2019年緒戦ニュージーランドで中島康晴がステージ10位

KINAN Cycling Teamにとって2019年シーズン初戦となるニュージーランドサイクルクラシックが1月23日に開幕。第1ステージは132.5kmで争われ、中島康晴がチーム最上位の10位。2選手の逃げ切りを許したものの、連携面に収穫のあるレースとなり、次のステージに向けた手ごたえをつかんでいる。

ニュージーランドサイクルクラシック第1ステージ ©KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

今回で32回目を迎える同国唯一のUCI公認ステージレースは、例年スプリント向きの平坦コースが多く編成される。2019年も同様で、この第1ステージは北島中西部の街ケンブリッジをスタートして、67kmの周回コースをおおよそ2周。レミントンに設定されたフィニッシュを目指す。極端なアップダウンこそないものの、プロトンを分断する勢いの強風や、フィニッシュ手前400mで最終の左コーナーが待ち受けるテクニカルなレイアウトが選手たちを苦しめる可能性があると見られた。

このレースに臨むにあたり、チームは中島のほか、椿大志、大久保陣、山本大喜、トマ・ルバ、新城雄大の6選手を招集。まずこのステージでは、中島か大久保でスプリントにトライすることを見込みながら、レース展開や集団のムードなどを見ながら臨機応変に対応することを選手間で確認し合った。

そうして迎えたレースは、リアルスタートからはハイペース。予想通りの横風や道幅の狭い区間で地元チームを中心にスピードアップが繰り返され、たびたび集団内で中切れが発生。KINAN勢は集団でのポジションの上下はありつつも、冷静に速いペースに対応した。

しかし、22.5km地点に設定されたこの日1つ目の中間スプリントを前に発生した落車をきっかけに椿が足止め。一度は集団復帰を果たしたものの、特に風の強い区間で再びポジションを下げたこともあり、前方復帰が困難な状況となってしまう。2018年に負ったケガからの体調の回復途上であることも考慮し、ここで大事をとってリタイアすることとなった。

早い段階で1人失う形になったKINAN勢だが、集団に待機して次の展開へ備える。中間スプリントポイントを通過後に3人の逃げグループが形成され、さらに2人が追走する流れになったが、スプリントでのステージ争いを見据えてレースを進めていった。

2周目に入ると、ニュージーランド勢やオーストラリア勢が中心の集団コントロールにトマが加わり、チームとしてスプリントを狙っている意思を表示。残る4人も少しずつポジションアップ。1周目ほどの激しい出入りとはならなかったこともあり、強い風が吹く区間でも無理なく対処した。

スプリントを意識する集団の一方で、逃げの選手たちが快調に飛ばす。最大で約4分30秒だった集団とのタイム差は、残り20kmを切っても2分以上のリードをキープ。2人に絞られてからもペースを維持し、逃げ切りを濃厚にする。

結果的に逃げ切りが決まり、2選手のフィニッシュから1分以上開いてメイン集団がやってきた。KINAN勢はスプリントにトライした中島が最終コーナーを前方でクリア。上位争いに加わり、ステージ10位となった。

その他メンバーは、山本が32位、大久保が54位、トマが69位でいずれも集団内でフィニッシュ。レース後半に起きた集団落車を回避した新城は92位でレースを終えている。

日本とは季節が反対にあるニュージーランドは、いまがサイクルスポーツのハイシーズン。隣国のオーストラリア勢も含めて上々の仕上がりの選手・チームに対し、シーズン初戦のKINAN勢が挑んだレースとしてはまずまずの内容。選手たちは口々に最終局面での走り方に課題と収穫があったことを挙げていて、第2ステージ以降でそれらを試していく。

24日に行われる第2ステージは、ケンブリッジからレイク・カラピコまでの129km。スタート以降南東に針路をとり、80km地点付近から今度は北西へ。中盤と後半に3級山岳が控えるが、レース距離が短いこともありスピードレースになることが予想される。風次第ではレース展開に影響を及ぼすことも念頭に置いて走る必要がありそうだ。KINAN Cycling Teamは引き続き、スプリントでの上位進出を意識しつつ、レースを構築していくことになる。

中島康晴のコメント

中島康晴

「チームとして初めてのUCIオセアニアツアー参戦で、集団での走り方ひとつとってもアジアとは違うだろうと選手間で話し合っていた。だからこそ集団内での位置取りをしっかりして、スプリントを狙うという意思表示をしようと決めてレースに臨んだ。

横風が強く、シーズン初戦としてはハードなレースになったが、みんなで前方に位置取りをしてフィニッシュを目指した。トマが集団を引くなど、スプリントに向けた動きにチャレンジしたが、ハイシーズンのオセアニア勢に対峙するのは簡単ではなかった。

チームとしてスプリントでも勝負できることを示したいと思っていて、レース中に細かなアップダウンはあったが上手くクリアして最終局面へ向かうことができた。(大久保)陣とどちらでスプリント勝負に挑むかは、レース中に話し合って決めた。最終局面のレイアウトもあらかじめ研究して、しっかり連携して走ることができた。

シーズン初戦にしては冷静に走ることができたし、要所ではみんなで確認し合いながらレースを進められた。残りのステージにつながる1日になったと思う」

キナンが伝統のニュージーランドサイクルクラシックでアジアトップの真価発揮へ

国内外を転戦し5年目のシーズンを迎えるKINAN Cycling Team。2019年の幕開けは、南半球・ニュージーランドで迎える。1月23日に開幕するニュージーランドサイクルクラシック(UCIオセアニアツアー2.2)に参戦し、1年の好スタートを狙っていく。

ニュージーランドサイクルクラシックに参加するキナンチーム ©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

2019年で32回目を迎えるこの大会が行われるのは、同国北島中西部のワイカト地方。最大の都市であるオークランドから約150km南に位置するケンブリッジを拠点に、全5ステージ・総距離700.6kmで争われる。なお、同地は1月18日から20日まで、UCIトラックワールドカップが開催されていて、ニュージーランドにおけるサイクルスポーツの中心地の趣き。

例年、スピード感のあるハイレベルのレースが展開される傾向にあり、今回も4ステージは平坦コースにカテゴライズ。いずれもスプリント勝負となることが予想される。

一方で、第4ステージは2つの丘越えを経て、最後に待ち受けるマウンガカワ・ヒルの頂上フィニッシュを目指して一気の上り。最後の3kmは高低差にして200mを駆け上がるレイアウトとなっていて、総合争いにおける最重要ステージとの見方が強い。

KINAN Cycling Teamはシーズン初戦にあたり、椿大志、大久保陣、山本大喜、トマ・ルバ、中島康晴、新城雄大と、スピードレースへの対応力のある6選手をセレクト。スプリントで頼りになる大久保と中島を軸に、レース展開に合わせて逃げや集団内でのレース構築を椿、山本、新城が担う。そして、総合争いはトマを中心にトライ。いずれのステージでも勝負に加わることが計算できる布陣を敷き、上位進出を図っていく。

チームは21日に現地入りし、開幕前日にあたる22日は午前中に最終調整のトレーニングを実施。約2時間、レースコースの試走を兼ねてのライド。そして、午後にはチームプレゼンテーションに臨み、大会関係者や現地の人たちから歓迎を受けた。

なお、大会には5カ国から19チームがエントリー。過去の個人総合優勝者には、ロビー・マキュアン(オーストラリア、1995年優勝)のほか、現役のトップライダーであるジョージ・ベネット(ニュージーランド、現ユンボ・ヴィスマ所属、2011年優勝)などが名を連ねる、伝統と格式あるニュージーランド唯一のUCI公認ステージレース。KINAN Cycling Teamとっては初となるUCIオセアニアツアー参戦だが、2018年のUCIアジアツアーチームランキング1位であることが現地でも広く知られており、注目度も上昇中。その真価が、シーズン初戦から問われることになる。

23日に行われる第1ステージは、ケンブリッジからリーミントンまでの132.5km。スタート直後のニュートラル区間を経て、67kmの周回コースをおおよそ2周。フィニッシュ手前400mで最終の左コーナーが待っており、ここでのポジショニングやコーナーリングが勝負を分けることになりそうだ。レーススタートは、現地時間午前10時(日本時間午前6時)。フィニッシュは現地時間午後1時25分頃と見込まれている。

ニュージーランド サイクルクラシック(UCIオセアニアツアー2.2)
出場選手
椿大志(Hiroshi TSUBAKI)
大久保陣(Jin OKUBO)
山本大喜(Masaki YAMAMOTO)
トマ・ルバ(Thomas LEBAS)
中島康晴(Yasuharu NAKAJIMA)
新城雄大(Yudai ARASHIRO)

レーススケジュール
第1ステージ 1月23日
ケンブリッジ-カイパキ-ロトオランギ-レミントン 132.5km

第2ステージ 1月24日
ケンブリッジ-ロトオランギ-プケアトゥア-レイク・カラピロ 129km

第3ステージ 1月25日
テ・アワムトゥ-パラウェラ-ファレパパ・サウス-コラコヌイ-ファレパパ・サウス-コラコヌイ-ワイケリア-テ・カワ-ポクル-テ・アワムトゥ 152km

第4ステージ 1月26日
ケンブリッジ-プケモレモレ-リッチモンド・ダウンズ-ホビントン・ムービーセット-カラピロ・ロード-マウンガカワ・ヒル-テ・ミロ-マウンガカワ・ヒル 143.8km

第5ステージ 1月27日
ケンブリッジ・サーキット 143.3km

日本自転車競技連盟広報誌シクリスムエコーが大幅リニューアル

日本自転車競技連盟は、1950年(昭和25年)に創刊された日本自転車競技連盟の公式広報誌『シクリスムエコー』(旧名シクリズム・エコー)を2019年新春号より大幅ニューアルした。

日本自転車競技連盟の公式広報誌・シクリスムエコーが2019年新春号より大幅ニューアル

従来これまでは関係者向けの写真や記録を主とした報告書のような内容だったが、リニューアル後は“日本代表“や自転車全競技の情報に加え、選手や関係者のインタビューを掲載するなど、読み応えのあるコンテンツを盛り込み、コアな自転車ファンやロードバイク愛好家から自転車の知識を持たない一般の人まで、多くの人が楽しめ、自転車競技に興味を持ってもらえるような誌面作りを目指していく。

2019年4月にNo.231号、以降も年4回定期刊行の予定。“日本代表“や自転車全8競技の情報を中心に、東京五輪で66個のメダルが争われる自転車競技をPRしていく。

■発行予定部数…4万部
■配布場所(すべて無償配布)
・自転車関連イベント会場
・サイクルショップ
(全国ワイズロード各店、トレック直営店ほか)
・全国各競輪場
※詳細はシクリスムエコー公式Twitterで随時公表予定

■日本自転車競技連盟広報誌の歴史
1939年(昭和14年) 「自轉車」創刊
1950年「シクリズム・エコー」創刊
1992年「シクリスムエコー」No.1 創刊(名称変更)
2019年「シクリスムエコー」No230 (リニューアル)

温泉ライダーin加賀温泉郷 2019は6月1、2日に開催

「温泉ライダーin加賀温泉郷 2019」が6月1日(土)、2日(日)に石川県加賀市で開催され、参加者募集が始まった。同大会は2019年で8回目の開催となる自転車イベント。また、「ツール・ド・ニッポン」のひとつとして開催され、同大会は3rd ステージとなる。

山中・山代・片山津の3温泉からなる加賀温泉郷。レース前後は温泉でゆったり

6月1日(土)には2019年で4回目の実施となる「立杉ヒルクライム」、毎年好評の未就学児を対象としたランニングバイクレース「アローレカップ」

6月2日(日)には、第1回大会から開催の公道封鎖エンデューロレース「柴山4時間エンデューロ」を実施。

さらにキッズ向けのコンテンツとして「柴山ジュニアタイムトライアル」、自転車教室「ウィーラースクール」を実施する。

ロードバイクから前カゴつき一般車までさまざまなカテゴリーがある
エンデューロとヒルクライムの2競技がある
ペダルのないランニングバイクでゴールを目指して一心不乱に駆け抜ける「アローレカップ」

レースを楽しみ、温泉にゆったりつかって疲れをいやし、加賀のおいしい味覚が堪能できる石川県加賀市のおもてなしが詰まった、大人から子供までだれでも参加できる自転車イベント。

申し込み締め切りは5月8日(水)。

地元の食材をふんだんに使用したふるまいもうれしい

温泉ライダーin加賀温泉郷2019
■開催日:6月1日(土)、6月2日(日)
■会場:ホテルアローレ、山中温泉総湯菊の湯前広場(ヒルクライムのみ)
■種目:ヒルクライム、エンデューロ、キッズレース、ジュニアタイムトライアル
■主催:温泉ライダー in 加賀温泉郷実行委員会
■事務局:ツール・ド・ニッポン事務局(ルーツ・スポーツ・ジャパン内)
■大会Web

誰でもチャンスありの豪華表彰の数々!

通勤通学に特化したスポーツ車! ローラーブレーキや耐パンクタイヤ採用

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)日本総販売代理権を持つあさひは、2019年1月末より、通勤、通学に特化したスポーツ車として「MULTIWAY27.5」「MULTIWAY27/26」の販売を開始する。

通学にぴったりな機能性を兼ね備えたメンテナンス性抜群のスポーツ車

通勤、通学にスポーツ自転車を使用する方がますます増加する中、スポーツタイプならではのメンテナンスのわずらわしさ解消へのニーズも高まっている。ルイガノでは、通勤通学にぴったりな機能性を兼ね備えたメンテナンス性抜群のスポーツ車、MULTIWAY27.5、MULTIWAY 27/26を開発した。

MULTIWAY 27.5 MATT DARK ORANGE

MULTIWAY27.5は、”街中のあらゆる状況を知り尽くした究極のシティバイク”をコンセプトに開発。通勤、通学用のスポーツ自転車として必要な要素が凝縮された自転車。フレームには高頻度の使用も耐えられる強靭かつ軽量なアルミ素材を使用し、乗降性の高いデザインを採用した。また、内装ギヤや前後ローラーブレーキ、フロントハブ発電式のオートライト、耐パンクタイヤを採用することで、高いメンテナンス性を誇る自転車に仕上がっている。

MULTIWAY 27/26 MATT AQUAMARINE

MULTIWAY27/26は、MULTIWAY27.5をベースに普段使いに便利なフェンダー、チェーンケース、リング錠、フロントキャリアを標準装備したモデル。ローラーブレーキ、耐パンクタイヤを採用するなど、高いメンテナンス性を確保しつつ、フェンダー、チェーンケース、フロントキャリアは全てフレームと同色仕様に仕上げた、デザイン性も高い自転車。

MULTIWAY 27.5

「街中のあらゆる状況を知り尽くした究極のシティバイク」をコンセプトに開発された、スポーツ性とメンテナンス性を兼ね備えたスポーツ自転車。

MULTIWAY 27.5 LG WHITE
MULTIWAY 27.5 LG BLACK

MULTIWAY27.5(マルチウェイ27.5)
販売日:2019年1月末頃より販売開始予定
販売価格:7万7760円(税込み)
カラー:LG WHITE, LG BLACK, MATT DARK ORANGE
サイズ:400mm(適正身長145cm~165cm)/ 450mm(155cm~175cm)
変速:SHIMANO NEXUS (7 SPEED)
重量:14.7kg(450mm)
取り扱い:全国の取り扱い販売店
※一部の店舗では、取り寄せ対応となる店舗も

信号待ちのときも変速が可能な内装ギヤを採用。普段使いでのチェーン離脱を防ぐ
電池交換不要なオートライトを採用。被視認性を高めることで安全性を向上させた
タイヤには650×50Bの耐パンク仕様のものを採用。日常での乗り心地も追求している
天候によらず確実な制動力を発揮するローラーブレーキを採用。Vブレーキとは違い、パッド交換不要で長く使える

MULTIWAY 27/26

MULTIWAY 27/26 LG WHITE

毎日の通学をもっと楽しく、スポーティー」をコンセプトに、MULTIWAY 27.5をベースに開発された自転車。普段使いに最適なフェンダーやチェーンケース、リング錠、フロントキャリア、スタンドを標準装備している。 MULTIWAY27(マルチウェイ27)
MULTIWAY26(マルチウェイ26)
販売日:2019年1月末頃より販売開始予定
販売価格:5万6160円(税込み)
カラー:LG WHITE, MATT LG BLACK, APRICOT,MATT AQUAMARINE
サイズ: MULTIWAY27/440mm(適正身長155cm~175cm)
MULTIWAY26/420mm(適正身長145cm~165cm)
変速:SHIMANO TOURNEY(7 SPEED)
重量:MULTIWAY27/15.9kg MULTIWAY26/15.6kg
取り扱い:全国の取り扱い販売店
※一部の店舗では、取り寄せ対応となる店舗も

MULTIWAY 27/26 MATT LG BLACK
MULTIWAY 27/26 APRICOT
フェンダー、チェーンケース、フロントキャリアをボディ同色とすることで、統一感のあるデザインを実現
後輪ブレーキにはローラーブレーキを採用。天候によらず高い制動力を発揮するとともに、高いメンテナンス性を誇る
MULTIWAYアルミバスケット。カラー:ブラック。5400円(税込み)
MULTIWAYスチールメッシュバスケット。カラー:シルバー×カゴタイプ。4860円(税込み)。MULTIWAY27.5には使用できず

第117回パリ〜ルーベにワイルドカード7チーム

第117回パリ〜ルーベは2019年4月14日にフランス北部で開催され、その出場チームが1月21日に主催者ASOから発表された。UCI(国際自転車競技連合)の規則によりUCIワールドチーム18チームが自動出場権。それ以外に7チームが主催者推薦で出場することになった。

2018パリ〜ルーベを走るペテル・サガン ©ASO/Pauline BALLET

●パリ〜ルーベ出場チーム
(UCIワールドチーム)
アージェードゥーゼル・ラモンディアル(フランス)
アスタナ(カザフスタン)
バーレーン・メリダ(バーレーン)
ボーラ・ハンスグローエ(ドイツ)
CCC(ポーランド)
ドゥクーニンク・クイックステップ(ベルギー)
グルパマFDJ(フランス)
ロット・スーダル(ベルギー)
ミッチェルトン・スコット(オーストラリア)
モビスター(スペイン)
ディメンションデータ(南アフリカ)
EFエデュケーションファースト(ドイツ)
ユンボ・ビスマ(オランダ)
カチューシャ・アルペシン(スイス)
スカイ(英国)
サンウェブ(ドイツ)
トレック・セガフレード(ドイツ)
UAEエミレーツ(UAE)
(主催者推薦)
コフィディス(フランス)
デルコマルセイユプロバンス(フランス)
ディレクトエネルジー(フランス)
アルケア・サムシック(フランス)
ビタルコンセプトB&Bホテルズ(フランス)
ルームポット・シャルル(オランダ)
ワンティ・グループゴベール(ベルギー)

2018年のパリ〜ルーベは世界チャンピオンのペテル・サガンが優勝 ©ASO/Bruno BADE

パリ〜ルーベは「北の地獄」と呼ばれるパベ(石畳)の悪路を断続的に走る。ナポレオン統治以前に敷設された石畳で、第一次世界大戦で爆撃されて荒れ果てたものを修復。そんな歴史的建造物は、ふだんは農作業の車両しか利用していないという。

そんなルートで自転車レースが行われるのだから、それはもう地獄絵巻としか言いようがない。路面からの衝撃を緩和するために厚手のバーテープを巻き、太いタイヤを装備した自転車を駆使するが、随所で落車やパンクが相次ぐ。それでも選手は時速40kmで突っ込んでいく。選手によれば、「路面の悪さは沿道の観客の数で判断できる」という。選手のアクシデントを目撃したいという人間の残酷さを見る思いだ。

石畳の道はクルマ1台分の幅しかなく、レース中に進入できる関係車両は著しく制限され、チームのサポートカーもこの区間は迂回を余儀なくされる。各チームは石畳区間の出口にスタッフが交換車輪を持って待機することだけが許される。だからパンクしたり機材故障した選手はどんな状態であってもスタッフのいる出口まで走らなければならないのだ。

パリ〜ルーベでホコリまみれになった選手はここで「選手は右」という矢印のとおりに進むと旧ベロドロームに入場できる
これがルーベ自転車競技場だ。傾斜角のゆるい雨ざらしのバンクだが、サイクリストの聖地でもある

深谷知広、橋本英也が健闘…トラックワールドカップ第5戦

1月18日から20日にかけて、ニュージーランドのケンブリッジでUCIトラックワールドカップ第5戦(全6戦)が行われ、大会3日目の20日は男子スプリント、男子オムニアムなどが行われた。

UCIトラックワールドカップ第5戦、橋本英也は男子オムニアムで5位 ©2019 JCF

男子スプリントには渡辺一成、新田祐大、深谷知広の3選手が出場したが、最高順位は深谷の8位。深谷は元世界チャンピオンのボジェ(フランス)を破るなど健闘を見せ、第2戦の6位に次ぐ順位を残した。

男子オムニアムでは橋本英也が出場。2種目終えて暫定トップに立つも、残るエリミネイションとポイントレースで思うように点数を伸ばせず最終順位は5位。表彰台こそ届かなかったものの、オリンピックランキングにおける貴重なポイントを獲得した。

UCIトラックワールドカップ第5戦、男子スプリントで新田祐大(右)が渡辺一成を制した ©2019 JCF

男子スプリント
8 深谷知広(日本)
14 新田祐大(日本)
19 渡辺一成(JPC/日本)

男子オムニアム
5 橋本英也(日本)101点

女子スクラッチ
5 鈴木奈央(日本)

UCIトラックワールドカップ第5戦、鈴木奈央が女子スクラッチで5位 ©2019 JCF

梶原悠未がトラックワールドカップ第5戦の女子オムニアムで3位

2018-2019UCIトラックワールドカップ第5戦がニュージーランドのケンブリッジで1月18日に開幕。19日に行われた女子オムニアムで梶原悠未(筑波大)が3位になった。

トラックワールドカップ第5戦の女子オムニアムを走る梶原悠未 ©2019 JCF

トラックワールドカップ第5戦、大会2日目の19日に女子オムニアムの梶原が銅メダルを獲得した。

梶原は昨シーズンのワールドカップで女子オムニアムにおいて2勝をあげているものの、オリンピックの出場枠争いが始まった今シーズンの表彰台は初。強豪相手にも臆することないレースを見せ、世界トップクラスの選手とも対等に走れる力を見せた。

女子オムニアム
1 アネット・エドモンドソン(オーストラリア)131点
2 アリソン・べバレッジ(カナダ)123点
3 梶原悠未(日本)113点

トラックワールドカップ第5戦の女子オムニアムを制したアネット・エドモンドソン(オーストラリア)を中央に、左が2位アリソン・べバレッジ(カナダ)、右が3位梶原悠未 ©2019 JCF

女子チームパーシュート
6 日本(中村妃智、古山稀絵、梶原悠未、橋本優弥) 4分26秒779(1回戦のタイム)
※予選は梶原に変わり鈴木奈央