だれでもビルダーになれる…3Dプリンターカーボンバイクのアレボが人材募集

デジタル化と自動化によりカーボンファイバー複合材生産にイノベーションを起こすシリコンバレーの企業であるAREVO(アレボ)が優れた人材(営業や技術者)を積極的に採用している。同社はDefy PartnersとGGV Capitalをはじめ、Khosla Ventures、Alabasterなどが参加する25億円のシリーズB資金調達ラウンドの大部分を完了した。

これにより、創業来の資金調達総額は約65億円となった。今回資本参加するDefy Partnersからはシリアルアントレプレナーであり投資家でもあるBrian Shin氏を経営陣として招き入れ、今まで以上に多角的な経営を行っていくという。

50万通り以上の組み合わせから自身に合った自転車にカスタマイズ可能

Arevoは今回調達する資金を活用し、大型連続カーボンファイバー複合材製造ロボット「Aqua 2(アクア・ツー)」の増産を実施する。Aqua 2は、高品質化に加えて、従来機の4倍の高速印刷が可能となっている。これにより、大型(最大1立方メートル)のカーボンファイバー複合材製品の自由で迅速なオンデマンド生産が可能になる。

Superstrata Terraは2799ドル(約30万円)

高速印刷により、7月初旬からクラウドファンディングキャンペーンを実施している一般消費者向けの電動自転車「Superstrata(スーパーストラータ)」の生産速度も飛躍的に高めることが可能となる。

世界初の3Dプリンタによるカーボンバイク

eバイクのSuperstrata Ionは3999ドル(約40万円)

Superstrataは、世界初の連続炭素繊維を使ったユニボディカーボンファイバー製の自転車でありながら、顧客の体型や好みに合わせて3Dプリントされていることが特徴。キャンペーン開始3分以内に目標の10万ドルを達成し、現在は2500人以上の支援者から約400万ドルの支援を受けている。
●Superstrataの特設サイト

Arevoとは?

Arevoは複合材科学・ロボット工学・設計ソフトウェアのイノベーションにより、大型で幾何学的に複雑な連続CFRP複合材製品の設計と製造を自動化するテクノロジー企業。自動車、重工業、建設、航空宇宙などさまざまな分野の顧客に対して最先端のソリューションを提供している。 
●Arevoのウェブサイト

eバイクでゆっくりのんびり、愛媛の魅力を楽しもう

愛媛県では、2019年7月からしまなみ海道で、電動アシスト機能が付いたスポーツタイプの自転車「eバイク」の魅力を発信するプロジェクト『eバイクアクションしまなみ』を始動。2020年度もその魅力を知ってもらうために『eバイクアクション』プロジェクトを愛媛県内全域に拡大し、eバイク普及活動を行う。

2019年度、しまなみ海道ではレンタサイクルや体験イベントを実施。eバイク利用者からは「坂道もラクで、気軽に観光を楽しめる」「サイクリング経験者の友人と一緒に走るときに使いたい」といった声が。このような反応を受けて、2020年度は『eバイクアクション』プロジェクトを「しまなみ」以外に、eバイクの特性が発揮される「佐田岬(さだみさき)」「石鎚(いしづち)」「四国カルスト」を新たな注力エリアとして設定し、他にも愛媛県内各地で実施。eバイクの普及活動を行う事業者とともに、レンタサイクル、サイクリングツアーや体験イベントなど、eバイクの魅力発信を今まで以上に広域にわたって実施していく。

E-BIKEアクション参画事業者一覧(27社・団体/2020年8月現在)

  • 【しまなみエリア】 〈自転車メーカー〉グローブライド(株)、 (株)ジャイアント、 パナソニックサイクルテック(株)、 (株)プロト、 (株)BESV JAPAN、 ボッシュ(株)、 (株)ミヤタサイクル、 ヤマハ発動機(株) ※五十音順 〈レンタサイクル事業者等〉今治市サイクリングターミナル サンライズ糸山(一般社団法人 今治勤労福祉事業団)、 尾道港レンタサイクルターミナル(一般社団法人 しまなみジャパン)、 ジャイアントストア今治店・尾道店、 しまなみ温泉 喜助の湯(キスケ(株))、 せとうち交流館〈弓削レンタサイクルターミナル〉(上島町観光協会)
  • 【佐田岬(さだみさき)エリア】 道の駅 八幡浜みなっと/伊方町観光交流拠点施設 佐田岬はなはな(佐田岬広域観光推進協議会)、 一般社団法人 八幡浜市ふるさと観光公社、 伊方町観光交流拠点施設 佐田岬はなはな(NPO法人 佐田岬ツーリズム協会)
  • 【石鎚(いしづち)エリア】 西条市観光交流センター((株)ソラヤマいしづち)、 B-shop OCHI、 WINDS BIKES、 CAFÉ BASE(NPO法人K2)
  • 【四国カルストエリア】 四国カルストレンタサイクルステーション(一般社団法人 久万高原町観光協会)
  • 【愛媛県内各地】 フラワーさいくる(フジリネンサプライ(株))、 しまのテーブルごごしま、 東温市さくらの湯観光物産センター(一般社団法人 東温市観光物産協会)、 道の駅 みなとオアシスうわじま きさいや広場(宇和島市観光物産協会)、 イヌガイ自転車商会((株)イヌガイ・バイシクル)

2020年度『eバイクアクション』プロジェクト取り組み内容

『eバイクアクション』ポータルサイトでの情報発信
eバイクの魅力やルール・マナーといったeバイクの基本情報をはじめ、「しまなみ」「佐田岬」「石鎚」「四国カルスト」のおすすめサイクリングコース、愛媛県内の絶景やグルメなどおすすめ情報、レンタサイクル情報を紹介していく。さらに今後、愛媛県内で実施されるeバイク関連イベントの情報も掲載予定。 
〈eバイクアクションポータルサイト〉 https://e-bike-action.com/

2019年度のレンタサイクル利用者からの要望を踏まえ、2019年7月20日(月)から新たなサービスとして、今治⇔尾道間の乗り捨て、貸出時間も従来の6時間から4時間または1日貸し出しへと変更した。 
また、しまなみエリアのレンタサイクルターミナルでは、しまなみ海道でのeバイクサイクリングの魅力を伝えるデジタルサイネージの放映とガイドブックの配布を行っている。 

自転車搬入ルートを確保したマンションは門前仲町駅徒歩5分

お気に入りの自転車とともに暮らす、立地・デザインにもこだわりぬいたコンセプトマンション「シーフォルム門前仲町」(5階建て総戸数35戸)の入居申し込みが2020年8月1日より開始された。取り扱いは投資用ワンルームマンションの開発と販売を手がけるシーラ。

Agタイプ(1DK)

オンにもオフにも利便性の高い立地

物件は、東京メトロ東西線・都営地下鉄大江戸線「門前仲町」駅より徒歩5分、JR京葉線「越中島」駅より徒歩10分に位置し、2駅3路線利用可能な交通利便性の高いマンション。また、東京駅まで約2.2km、荒川サイクリングロードまで約5km、自転車を持ち込める電車「B.B.BASE」の発着駅である両国駅まで約2.9kmに立地。平日の通勤にも休日のサイクリングにもアクセスがよく、オンもオフも充実した時間を送れます。

自転車とともに暮らす、サイクリスト向けのコンセプトマンション

シーラは、これまで用地の仕入れから、販売・管理まで将来の資産価値を見据えた揺るぎない一貫体制でマンションをつくりあげてきていて、7月に誕生した「シーフォルム門前仲町」(総戸数35戸)は、シーラが新しく取り組んだコンセプトマンションとなる。 

2017年5月1日に自転車活用推進法が施行され、2020年夏には『自転車通勤推進企業』宣言プロジェクトの宣言企業が発表される予定で、自転車通勤を推進する企業・団体の認証制度が始まる。また、新型コロナウイルスの流行の影響もあり、社会的に自転車通勤やスポーツバイクの需要が高まっている。 

住戸内への自転車の持ち込みを前提とした間取り・設備

1階住戸には専用自転車置き場を設置、さらに共用廊下を通ることなく外から専用テラスへ直接出入りできる自転車搬入ルートを確保しているため、他の目を気にすることなく住戸内への持ち込みが可能。専用テラスはメンテナンススペースとしても活用できるよう十分な広さがあり(広さは住戸により異なる)、壁面には自転車フックを設置している。 

居室内壁面には、自転車用フック・有孔ボードが設置されていて、自転車のみでなく、市販のフックなどを自由に取り付けてホイール・ウエア・ヘルメットなどを収納することが可能。玄関はシューズボックスを吊戸棚仕様とし、自転車を直置きできるスペースを設けていて(Agタイプのみ)、ダウンライトで愛車のライトアップを楽しむことも可能。また、フローリングやクロスは汚れが目立ちにくい濃い色の仕上げ材を採用している。

充実したセキュリティ

1階住戸に設置されている自転車搬入ルートは門扉とサッシのダブルセキュリティとなっており安心で、玄関と同じ住戸キーでの施解錠ができるため利便性にも優れている。また、ハンズフリーキー「Tebra」を採用することにより、オートロックドアをハンズフリーで解錠でき、玄関ドアも「Tebraリーダ」のボタンを押すだけで施解錠ができる。他にもF22 シリンダー、防犯カメラ、セコムセキュリティの導入により安心して住むことができる。

Agタイプ(1DK)
Agタイプ(1DK)
Bタイプ(1DK)

SYFORME MONZEN-NAKACHO(シーフォルム門前仲町)
・所在地 /東京都江東区永代二丁目7番6-〇〇〇〈部屋番号〉(住居表示)
・交通 /東京メトロ東西線・都営地下鉄大江戸線「門前仲町」駅(4番出入口) 徒歩5分 JR京葉線「越中島」駅(1番出入口) 徒歩10分
・総戸数 /36戸(管理事務室1戸含む)
・販売戸数 /35戸
・建築面積 /283.37平方メートル (85.71坪)
・構造、 規模 /壁式鉄筋コンクリート造・地上5階建
・間取り /1DKタイプ(A・B・C・D・E・Gタイプ)、 1LDKタイプ(F・Hタイプ)
・竣工時期 /2020年7月31日
・入居時期 /2020年8月1日~
・売主 /株式会社シーラ
・設計、 監理 /株式会社瑠建築設計事務所
・施工 /株式会社麦島建設 東京支店
・デザイン監修 /株式会社ベイス
物件サイト

高岡亮寛が日本縦断記録を大きく更新…ギネスブック掲載へ

市民レーサーの高岡亮寛(Roppongi Express)が6日間と13時間28分で自転車による日本縦断記録を塗り替えた。ギネスブックに載る最速記録を1日と6時間09分も上回るスピードで、九州最南端の鹿児島県・佐多岬から北海道最北端の宗谷岬までの2600kmを走りきった。

高岡は8月5日午前4時に佐多岬を出発。本州は近畿地方から日本海沿岸を北上し、フェリーで北海道に渡った。そして11日17時過ぎに宗谷岬にゴール。走行距離は連日400km前後。今後、ギネスブック申請し、日本縦断最速記録として掲載される見込み。

●高岡亮寛の日本縦断ギネスレコードチャレンジ最新情報サイト

 

京都を走ろう…1万円クーポンをシェアサイクル利用者に配布

京都のきゅうべえが運営する京都のシェアサイクルサービスkotobikeは「京都を走ろうキャンペーン」と題して一人1万円のクーポンを8月末まで配布する。また、シェアサイクルのポートオーナーとなる提携店舗・施設も同時募集。3密を避けた移動手段としての社会的に重要な役割を認識し、自転車での移動をさらに推進することが目的。

「密」を避けての移動には自転車

きゅうべえでは、バスや電車移動による「京都の密」を減らすため、申し込み者全員にシェアサイクルサービス「kotobike」で利用できる「1万円クーポン」をプレゼントする。利用できるポートは京都市内に約40カ所。密を避けての京都観光はもちろん、フードデリバリーや自転車通勤、日々のお買い物などにも活用できる。

新型コロナウイルス感染症で行動に制限がかかる中で、運動不足解消や3密を避けた観光・経済活動の一助となるようキャンペーンを企画した。クーポンの配布期間・有効期間はともに8月11日(火)~31日(月)。

利用方法
1)初めてkotobikeを利用する人
まずはkotobikeのアプリをダウンロード

<iPhone>
https://apps.apple.com/jp/app/kotobike-%E3%82%B3%E3%83%88%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF-%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB/id1446396991?l=ja&ls=1
<Android>
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.qbei.sharebike

アカウント登録
クレジットカード情報を登録

メニューの「クーポンコードを入力」を選択し、 クーポンコード「runkoto」を入力

メニューの「クーポン照会」でクーポンが付与されていることを確認
※クーポンは決済時に自動消費されていきます
※アカウント登録方法は以下を参照ください
https://kotobike.jp/usability/

2)すでにkotobikeを利用いただいている方
メニューの「クーポンコードを入力」を選択し、 クーポンコード「runkoto」を入力

メニューの「クーポン照会」でクーポンが付与されていることを確認
※クーポンは決済時に自動消費されていきます

ポートオーナー募集
kotobikeでは、kotobikeの車体を設置する拠点(ポート)のオーナーを募集している。宿泊施設・小売店・駐車場などさまざまな業態のオーナーに協力を要請。設置・運用など一切費用をかけずに顧客の利便性向上の一助となるサービス。

●ポートオーナー募集の詳細ページ

東京五輪重複回避の2021ツール・ド・フランスはブルターニュ開幕

2021ツール・ド・フランスはフランスのブルターニュ半島にあるブレストで6月26日に開幕する。ツール・ド・フランス主催者のASOがレンヌのブルターニュ地域評議会で8月10日に記者発表した。

2018ツール・ド・フランスも前半戦でフィニステール県を訪問。ブルターニュだけに英国の影響を受けている地域だ

2021年の開幕地は当初、デンマークのコペンハーゲンで計画されていたが、同市がこれを返上して、ツール・ド・フランス開幕ホストシティとしての座は2022年に延期された。

これまでの経緯を簡単に整理すると…

ツール・ド・フランスは2021年7月2日に大会史上初めてコペンハーゲンで開幕すると2019年2月に早々と発表していた。ところが新型コロナウイルス感染拡大により東京五輪が2021年に延期。五輪競技初日に開催される男子ロードとツール・ド・フランスの日程が重複するという問題が生じた。

2020年はツール・ド・フランス側が配慮して日程を例年よりも1週間前倒ししたが、2021年の開幕地コペンハーゲンは、同地で開催を予定していたサッカー欧州選手権が1年延期となり、ツール・ド・フランスが1週間前倒しとなると国際大会が重複するという問題が発生。2021年のツール・ド・フランス開催を返上せざるを得なくなった。

これを受けてASOが大会日程と開幕地を再考。2021年も東京五輪のために日程を1週間前倒しし、開幕地をフランス国内のブレストとした。

ブレストは「地の果て」という意味が込められるフィニステール県にある。同県をツール・ド・フランスが出発するのは1952年、1974年、2008年に続いて4回目。ブルターニュ地方での開幕は1964年のレンヌ、1985年のプリュムレックを加えて6回目。

開幕から4ステージがブルターニュ地方で行われるが、半島特有の丘陵地が多く、序盤から総合優勝争いに影響を与える難所が設定される。

🇫🇷ツール・ド・フランス2020特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス公式サイト

ファンアーベルマートとシェアーがAG2Rシトロエンに移籍

CCCのグレッグ・ファンアーベルマート(ベルギー)とミヒャエル・シェアー(スイス)が2021年はフランスのAG2Rラモンディアル(2021シーズンはAG2Rシトロエン)に移籍することが発表された。ともに3年契約。

グレッグ・ファンアーベルマート(中央)がAG2Rラモンディアルに移籍する ©Getty Images, Vincent Curutchet

リオ五輪の金メダリストであるファンアーベルマートは35歳、シェアーは33歳。AG2Rラモンディアルは2021年にこれまでのエース格だったロマン・バルデ(フランス)を失うことから、実力選手の獲得が求められていた。

チームが変わっても目標はぶれることはない

2018ツール・ド・フランス、BMCのグレッグ・ファンアーベルマート(ベルギー)が首位に立った © ASO

「新しい冒険を始めるのがうれしく、やる気がある。ジム・オショビッチ監督とともに10年を過ごし、新しい挑戦の機会をうかがっていた。移籍先のバンサン・ラブニュ監督が評価してくれたことがうれしい。素晴らしい結果を出すために全力を尽くしたい」とファンアーベルマート。

「クラシックを勝ち取るという目標を持って、オリバー・ナーセンと一緒に働きたい。考えただけでもエキサイティングだ。チームが変わろうとボクの目標は常に同じ。ツール・デ・フランドルとパリ・ルーベで勝つこと。そしてツール・ド・フランスのステージ勝利と、できるだけ長くマイヨジョーヌを着ることだ」

ミヒャエル・シェアー

●AG2Rラモンディアルのホームページ

ロマン・バルデがサンウェブ移籍…2021年から2年契約

驚異的なクライマーであるフランスのロマン・バルデが2021シーズンは、プロデビューから所属してきたフランスのAG2Rラモンディアルを離れ、ドイツのサンウェブに移籍することが発表された。2年契約。

2021年からサンウェブに移籍することが発表されたロマン・バルデ(左)

ツール・ド・フランスではステージ3勝、総合2位と3位、そして山岳王にもなったフランス期待の選手。さらにワンデーレースでの実績があり、2018世界選手権で銀メダルを獲得し、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュで3位、ストラーデビアンケで2位になっている。

さまざまな地形で戦う汎用性があるバルデ。2012年からAG2Rラモンディアルでプロになり、多くの経験を積んできた。29歳と円熟のときを迎え、初めて海外チームで走ることになった。

サンウェブとサインできてとてもうれしい。現在のチーム以外のオプションを検討する場合、機材やチーム運営に最新技術を取り入れて、機能しているチームを見つけることが非常に重要だと思った。スポーツについて明確なビジョンを持ち、MPCC(信頼ある自転車競技のための運動団体)のメンバーであることも必要だった」とバルデ。

キャリアの中で移籍のタイミングとしては最適

ロマン・バルデ

「サンウェブでは、特定の目標や特定のレースをターゲットにせずにスタートするチャンスだ。まず基本に焦点を当て、アスリートとしてあらゆる分野を改善するために一生懸命に努力したい。その後に、レースのスケジュールと目標を見つけていく」

今回の移籍の機会はバルデのキャリアとして適切なタイミングだという。そして最後に、「AG2Rラモンディアルには本当に感謝しかない」と語った。

AG2Rラモンディアルは2021シーズンにAG2Rシトロエンと名称を変更させる予定だが、ずっとエースとして起用してきたバルデの穴を埋めるため、CCCからリオ五輪金メダルのグレッグ・ファンアーベルマート(ベルギー)とミヒャエル・シェアー(スイス)を3年契約で迎え入れることになった。

●サンウェブのホームページ