中林凌大がチャンピオンシップ初優勝…2022JBMXF大東建託シリーズ広島

一般社団法人全日本BMX連盟(JBMXF)が主催し、日本自転車競技連盟(JCF)の公認大会である2022JBMXF大東建託シリーズ。第2戦が広島県安芸高田市の土師ダムBMX TRACKで開催された。男子の最高峰カテゴリーであるチャンピオンシップ男子で中林凌大(日本体育大)が同カテゴリー初優勝を果たした。

スタートからトップに立った中林凌大(#201)が追い上げる木内彪凱(#221)をフィニッシュま で押えきりチャンピオンシップカテゴリー初優勝を達成。3位には第1コーナーでの争いを制した島田壮が入った

チャンピオンシップ男子

ジュニアとエリートの選手で争われるチャンピオンシップカテゴリー。男子はベテランから若 手までの13名がエントリーした。予選がスタートするタイミングで雨が降り出し、ウェットコ ンディションのなかでレースが行われた。

3回予選を走行した総合成績により勝ち上がった8名のライダーによる決勝。2020-2021シーズン総合王者の中林がスタートから飛び出し、2位のポジションから木内彪凱(モトクロスインターナショナル)が追って第1コーナーに進入する展開。

3位争いは第1コーナーをイン側から仕掛けた島田壮(S PRO BMX CLUB)に対し、アウト側から進入した島比加瑠(日本体育大)らが押し出される格好となり、後続の選手も含めたクラッシュが発生した。

トップ争いに影響はなく、追い上げる木内を押えきった中林が首位でフィニッシュラインを 通過した。2位には木内、3位には島田壮が入った。

優勝中林凌大(日本体育大)、2位木内彪凱(モトクロスインターナショナル)、 3位島田壮(S PRO BMX CLUB)

2020-2021シリーズでは総合チャンピオンを獲得した中林だが、コンスタントにポイントを積み重ねたもので、チャンピオンシップではこの大会が初優勝だった。2位の木内と3位の島田は今季よりジュニアカテゴリーの年齢となった選手で、この大会がJBMXF大東建託シリーズのチャンピオンシップカテゴリー初参戦だった。最高峰カテゴリーデビュー戦で表彰台に上り、若手選手の注目株として名乗りをあげた格好だ。

優勝した中林凌大のコメント
広島のコースは得意としていて相性のいいコース。今回は雨のなかのレースで難しさもあった が、チャンピオンシップで初めての優勝を広島で達成することができてうれしかった。決勝のスタートでトップに出られたので、自分の走りに集中してフィニッシュすることを心がけた。予選では転倒もあったが、滑りやすいコースであることなど、決勝に向けて状況を的確に判断できるプラスの材料とすることができた。

チャンピオンシップ女子は酒井亜樹が開幕戦から2連勝

開幕戦を制した酒井亜樹(#201)が野村凪との争いを制して2連勝を達成した

3名の選手による3レースの合計で争われたチャンピオンシップ女子。開幕戦を制した酒井亜樹(deux roues elite team)と野村凪沙(Ace Race Australia Factory Team)が毎レーストッ プ争いを繰り広げた。1レース目をトップフィニッシュの酒井に対し、2レース目は野村がフィ ニッシュ手前で酒井の前に出て、お互い一歩も譲らない展開で3レース目へと進んだ。

3レース 目は酒井がトップでレースを進め、野村が最終コーナーで仕掛けるものの届かず酒井が開幕戦から2連勝を達成した。3位には今季初参戦の早川優衣(立命館大)が入った。

優勝酒井亜樹(deux roues elite team)、2位 野村凪沙(Ace Race Australia Factory Team)、3位早川優衣(立命館大)

最年少の5〜6歳からレジェンドライダーまでが熱戦を展開

チャンピオンシップのトップカテゴリーだけでなく、未来のトップライダーを目指すキッズも 活躍するのがBMXレーシングだ。最年少カテゴリーはボーイズでは5〜6歳、ガールズは5〜8歳を設定。細かな年齢設定により、同世代で切磋琢磨しながらレベルアップできる環境が構築されている。

ガールズ5〜8歳優勝の小泉千紗(#4)
ボーイズ5〜6歳では山本維心(#85)が優勝

また第一線を退いた、かつてのトップライダーも活躍する舞台も用意されている。年⻑者向け として30歳オーバーのほか、24インチの車輪を使用したクルーザーで40歳オーバーを設定。 さらに30歳以上の上級者にはマスターズカテゴリーが用意され、さまざまなライダーが自らのレベルに合わせたレースに打ち込むことができる。

男子30歳オーバーは島田忠彦(#202)が優勝
マスターズは昨シーズンまでチャンピオンシップに出場していた野村敏且(#150)が優勝
クルーザー男子40歳オーバーは北川大介(#1)が今大会最年⻑56歳の鶴田聖二(#23)との争いを制して優勝

丹野夏波がBMXレーシングワールドカップ第2戦U23で3位表彰台

BMXレーシング種目ワールドカップシリーズ第2戦が5月29日に英国のグラスゴーで開催され、丹野夏波(早稲田大)が女子U23カテゴリーで3位になった。

丹野夏波 ©日本自転車競技連盟

Under23女子で丹野3位、籔田寿衣7位

予選1本で通過を逃した丹野は、敗者復活戦であるLast Chance Qualifyへとまわったものの、その後は順調に勝ち上がり、籔田寿衣(大阪体育大)とともに決勝へ進出。決勝では、2位で第1コーナーを立ち上がり先頭の選手を追いかけるものの、フィニッシュ直前最後のジャンプで失速。僅差ではあったものの、0.035秒交わされ3位でフィニッシュ。

前日5位に入っている籔田は、第1コーナーでラインを塞がれ、後方から追いかける形となったが、順位を上げることができず7位で終えた。

2022年BMXレーシング ワールドカップ第2戦の女子Under23で丹野夏波(右)が3位 ©日本自転車競技連盟

丹野夏波のコメント
「前日は準決勝敗退、今日も1日苦しいレースが続いていましたが、最後はなんとか表彰台に上がれてホッとしています。 フィジカル面が問われる苦手なコースで、最後も1人抜かされてしまいましたが、改善してきた点も結果 に現れてきてうれしかったです。 次回の第3−4戦オランダ大会でも、継続的に表彰台に登れるよう調整していきます。日本からの応援、ありがとうございました」

<大会結果 女子 Under23>
優勝:BURFORD Thalya (スイス)
2位:GOMMERS Aiko (ベルギー)
3位:丹野夏波(早稲田大)
7位:籔田寿衣(大阪体育大)

籔田寿衣(左) ©日本自転車競技連盟

Under23男子で中井飛馬は47位、増田優一52位

前日は準々決勝敗退となった中井飛馬は、第2戦でも終始リズムをつかむことができず、1/8決勝で転倒し47 位でレースを終えた。転倒よる大きな怪我はなく、2週間後に控えたワールドカップ第3戦に準備を進める。同カテゴリーに出場した増田優一は、1/8 決勝で上位を走行するも、前方の選手と接触しコースアウト、次のラウンドへ勝ち進むことはできなかった。

中井飛馬(右から2番目) ©日本自転車競技連盟

中井飛馬のコメント
「今週末はヨーロッパ特有のコーススタイルに終始対応できずに、悔しいレースとなりました。来週から第3−4戦の会場であるオランダに移動するので、しっかりと乗り込んでレースに繋げたいと思っています。

<大会結果 男子 Under23>
優勝:BEARMAN Rico (ニュージーランド)
2位:GAROYAN Leo (フランス)
3位:LUI HIN TSAN Tatyan (フランス)
47位:中井飛馬(日本体育大)
52位:増田優一(大阪体育大)

エリート女子の畠山紗英は途中クラッシュ

前日の第1戦は準決勝に敗退となった畠山紗英は、準決勝を東京オリンピック金メダリストで地元のSHRIEVER Bethanyと、前日準優勝で日々のトレーニングパートナーでもあるCLAESSENS Zoeに続いて3位で通過し、決勝へ進出。アウトコースからのスタートとなった畠山は、最初のジャンプでバランスを崩し着地クラッシュ。結果は8位となった。

畠山紗英(右) ©日本自転車競技連盟

畠山紗英のコメント
「前日は悔しい結果だったので、決勝に進めたことはよかったですが、決勝でのパフォーマンス発揮に課題が残りもどかしい気持ちです。転んだ際に足首を痛めてしまったので、メディカルチェックをし状況がよければ、2週間後の第3−4戦大会に調整していきたいと思います。次の開催地オランダは好きなコースなので、楽しみにしています。たくさんの応援、ありがとうございました」

<大会結果 女子エリート>
優勝:SMULDERS Laura (オランダ)
2位:SHRIEVER Bethany (英国)
3位:榊原爽(オーストラリア)
10位:畠山紗英

中村輪夢がUCI BMXフリースタイルワールドカップでパーク2連覇

2022年UCI BMXフリースタイルワールドカップシリーズ第1戦の男子フリースタイル・パークで中村輪夢が2連覇 ©JFBF

中村輪夢がUCI BMXフリースタイルワールドカップでパーク2連覇

UCI BMXフリースタイルワールドカップがフランスのモンペリエで開催され、5⽉29⽇の決勝戦で中村輪夢(ウイングアーク 1st)がパーク優勝、フラットランドで早川起⽣が優勝した。

2022年UCI BMXフリースタイルワールドカップシリーズ第1戦の男子フリースタイル・パークで中村輪夢が2連覇 ©JFBF

ワールドカップシリーズは、今回が2022年の開幕戦で、約2年半ぶりの開催となった。中村はBMXフリースタイルワールドカップ2連勝。

BMXフリースタイル・パークはエントリー79名、うち決勝進出は予選・準決勝を勝ち抜いた12名(うち1名DNS)で決勝が⾏われた。世界的に技のレベルが⼤きく上がる中、5⽉28⽇に⾏われた準決勝から決勝さながらの⽩熱した戦いが繰り広げられていた。

準決勝で中村は、1ラン⽬のミスで追い込まれるも、2ラン⽬でしっかりリカバリーして4位で通過。5⽉29⽇の決勝では1本⽬から今⼤会初出しの「360 テールウィップ to テールウィップ」などビッグトリックを連発。ノーミスで⾛り切り95.30を叩き出し暫定1位に⽴った。

その後、東京五輪⾦メダリストのローガン・マーティン(オーストラリア)やアンソニー・ジャンジャン(フランス)などがそれぞれ圧巻のライディングを披露するもの、最終的には中村が1ラン⽬のポイントを守り切り優勝に輝いた。

中村の優勝は2019年11⽉の中国ワールドカップ以来2度⽬で、UCIワール ドシリーズ2連覇を果たした。

中村輪夢 ©Garth Milan/Red Bull Content Pool

中村輪夢のコメント
「久しぶりに国際⼤会で優勝できて最⾼の気分。今⼤会は、今までの⼤会で⼀番レベルが⾼いと感じた。 ローガンも他の選⼿もいい⾛りをしていたが、その中で⾃分が勝てたことで、今までやってきたことが間違っていなかったと感じることができた。360 テールウィップ to テールウィップは、以前からできていた技だが、今回準決勝でも評価が⾼かったので決勝でも出した。久しぶりに全部⾛り切れてよかった。ワールドカップはまだ始まったばかりなので、今後もいい順位が取れるように頑張ります」

BMX フリースタイル・パーク
優勝=中村輪夢(なかむらりむ / 20 歳 / 京都市 / ウイングアーク 1st 所属)

フラットランド男⼦は早川起⽣が初優勝、⽇本が史上初の表彰台独占

フラットランドの早川起⽣は4⽉に⾏われたX GAMES CHIBA 2022の⾦メダリスト。最も勢いのあるライダーで優勝候補の⼀⼈だった。BMXフラットランドはエントリー31名のうち、予選・準決勝をへて勝ち残った8名 で決勝を戦った。

決勝では、今⼤会のダークホースと⾔われた個⼈参加の荘司ゆうが3番⽬の出⾛でいきなり91.83ptをマークし勢いをつけると、その後、伊藤真⼈が88.83pt、佐々⽊元が90.00ptと荘司に続く⾼得点をマーク。早川の出番を前に、1位から3位を⽇本⼈が独占する状況に。

プレッシャーのかかる早川だったが、持ち前のトリックを惜しみなく出し切り、96.00ptで圧勝した。荘司が2位、ベテラン佐々⽊は3位で今回も表彰台に上がった。FISE WORLD SERIES で⽇本⼈が表彰台を独占するのは史上初。早川、荘司はともに20歳の若⼿ライダーで、今後の活躍に期待が集まる。

早川「初めてのコンテストで緊張もあり予選では7位と焦りもあったが、挽回し優勝できてよかった」
荘司「初めての表彰台、サイコーです!」
佐々⽊「弟⼦の荘司が⾼得点を出したとき、必ず表彰台でお前の隣に⽴つと約束した。路⾯との相性が悪く苦戦したが、約束を果たせてよかった」
伊藤「FISE で初めて決勝に進み、⾃⼰最⾼順位の4位につけることができてとてもうれしい」

BMX フラットランド
優勝=早川起⽣(はやかわきお / 20 歳 / ⻑岡市)初出場・初優勝
2位=荘司ゆう(しょうじゆう / 20 / 松⼾市) ⾃⼰最⾼
3位=佐々⽊元(ささきもと / 37 / 松⼾市 / 鎌ケ⾕巧業)
4位=伊藤真⼈(いとう まさと / 31 / 川⻄市) ※⾃⼰最⾼

丹野夏波がBMXレーシングワールドカップ第2戦U23で3位表彰台

丹野夏波 ©日本自転車競技連盟

ジャパンカップBMXで増田優一と酒井亜樹が優勝

日本自転車競技連盟が主催するジャパンカップBMXレース2021、JOCジュニアオリンピックカップBMXレース2021が、大阪府堺市で開催された。

エリート男子 ©日本自転車競技連盟、我満直紀

BMXレース種目としては初開催となるジャパンカップとJOCジュニアオリンピックカップが、2020年全日本選手権大会を誘致した大阪府堺市大泉緑地内サイクルどろんこ広場で開催された。2つの大会が同時開催となった。

1つはエリートやジュニアのチャンピオンシップカテゴリー をはじめとする17歳以上の選手を対象としたToyo TiresジャパンカップBMXレース2021。国内トップカテゴリーへ全日本選手権大会に続く新たなタイトルに位置づけての開催だ。大会会場では、決勝前のラウンドガールや、選手紹介時はスモークを使用した特殊効果演出など、BMXレーシング種目のエンターテイメント化を目指し、選手が活躍できる会場づくりを目指した。

ジュニア男子 ©日本自転車競技連盟、我満直紀

全国から男女150名が参加したもう一つの大会、JOCジュニアオリンピックカップBMXレース 2021は、男女5歳から16歳までのチャレンジカテゴリーを対象とし、ジャパンカップ同様に新たな目標となる大会の提供を目的としている。国際大会をイメージした会場づくりとなったジャパンカップと同会場で実施することで、海外大会でもものおじせず選手の輩出も大会開催の大きなポイント。キッズ・ユース層の選手に憧れの舞台を国内で経験することで、競技レベル向上をはかる。

エリート女子 ©日本自転車競技連盟、我満直紀

増田優一が男子エリートで完全優勝

合計エントリー数が8名だったため、3レースの合計ポイントで争われた男子エリートクラス。 全てのレースがリザルトヘ反映されるため、決勝1本の勝負とは違った緊張感の中、地元大阪の増田優一が3レース全てを1位でフィニッシュ。ジャパンカップ最初の勝者となった。

2021年の全日本選手権大会でトップを走行中に転倒し、悔しい結果となった吉井康平が2位、3位には2020年のジュニア全日本チャンピオンである島比加瑠が入った。

増田優一のコメント
「3レースともパーフェクトな走りには届きませんでしたが、ホームコースでもあり、負けられないプレッシャーの中、シーズン最終レースを優勝で終えられたことはうれしいです。また、毎日練習しているコースが、ジャパンカップ仕様のカッコいい会場に装飾された中、たくさん の観客のみなさんの前でレースができて、いつも以上に気持ちが盛り上がりました」

ジャパンカップ優勝者 ©日本自転車競技連盟、我満直紀

女子エリートは酒井亜樹、ジュニアは西村寧々花

女子はエリートとジュニアが混走で開催され、エリートは全日本選手権で優勝した地元の酒井亜樹が、決勝でもスタートからトップを守り抜き優勝、今シーズンの全ての国内タイトルを獲得した。10月に開催されたワールドカップシリーズU23クラスで優勝を収めた籔田寿衣と丹野夏波が、それぞれ2−3位となった。ジュニアは酒井同様に今シーズンの全ての国内レースにおいて優勝を収めている西村寧々花が、エリ ート混走でも3位に入る走りでジュニアクラスを優勝した。

酒井亜樹のコメント
「10月のワールドカップを終えてから、気持ちを切り替えて今大会に臨みました。レース中も最後まで強い気持ちを持って走りきれたので、シーズンを優勝で終えることができてホッとしています。サポートいただいたスポンサーはじめ、コーチ、応援いただいたみなさんに、1年間通してレース活動ができたことに感謝しています」

西村寧々花のコメント
「今大会も優勝でき、国内では負けなしでこられたことはうれしく思います。しかし目標はエリートクラスの選手も含めての優勝なので、来シーズンもジュニアクラスですが、全体でもトップを目指して世界選手権大会でのいい成績に繋がるステップとしたいです。たくさんの応援、ありがとうございました」

エリート男子 ©日本自転車競技連盟、我満直紀

男子ジュニアは長嶋凌

5名のエントリーで争われた男子ジュニアは、毎レース順位の入れ替えが多かった中、安定した走りで3レースともに1位でゴールした長嶋凌が、自身初となる国内主要大会での優勝を獲得した。ジュニア全日本チャンピオンの坂望加は、怪我の影響もあり4位で今シーズンを終えた。

長嶋凌のコメント
「全日本選手権大会では最終ヒートで転倒し優勝を逃して悔しい思いをしました。今大会では全てのレースをまとめられ、ジャパンカップ最初のチャンピオンになれたことはうれしい気持ちでいっぱいです。シーズンを通してたくさん成長を感じることができたので、来シーズンからはエリートクラスに向けて、これからのオフシーズンもトレーニングに励みたいと思います」

大会リザルト
男子エリート
優勝:増田優一(大阪体育大)
2位:吉井康平(フォスター電機)
3位:島比加瑠(日本体育大)

女子エリート
優勝:酒井亜樹(DEUX ROUES ELITE TEAM)
2位:籔田寿衣(大阪体育大)
3位:丹野夏波(早稲田大)

男子ジュニア
優勝:長嶋凌(Pure japan)
2位:早川敦哉(NoLogo Racing Japan)
3位:根本康佑(水戸啓明高)

女子ジュニア
優勝:西村寧々花(GAN TRIGGER)
2位:野村凪沙(Ace Race Australia)
3位:岡本彩桜(バンピーパス)

ジュニアオリンピックカップ ©日本自転車競技連盟、我満直紀
ジュニアオリンピックカップ ©日本自転車競技連盟、我満直紀

吉井康平がシーズン初勝利、JBMXF年間王座は中林凌大

一般社団法人全日本BMX連盟(JBMXF)が主催する日本自転車競技連盟(JCF)公認大会の 2020-2021JBMXF大東建託シリーズ第4戦が、茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園BMXコースで開催された。新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年と2021年を統合して実施した2年にわたるシーズンも最終戦。チャンピオンシップ男子は吉井康平が貫禄の走りで今シーズン初勝利を達成。年間ランキングも発表され、中林凌大が初のタイトルを手にしたほか、6名のシリーズチャンピオンが誕生した。

好スタートからトップでプロセクションを通過した中林凌大(217)に対し、吉井康平(55)は次のコーナーで仕掛けるためのライン取りでレースを進めた

チャンピオンシップ男子は若手中林をベテラン吉井が逆転

最高峰カテゴリーのチャンピオンシップ男子決勝は、成長著しい若手選手でランキング2位に付ける中林が好スタートからレースをリードし、後方からベテランの吉井が追う展開。大きなジャンプが連続するプロセクションを中林がトップで通過するも、次のコーナーで吉井がインに入り、その後のストレートで逆転。最終コーナーをトップで通過した吉井が2016年以来の勝利を手にした。2位にはフィニッシュライン手前で中林を逆転した深川匠が入った。

プロセクション後のコーナーでインに入る吉井康平(55)。この後のストレート区間で中林の前に出て、トップでフィニ ッシュした

吉井康平のコメント
今シーズンは優勝まであと一歩の結果が続いていて、ようやく勝つことができた。中林選手にスタートを先行されたが、このコースはコーナーが大きいため、後方からでもチャンスがあると考えていた。プロセクション後と最終、2つのコーナ ーを使って前に出る作戦で落ち着いた走りを心がけた。最終コーナー手前で中林選手のラインを塞いだときに勝利を確信した。来シーズンも全力で盛り上げる走りをしていきたい。

2016年以来の優勝に喜びを爆発させた吉井康平
優勝の吉井康平を中央に左が2位深川匠、右が3位中林凌大

浅見渚がチャンピオンシップ女子、ガールズ15歳オーバーで3連勝

チャンピオンシップ女子のエントリーが1名となったため、レースはガールズ15歳オーバーとの混走で行われた。格上のカテゴリーを相手に活躍したのは15歳オーバーの浅見渚。3ヒートの合計で争われるフォーマットで、浅見はチャンピオンシップの朝比奈綾香を抑え、すべてトップでフィニッシュした。規定により表彰はそれぞれ行われるため、チャンピオンシップ女子は朝比奈が優勝した。

3ヒートすべてで15歳オーバークラスの浅見渚がトップでフィニッシュした
ガールズ15歳オーバー優勝の浅見渚(右)、2 位山口雛
チャンピオンシップ女子優勝は朝比奈綾香

チャンピオンシップ&チャレンジ年間表彰

表彰式終了後に2020-2021シーズンのランキング発表と表彰が行われた。表彰対象はチャンピオンシップ男女のほか、年齢別のチャレンジカテゴリー。チャレンジは年齢別の枠を超え、最もポイントを獲得した選手の総合ランキングで、20インチおよび、24インチホイールを使用するクルーザーがそれぞれ対象となる。各カテゴリートップの選手に記念品のゴールドプレートが贈られた。チャンピオンシップには賞金、チャレンジにはトロフィーが贈呈された。

左より澤田茉奈(チャレンジ女子/ガールズ 11-12)、高崎成琉(チャレンジ男子/ボーイズ 9-10)、古家恵美(クル ーザー女子/クルーザーガールズ16アンダー)、北川大介(クルーザー男子/クルーザー男子40オーバー)

チャンピオンシップ男子は、前戦終了時に2位だった中林がこの大会で3位となり、逆転でシリーズチャンピオンを手にした。

2020-2021JBMXF大東建託シリーズチャンピオンシップ男子年間ランキング1位中林凌大、2位庄司佳真、3位深川匠、4位吉井康平、5位 増田優一、6位島比加瑠、7位早川敦哉、8位中井飛馬(増田、早川、中井は欠席)

2020-2021JBMXF 大東建託シリーズチャンピオンシップ

女子年間ランキングは1位 酒井亜樹、2位は同ポイントで瀬古遥加と早川優衣。1位の酒井が海外遠征後の隔離期間のため欠席したのをはじめ、対象者の出場がなかったため発表のみ。