五輪開催可否にぶれず集中したい…ボート冨田千愛

ボート女子軽量級ダブルスカルで東京五輪代表となった関西電力の冨田千愛(とみたちあき)が5月14日、リモート会見に応じ、コロナ禍での揺れ動く心境と五輪への思いを語った。軽量級ダブルスカルでは大石綾美(アイリスオーヤマ)とペアを組むが、2016年リオデジャネイロ五輪に続くペアとなる。

冨田千愛。2019年世界選手権では日本女子ボート界初の快挙である2位に

選考から外れたクルーを思って喜びは封印

鳥取県出身。明大大学院卒。現在は福井県に活動拠点を置いての選手活動。女子軽量級シングルスカルの第一人者でもあり、2019年世界選手権では日本女子ボート界初の快挙である2位に入った。ただし軽量級のこの種目は五輪になく、もう1人とペアを組んでダブルスカルにエントリーする必要がある。

今回の代表選手選考はかなり複雑だった。

5年前はアジア予選で勝てば代表になれたが、今回は勝つだけではなく、日本の4クルーの中で「上位進出が期待できる」というパーセンテージによって2クルーが選考されるという条件だった。

5月5日から7日まで海の森水上競技場で行われるアジア・オセアニア大陸予選で、大石と冨田は女子軽量級ダブルスカルで優勝し、最終日のレース終了後に開催された日本ボート協会選考委員会が行われ、男子シングルスカルとともに女子軽量級ダブルスカルが東京五輪に派遣されることになる。

「アンチドーピングの検査が長くなってしまい、会場に戻ったときに大石選手に決まったと耳打ちされました。でも4クルーのうち2クルーしか五輪代表となれなかったので、他の2クルーのことを考えてあまり喜ぶのは失礼だなと思ました」

選考から外れたのは男子軽量級ダブルスカルの西村光生(アイリスオーヤマ)と古田直輝(NTT東日本)、女子シングルスカルの米川志保(トヨタ自動車)だったが、世界最終予選が5月15日から17日までスイスのルツェルンで開催されここで2位以上に入ると東京五輪出場権が与えられる。

「コロナ禍で苦労してきた全員がチームという思いが私にはあって、みんなで五輪に出場したいという気持ちも強いです」と冨田。

女子軽量級シングルスカルの冨田千愛(写真は準決勝のもの)

五輪をやる・やらないは選手としてはどうすることもできない

初参加のリオ五輪はどんなものかわからなかったので、がむしゃらになるしかなかったという。そして今回の東京五輪は1年延期になり、依然としてコロナ感染拡大も収束の兆しが見えず、「うれしいというだけの気持ちではありません」という。

苦しい時代が続いた。「どうなるのかなと思っていました」という。

「いまはスポーツをやっている場合ではないのかもという気持ちもありました。(五輪へのアプローチとなる)予選会さえできるかわからない状況でした。五輪をやる・やらないは選手としてはどうすることもできないので、五輪に出るという気持ちを抑え、レースに勝つことに集中していました」

目標は五輪ではなく、とにかく目の前にあることに淡々と集中していたという。

17日からスイスのワールドカップへ。2019年の世界選手権が最後の国際大会だったので、じつに2年ぶりの海外有力勢との対決となる。

「出場選手は五輪のセミファイナルに進出できる実力者ばかりなので、そこでどれだけ戦えるか、次の課題が見えてくる。東京五輪では決勝進出が目標です」

リオ五輪が終わって調子を落としていたときに福井県に活動拠点を移した。嶺南と言われる県の西部に住み、三方五湖で練習を積んでいる。

「湖だけど海水も混ざっていて、かなり荒れたコンディションになる」

東京五輪のボート会場である海の森水上競技場もいわゆる海上コースで、潮に流されたりする。それを修正しながらのレースになることが想定され、同様のコンディションで対応する力をつけていきたいという。

「福井県の食べものと言えばへしこが有名です。あまり食べたことがなくて、おいしくないよといわれていたけど、私は口に合いました。もともと鳥取なので海のものは慣れていたんだけど、こちらもおいしいものばかりです」

住み始めたときは、方言が関西弁に似たところがあって怖かったという。

「自動車教習所で私が鈍くさいこともあったんですけど、結構怒られました。でも福井の人たちは本当は優しく、みな家族のように接してくれます」

●日本ボート協会のホームページ

マーダーV、バルテルがハンガリー選手として初のマリアローザ

第104回ジロ・デ・イタリアは5月13日、グロッテ・ディ・フラザッシ〜アスコリピチェーノ間の160kmで第6ステージが行われ、バーレーンビクトリアスのジーノ・マーダー(スイス)が優勝。グルパマFDJのアッティラ・バルテルが首位に立ち、ハンガリー選手として初のマリアローザを着用した。

バーレーンビクトリアスのジーノ・マーダー ©LaPresse

バルタリに続く2人目の「ジーノ」の勝利

マーダーは前日にチームエースであるミケル・ランダ(スペイン)を落車骨折で失い、この日は自らの勝利のために走った。6人の第1集団から残り15kmの最後の山岳で単独となり、そのままゴールまで逃げ切った。

「昨日はクラッシュでミケルを失うという悲しい日だった。今日は別のゴールがあった。ミケルを守る必要はもうなく、積極的にレースをして逃げようと思った。マテイ・モホリッチが信じられないほどの仕事をしてくれた」とマーダー。

「彼は私を信じていて、昨日、私が勝つためのステージになると言ってくれた。こんな勝利をつかむことができてうれしい」

ジーノという名前はイタリアの英雄ジーノ・バルタリと同じで、それ以来となるステージ優勝にイタリア各紙は着目した。

「じつはジーノ・バルタリをよく知らない。両親はサイクリストで、同じ名前を持つことを光栄には思うが、バルタリが活躍した時代から遠く離れているし、私はおそらく彼のレベルに達することはできないと思う。私にとってジロ・デ・イタリアは常に世界で最も美しいレース。いつも参加することを夢見ていたレースだった。そんな夢舞台でステージ勝者になることはさらにいいことだ」

2021ジロ・デ・イタリア第6ステージ ©Fabio Ferrari/LaPresse

22歳のアシスト要員が初のマリアローザ

総合優勝を争う有力選手は、イネオス・グレナディアスのエガン・ベルナル(コロンビア)がアタック。ドゥークニンク・クイックステップのレムコ・エベネプール(ベルギー)がこれに反応。バルテルもこれに食らいつき、総合成績で初めて首位に躍り出た。22歳のバルテルはティボー・ピノ(フランス)のアシスト役として起用されたが、ピノが背中の痛みで欠場し、チャンスを得た。

エガン・ベルナルら有力選手が積極的な動きを見せた ©Fabio Ferrari/LaPresse

「レムコとベルナルから首位の座を奪ってしまい申し訳ないとは思うが、彼らはチャンスを持つことになった。今日はなんとか彼らに固執した。フィニッシュに近づくほど、マリアローザを着ると信じていた。このジャージのために人生と戦ってきた。それが現実のものとなって幸せだ」とバルテル。

「最近はよく走れている。マリアローザを獲得したことに満足しているけど、もっとスゴいことができたとしても驚かないだろう。できるかぎり首位を守ることで今後の自信になってくれる。いつかは最終日にマリアローザを獲得するためにこのレースに戻ってきたい。コロナ禍で母国のブダペストでジロ・デ・イタリアが開幕する計画はなくなってしまったけど、いつかは実現することを望んでいる」

ジーノ・マーダーが初優勝 ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)アレッサンドロ・デマルキ(イタリア、イスラエルスタートアップネーション)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)ジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、ケベカアソス)
マリアアッズーラ(山岳賞)ジョセフロイド・ドンブロウスキー(米国、UAEエミレーツ)
□マリアビアンカ(新人賞) アッティラ・バルテル(ハンガリー、グルパマFDJ)

アッティラ・バルテルがハンガリー選手として初めてのマリアローザ ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse

第5ステージにもどる≪≪   ≫≫第7ステージにすすむ

ジロ・デ・イタリア公式サイト
🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集サイト
出場184選手リスト

トラックネイションズカップ香港で男子チームスプリント優勝

2021シーズン初戦となるUCIトラックネイションズカップ香港大会が5月13日から16日までの4日間にわたり、中国・香港で開催。大会初日となる13日に、日本勢は小原佑太中野慎詞深谷知広の男子チームスプリントで1位、男子チームパーシュートで3位となった。

UCIトラックネイションズカップ香港大会の男子チームスプリントで優勝したドリームシーカー ©日本自転車競技連盟

日本勢は男子チームパーシュート、男子チームスプリントに出場。男子チームスプリント決勝はスペインと対戦。2周完了時点で日本はスペインに0.191秒の差をつけられていたが、3走の深谷知広が逆転し、優勝を飾った。

●男子チームパーシュート
1位  ドイツ 3:52.429
2位  デンマーク 3:56.800
3位  日本(橋本英也、今村駿介、兒島直樹、窪木一茂) 4:04.303

●男子チームスプリント
1位  ドリームシーカーレーシング/日本(小原佑太、中野慎詞、深谷知広) 44.617
2位  スペイン45.1773
位  ウクライナ 45.816

男子チームスプリント選手コメント
小原佑太(ドリームシーカー/JPCU青森)
「今大会は優勝できると思っていたが、新メンバーとしていいタイムを出すのが目標でした。世界選手権を考えると自身の走りに納得はできないところもあり、うれしさ半分であった。次に活かせるよう調整したい」
次は15日のケイリンに出走予定

中野慎詞(ドリームシーカー/早稲田大/日本競輪選手養成所)
「初めてのネイションズカップで自身の持てる力を出し切れたが、足を引っ張っている。今後は危機感を持って強化・修正に取り組みたい。また、今回は緊張して興奮したのが走りにも出ており、気持ちのコントロールが重要だと感じた。新型コロナウイルス感染対策が厳重だが、今後海外で戦う際は制約の中で力を発揮しなければならないのでいい経験となった」
次は15日のケイリンに出走予定

深谷知広(ドリームシーカー/JPCU静岡)
「タイムはよくないが、新メンバーとしての第一歩としては悪くなかった。スケジュールがタイトだったが比較的落ち着いて走れた。新型コロナウイルス感染対策で不便はあるものの、安心して参加できている」
次は16日のスプリントに出走予定

●UCIトラックネイションズカップ香港大会のホームページ

簡単に上下が分離するからトイレ時にあわてないビブパンツ

パールイズミは2021年春夏新商品として、「コールドシェイド クイック ビブ パンツ」をサイクルショップやスポーツ用品店などで発売する。1万5400円(税込)。

コールドシェイド クイック ビブ パンツ

コールドシェイド クイック ビブ パンツは、簡単に上下がセパレートできてトイレ時の着脱もスムーズなクイックビブ(国際特許取得5622983号)を採用したビブパンツ。今シーズンからより着脱しやすくするために、ジョイント部分のフックをアップデートした。

コールドシェイド クイック ビブ パンツ(背面)

素材はUVカット機能を持ち、太陽光を遮蔽して衣服内温度の上昇を抑えるコールドシェイ ドを採用。パッドには3層構造のクッション圧でオールラウンドに活躍する3D-アールを装備している。

前面フックと周囲のファスナーで上下が簡単にセパレートする仕様
前面フック部拡大

T221-3DR / コールドシェイド クイック ビブ パンツ
【カラー】2. ブラック
【価格】1万5400円(税込)
【サイズ】M, L, XL

●パールイズミのホームページ

ツール・ド・熊野が2021年当初予定の開催を断念

UCI(国際自転車競技連合)公認の国際自転車ロードレース、第22回ツール・ド・熊野が2021年6月4日から6日に予定されていた大会の開催を断念した。今後の開催時期については、新型コロナ感染の状況を見て、同大会実行委員会で検討していく。

丸山千枚田を行く第21回ツール・ド・熊野第2ステージ ©︎Tour de Kumano 2019

大会実行委員会では、新型コロナウイルス感染の世界的な流行が収まらない状況を踏まえ、WHO(世界保健機関)や日本政府など関係機関の対応や、他の国際的なスポーツイベントなどの動向を注視しながら、大会の開催に向けて関係各位とともに準備、検討を重ねてきた。

5月7日に3度目の緊急事態宣言が延長されることが政府により決定されたことを受け、急きょ実行委員会を開催し、現在の準備状況と社会情勢を踏まえ協議をした結果、参加者・ボランティア・スタッフ、地域住民への感染リスクを減らすことを最優先であると考え、大会を開催することは困難であると判断し、当初予定での開催は見送ることにしたという。

●ツール・ド・熊野のホームページ

新城幸也のチームエース、ランダが骨折リタイア…ジロ・デ・イタリア第5S

第104回ジロ・デ・イタリアは5月12日、モデナ〜カットーリカ間の177kmで第5ステージが行われ、ロット・スーダルのカレブ・ユアン(オーストラリア)がゴール勝負でケベカアソスのジャコモ・ニッツォーロ(イタリア)を制して優勝した。2年ぶり4勝目。

チーム賞1位で登壇した新城幸也(右端)らバーレーンビクトリアスだが、ミケル・ランダの負傷リタイアに笑顔なし ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse

前日に首位に立ったイスラエルスタートアップネーションのアレッサンドロ・デマルキ(イタリア)がその座を守った。22秒遅れの総合2位、ジョセフロイド・ドンブロウスキー(米国、UAEエミレーツ)は残り4km地点で発生した落車に巻き込まれて遅れ、総合成績を大きく落した。

カレブ・ユアン(右)がジャコモ・ニッツォーロ(左)を制して優勝 ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse

新城幸也が所属するバーレーンビクトリアスでも、総合成績の上位がねらえる好位置につけたミケル・ランダ(スペイン)が落車骨折でリタイア。エース寄り添ってしばらく待機した新城は制限時間内ながら区間177位でゴールした。

2021ジロ・デ・イタリア第5ステージ ©Fabio Ferrari/LaPresse
2021ジロ・デ・イタリア第5ステージ ©Fabio Ferrari/LaPresse
2021ジロ・デ・イタリア第5ステージ ©Fabio Ferrari/LaPresse

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)アレッサンドロ・デマルキ(イタリア、イスラエルスタートアップネーション)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)ジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、ケベカアソス)
マリアアッズーラ(山岳賞)ジョセフロイド・ドンブロウスキー(米国、UAEエミレーツ)
□マリアビアンカ(新人賞) アッティラ・バルテル(ハンガリー、グルパマFDJ)

山岳ジャージを着るジョセフロイド・ドンブロウスキーも落車で傷つく ©Marco Alpozzi/LaPresse

第4ステージにもどる≪≪   ≫≫第6ステージにすすむ

ジロ・デ・イタリア公式サイト
🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集サイト
出場184選手リスト

ドンブロウスキーV、デマルキ首位…ジロ・デ・イタリア第4S

第104回ジロ・デ・イタリアは5月11日、ピアチェンツァ〜セストラ間の187kmで第4ステージが行われ、UAEエミレーツのジョセフロイド・ドンブロウスキー(米国)が独走で初優勝。13秒遅れの区間2位に入ったイスラエルスタートアップネーションのアレッサンドロ・デマルキ(イタリア)が首位に立った。

ジョセフロイド・ドンブロウスキーがジロ・デ・イタリア第4ステージ優勝 ©LaPresse

「とてもハードなステージだった。逃げ切れるとは思っていなかったが、先頭集団のボクたちがメイン集団に6、7分差をつけていることを聞いて、自分自身を信じることにした。最後の坂でアタックをして、優勝をものにできた」とドンブロウスキー。

2021ジロ・デ・イタリア第4ステージ ©Fabio Ferrari/LaPresse

「だれにも言っていなかったけど、2日前からマリアローザを取ることを考えていた。今日はいい判断ができた。ラッキーが手助けしてくれたかも知れない。マリアローザは子どものころからの夢だった。とりわけイタリア人にとってはね」と、34歳にして初めてマリアローザを獲得したデマルキ。

ミケル・ランダがエガン・ベルナルやジュリオ・チッコーネの様子をうかがう ©Fabio Ferrari/LaPresse

大会最初の山岳ステージは総合優勝を争うエース選手の動きも積極的だった。イネオス・グレナディアスのエガン・ベルナル(コロンビア)、アスタナ・プレミアテックのアレクサンドル・ウラソフ(ロシア)、バーレーンビクトリアスのミケル・ランダ(スペイン)、EFエデュケーションNIPPOのヒュー・カーシー(英国)が抜け出し、ドゥークニンク・クイックステップのレムコ・エベネプール(ベルギー)、DSMのロマン・バルデ(フランス)、バイクエクスチェンジのサイモン・イェーツ(英国)、イスラエルスタートアップネーションのダニエル・マーティン(アイルランド)に11秒差をつけた。

トレック・セガフレードのビンチェンツォ・ニバリ(イタリア)は34秒遅れ。2020年に活躍したDSMのジェイ・ヒンドレー(オーストラリア)とドゥークニンク・クイックステップのホアン・アルメイダ(ポルトガル)は4分以上遅れた。

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)アレッサンドロ・デマルキ(イタリア、イスラエルスタートアップネーション)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)ティム・メルリール(ベルギー、アルペシン・フェニックス)
マリアアッズーラ(山岳賞)ジョセフロイド・ドンブロウスキー(米国、UAEエミレーツ)
□マリアビアンカ(新人賞) アッティラ・バルテル(ハンガリー、グルパマFDJ)

アレッサンドロ・デマルキがマリアローザ ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse

第3ステージにもどる≪≪   ≫≫第5ステージにすすむ

ジロ・デ・イタリア公式サイト
🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集サイト
出場184選手リスト