群馬の山岳を紹介した「とねぬま自転車ひとっ旅」サイト公開

群馬県利根沼田地域のサイクリングの魅力を発信する利根沼田サイクリング情報サイト「とねぬま自転車ひとっ旅」がオープンした。現在開催中のサイクリングキャンペーン「ツール・ド×10000UP」をはじめ、サポートツアーやライドイベントの開催、オリジナルの全12コースや、おすすめサイクリングスポットを紹介している。

全国各地でサイクルツーリズム事業(自転車・サイクリングを活用した観光振興事業)を展開する一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパンが、群馬県の利根沼田サイクルツーリズム推進委員会の委託により運営する。

サイクリング情報サイト「とねぬま自転車ひとっ旅」とは

温泉、キャンプ、レジャー、ウィンタースポーツで有名な群馬県の利根沼田地域で本格的にたくさん走りたい人、のんびり観光も楽しみたい人、いつもより少しチャレンジをしてみたい人のサイクリングライフを応援し、サイクリングルートやイベント、スポット情報を発信していく。

●とねぬま自転車ひとっ旅のホームページ

3年ぶり開催のツール・ド・フランスさいたま…前日イベント観覧募集開始

J SPORTSが11月6日に開催される「J:COM presents 2022ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」を生中継する。動画配信サービス「J SPORTSオンデマンド」でもLIVE配信。レース前日の11月5日には、さいたまクリテリウムに出場する選手たちをゲストに迎えた豪華イベントも開催。J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

2019ツール・ド・フランスさいたま前夜祭 ©Yuzuru SUNADA

8回目の開催を迎えるさいたまクリテリウムは、世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」の名を冠してさいたま新都心駅周辺で開催される大会。新型コロナウイルスの影響により2年間開催が見送られたが、3年ぶりに開催される。

ツール・ド・フランスなど世界トップクラスのレースで活躍する選手たちが出場し、1周約3.5kmを17周して優勝を争う「クリテリウムメインレース」を中心に盛りだくさんの内容が予定されている。2022年のツール・ド・フランスで総合優勝を果たしたヨナス・ビンゲゴー(ユンボ・ビスマ)、ツール・ド・フランス史上最多タイ記録となるステージ通算34勝のマーク・カベンディッシュ(クイックステップ・アルファビニル)ら世界トップ選手が出場を予定。

レース前日の11月5日には、J SPORTSによるイベント「2022ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム 前夜祭スペシャル」を3年ぶりに開催。翌日のレースに出場予定の豪華選手を迎え、普段のレース中には見られないような選手の一面が見られる企画だ。イベントにJ SPORTS契約者や、サイクルロードレース優勝予想「サイクル誰クル?」ユーザーを招待。イベントの模様はJ SPORTSオンデマンドでLIVE配信、翌日に録画放送も行う。

2019ツール・ド・フランスさいたま ©Yuzuru SUNADA

2022 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム前夜祭スペシャル

日時  2022年11月5日(土) 午後5:00~午後6:00(開場 午後4:00)予定
●会場  さいたまスーパーアリーナ(さいたま新都心駅 徒歩3分)
●内容  「J:COM presents 2022 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」に出場する選手をゲストに迎えたスペシャルイベント。世界トップ選手によるトークやクイズ大会など、レースでは見られない選手たちの楽しげな表情に注目。 
●イベント進行  栗村修(J SPORTSサイクルロードレース 解説)
谷口廣明(J SPORTSサイクルロードレース 実況)
●出演選手  ヨナス・ビンゲゴー(ユンボ・ビスマ、 2022 ツール・ド・フランス 総合優勝)
  ※ほか追加ゲストは後日発表
●募集人数  250名 予定(1名あるいは2名での参加)
●応募対象者 
・2022年10月にJ SPORTS契約している人
[テレビ視聴者]
上記対象期間中にJ:COMなどCATVでJ SPORTS 4を視聴している人
上記対象期間中にスカパー!でJ SPORTS 4を含む商品を視聴している人
[J SPORTSオンデマンド等配信サービスで視聴している人]
上記対象期間中にJ SPORTSオンデマンド総合パック、 またはサイクルロードレースパック、 
Amazon Prime VideoチャンネルのJ SPORTSを契約している人
応募ページ  https://www.jsports.co.jp/cycle/saitama2022/event/
・サイクルロードレース優勝予想「サイクル誰クル?」にて下記3レースすべてで優勝予想投票に参加した人
  10月6日(木) グラン・ピエモンテ、 10月8日(土) イル・ロンバルディア、 10月9日(日) パリ~トゥール
  応募ページ  https://www.jsports.co.jp/news/1477/
※10月にJ SPORTSを契約し、サイクル誰クル?の3レースの投票に参加している人は各応募ページより計2回応募できる。 
●応募締切   2022年10月16日(日) 午後11:59まで

フルーム、ニバリ、バルベルデ、G参戦…ツール・ド・フランスさいたま

11月6日に開催されるツール・ド・フランスさいたまに、2022総合優勝のヨナス・ビンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ビスマ)に加えて、クリストファー・フルーム、ゲラント・トーマス、ビンチェンツォ・ニバリの歴代覇者が参戦する。アレハンドロ・バルベルデとニバリは今季限りでの引退。

ゲラント・トーマス(2018ツール・ド・フランス総合優勝)

マイヨジョーヌを着用するゲラント・トーマス

ヨナス・ビンゲゴー(2022ツール・ド・フランス総合優勝)

自転車を掲げたビンゲゴー ©A.S.O. Pauline Ballet

アレハンドロ・バルベルデ(2018世界チャンピオン)

バルベルデがログリッチを抑えて2019ブエルタ・ア・エスパーニャ第7ステージ優勝 ©Photogómez Sport

ビンチェンツォ・ニバリ(2014ツール・ド・フランス総合優勝)

故郷メッシーナで今季限りでの引退を明かしたビンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナカザクスタン) ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse

クリストファー・フルーム(2013、2015、2016、2017ツール・ド・フランス総合優勝)

2015ツール・ド・フランス総合優勝のフルーム

ギヨーム・マルタン(2020ブエルタ・ア・エスパーニャ山岳賞)

山岳賞のギヨーム・マルタン ©PHOTOGOMEZSPORT2020

ヤスパー・フィリプセン(2022ツール・ド・フランス区間2勝)

2021ブエルタ・ア・エスパーニャでステージ2勝目を挙げたフィリプセン ©PHOTOGOMEZSPORT2021

マーク・カベンディッシュ(ツール・ド・フランス歴代最多ステージ優勝)

2022ジロ・デ・イタリア第3ステージを制したカベンディッシュ ©LaPresse

2022ツール・ド・フランスさいたま出場選手
●イネオスグレナディアーズ
ゲラント・トーマス(英国)
ジョナタン・カストロビエホ(スペイン)
マグナス・シェフィールド(米国)
●ユンボ・ビスマ
ヨナス・ビンゲゴー(デンマーク)
ステフェン・クライスバイク(オランダ)
セップ・クス(米国)

セップ・クスが2019ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージで優勝 ©Photogómez Sport

●モビスター
アレハンドロ・バルベルデ(スペイン)
エンリク・マス(スペイン)
ホセ・ロハス(スペイン)
イマノル・エルビティ(スペイン)

エンリク・マス©Unipublic Sprint Cycling Agency

●アスタナ・カザクスタン
ジャンマルコ・ガロフォリ(イタリア)
ビンチェンツォ・ニバリ(イタリア)
サムエーレ・バティステッラ(イタリア)
アントニオ・ニバリ(イタリア)
●イスラエル・プレミアテック
ユーゴ・ウル(カナダ)
ギヨーム・ボワバン(カナダ)
クリストファー・フルーム(英国)
サイモン・クラーク(オーストラリア)

2021ツール・ド・フランス、トッシュ・ファンデルサンドとユーゴ・ウルが第10ステージで逃げた ©A.S.O. Charly Lopez

●コフィディス
マキシミリアン・バルシャイド(ドイツ)
トム・ボーリ(スイス)
シモン・ゲシュケ(ドイツ)
ギヨーム・マルタン(フランス)
●アルペシン・フェニックス
ヤスパー・フィリプセン(ベルギー)
●クイックステップ・アルファビニル
マーク・カベンディッシュ(英国)
●バーレーンビクトリアス
新城幸也(日本)

●ツール・ド・フランスさいたまのホームページ

パールイズミのスタンダードな秋冬用プリントジャージが新登場

パールイズミは、2022年秋冬新商品として「プリント ジャージ」をサイクルショップやスポーツ用品店などで発売する。

プリント ジャージはバイクのカラーとも相性のいい定番カラー や、明るいカラーにスポーティーでシャープなプリントパターンの15 ℃対応のジャージ。ストレッチ性に優れ、あたたかさと吸汗性を両立したサーモドレスネオ素材を採用した秋冬の定番アイテム。

3455-BL / プリント ジャージ(チーム)

メンズの一部カラーにはワイドサイズも用意される。

W7455-BL / プリント ジャージ(ジュエル)

3455-BL / プリント ジャージ B3455-BL / プリント ジャージ(ワイドサイズ)

【カラー】27. チーム(ワイドサイズあり) 28. セクション 29. トリコライン 30. ネービーカモ 31. ヘザーグレー
【価格】●3455-BL 14,080円(税込) ●B3455-BL 15,180円(税抜)
【サイズ】●3455-BL S, M, L, XL ●B3455-BL BM, BL, BXL
【素材】サーモドレスネオ
【商品特徴】
□サーモドレスネオ:保温性・吸汗速乾性に優れ、ストレッチ性のある素材
□3バックポケット

W7455-BL / プリント ジャージ

W7455-BL / プリント ジャージ(ポップ)

【カラー】4. ジュエル 5. フロスト 6. ポップ
【価格】14,080 円(税込)
【サイズ】S, M, L, XL
【素材】サーモドレスネオ
【商品特徴】
□サーモドレスネオ:保温性・吸汗速乾性に優れ、ストレッチ性のある素材
□3バックポケット

●パールイズミのホームページ

アプリを使って茨城県最高峰の山を走る参加無料のツール・ド×大子

サイクリングアプリ「ツール・ド」を使って、茨城県最高峰である八溝山を目指すルートを含む大子町周辺のオリジナル山岳コースを走ることでオリジナルグッズや記念品がもらえるキャンペーン「ツール・ド×大子」が2022年9月3日(土)~11月23日(水・祝)の期間限定で実施 される。

2021年は「坂好きの盃」という完走グッズが坂好きの間で話題となり、今回期間を3カ月に拡大しての開催。

茨城県大子町が主催。全国各地でサイクルツーリズム事業(自転車・サイクリングを活用した観光振興事業)を展開する一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパンが運営。

◆コース紹介

【1】八溝山コース(60.2km/獲得標高 1,302m)

茨城県最高峰1022mを誇る八溝山の山頂にある展望台を目指すコース。八溝林道の鳥居をくぐってから山頂まではタイムアタックスポットで、宇都宮ブリッツェンの及川選手は25分02秒、「山は性癖」篠さんは29分43秒で走破。ぜひ茨城県最高峰へのタイムアタックにチャレンジしてみよう。
●コースの詳細ページ

【2】パノラマラインコース(79km/獲得標高 1,857m)

絶景が続く林道「奥久慈パノラマライン」と「武生林道」を走るコース。アップダウンが続く道路で走りごたえは抜群。途中本州最大級の吊橋、「竜神大吊橋」や茨城県でも最も有名な観光スポット「国名勝 袋田の滝」にも立ち寄るので奥久慈エリアの観光も満喫できる。
●コースの詳細ページ

【3】大子 1 周チャレンジコース(132km/獲得標高 3,325m)

アップダウンが続くコースで走りごたえは抜群。奥久慈の有名な観光スポットである「袋田の滝」「竜神大 吊橋」も巡るので五感で奥久慈の魅力を感じることができる。大子町の魅力を1日で堪能できる、高難度チャレンジコース。上記コース完走で「八溝山コース」「パノラマラインコース」の完走が認められる。
●コースの詳細ページ

◆完走特典

本キャンペーンオリジナルコースを 1 つ完走するごとに、オリジナルグッズをプレゼントします。 「八溝山コース」を完走した方には坂好きの盃、「パノラマラインコース」を完走した方には坂好きの徳利 をプレゼントします。奥久慈温泉郷の気分を感じながら、盃と徳利でしっぽり茨城県の地酒を味わってく ださい。

●ツール・ド×大子のホームページ