ぐんまちゃんが群馬産⾃給率100%のすき焼きをPR

群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」が、東京・日本橋にある⽼舗すき焼き店「伊勢重」とコラボ。「すき焼き⾃給率100%」という同県の強みを生かして群馬産農産物の魅力を全国に発信していくことになった。

⽇本橋⼩伝⾺町にある和⽜すき焼き伊勢重に現れたぐんまちゃん。じつは「好き好き!すき焼き⼤使」としても活動し、「すき焼き」を通じて群馬県産のおいしさを全国に伝える活動「ぐんま・すき焼きアクション」をサポートしている。

豊かな⼤地の恵みにあふれた群⾺県は、全国でも評価の⾼い上質な⽜⾁や、こんにゃく、下仁⽥ネギなどがある。つまりすき焼きに入れる全ての⾷材が県内産でまかなえるのだという。

今回は日本橋の伊勢重とコラボ。群馬県産のワインを食前酒に、厳選上州和牛、下仁田ネギ、春菊、しらたき、卵、豆腐など群馬県産の食材でフルコースにした。ゆったりとくつろげる部屋で、これらを伝統の割下、炭火で熱した鉄鍋でいただく。

ぐんまちゃんは食べられないので記者がこれに代わって試食してみた。すき焼きの王道であるリブロースなど3つの部位が、伝統の技によるていねいな手切りによって薄く並べられている。肉をできるだけ細かく分け、薄いスジ1つにまで気を配るという。ていねいにとかれた卵に、熱した割下を滅妙の時間でくぐらせた群馬産和牛を口にする。

「うまい! これまで食べたすき焼きの中で一番うまい」と感じた。さらには長めに煮込んだ下仁田ネギは中心部がとろけそうなほどしっとりとして、甘さが口の中に広がる。宮内庁御用達という下仁田産しらたきも歯ごたえがあって格別。あー、おいしかった。