2019ジロ・デ・イタリアはボローニャ開幕…エミリアロマーニャでのコースが変則発表

2019年の第102回ジロ・デ・イタリアは5月11日にエミリアロマーニャ州都のボローニャで開幕することが、9月24日に同地で発表された。同州には第9、第10ステージも開催され、そのルートが変則的に発表された。

第1ステージと第9、10ステージのコースが発表された

大会初日は8.2kmの個人タイムトライアルが第1ステージとして行われ、丘の上に位置するサンルカ教会にゴールする。第2ステージはボローニャを出発して南に向かうことまでが今回は発表された。

9月24日にボローニャで記者発表が行われた © Massimo Paolone – LaPresse
5月11日の第1ステージはボローニャでの個人タイムトライアル
5月19日の第9ステージはリッチョーネからサンマリノまでの34.7km個人タイムトライアル

このエミリアロマーニャ州には5月19日の第9ステージで戻り、リッチョーネがスタート地点。2019年大会で唯一の外国となるサンマリノにゴールする距離34.7kmの個人タイムトライアルが行われる。ワイン畑の中を駆け抜けるコースとなる。

5月21日の第10ステージはラベンナからモデナまでの147km

休日明けの5月21日にはラベンナからモデナまでの距離147kmで第10ステージ。スプリンター向けの平たんコースとなる。22日には同州のカルぴをスタートして西に向かう。

ボローニャ開幕は2度目で、前回は25年前の1994年。第102大会は5月11日から6月3日まで。(日程は大会主催者の発表の通り。国際自転車競技連合のカレンダーでは5月11日から6月2日まで)

2018年の総合優勝者クリストファー・フルーム

ミッケル・ビヨルグが世界選手権U23タイムトライアル優勝

オーストリアのインスブルックで開催されている世界選手権ロードは9月24日、距離27.7kmでU23男子タイムトライアルが行われ、デンマークのミッケル・ビヨルグが32分31秒05のタイムで優勝した。平均時速は51.111km。

ミッケル・ビヨルグが世界選手権U23タイムトライアル優勝 © Innsbruck-Tirol 2018 / BettiniPhoto

2位は33秒47遅れでベルギーのブレント・バンモエル。3位は38秒30遅れでデンマークのマティアス・ノルグラード。

「今シーズンはすべてこの日のためにあった。1週間前に現地入りして、毎日コースを走ったのが勝因。レース中はとても調子がよかった。ボクの次のステップはロードレースで実力を示すことだ」とビヨルグ。

ミッケル・ビヨルグを中央に左が2位バンモエル、右が3位ノルグラード © Innsbruck-Tirol 2018 / BettiniPhoto

●世界選手権ロードの関連記事まとめ

Innsbruck-Tirol 2018 / BettiniPhoto

ロゼマライン・アマラーンがジュニア女子タイムトライアルで世界チャンピオンに

オーストリアのインスブルックで開催されている世界選手権ロードは9月24日、距離19.8kmでジュニア女子タイムトライアルが行われ、オランダのロゼマライン・アマラーンが27分02秒95のタイムで優勝した。平均時速は43.920km。

ロゼマライン・アマラーンがジュニア女子タイムトライアル優勝 © Innsbruck-Tirol 2018 / BettiniPhoto

2位は6秒80遅れでイタリアのカミッラ・アレッシオ。3位は17秒94遅れで英国のエリノール・バックステット。

ジュニア女子タイムトライアルでアルカンシエルを獲得したロゼマライン・アマラーン。左が2位のカミッラ・アレッシオ、右が3位のエリノール・バックステット © Innsbruck-Tirol 2018 / BettiniPhoto

●世界選手権ロードの関連記事まとめ

Innsbruck-Tirol 2018 / BettiniPhoto

エリア探索サイクリング「ライドハンターズin上野村」が11月24日初開催

エリア探索サイクリング「ライドハンターズin上野村」が11月24日(土)、群馬県上野村で初開催される。「その土地ならでは」を感じながら、旅行気分で楽しめるツール・ド・ニッポンシリーズとしても群馬県でのイベントは初めてとなる。

  
ライドハンターズとは地図上で指定されたスポットを巡り、制限時間内に獲得した総合得点を競うゲーム感覚のサイクリングイベント。スポット得点のほかにミッション得点(~で●●を食べる、~にいる■■さんを訪ねて一緒に写真を撮るなど)も多数設定されていて、脚力というよりは「よりこの地域を楽しんだ人」が有利になるといったルールになっている。

ライドハンターズin上野村
シリーズ ツールドニッポン2018 16thステージ上野村
開催場所:群馬県上野村
開催日:2018年11月24日(土)
申込期間:2018年9月18日(火)~2018年11月13日(火)
会場:上野村役場
募集定員:50組
表彰:獲得ポイント1~6位、各種フォト賞など
詳細はこちら
スタート時間(予定)ライドハンターズ:11:00~
主催:上野村、一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパン
共催:一般社団法人上野村産業情報センター
事務局:ツール・ド・ニッポン事務局
〒160-0011 東京都新宿区若葉1-4 四谷弘研ビル1F
TEL:03-3354-2300/FAX:03-3354-3901
お問い合わせフォーム

●関連コラム
山岳サイクリストの聖地、西上州・上野村を走ってみよう

ツール・ド・バニュワンギ・イジェンに3年連続でキナンが参戦

9月26日から29日まで、インドネシアで開催されるインターナショナル・ツール・ド・バニュワンギ・イジェン2018にキナンサイクリングの5選手が参戦する。9月中旬からインドネシア遠征を行っているキナンは、同国での遠征第2戦目としてこの大会に臨む。

ツール・ド・バニュワンギ・イジェンに参加するキナンの5選手

舞台となるのは、同国の主要都市が点在するジャワ島は最東部の東ジャワ州バニュワンギ。4ステージはいずれも、バニュワンギまたは近郊でレースが実施される。

この大会の注目ポイントは、UCIアジアツアー屈指の山岳ステージレースである点。第1、第4ステージが山頂フィニッシュに設定され、なかでも標高1880m、平均勾配13%の超級山岳イジェン山の頂上を目指す第4ステージは確実に総合成績を左右するクイーンステージとなる。また第2、第3ステージも、中盤から後半にかけてカテゴリー山岳などのアップダウンが待ち受けている。

今大会にはアジア・オセアニアから20チームがエントリー。日本籍のチームとしては唯一の参戦となるキナンは、山本元喜、マルコス・ガルシア、サルバドール・グアルディオラ、トマ・ルバ、新城雄大が出走。前戦のツール・ド・シアクと同じメンバーだが、平坦系のステージレースだったシアクとは対照的に、今大会は山岳系ステージレース。チームはクライマーを軸に戦っていくこととなる。

選手・スタッフは9月22日に前戦開催地のシアクからバニュワンギへと移動。ここまでの滞在期間中は、午前中に2時間程度のトレーニングライドを行っているほか、トラブルなく終日リラックスして時間を送っている。

キナンにとっては3年連続出場となるこの大会。初出場だった2016年は個人総合優勝、2017年は同6位がチーム最高成績と、確実に上位を押さえてきた。2018年はタイトル奪還を目指す。

インターナショナル・ツール・ド・バニュワンギ・イジェン2018(International Tour de Banyuwangi Ijen、UCIアジアツアー2.2)
9月26日 第1ステージ カンタール・ブパティ・バニュワンギ-ロウォ・バユ・ソングゴン 153.1km
9月27日 第2ステージ スタシウン・カリバル-カンタール・ブパティ・バニュワンギ 179.3km
9月28日 第3ステージ RTHマロン-カンタール・ブパティ・バニュワンギ 139.4km
9月29日 第4ステージ サロンガン,ペサンガラン-パルトゥディン,イジェン 127.2km

クイックステップフロアーズが世界選手権チームタイムトライアル優勝

ベルギーのクイックステップフロアーズが9月23日にオーストリアのインスブルックで開催された世界選手権ロード・男子チームタイムトライアルで優勝した。距離62.8kmを1時間07分25秒94で走破。平均時速は55.522km。

クイックステップフロアーズのゴールシーン © Davy Rietbergen/CV/BettiniPhoto

2位はオランダのサンウェブで18秒46遅れ。3位は米国のBMCで19秒55遅れ。

サンウェブは18秒46遅れの2位 © Innsbruck-Tirol 2018 / BettiniPhoto

ヒルクライムを走るカチューシャ・アルペシン © Innsbruck-Tirol 2018 / BettiniPhoto
クイックステップフロアーズが爆走する © Innsbruck-Tirol 2018 / BettiniPhoto

クイックステップフロアーズの優勝メンバーはカスパー・アスグリーン(デンマーク)、ローレンス・デプルス(ベルギー)、ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク)、イブ・ランパールト(ベルギー)、マキシミリアン・シャフマン(ドイツ)、ニキ・テルプストラ(オランダ)。

優勝はクイックステップフロアーズ。2位はサンウェブ、3位はBMC © Innsbruck-Tirol 2018 / BettiniPhoto

●世界選手権ロードの関連記事まとめ

ドイツのキャニオン・スラムが世界選手権チームタイムトライアル優勝

ドイツのキャニオン・スラムが9月23日にオーストリアのインスブルックで開催された世界選手権ロード・女子チームタイムトライアルで優勝した。距離54.5kmを1時間01分46秒6で走破。平均時速は52.544km。

キャニオン・スラムが女子チームタイムトライアルを制す © Innsbruck-Tirol 2018 / BettiniPhoto

2位は21秒09遅れでボエルスドルマン、3位は28秒67遅れでサンウェブ。

女子チームタイムトライアル優勝のキャニオン・スラム。2位はボエルスドルマン、3位はサンウェブ © Innsbruck-Tirol 2018 / BettiniPhoto

●世界選手権ロードの関連記事まとめ

世界チャンピオンに挑む…サガン、バルベルデ、S・イェーツ、アラフィリップ、ログリッチ

自転車ロードレースの世界チャンピオンを決める世界選手権ロードが9月23日にオーストリアのチロル地方にあるインスブルックで開幕する。合計12種目が行われ、最終日の30日にはエリート男子ロードが開催される。

チームタイムトライアルの練習をするボーラ・ハンスグローエ © Innsbruck-Tirol 2018 / Jan Hetfleisch

エリート男子ロードは距離258.5km。午前9時40分(日本時間午後4時40分)にスタートし、ゴール予定は午後4時50分(同午後11時50分)。

大会4連覇をねらうペテル・サガン(スロバキア)をはじめ、アレハンドロ・バルベルデ(スペイン)、サイモン・イェーツ(英国)、ジュリアン・アラフィリップ、ロマン・バルデ、ティボー・ピノ(以上フランス)、プリモシュ・ログリッチ(スロベニア)、ジャンニ・モスコンとビンチェンツォ・ニーバリ(イタリア)、ナイロ・キンタナとミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア)、ステーフェン・クライスバイク(オランダ)、ダニエル・マーティン(アイルランド)、ミハウ・クビアトコウスキー(ポーランド)、ティム・ワレンス(ベルギー)、中根英登(日本)らが出場する。

歓迎のあいさつをするインスブルックのゲオルグ・ウィッリ市長 © Innsbruck-Tirol 2018 / Franz Oss

男子チームタイムトライアルは23日(日)。距離62.8km。第1チームスタートは午後2時40分(日本時間午後9時40分)、最終チームのゴール予定は午後5時05分(翌日0時05分)。
前年優勝のサンウェブ(ドイツ)をはじめ17チームが出走。BMC(米国)、ミッチェルトン・スコット(オーストラリア)、ロットNLユンボ(オランダ)、クイックステップフロアーズ(ベルギー)、スカイ(英国)など。

© Innsbruck-Tirol 2018 / Jan Hetfleisch

男子タイムトライアルは26日(水)。距離52.5km。第1選手スタートは午後2時10分(日本時間午後9時10分)、最終選手のゴール予定は午後5時10分(翌日0時10分)。
前年優勝のトム・デュムラン(オランダ)、ローハン・デニス(オーストラリア)、ホナタン・カストロビエホ(スペイン)、ステファン・キュング(スイス)、ビクトール・カンペナールツ(ベルギー)、トニー・マルティン(ドイツ)、バシル・キリエンカ(ベラルーシ)、アレックス・ドーセット(英国)、ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク)、ジョーイ・ロスコフ(米国)ら。

© Innsbruck-Tirol 2018 / Jan Hetfleisch

●各レースの日程

世界選手権インスブルック・チロル大会が9月22日から30日まで開催