室屋義秀がレッドブル・エアレース開幕戦を0.003秒差で優勝

2019年レッドブル・エアレースの開幕戦、アブダビ大会がUAEで2月8、9日に開催され、2017年の総合優勝者である室屋義秀が優勝した。2位は2018年の総合優勝者マーティン・ションカ(チェコ)でその差は0.003秒。千葉大会は第5戦。9月7〜8日に開催される。

開幕戦のアブダビを制してガッツポーズの室屋義秀 ©Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

2003年に第1回大会、2005年に世界選手権となり、12シーズン目を迎えたレッドブル・エアレースは、2005年以来毎年アブダビで開幕戦を開催している。今大会は、8日(金)の予選、9日の決勝を合わせてのべ 5万人が会場で観戦。室屋がアブダビで優勝したのは初めて。

開幕戦のアブダビを飛ぶ室屋義秀 ©Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

2009年の初参戦以来、2019年で参戦8シーズン目を迎えた室屋のアブダビでの戦績は、2009年13 位、2010年10位、2011年〜2013年の中断期間を経て再開した 2014年9位、2015年6位、2016年7位(オーバーG)、ワールドチャンピオンに輝いた2017年も13位(オーバーG)とあまり振るわず。しかし2018年に初の表彰台(2位)を獲得し、そして2019年に念願の開幕戦アブダビ大会での優勝を手に入れた。

今大会で室屋は終始安定し、3回のフリープラクティスのタイムは3位、1位、3位、そして予選は1位(自身4度目のポールポジション)。これにより2019年から導入された予選ポイントを獲得した。その後の決勝も危なげなく勝ち進み、決勝のファイナル4を1番手で飛んだ室屋は、 最終コーナーからゲート14に侵入する際に機体の体勢を崩しかけたが持ちこたえ、ペナルティを得ることなく53秒780のタイムでゴール。

残る3選手は、ニコラス・イワノフ(フランス)がエンジントラブルで離陸できず DNS(Did Not Start)で不戦敗に。2018年のアブダビ大会で優勝し、2018シーズンのワールドチャンピオン争いを繰り広げたマイケル・グーリアン(米国)が54秒009で終わると、最後に現ワールドチャンピオンのションカが登場。

第一セクター0.007秒、第二セクターでも0.005秒と室屋を先行し、2回目の VTM(Vertical Turn Manuva)中に0.212秒遅れたものの、最終コーナーで再び追い上げたものの、わずか0.003秒室屋に届かなかった。ゴール通過時のおおよその速度は時速300kmなので、その距離はわずか30cmという決勝戦まれにみる僅差で室屋が勝利した。

開幕戦のアブダビを飛ぶ室屋義秀 ©Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

レース後に室屋は「FP1(フリープラクティス 1)からファイナルまで非常に安定して飛べていたので、それで予選も首位で3ポイントを取ることができましたし、ファイナルもギリギリでしたけど勝ち抜くことができ、最終的に最大28ポイントを獲得できたので非常にいいスタートを切れたと思います」と語った。

「2017年の(最終戦)インディアナポリスから今まで1年以上勝ちがなかった。1位は非常にハッピーなんですけど、2位だとどうしても『こうしたら勝てた』『ああしたら勝てたんじゃないか?』という思いが出てくるので、1位は別格ですね。今はこの1位を味わいたいと思います」と喜びをコメントしている。

●レッドブル・エアレース大会日程
第1戦 2月8〜9日 アブダビ(UAE)
第2戦 ヨーロッパ(未定)
第3戦 6月15〜16日 カザン(ロシア)
第4戦 7月13〜14日 ブダペスト(ハンガリー)
第5戦 9月7〜8日 千葉(日本)
第6戦 アジア(未定)
第7戦 10月19〜20日 インディアナポリス(米国)
第8戦 11月8〜9日 サウジアラビア

室屋義秀の使用するチームファルケンの機材 ©Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

2019シーズン マスタークラスパイロット
クリスチャン・ボルトン:Cristian Bolton Racing(チリ)
ミカ・ブラジョー:#11 RACING Team Eyetime(フランス)
カービー・チャンブリス:Team Chambliss(米国)
マティアス・ドルダラー:Mathias Dolderer Racing(ドイツ)
マイケル・グーリアン:Team Goulian(米国)
マット・ホール:Matt Hall Racing(オーストラリア)
ニコラス・イワノフ:Team Hamilton(フランス)
ペトル・コプシュタイン:Team Spielberg(チェコ)
フランソワ・ルボット:FLV Racing Team 12(フランス)
ピート・マクロード:Cashback World Racing Team(カナダ)
室屋義秀:Team Falken(日本)
ベン・マーフィー:Blades Racing Team(英国)
マーティン・ションカ:Red Bull Team Šonka(チェコ)
フアン・ベラルデ:Team Velarde(スペイン)

2019年のレッドブル・エアレース千葉大会は9月7〜8日開催

2019年レッドブル・エアレースの日程が1月29日に発表された。2月8日に第1戦がUAEのアブダビで開幕し、日本の千葉大会は第5戦。9月7〜8日に開催される。

2019年のレッドブル・エアレースは全8戦。千葉大会は9月7〜8日に開催される

●レッドブル・エアレース大会日程
第1戦 2月8〜9日 アブダビ(UAE)
第2戦 ヨーロッパ(未定)
第3戦 6月15〜16日 カザン(ロシア)
第4戦 7月13〜14日 ブダペスト(ハンガリー)
第5戦 9月7〜8日 千葉(日本)
第6戦 アジア(未定)
第7戦 10月19〜20日 インディアナポリス(米国)
第8戦 11月8〜9日 サウジアラビア

2018年のレッドブル・エアレース千葉大会 ©Samo Vidic/Red Bull Content Pool

2019年、レッドブル・エアレースは12シーズン目のワールドチャンピオンシップを迎える。経験豊かなライバル勢とルール変更が各パイロットに戦術の再考を促し、各チームに才能あふれる新メンバーが加わる2019シーズンは、開幕戦から最終戦まで激しい戦いが続くことが予想される。

2019シーズンは2018シーズンを戦った全パイロットが参戦する
2018シーズンを制したチェコ人パイロットのマーティン・ションカが連覇をねらう。2019シーズンのマスタークラスはルーキーパイロットがいないため、これまで以上にタイトな戦いになることが予想される。日本の室屋義秀も王座奪還を目指す。 

2019シーズン マスタークラスパイロット
クリスチャン・ボルトン:Cristian Bolton Racing(チリ)
ミカ・ブラジョー:#11 RACING Team Eyetime(フランス)
カービー・チャンブリス:Team Chambliss(米国)
マティアス・ドルダラー:Mathias Dolderer Racing(ドイツ)
マイケル・グーリアン:Team Goulian(米国)
マット・ホール:Matt Hall Racing(オーストラリア)
ニコラス・イワノフ:Team Hamilton(フランス)
ペトル・コプシュタイン:Team Spielberg(チェコ)
フランソワ・ルボット:FLV Racing Team 12(フランス)
ピート・マクロード:Cashback World Racing Team(カナダ)
室屋義秀:Team Falken(日本)
ベン・マーフィー:Blades Racing Team(英国)
マーティン・ションカ:Red Bull Team Šonka(チェコ)
フアン・ベラルデ:Team Velarde(スペイン)

チェコのマーティン・ションカが第8戦を制し、総合優勝を決めた © Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

2019シーズンはチャンピオンシップポイントを含む複数のルールが変更される
2019シーズンは、2010シーズン以来となる「予選でのチャンピオンシップポイント付与」が決定したため、パイロットは各レースの予選首位通過で3ポイント、2位通過で2ポイント、3位通過で1ポイントを獲得する。
また、これまで通り決勝レース日の最終順位に応じたチャンピオンシップポイントも付与されるが、各順位の獲得ポイント数が変更され(下図参照)、さらにはラウンド勝利ごとにボーナスポイントが加算される(ラウンド8進出で5ポイント、ファイナル4進出で3ポイント)。
2018シーズンのワールドチャンピオンが5ポイント差、2017シーズンはさらに僅差で決まったことを踏まえると、このような追加ポイントはタイトル争いに非常に大きな影響を与えることが考えられる。今回のチャンピオンシップポイントに関するルール変更は、各パイロットの戦術にも影響を与えるはずだ。

予選
1位: 3 / 2位: 2 / 3位: 1 

決勝レース
1位: 25 / 2位: 22 / 3位: 20 / 4位: 18 / 5位: 14 / 6位: 13 / 7位: 12 / 8位: 11 / 9位: 5 / 10位: 4 / 11位: 3 / 12位: 2 / 13位: 1 / 14位: 0

2019シーズンは、マスタークラスの最大荷重倍数超過 “オーバーG”に関するルールも変更
2018シーズンのマスタークラスでは「10Gが0.6秒続けば2秒ペナルティが加算され、12G記録時点でDNF(Did Not Finish / 途中棄権)」というルールが採用されていたが、2019シーズンのマスタークラスでは「11G記録時点で1秒ペナルティが加算され、12G記録時点でDNF」に変更される。

2019シーズンのマスタークラスパイロットの顔ぶれに変更はないが、チームメンバーには変更がある
フアン・ベラルデ(スペイン)は、コーチ / メンタルコーチとしてマニュエラ・ロドリゲス・マロテを迎え入れ、ニコラス・イワノフ(フランス)は、2008シーズンのワールドチャンピオン、故ハンネス・アルヒと組んだ経験を持つテクニシャン、マリウス・ハイスを迎え入れた。もうひとりのアルヒの旧チームメイト、ヴェルナー・ヴォルフルムも、ピート・マクロード(カナダ)のテクニシャンに就任した。さらに、元マスタークラスパイロット、ピーター・ポドランセックと組んでいたマーク・トラウネルが、チーム再編中のペトル・コプシュタイン(チェコ)のテクニシャンに就任した。

マーティン・ションカが最終戦を制してレッドブル・エアレース初の総合優勝

レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2018シーズンの最終戦は米国テキサス州のフォートワースで11月18日(日)に決勝が行われ、予選2位のマーティン・ションカ(チェコ)が優勝。全8戦で争われた総合成績で初めて総合優勝した。同選手は2017年、最終戦で総合優勝をつかみ損ね、今季はその雪辱を見事に果たした。

チェコのマーティン・ションカが第8戦を制し、総合優勝を決めた © Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

ションカは準決勝とも言えるラウンド・オブ・エイトで、総合1位で最終戦に臨んでいたマイケル・グーリアン(米国)と対戦し、その激戦を制して4人のパイロットによる決勝のファイナル4へ。

3番手で総合優勝の可能性が残されていたマット・ホール(オーストラリア)が53.100秒という好タイムを記録し、最終スタートのションカを残して暫定首位に立った。

そして最後にフライトしたションカは52.796秒でホールを上回り、最終戦優勝と同時にワールドチャンピオンを確定させた。

2018シーズンのションカはシーズン前半で2連続DQを喫したあと、4勝を重ねてワールドチャンピオンに輝いた。

2017シーズンで総合優勝した室屋義秀は最終戦5位。総合成績では5位となった。

室屋義秀は最終戦で5位 © Sebastian Marko/Red Bull Content Pool

会場はフォートワースにあるモータースポーツのメッカ、テキサス・モータースピードウェイ。シーズンは全8戦で行われ、第3戦は5月26、27日に日本の千葉で開催された。

チェコのマーティン・ションカ © Samo Vidic/Red Bull Content Pool

最終戦はワールドチャンピオンシップポイントが70のグーリアン、65のションカ、そして63のホールの三つ巴の戦いとなった。3者ともにラウンド・オブ14を危なげなく勝ち進むと、次のラウンド・オブ・エイトの対戦カードはグーリアン対ションカ。先行のソンカは53秒031と、ラウンド・オブ・エイトの3番手タイムだったが、グーリアンはプレッシャーのためか2秒ペナルティを2度犯してラウンド・オブ・エイトの最下位(8位、3ポイント)で終わり、ワールドチャンピオンは絶望的に。

もう一人の優勝候補ホールはファイナル4へと進出。これによりそれぞれ優勝または、自身が2位以上で相手が3位以下の場合に総合優勝という状況になった。迎えたファイナル4のフライトはホールが3番手、ションカは4番手という順番に。ホールは53秒100のタイムで先行する2選手を退けたが、ションカが最後に52秒796でゴールし、文句なしでワールドチャンピオンに輝いた。

フォートワースの自動車サーキット上空を飛ぶマーティン・ションカ © Mihai Stetcu/Red Bull Content Pool

レース後にションカは「昨シーズンとは全く異なるストーリーだ。私のスポーツにおける最大の成果を得ることができた。チェコのファンには楽しんでもらえたと思う。最後のフライトの前はできるだけ頭の中をクリアにすることに努めた。マットがいいタイムを出したことは聞いていたので、ペナルティやミスを犯すことなくハードにプッシュする必要があることは分かっていた。それを実現できたので、これ以上の喜びはない」と喜びをコメントした。

そして室屋。第6戦ウィーナーノイシュタット大会から調子を取り戻していて、今回はペナルティなく無事にラウンド・オブ・エイトに進出。対戦相手である地元米国のヒーロー、カービー・チャンブリスに先行して飛び、52秒519(決勝日2番手)でファイナル4進出かと思われたが、地元ファンの声援を受けたチャンブリスが驚異の51秒984を叩き出して敗退。5位で最終戦を終えた。

レース後に室屋は「対戦相手のカービーが本当に信じられないようなスーパーラップで飛んだので負けましたけれど、今回はラウンド14と8で非常にいいクオリティの満足いくフライトができました」とコメント。

「今年を振り返ると難しいシーズンでした。レースを展開していく上で、リズムがうまく取れなかったというのが総括です。ただ、機体のタイムと全体のセットアップは非常によく、2019年に向けてでき上がっていると思うので、来年は1レースずつていねいにポイントを積み重ねていければと思います」と振り返った。

レッドブル・エアレース最終戦の成績とシリーズ最終成績。クリックすると拡大します

●NHK BS1の放送は11月25日(日)
ラウンド・オブ・フォーティーン(R14):午後1時~1時50分
ラウンド・オブ・エイト(R8)&ファイナル4(F4):午後2時~2時50分

●JSPORTSの放送は12月7日(金)から
12月7日(金)午後10時~午後11時
12月8日(土)午前11時~午後0時
12月9日(日)午前8時~午前9時
12月9日(日)午後7時45分~午後8時45分
12月10日(月)午後9時30分~午後10時30分

フォートワースの表彰式で涙ぐむマーティン・ションカ © Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

DAZN(ダ・ゾーン)の放送
大会後1週間は『見逃し配信』でも観戦可能。
月額1750円(税別)、ドコモユーザーは月額980円(税別)、英語実況のみ

マティアス・ドルダラーが予選トップ…レッドブル・エアレース最終戦

レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2018シーズンの最終戦が米国テキサス州のフォートワースで11月17日(土)に開幕。ドイツのマティアス・ドルダラーが予選トップタイムをたたき出し、18日(日)の決勝を迎えることになった。

マティアス・ドルダラーがレッドブル・エアレース最終戦の予選でトップタイムを記録 © Sebastian Marko/Red Bull Content Pool

チェコのマーティン・ションカが予選2位。日本の室屋義秀は予選7位。2017シーズンは総合優勝を遂げた室屋だが、苦戦のシーズンとなった。
会場はフォートワースにあるモータースポーツのメッカ、テキサス・モータースピードウェイ。シーズンは全8戦で行われ、第3戦は5月26、27日に日本の千葉で開催された。

レッドブル・エアレース最終戦をフライトする室屋義秀 © Mihai Stetcu/Red Bull Content Pool

●NHK BS1の放送は11月25日(日)
ラウンド・オブ・フォーティーン(R14):午後1時~1時50分
ラウンド・オブ・エイト(R8)&ファイナル4(F4):午後2時~2時50分

●JSPORTSの放送は12月7日(金)から
12月7日(金)午後10時~午後11時
12月8日(土)午前11時~午後0時
12月9日(日)午前8時~午前9時
12月9日(日)午後7時45分~午後8時45分
12月10日(月)午後9時30分~午後10時30分

室屋ペナルティ、ラウンド・オブ14で敗退…レッドブル・エアレース第7戦

究極の三次元モータースポーツRed Bull Air Race World Championship(レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ)2018年シーズン第7戦の決勝が10月7日(日)に米国インディアナポリスで開催された。週末を通して約4万人の観客が来場したモータースポーツの聖地で、マイケル・グーリアンが米国選手として2008年以来10年ぶりにホームレースでの勝利をおさめ、再びシーズンランキング首位に返り咲いた。

インディ500の舞台として知られるインディアナポリスのモータースピードウェイ上空を飛ぶ室屋義秀 © Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

室屋義秀はフリープラクティスから安定したタイムでフライトしていたが、ラウンド・オブ14でインコレクトレベルのペナルティを犯して敗退。シーズンランキング5位に後退した。

ホームレースでの優勝により、子供のころに憧れたインディ500のヒーロー同様、有名な赤レンガ(保存されている昔のスタート/ゴールライン)に接吻できることに喜びを露わにしたグーリアン。
「なんて素晴らしい日だ! ここでの勝利はシーズン優勝にもまさるとも劣らない。今大会がマットやマルティンにとってそうなったように、私にとって(12位の)前節ウィーナーノイシュタット戦は外れだったが、全てがうまく行く日があり、それが今日だった。ここでの勝利は最高だ。誰もがワールドチャンピオンに向けて最後まで戦い抜き、それぞれの結果を手に入れたのさ」とコメントした。

インディアナポリスのモータースピードウェイで有名な赤レンガにキスをするグーリアン © Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

この日の結果を受け、グーリアンはポイントを70に伸ばして再び総合首位に。マルティン・ションカ(チェコ)が65ポイントで2位、マット・ホール(オーストラリア)が63ポイントで3位につけている。ワールドチャンピオンは11月17日(土)、18日(日)に開催される最終戦フォートワース大会で決まる。

ウィングレットを装着した室屋義秀機 © Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

室屋は、3回のフリープラクティスから予選までを4位、2位、4位、5位と安定したフライトを披露していたが、マットやマルティン同様にツキに見放され、ラウンド・オブ14の13ゲートを水平から10度以上翼が傾いた状態で通過したことでペナルティ2秒が課され、敗退した。

レース後、室屋は「フライト自体のクオリティとしては悪くなかったので、次のレースに向けてチームと目一杯準備を進めます。それが2019年の準備にもなるので、それをしっかりと行って1勝を取りたいと思います」とコメントした。ラウンド・オブ14での対戦相手ベン・マーフィーのタイムは1分7秒130と全体9位だったが、次のフライトでマーフィーはラウンド・オブ8ベストおよび自身の今大会ベストとなる1分5秒482のタイムを出し、初のファイナル4進出を果たした。

最終戦は11月17日(土)、18日(日)に米国テキサス州フォートワースのテキサス・モーター・スピードウェイで開催予定。決勝レースは日本時間の11月19日(月)早朝。

目をつむって精神統一をはかる室屋義秀 © Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

放送予定
■NHK
放送スケジュールを掲載したホームページ

■J SPORTS
10月23日(火)23:30~24:30 J SPORTS 3 第7戦インディアナポリス(米国)※初回放送
放送スケジュールを掲載したホームページ

■DAZN(ダ・ゾーン)
ライブ中継で放送。大会後1週間は『見逃し配信』でも観戦可能。月額1750円(税別)、ドコモユーザーは月額980円(税別)、英語実況のみ
視聴方法

マイケル・グーリアンが地元開催のレッドブル・エアレース第7戦で優勝

究極の三次元モータースポーツRed Bull Air Race World Championship(レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ)2018年シーズン第7戦の決勝が10月7日に米国のインディアナポリスで開催され、地元米国のマイケル・グーリアンが優勝した。

米国のマイケル・グーリアンが地元開催の第7戦を制した © Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

予選1位のマルティン・ションカ(チェコ)は10位と低迷。この結果、総合成績で3位だったグーリアンが首位ションカらを抜いてトップに立った。日本の室屋義秀は12位で、総合成績では5位。

地元のマイケル・グーリアンが有名なレンガにキス。妻のキャリン、娘のエミリーと © Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

第7戦の舞台はインディアナ州インディアナポリスのインディアナポリス・モータースピードウェイ。世界初のモータースポーツ専用施設として建造されたこのサーキットはインディ500の開催地として知られていて、この日は4万人のファンが詰めかけ、14人のエアレースパイロットによるバトルに歓声を上げた。

インディアナポリスのモータースピードウェイが第7戦の会場 © Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

全8戦で争われるレッドブル・エアレースは11月17日(土)、18日(日)に米国テキサス州フォートワースのテキサス・モーター・スピードウェイでの最終戦を残すのみとなった。

ベテランのニコラス・イワノフ(フランス)は3位 © Balazs Gardi/Red Bull Content Pool

⚫関連ニュース

ションカが予選トップ、室屋義秀5位…レッドブル・エアレース第7戦

⚫最新ニュースへ

ションカが予選トップ、室屋義秀5位…レッドブル・エアレース第7戦

究極の三次元モータースポーツRed Bull Air Race World Championship(レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ)2018年シーズン第7戦の予選が10月6日に米国のインディアナポリスで開催され、マーティン・ションカ(チェコ)がトップタイムを記録した。

インディ500で有名なインディアナポリスのスピードウェイを飛行するフランスのニコラス・イワノフ © Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

第7戦の舞台はインディアナ州インディアナポリスのインディアナポリス・モータースピードウェイ。世界初のモータースポーツ専用施設として建造されたこのサーキットはインディ500の開催地として知られ、高速低空飛行のRed Bull Air Raceの舞台としてはまさにパーフェクト。

予選トップのションカのフライト © Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

14人のエアレースパイロットがこの日の予選に出場し、スペインのフアン・ベラルデが2位、オーストラリアのマット・ホールが3位。日本の室屋義秀は5位。決勝は7日に同地で行われる。

目をつむって精神統一をはかる室屋義秀 © Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

室屋義秀スランプ脱出、開幕戦以来の2位表彰台…レッドブル・エアレース

究極の三次元モータースポーツRed Bull Air Race World Championship(レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ)2018年シーズン第6戦の決勝が9月16日(日)にオーストリアのウィーナー・ノイシュタットで初開催された。約4万人の観客が見守る中、マルティン・ションカ(チェコ)が3連勝し、シーズンランキングの首位に。室屋義秀は開幕戦のアブダビ大会以来
となる2位表彰台を獲得し、シーズンランキングが再び4位に浮上した。

左から2位の室屋、3連勝のションカ、3位のホール © Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

ウィーナー・ノイシュタットでの決勝戦は、ランキング首位のマイケル・グーリアン(米国)がラウンド・オブ14で2秒のペナルティで敗退するという波乱の幕開けで始まった。これにより、同ポイントでシーズンランキング2位と3位のションカとマット・ホール(オーストラリア)は俄然やる気を出し、それぞれ順調にラウンド・オブ8、ファイナル4に進んだ。

ファイナル4で最初に飛んだのは、これまでの不調が嘘のように、2016年の第7戦以来となるポールポジションを獲得した室屋。室屋の59.324のタイムに対して、2番目に飛んだションカは2周目のバーティカル・ターン・マニューバ(VTM)までは室屋に遅れていたものの、最後の最後でわずか0.036秒先にゴールし、優勝した。

レッドブル・エアレース第6戦ウィーナー・ノイシュタット大会を飛ぶ室屋義秀 © Armin Walcher / Red Bull Content Pool

レース後、室屋は「今シーズンは、前の3戦はタフなコンディションが続いて精神的にも非常にきつい状態でしたが、カザンからフライトの質がよく、今回はフリープラクティスから非常にいいフライトができたので、いいフィーリングをもってレースに臨めた結果だと思います」とコメント。

キャリア2度目のファイナル4進出を果たしたミカ・ブラジョー(フランス)はクリーンでスムーズなフライトだったが、室屋とションカを上回ることはできず、ホールは中盤でションカとの差を0.021秒まで詰め、そのままションカを追い抜くかに見えたが結局ションカを上回ることはできず、トップから0.083秒遅れの3位でフィニッシュした。

ファンサービスをする室屋義秀 © Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

これにより、ワールドチャンピオンシップの順位はションカとホールがグーリアンを上回り、ションカが64ポイントで首位、ホールが58ポイントで2位、グーリアンはションカに9ポイント差の3位に順位を落としている。

次戦は10月6日(土)、7日(日)のインディアナポリス大会(米国)、その次が11月17日(土)、18日(日)に米国テキサス州フォートワースのテキサス・モーター・スピードウェイでの最終戦となる。

ウィーナー・ノイシュタットのトラック © Joerg Mitter / Red Bull Content Pool