女子Qリーグのリーダージャージと対象レースが発表

新設立された女子のクイーン・リーグ(Qリーグ)とジュニアのニ ュー・エイジ・リーグ(Nリーグ)の選手登録受け付けが4月1日より開始される。リーグ最大の目玉であるリーダージャージと表彰の協賛、リーグポイントを獲得できる加盟レースも続々と決まっている。

Qリーグのポイントリーダーが着用するビオレーサー製アメシストジャージ

東京五輪の延期が決定したという厳しい現況だが、未来の希望を繋げられる女子とジュニアたちが活躍できるよう「自転車レースでさらなる活躍を期待できる逸材を日本から!」という趣旨でスタートした。協賛各社や加盟レース主催者とともに、女子QリーグとジュニアNリーグを通じて日本自転車界の先見の明を世界に広く示していきたいという。

選手登録を4月1日から開始

女子の高校生以上を対象としたリーグ「クイーン・リーグ(Qリーグ)」、 男子中学生と高校生を対象 としたジュニアリーグ「ニュー・エイジ・リーグ(Nリーグ)」の選手登録を4月1日(水)午後12時より下記サイトで受付開始。
●Qリーグ・Nリーグ公式ホームページ(受付画面は下にスクロールして、リーグ登録入力WEBアドレスをクリック)

登録のための条件(詳細は登録専用フォームや公式ホームページ確認)
*女子リーグ「クイーン・リーグ(Q リーグ)」登録条件
自転車レースに参加できる高校生以上の女子
Qリーグのカテゴリー区分:女子は高校生からマスターズに出場しない選手が対象、上級中級対象のW1・それ以外のW2の2カテゴリーとする。
※Qリーグのポイントランキング結果に応じて付与するポイントリーダージャージ「アメシストジャージ」の獲得対象カテゴリーは「W1」のみとなり、W2 はランキングの管理のみ。

*ジュニアリーグ「ニュー・エイジ・リーグ(N リーグ)」登録条件
自転車レースに参加できる男子中学生と高校生/女子中学生
※N リーグのポイントランキング結果に応じて付与するポイントリーダージャージ「バトルマリンジャージ」の 獲得対象カテゴリーは「J1」と「J2」になるが、女子中学生についてはランキング管理のみ。
Nリーグのカテゴリー区分:Nリーグジュニアは小学生から中学生、高校生の選手が対象、および女子ジュニアのJW(中学生女子の参加があれば、J1と同時スタートで別途表彰)

Nリーグのポイントリーダーが着用するビオレーサー製バトルマリンジャージ

<ジュニア選手への重要事項>
ジュニアギア比規制について:J1(中学生)選手はクランク1回転で進む距離が6.10m、J2(高校生)選手は7.01m以下のギヤ比規制をおこないます。フィニッシュ後、上位10名程度の選手のギア比チェックをおこないます。違反の場合は失格とし、下位の選手の順位を繰り上げます。
※変速機のアジャストボルトによるギヤ比制限の対応は認めます。Nリーグの「ジュニアギア規制」については、リーグ初年度より対応を開始することに抵抗があるジュニア選 手もいるかもしれません。しかし、⻑く自転車を楽しんで怪我なく安⼼安全に乗ってもらうための重要な対応ですので、ご理解のうえ、お手数ですがご準備いただきたいと思います。また、リーグからもジュニアギア比の詳細や、その対応のためのインフォメーションをリーグ速報ブログやSNS、そしてパンフレットの作成と配布を通じて広く発信していきますので、この機会に「将来を見すえた重要事項」として各ジュニア選手や関わっていただく保護者の方やコーチ、監督などにもご理解を賜りたいと思います。
そして、女子については走力によりカテゴリーを2つとして、上級と中級選手を対象したカテゴリー「W1」 にリーダージャージ「アメシストジャージ」、ジュニアについては、中学生「J1」と高校生「J2」のそれぞれのカテゴリーにリーダージャージ「バトルマリンジャージ」を授与。同時にリーグポイントリーダー表彰協賛社が提供する副賞も授与。

ビオレーサーがポイントリーダージャージ協賛

リーグの目玉となるポイントリーダージャージのQリーグ「アメシストジャージ」そしてNリーグ「バトルマリンジャージ」の協賛が「BIORACER(クランノート)」に決定いたした。

ポイントリーダージャージ授与式で、上記のリーダージャージとともに授与される副賞は、「隼(アスリチューン)」「アミックグループ(スポーツ化粧品アスリート X)」「武田レッグウェアー(R×L ソックス)」が協賛。

Qリーグ・Nリーグ加盟レース

サイクルロードレース協会(CRRA)東日本事務局:主催「チャレンジリーグ」大会より下記の4大会
2020年5月6日(水・祝):春のしもふさクリテリウム
2020年7月18日(土):そでがうらサマーサイクルロードフェスタ
2020年9月22日(火・祝):秋のしもふさクリテリウム
2020年11月28日(土):ウィンターサイクルマラソン in そでがうら

株式会社ウォークライド:主催「大磯クリテリウム」大会
2020年秋以降に開催予定の各加盟レースとなる対象大会は、決定次第発表

JCRC:主催大会
2020年9月20日(日)JCRC 特別戦 in 下総運動公園
2020年12月6日(日)JCRC 特別戦 in 下総運動公園

栂池ヒルクライム:主催=つがいけサイクル実行委員会
2020年6月7日(日)第31回つがいけサイクルクラシック 2020:⻑野県北安曇郡小⾕村栂池高原

<各レースでのリーグランキング順位処理方法とポイントリーダー表彰について>

・各リーグ加盟レースでQリーグ対象の女子「W1(上級・中級の女子)」「W2(W1以外の女子)」およびNリーグ対象のジュニア「J1(中学生男子)」と「J2(高校生男子)」については、それぞれ出場したカテゴリー内での総合順位から、リーグ登録選手のみピックアップし、リーグのポイント表に準じたポイントをリーグ選手ごとに付与し計算処理し、決定次第その場で発表をおこなう。

・各レースでの結果により最新ランキングでトップとなったQリーグ対象の女子「W1(上級・中級の女子)」にはアメシストジャージ、Nリーグ対象のジュニア「J1(中学生男子)」と「J2(高校生男子)」にはそれぞれにニューエイジジャージの授与式を、各出場したカテゴリーの表彰後におこなう。表彰ではリーダージャージの授与とともに、リーグ協賛社提供の副賞を授与。さらに表彰後には、授与されたポイントリーダー選手にインタビューと写真撮影をおこなう。

・なお各レース後にはリーグ公式ホームページやブログなどに、レース結果とともにQリーグおよびNリーグ のポイントランキングの発表、そして各ポイントリーダー選手のインタビューを掲載。

オマケじゃない! 女子をメインにしたQリーグ始動

日本国内で走る女子選手を対象とした「Q(クイーン)リーグ」、中学生や高校生といったジュニア選手の「N(ニューエイジ)リーグ」が2020年にスタートする。ポイント制でランキング化して、首位選手にはリーダージャージが与えられる。運営や審判にも多くの女性を起用していく構想があり、女性ならではの細やかなレース運営を目指していく。

エリート女子ロードのスタート © Innsbruck-Tirol 2018 / BettiniPhoto

華やかな女子クラスをメインレースに

女子とジュニアを対象とした新リーグ制度。ランキングによってどんな選手が活躍しているか、だれがレースに一生懸命取り組んでいるかなどを一目で分かるようにするのがねらいだという。

国内各地で週末ごとに多くの自転車レースが開催されているが、18歳以上の男子選手エリートクラスが大会の中心。女子やジュニア選手が出場できるレースは参加選手が少ないこともあり、いわゆる「オマケ扱い」の状況が長く続いている。運営において参加費収入が見込めないことや、広報活動が少なく注目してもらえないことが原因だ。

一方で女子にはレースを華やかにする効果、そしてジュニアにはフレッシュなイメージがある。男子エリートとは一味違う「自転車レースの面白さ」を備えている。

これまで女子ランキング制度の企画や女子チーム運営をしてきた須藤むつみさんが、そういった蓄積をつぎ込んで2つのリーグを始動させた。ランキングを見ればだれが強いのか、自分がどのぐらいの位置にいるのかが分かるとともに、自転車レースを楽しむ層の拡大、自転車強化や育成に関わる人の参考資料にも活用できると考えた。

最初の年はロードレースの運営が中心となるが、将来はトラックやシクロクロス、マウンテンバイクなどの種目をリーグ対象大会として増やしていきたいという。また、運営側や審判員にも女性に多く関わってもらい、女性ならではの細やかなレース運営も実施していきたいという。

エリート女子ロードのスタート © Benjamin Hundsbichler

リーグ発足を広く知ってもらうためにプレ大会を3月20日に千葉県成田市の下総フレンドリーパークで開催する。大会参加や観戦を通して、新リーグに注目してもらうためだ。当日は男子マスターズロードレース、2時間耐久も開催されるが、国内では単独開催の難しい女子とジュニアクラスのレースをメインとして実施。十分なレース距離が設定でき、同じクラスの選手たちと直接対決することで明確な目標を持ってもらうことに意義があるという。

トレーニングの蓄積により均整の取れたボディをもつ女性選手はとても魅力的だ。持久系スポーツだから脚が太くなることはないので、ぜひ参加を。あるいは知り合いの女性を誘ってみよう。

リーグ実行委員会事務局の須藤むつみ代表
女子およびジュニア選手の強化・育成を目的とし、さらなる女子とジュニア選手の自転車レース出場機会を促すことで、女子やジュニアだけで単独スタートできるレースを数多く実現したい。本来の「ロードレース」を戦い、勝ち抜く日本女子選手と日本ジュニア選手を応援するために立ち上げたシリーズ制度です。
レースに「華」として咲くことは、選手だけの努力だけでは足らないこともあります。新リーグのランキング制度を通じて、日本の自転車選手の可能性と将来性をさらに発展させたいと考えています。

リーダージャージー

Qリーグの個人ポイントランキング首位選手には「アメジストジャージ」、Nリーグでは「バトルマリンジャージ」が与えられる。

●Qリーグの公式ホームページ