム、AG2Rシトロエンが2021年1月1日にスタートする新チームのジャージを発表した。

長年のタイトルパートナーであるAG2R(アージェードゥーゼル)ラモンディアルを継続しつつ、2021年からフランスの自動車メーカー、シトロエンがタイトル共同スポンサーとなった。この態勢は2025年まで継続していく予定だという。

「ジャージは前例のないコラボレーションを体現し、チームの歴史の中で新しい章の最初のページを開く」とラブニュ氏。

「AG2Rシトロエンのジャージをデザインする際に、サイクリングウエアとしてその2つの主要パートナーをどう置くかが課題だった。複数のブランドの組み合わせでは定義されていないが、茶色のビブパンツと組み合わせた白いジャージという印象的なアイデンティティを維持した。グラフィックコラボレーションが5カ月かかった。強力なグラフィックは集団の中でもユニークで目立つだろう。スポンサーパートナーを団結させ、同盟とする大胆さと大きな野心の共有感覚を示す理想的なできあがりだ」

●AG2Rラモンディアルのホームページ