サッカーワールドカップ準決勝の夜はホテルがもぬけの殻…どこに見にいったの?

ツール・ド・フランス取材日記第4ステージ。ペイドラロワールを発つ日も朝のジョギングからシャワーを浴びてサッパリして、カンパニールホテルのテラス席で朝ごはん。ボクがお会計をするころには各テーブルはすでに次のお客さんのためにセッティングされていて、サッカー仕様のテーブルシートがきれいに並べられていました。準決勝までしっかりと在庫しているのはさすが強豪国だと感じました。

ツール・ド・フランスさいたまPRのため主催者が現地入りすると、すかさずキッズジャーナリストが取材

前日はスケートリンクの寒さでカラダが冷え切ってしまい、朝はちょっとセキが出ましたが、この日は猛暑なので体温も浮上して回復。でもひたすら暑い1日となりました。

カンパニールホテルのテラス席。前日の夕ごはんもこのテーブルだった

この日は午後8時からフランス対ベルギー戦。愛国心が燃え上がる

ゴールのサルゾーは正真正銘のブルターニュ地方。ブルターニュというくらいなので文化も風土も英国に似ていて、バグパイプの音色が歓迎してくれます。サルドプレスには地元特産のシードルと白カビチーズ。生牡蠣もありますが、20年ほど前のこの地方で大変な思いをしたので、手はつけません。

ショレの美しい公園やカテドラルなどをラン。ゴミがほとんど落ちていなかったのは驚き

この日のゴールは半島の突端なので、ゴール後の待避路はコースを逆走するしかありません。こういった場合、フェンスの撤去係は自分の作業を最優先するので、関係車両が渋滞しようがお構いなし。ただし今回は通達があったようで、チームバスは真っ先に、キャラバン隊もフェンス撤収作業の前に退出することができました。ボクもコフィディスのキャラバンカーの間に入って脱出成功。

午後8時からサッカーワールドカップ準決勝「ベルギー対フランス」があるので、この日はみんな仕事をこなすのが早かったなあ。ボクもルーブルホテルグループの一番下、プルミエクラスにチェックイン。このカテゴリーのホテルにチームや協賛企業は泊まることがなく、オフィシャルグッズの販売チームとボールペンの「ビック」チームと一緒。でも彼らはどこかで夕食を予約しているらしく、ワールドカップの試合時間はもぬけの殻でした。

ブルターニュ地方は文化も気候も英国的

🇫🇷2018ツール・ド・フランス特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
⚫最新ニュースへ

カーペットを敷いただけのスケートリンクはさすがに寒い! ツール・ド・フランス日記

ツール・ド・フランス取材者日記の第3ステージ。心地よい海沿いのリゾートホテルもこの朝で最後。大会序盤は日本時間を引きずっているので午前3時に目が覚めてしまい、仕方なく原稿などを書きながら太陽が高くなるのを待ちます。シャワーの前にGPSを起動させてランニング。サッパリしてから朝食なんですが、こういったリゾートホテルは朝食が8時から10時までと遅く、スタートに間に合わなくなる可能性もあります。

外はかなり暑かったのでランニングウエアで来ちゃったんですが、さすがにアルプスのために用意した防寒具を取りに

2日間のお会計を済ませて100km離れたゴールのショレへ。サルドプレスと呼ばれるプレスセンターはまさかのパティノワール・ピシーヌの複合施設。前者はスケートリンク、後者はプールです。さすがに水の上で原稿は書けないので、この日のシゴト場は氷の上にカーペットを敷いたところに決定。外は結構暑くなっていたので入場時は気持ちよかったんですが、30分もしないうちにカラダの芯から冷えてきて、たまに外に出て暖を取る始末。

さすがの欧州記者もアルプスのために用意した防寒具を引っぱり出していましたが、それでも下半身は短パンじゃん! あまりにも寒くて、これでは原稿に集中できないと仕事仲間も退出しようとしていましたが、駐車場がコースに封じ込まれていて、レース後にフェンスを撤去しないと外にも出られない状態に。

チームタイムトライアルでトップタイムをたたき出したBMC © ASO

ボクはレース結果とマイヨジョーヌの行方を確認したのち、もうたまらず歩いてホテルに向かうことに。そうなんです。この日はなんとラッキーなことに歩いてすぐのところのカンパニールホテルを予約していたんです。

カンパニールはルーブルホテルグループの下から2番目のホテルなんですが、快適なのでボクは大好きです。作りが独特で、日本のアパートのように外に廊下があって、部屋はそれを回って入ります。オススメなのは必ず併設されているレストラン。取り放題のビュフェがあって、これにメインをつけて16ユーロほど。メゾンワインをつけて合計20ユーロほど。アンテラスと呼ばれるお庭の席もあるので、7月はとても気持ちいいのです。

で、この原稿もテラス席で書いています。パソコンを打っていても違和感ありません。部屋番号を伝えてあるので、酔っぱらったら「お代はつけておいて」とひとこと言えば部屋までたどり着けます。

カンパニールホテルはレストランが充実しているので、週に1回は予約するようにしています

🇫🇷2018ツール・ド・フランス特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
⚫最新ニュースへ

たまに連泊できるとうれしいことがたくさん…ナポレオンが作った町へ

ツール・ド・フランス取材者日記の第2ステージ。開幕地となる自治体は最初の3日間をホストすることが基本なので、チームや関係者が滞在するホテルも連泊となります。ツール・ド・フランスの現場において連泊はとても貴重です。初日に手洗いで洗濯物をすませたら部屋に干しておける、2日目はチェックインのタイムリミットを気にすることがない、ホテルを探すことなく自宅に帰ったように気分になれるなどメリットが多いんです。

Etape 2 – Mouilleron-Saint-Germain / La Roche-sur-Yon © ASO

第1ステージが終わってからボクも2連泊となる海沿いのホテルへ。1泊1部屋70ユーロという、まあよくあるホテルです。2人で泊まれば半額です。満員になるほどのレストランが併設されてリゾート気分は味わえます。

翌朝は、白い壁の平屋が並ぶリゾート地をジョギング。小さな町にもパン屋があって、朝食のバゲットを買いに来る人が集まってきます。自転車に乗った親子も。いいなあ、こういった気持ちいい朝が迎えられるなんて。

しばらくすると森の中のサイクリングコースを発見したので、そのままランニング。踏み固められた未舗装路なので、太めのタイヤなら問題ないですね。サントルビーユ(町の繁華街)まで5kmほどの森林ラン、気持ちよかった。

この日は連泊なので手洗いのお洗濯

お仕事としては80年ぶりにツール・ド・フランスを迎えるラロシュシュルヨンへ。ナポレオンが作った町で、その昔はナポレオンシュルヨンという名前だったようです。3日前のチームプレゼンテーションはナポレオン広場で行われていて、町のあちこちにナポレオンとついた場所が点在します。

この日は暑かったので、サルドプレスではUSB電源のブック型扇風機が大活躍。ひととおりの原稿をすませましたが、寝るところが確保されている安心感があって、のんびりとお仕事。通勤路を帰るように50kmをドライブしてホテルへ。部屋に干しておいた洗濯物が意外にも乾ききっていなかったのは海沿いだからでしょうね。

ナポレオンが作った町、ラロシュシュルヨンのおもてなし
ホテルにレストランがあると気楽。ネコちゃんは女のコだと

日が沈むと暑くもなく寒くもなく、テラス席で1人のんびりと夕食を楽しみました。

🇫🇷2018ツール・ド・フランス特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
⚫最新ニュースへ

ツール・ド・フランスを旅するテクを教えます…取材者日記スタート

もう何回ツール・ド・フランスを取材したか数えられなくなってしまったが、少なくとも全日程を回るようになって22年目。真夏のフランスを駆けめぐる旅が2018年も始まった。

バンデ県の開幕は6年のサイクルで誘致される © ASO

これまでJALにお世話になっていましたが、大会がパリにゴールした翌日、夜遅くまで帰国便を待つのが疲れ切った身体には酷で、初めてエールフランスに。前日にメールが来たので座席表をネットで確認したらプラス6万9900円でビジネスにアップグレードできるとのこと。すぐに変更してフルフラットのシートで快適フライト。シャルルドゴール空港の乗り継ぎでラウンジ飲食できたのもよかった。

シャルルドゴール空港から最終の出発となる国内線を1時間フライトしてナントへ。すでに午後11時を回っていて、歩いて10分ほどでB&Bホテルへ。午後9時にはフロント係は帰ってしまうので、無人チェックイン機で入室。ネットで簡単にホテルを抑えることができますが、予約番号をプリントアウトしておいてよかった。

6万9900円の追加料金でビジネスクラスに。苦手な長距離フライトが快適になった

翌日はまずルノーユーロドライブをピックアップ。免税で新車購入できるこのシステム。ボク名義のクルマがフランスを22台走っていることになりますよね。帰国時に売却します。まずは足をゲットしたので、ようやく落ち着いて朝ごはん。燃料がギリギリで納車されるので最初にスーパーマーケットでガソリンを入れなきゃ。

外国人の免税でルノー・クリオを購入。帰国時に売却します

ツール・ド・フランスの現地入りして最初にやることは記者証のピックアップ。ペルマナンスという大会本部を訪ねてIDカードとクルマに貼るステッカーをもらいます。取材陣の車両許可証は4種類あります。ボクがもらったのはテットドクルス(先導車)の前、ファンドクルス(後方車)の後ろ。広告キャラバン隊列を1日1回追い越していいというカテゴリーです。

ペルマナンスに隣接してボクのシゴト場となるサルドプレスがあります。英語で言うとプレスセンターですね。じつはここから8kmしか離れていないところに、残念ながら8度目の出場を逃した新城幸也が住んでいます。ひととおりの原稿を済ませてから訪ねてみました。とても元気な笑顔を見せてくれ、次の目標に向けて歩み始めています。所属チームの関係でお酒の入ったグラスを持っている画像はNGなので、写真ありませんが。

8回目の出場を逃した新城幸也の家に。ミワちゃんが手料理をふるまってくれた

美和ちゃんが手料理でもてなしてくれましたが、時差ボケでかなり眠くなったので最初においとましました。海近くにあるホテルは往復120km走ってすでにチェックインしているんですが、すでに真っ暗になっていたので景色が変わっていて、探すのみ一苦労。

朝は海までジョグ。朝は9kmほど走って41.5km地点、レ・ムエットというビーチまで大西洋を見にいきました。ここは12時過ぎに選手らがやってくる予定ですが、朝8時時点では地元の憲兵隊員らが各所に配置するところ。自転車に乗ってきた熱心な女性ファンはもう沿道でスタンバイしてました。

Saint-Jean-de-MontsにあるAuberge La Chaumiere。1泊62.75ユーロ

🇫🇷2018ツール・ド・フランス特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
⚫最新ニュースへ

ツール・ド・フランス出場176選手リスト

●スカイ(英国)
1 クリストファー・フルーム(英国)
2 エガン・ベルナル(コロンビア)
3 ヨナタン・カストロビエホ(スペイン)
4 ミハウ・クビアトコウスキー(ポーランド)
5 ジャンニ・モスコン(イタリア)
6 ワウト・プールス(オランダ)
7 ルーク・ロウ(英国)
8 ゲラント・トーマス(英国)

●EFエデュケーションファースト・ドラパック(米国)
11 リゴベルト・ウラン(コロンビア)
12 サイモン・クラーク(オーストラリア)
13 ローソン・クラドック(米国)
14 ダニエル・マルチネス(コロンビア)
15 タイラー・フィニー(米国)
16 ピエール・ローラン(フランス)
17 トーマス・スクーリー(ニュージーランド)
18 セップ・バンマルク(ベルギー)

●AG2Rラモンディアル(フランス)
21 ロマン・バルデ(フランス)
22 シルバン・ディリエ(スイス)
23 アクセル・ドモン(フランス)
24 マティアス・フランク(スイス)
25 トニー・ガロパン(フランス)
26 ピエール・ラトゥール(フランス)
27 オリベル・ナーゼン(ベルギー)
28 アレクシー・ビエモーズ(フランス)

●サンウェブ(ドイツ)
31 マイケル・マシューズ(オーストラリア)
32 トム・デュムラン(オランダ)
33 ニキアス・アルント(ドイツ)
34 シモン・ゲシュケ(ドイツ)
35 チャド・ハガ(米国)
36 ショーレン・クラー(デンマーク)
37 ローレンス・テンダム(オランダ)
38 エドワード・トゥーンス(ベルギー)

●フォルテュネオ・サムシック(フランス)
41 ワレン・バルギル(フランス)
42 マキシム・ブエ(フランス)
43 エリー・ジェスベール(フランス)
44 ロマン・アルディ(フランス)
45 ケビン・ルダノワ(フランス)
46 アマエル・モワナール(フランス)
47 ローラン・ピション(フランス)
48 フロリアン・バション(フランス)

●バーレーン・メリダ(バーレーン)
51 ビンチェンツォ・ニーバリ(イタリア)
52 ソンニ・コルブレッリ(イタリア)
53 ハインリッヒ・ハウッスラー(オーストラリア)
54 ゴルカ・イサギレ(スペイン)
55 ヨン・イサギレ(スペイン)
56 クリスティアン・コレン(スロベニア)
57 フランコ・ペリツォッティ(イタリア)
58 ドメニコ・ポッツォビーボ(イタリア)

●ミッチェルトン・スコット(オースラトリア)
61 アダム・イエーツ(英国)
62 ジャック・バウアー(ニュージーランド)
63 ルーク・ダーブリッジ(オーストラリア)
64 マシュー・ヘイマン(オーストラリア)
65 マイケル・ヘップバーン(オーストラリア)
66 ダミアン・ハウソン(オーストラリア)
67 ダリル・インピー(南アフリカ)
68 ミケル・ニエベ(スペイン)

●モビスター(スペイン)
71 ナイロ・キンタナ(コロンビア)
72 アンドレイ・アマドール(コスタリカ)
73 ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア)
74 イマノル・エルビティ(スペイン)
75 ミケル・ランダ(スペイン)
76 ホセ・ロハス(スペイン)
77 マルク・ソレル(スペイン)
78 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン)

●BMC(米国)
81 リッチー・ポート(オーストラリア)
82 パトリック・ベビン(ニュージーランド)
83 ダミアーノ・カルーゾ(イタリア)
84 サイモン・ゲランス(オーストラリア)
85 シュテファン・キュンク(スイス)
86 ミヒャエル・シャール(スイス)
87 グレッグ・バンアベルマート(ベルギー)
88 ティージェイ・バンガーデレン(米国)

●UAEエミレーツ(UAE)
91 ダニエル・マーティン(アイルランド)
92 ダーウィン・アタプマ(コロンビア)
93 クリスティアン・ドラセク(クロアチア)
94 ロベルト・フェラーリ(イタリア)
95 アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー)
96 マルコ・マルカート(イタリア)
97 ローリー・サザーランド(オーストラリア)
98 オリビエロ・トロイア(イタリア)

●クイックステップフロアーズ(ベルギー)
101 ジュリアン・アラフィリップ(フランス)
102 ティム・デクレルク(ベルギー)
103 フェルナンド・ガビリア(コロンビア)
104 フィリップ・ジルベール(ベルギー)
105 ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク)
106 イブ・ランパールト(ベルギー)
107 マキシミリアーノ・リケーゼ(アルゼンチン)
108 ニキ・テルプストラ(オランダ)

●ボーラ・ハンスグローエ(ドイツ)
111 ペテル・サガン(スロバキア)
112 マチェイ・ボドナル(ポーランド)
113 マルクス・ブールクハート(ドイツ)
114 ラファウ・マイカ(ポーランド)
115 グレゴール・ミュールベルガー(オーストリア)
116 ダニエル・オス(イタリア)
117 パベウ・ポリャンスキー(ポーランド)
118 ルーカス・ペストルベルガー(オーストリア)

●アスタナ(カザフスタン)
121 ヤコブ・フグルサング(デンマーク)
122 オマール・フライレ(スペイン)
123 ドミトリー・グルズジェフ(カザフスタン)
124 ジェスパー・ハンセン(デンマーク)
125 タネル・カンゲルト(エストニア)
126 マグヌス・ニールセン(デンマーク)
127 ルイスレオン・サンチェス(スペイン)
128 ミケル・バルグレン(デンマーク)

●ディメンションデータ(南アフリカ)
131 マーク・カベンディッシュ(英国)
132 エドワルド・ボアソンハーゲン(ノルウェー)
133 レイナルト・ヤンセファンレンズバーグ(南アフリカ)
134 セルジュ・パウエルス(ベルギー)
135 マーク・レンショー(オーストラリア)
136 トムイェルト・スラフテル(オランダ)
137 ジェイロバート・トムソン(南アフリカ)
138 ジュリアン・ベルモート(オランダ)

●カチューシャ・アルペシン(スイス)
141 イルヌール・ザカリン(ロシア)
142 イアン・ボズウェル(米国)
143 ロベルト・キセルロウスキー(クロアチア)
144 マルセル・キッテル(ドイツ)
145 パヴェル・コチェトコフ(ロシア)
146 トニー・マルティン(ドイツ)
147 ニルス・ポリッツ(ドイツ)
148 リック・ツァベル(ドイツ)

●グルパマFDJ(フランス)
151 アルノー・デマール(フランス)
152 ダビ・ゴデュ(フランス)
153 ジャコポ・グアルニエーリ(イタリア)
154 オリビエ・ルガック(フランス)
155 トビアス・ルドビグソン(スウェーデン)
156 リュディ・モラール(フランス)
157 ラモン・シンケルダム(オランダ)
158 アルチュール・ビショ(フランス)

●ロットNLユンボ(オランダ)
161 ステフェン・クライスバイク(オランダ)
162 ロベルト・ヘーシンク(オランダ)
163 ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ)
164 アムントグレンダール・ヤンセン(ノルウェー)
165 ポール・マルテンス(ドイツ)
166 プリモシュ・ログリッチ(スロベニア)
167 ティモ・ローゼン(オランダ)
168 アントワン・トルホーク(オランダ)

●ロット・スーダル(ベルギー)
171 アンドレ・グライペル(ドイツ)
172 ティシュ・べノート(ベルギー)
173 ジャスパー・デブイスト(ベルギー)
174 トマス・デヘント(ベルギー)
175 イェンス・クークレール(ベルギー)
176 トーマス・マルチンスキー(ポーランド)
177 マルセル・ジーベルク(ドイツ)
178 イエール・バネンデル(ベルギー)

●ディレクトエネルジー(フランス)
181 リリアン・カルメジャーヌ(フランス)
182 トマ・ブダ(フランス)
183 シルバン・シャバネル(フランス)
184 ジェローム・クザン(フランス)
185 ダミアン・ゴダン(フランス)
186 ファビアン・グレリエ(フランス)
187 ロマン・シカール(フランス)
188 レイン・タラマエ(エストニア)

●トレック・セガフレード(米国)
191 バウケ・モレマ(オランダ)
192 ジュリアン・ベルナール(フランス)
193 クーン・デコルト(オランダ)
194 ジョン・デゲンコルプ(ドイツ)
195 ミヒャエル・ゴーグル(オーストリア)
196 スガブ・グルマイ(エチオピア)
197 トムス・スクインシュ(ラトビア)
198 ジャスパー・ストゥイベン(ベルギー)

●コフィディス(フランス)
201 クリストフ・ラポルト(フランス)
202 ディミトリー・クライス(ベルギー)
203 ニコラ・エデ(フランス)
204 ヘスス・エラダ(スペイン)
205 ダニエル・ナバロ(スペイン)
206 アントニー・ペレ(フランス)
207 ジュリアン・シモン(フランス)
208 アントニー・トゥルギス(フランス)

●ワンティ・グループゴベール(ベルギー)
211 ギヨーム・マルタン(フランス)
212 トーマス・デガント(ベルギー)
213 ティモシー・デュポン(ベルギー)
214 マルコ・ミナールト(オランダ)
215 ヨアン・オフレド(フランス)
216 アンドレーア・パスクアロン(イタリア)
217 ディオン・スミス(ニュージーランド)
218 ギヨーム・バンケイスブルク(ベルギー)

🇫🇷2018ツール・ド・フランス特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
⚫最新ニュースへ

トレック・セガフレードのツール・ド・フランスリミテッドジャージ発売

7月7日に開幕する第105回ツール・ド・フランスで米国のトレック・セガフレードの出場選手が着用するサンティーニ製ジャージ、ツール・ド・フランスリミテッドホワイトを発表した。総合エースのバウケ・モレマを中心にチーム一丸となって勝利をねらうトレック・セガフレードを応援するのにピッタリのチームキット。取り扱いはトレック・ジャパン。

ツール・ド・フランス限定のホワイトジャージを着るバウケ・モレマ

Santini Trek-Segafredo Replica Jersey Tour de France limited white
サイクリングに最適なセミフィット、イタリア・サンティーニ社製。サイズ:XS/S/M/L/XL。価格は1万1111円(税別)

⚫関連ニュース

ツール・ド・フランス限定記念ジャージを発表…3つの地域をイメージ

⚫最新ニュースへ

マヴィックがオフィシャルサプライヤーを務めるツール・ド・フランス限定記念ホイール発表

7月7日にスタートする第105回ツール・ド・フランスでオフィシャルサプライヤーを務めるマビックが、2018年7月5日に全世界同時に好評のUSTロードチューブレスをベースとした「コスミックプロカーボンUSTツール・ド・フランス」と「コスミックアルチメイトUSTツール・ド・フランス」を発表した。マビックは2018年もSSC(Special Service Course)として全21ステージをサポートする。取り扱いはアメアスポーツジャパン。

コスミックアルチメイトUSTツール・ド・フランス

コスミックアルチメイトUSTツール・ド・フランス
品番:LF8662100(Ft)/LR3161100(Rr)
価格:52万円(税別)*リムブレーキのみ
デリバリー:2019年1月以降販売予定

コスミックプロカーボンUSTツール・ド・フランス

コスミックプロカーボンUSTツール・ド・フランス
品番:LF8573100(Ft)/LR3042100(Rr)
価格:26万円(税別)*リムブレーキのみ
デリバリー:2018年7月5日以降販売予定

⚫関連ニュース

ツール・ド・フランス限定記念ジャージを発表…3つの地域をイメージ

⚫最新ニュースへ

ツール・ド・フランス限定記念ジャージを発表…3つの地域をイメージ

105回目を迎える世界最高峰ロードレース、ツール・ド・フランス限定記念ジャージをマビックが2018年7月5日に全世界同時発表した。ツール・ド・フランス開幕を記念してレースを網羅する3つ地方のイメージを施した限定記念ジャージ。日本での取り扱いはアメアスポーツジャパン。マビックは2018年もSSC(Special Service Course)として全21ステージをサポートしていく。

アルプスリミテッドエディション コスミックジャージ

アルプスリミテッドエディション コスミックジャージ
1万6000円(税別)
展開サイズ:M、L(インターナショナルサイズ)
デリバリー:2018年7月下旬頃
サボワ地方の旗にインスピレーションを得たデザインで、アルプスに捧げるオマージュ。サボワという土地は、マビックの裏庭であるだけでなく、ラルプデュエズ、クロワドフェール峠をはじめとするフランスを代表する壮大な山々が連なるところでもある。

ブルターニュリミテッドエディション コスミックジャージ

ブルターニュリミテッドエディション コスミックジャージ
1万6000円(税別)
展開サイズ:M、L(インターナショナルサイズ)
デリバリー:2018年7月下旬頃
フランスの北西部に位置し、三方を海に囲まれたブルターニュ地方には豊かなサイクリングの歴史と伝統が息づく。このリミテッドエディションのジャージは、この地方の旗にインスピレーションを得た印象的なデザインで、ブルターニュに捧げるオマージュ。

シャンゼリゼリミテッドエディション コスミックジャージ

シャンゼリゼリミテッドエディション コスミックジャージ
1万6000円(税別)
展開サイズ:M、L(インターナショナルサイズ)
デリバリー:2018年7月下旬頃
世界で最も有名なフランスの大通りからインスピレーションを得て誕生したリミテッドエディションのシャンゼリゼジャージ。デザインはこの通りにその堂々とした美しい姿をたたえる凱旋門へのオマージュとなっている。

⚫関連ニュース

ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムカフェが期間限定で南青山にオープン

⚫最新ニュースへ