ツール・ド・フランスさいたまは2年連続で開催見送り

ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムが2021年の開催を⾒送った。日本の主催団体である⼀般社団法⼈さいたまスポーツコミッションが7月20日に発表した。2013年から2019年まで7年開催されてきたが、2020年は新型コロナウイルス感染拡大により中止。今回も同様の理由。

主催者は2021年の開催に向けて、新型コロナウイルス感染症の感染状況を注視しながら、万全の感染対策を整え、安⼼・安全な⼤会として開催できるように準備を進めていた。

現在はさまざまな新型コロナウイルス感染症対策が進められいるが、国内の感染拡⼤の状況は、依然として予断を許さない状況であることを踏まえ、開催規模の⾒直しや開催⾒送りなど、あらゆる方向性をさまざまな面から検討を⾏い、協議を重ねてきたという。

「その結果、さいたま市⺠をはじめ、出場選⼿や関係者のみなさま、⼤会に⾜を運んでくださるさいたまクリテリウムファン のみなさまの安⼼と安全が最優先との結論に⾄り、2021年においても、開催を⾒送る決断をいたしました」と同法人。

「2020年の⼤会に続き、2021年の⼤会も、このような決断を下さざるを得ないことは⼤変残念であり、⼤会を楽しみにしてくださっているみなさまに、ツール・ド・フランスで活躍した選⼿をご覧いただく機会を提供できないことは、⼤変⼼苦しく感じています。私たちは、1日も早く新型コロナウイルス感染症が終息することを⼼から願うとともに、次回⼤会において、これまで以上に皆様にお楽しみいただき、⼼に残る⼤会となるよう尽⼒してまいります」(さいたまスポーツコミッション)

●ツール・ド・フランス公式サイトのさいたまページ

東京五輪ロード開催で静岡県内は大規模交通規制

東京2020オリンピック自転車競技ロードレースが7月24日(土)に男子、 25日(日)に女子が開催される。自転車競技ロードレースは公道で実施する競技で、大会当日は静岡県内で大規模な交通規制が行われる。 

富士山と富士スピードウェイ

7月24日(土)に行われる男子ロードレースは総距離244km。静岡県内は小山町、御殿場市、裾野市の公道でレースが行われる。東京・武蔵野の森公園をスタートし、東京都神奈川県、 山梨県を通過した後、籠坂峠から静岡県に入る。

小山町の須走を通過し、富士山麓周回コースと呼ばれる南富士エバーグリーンラインや富士山スカイラインを走り、富士スピードウェイ方面に進む。その後、明神峠・三国峠を超えて山梨県山中湖を走行し、再度籠坂峠から静岡県に入り富士スピードウェイを目指す。

東京オリンピック自転車競技ロードレース(男子)コース詳細

7月25日(日)に行われる女子ロードレースは、小山町、御殿場市の公道を走行。静岡県に入るまでは男子と同じコース。籠坂峠から静岡県に入った後は、小山町の須走を通過し富士スピードウェイを目指す147kmのコースとなる。

東京オリンピック自転車競技ロードレース(女子)コース詳細

公道でのレースのため、静岡県内では大規模な交通規制が行われる。静岡県内は長時間の規制となるので、あらかじめ規制箇所、規制時間、迂回路を確認して移動する必要がある。

富士山の登山をする人は、登山口の近くで交通規制が行われるので、周辺道路の混雑等の可能性もある。時間に余裕を持った行動が必要。詳細は、大会組織委員会のホームページで。 

●自転車競技ロードレース交通規制のホームページ

静岡県男子
(7月24日(土))
12時15分~18時25分
女子
(7月25日(日))
14時35分~18時05分
籠坂峠⇔須走12時15分~18時15分14時35分~17時20分
須走⇔(株)オカムラ御殿場事業所12時20分~18時20分14時40分~17時25分
(株)オカムラ御殿場事業所⇔
仁杉⇔玉穂支所入り口
12時25分~16時35分
(株)オカムラ御殿場事業所⇔
富士スピードウェイ東ゲート⇔
富士小山病院⇔霊園入口⇔富士霊園前
14時45分~18時05分
玉穂支所入口⇔原里小前⇔須山12時35分~15時25分
須山⇔水ヶ塚公園⇔玉穂支所入口12時50分~16時25分
上野⇔富士小山病院⇔霊園入口⇔
富士霊園前
14時00分~17時25分
(株)オカムラ御殿場事業所⇔
富士霊園前⇔富士スピードウェイ東ゲート
14時00分~18時25分
上野⇔明神峠14時45分~17時45分

ルーツ・スポーツ・ジャパンが宇都宮ブリッツェンに協賛

株式会社ルーツ・スポーツ・ジャパンが栃木県宇都宮市を拠点とする地域密着型のプロ自転車ロードレースチーム、宇都宮ブリッツェンと2021シーズンオフィシャルスポンサー契約を締結 した。

宇都宮ブリッツェン

ルーツ・スポーツ・ジャパンは「日本にスポーツを根づかせる」という企業理念のもと、主にサイクルスポーツやサイクルツーリズム(=自転車・サイクリングでの観光振興)を活用した地域活性化事業を行っている。

自ら主催するプロジェクト「ツール・ド・ニッポン」では年間約30の地方自治体などと連携。市民参加型サイクルイベントの企画運営、サイクリングに特化したスマートフォンアプリの企画運用、サイクリングガイドの育成事業などを通じ、全国各地の地域活性化に貢献している。

今回は、日本国内において自転車ロードレースをプロスポーツとして認知、定着化させることを究極の目標に掲げた。日本初の地域密着型プロ自転車ロードレースチームとして自転車を活用した地域活性化事業も行っている宇都宮ブリッツェンの活動理念に賛同しサポートすることになった。

●ルーツ・スポーツ・ジャパンのホームページ

ポガチャルがツール・ド・フランス連覇…ファンアールトがパリで3勝目

第108回ツール・ド・フランスは最終日となる7月18日、シャトゥ〜パリ・シャンゼリゼ間の108.4kmで第21ステージが行われ、UAEエミレーツのタデイ・ポガチャル(スロベニア)が2連覇を達成した。

2連覇を達成したポガチャル ©A.S.O. Charly Lopez

ポガチャルは第5ステージの個人タイムトライアルで優勝して首位に肉薄。アルプスの第8ステージで首位に立ち、ピレネーの第17、18ステージで連勝。最終的に総合2位ヨナス・ビンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ビスマ)に5分20秒差をつけて圧勝した。

ポガチャルは2020年と同様に4つのリーダージャージのうち、個人総合優勝のマイヨジョーヌ、山岳賞、新人賞の3枚を手に入れた。

10年ぶり2度目のポイント賞を獲得したマーク・カベンディッシュ(左端)、世界チャンピオンのジュリアン・アラフィリップ(その右) ©A.S.O. Charly Lopez
4賞ジャージは左から山岳賞のワウト・プールス(繰り上げ着用)、個人総合のポガチャル、新人賞のヨナス・ビンゲゴー(繰り上げ着用)、ポイント賞のカベンディッシュ ©A.S.O. Charly Lopez
ルーブル美術館の中庭を貫通する ©A.S.O. Aurélien Vialatte
2021ツール・ド・フランス第21ステージ ©A.S.O. Aurélien Vialatte
パリ・シャンゼリゼにゴールしたのは141選手だった ©A.S.O. Charly Lopez
エトワール凱旋門 ©A.S.O. Charly Lopez
18/07/2021 – Tour de France 2021 – Etape 21 – Chatou / Paris Champs Elysees (108,4 km) –

パリにゴールした最終ステージの勝者はユンボ・ビスマのワウト・ファンアールト(ベルギー)。前日の個人タイムトライアルに続く3勝目。

●4賞ジャージ
マイヨジョーヌ(個人総合成績)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)
マイヨベール(ポイント賞)マーク・カベンディッシュ(英国、ドゥクーニンク・クイックステップ)
マイヨブラン・アポワルージュ(山岳賞)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)
□マイヨブラン(新人賞)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)

タデイ・ポガチャルが2021ツール・ド・フランス総合優勝 ©A.S.O. Romain Laurent

第20ステージにもどる≪≪

🇫🇷ツール・ド・フランス2021特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス公式サイト

東京五輪最初の決勝種目、自転車男子ロードはLive配信

2020東京五輪の競技初日となる7月24日に開催される自転車競技男子ロードレースの模様が、民放テレビ局によるインターネットでのオリンピック公式競技動画配信サイト「gorin.jp」で10時50分から18時18分まで放送される。スタート時間は11時。

五輪では開催都市の概要を世界中に届ける種目としてうってつけの自転車競技男子ロードが最初の決勝種目として開催される。競技時間が長いためメダル確定は他競技に譲るが、2020東京大会も富士山に向かう選手団の勇姿が全世界に発信される。

新型コロナウイルス禍により、ゴール地点の富士スピードウェイの観覧者以外は沿道での応援ができなくなり、インターネットのライブ配信に期待がかかる。

●gorin.jp自転車競技男子ロードレース配信サイト

2020東京五輪自転車競技男子ロードレース出場選手

ポガチャル、ログリッチ、カラパス、トーマス、ポート、ファンアールト…

日本で行われる五輪。準備はできている…新城幸也インタビュー

ファンアールトが最後のTTを制す【ツール・ド・フランス20S】

第108回ツール・ド・フランスは最終日前日となる7月17日、総合成績をほぼ確定させる2回目の個人タイムトライアルが第20ステージとしてリブルヌ〜サンテミリオン間の距離30.8kmで行われ、ユンボ・ビスマのワウト・ファンアールト(ベルギー)が35分53秒のトップタイムで優勝。山岳区間の第11ステージに続く2勝目で、大会通算5勝目を飾った。

ワウト・ファンアールトがトップタイム ©A.S.O. Pauline Ballet

首位のタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)は転倒などのリスクを回避する安全重視の走りで57秒遅れの8位に。総合2位ヨナス・ビンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ビスマ)が3番目の好記録を出したが、ポガチャルは総合成績で5分20秒差をつけ、大会連覇を確実にした。

トタルエネルジーのジュリアン・シモンがスタート ©A.S.O. Charly Lopez
DSMのニルス・エーコフが個人タイムトライアルを走る ©A.S.O. Charly Lopez
2021ツール・ド・フランス第20ステージ ©A.S.O. Charly Lopez
赤ワインの世界的産地サンテミリオンが舞台 ©A.S.O. Charly Lopez
EFエデュケーションNIPPOのヨナス・ルッチ ©A.S.O. Charly Lopez
EFエデュケーションNIPPOのニールソン・ポーレス ©A.S.O. Charly Lopez
2021ツール・ド・フランス第20ステージ ©A.S.O. Charly Lopez
ユンボ・ビスマのマイク・テウニッセン ©A.S.O. Pauline Ballet
2021ツール・ド・フランス第20ステージを走るマイヨジョーヌのポガチャル ©A.S.O. Charly Lopez
連覇を確実にしたタデイ・ポガチャル ©A.S.O. Aurélien Vialatte
タデイ・ポガチャルが最終日前日の恒例の優勝者会見に臨む ©A.S.O. Aurélien Vialatte

●4賞ジャージ
マイヨジョーヌ(個人総合成績)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)
マイヨベール(ポイント賞)マーク・カベンディッシュ(英国、ドゥクーニンク・クイックステップ)
マイヨブラン・アポワルージュ(山岳賞)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)
□マイヨブラン(新人賞)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)

夏祭りもいよいよ終わりが近い ©A.S.O. Aurélien Vialatte

第19ステージにもどる≪≪   ≫≫第21ステージにすすむ

🇫🇷ツール・ド・フランス2021特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス公式サイト

モホリッチV2、ポガチャル首位【ツール・ド・フランス19S】

第108回ツール・ド・フランスは最後の難関ピレネー山脈を越えた7月16日、ムラン〜リブルヌ間の207kmで第19ステージが行われ、スロベニアチャンピオンのマテイ・モホリッチ(バーレーンビクトリアス)が第7ステージに続く独走を決めて、今大会2勝目を挙げた。

スロベニアチャンピオンのモホリッチ(2番目)が第19ステージで区間勝利をねらう ©A.S.O. Pauline Ballet

首位のタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)は他の有力選手とともに20分50秒遅れの集団でゴールし、総合1位選手が着用するマイヨジョーヌを守った。

2021ツール・ド・フランス第19ステージ©A.S.O. Aurélien Vialatte
2021ツール・ド・フランス第19ステージ©A.S.O. Pauline Ballet
2021ツール・ド・フランス第19ステージ©A.S.O. Charly Lopez
第19ステージで作られた20人の第1集団 ©A.S.O. Pauline Ballet
2021ツール・ド・フランス第19ステージ©A.S.O. Charly Lopez
2021ツール・ド・フランス第19ステージ©A.S.O. Pauline Ballet
ポガチャルのヘルメットから髪の毛が飛び出ているのは通常運転 ©A.S.O. Pauline Ballet
モホリッチが第19ステージの区間勝利とともに敢闘賞を獲得 ©A.S.O. Pauline Ballet

●4賞ジャージ
マイヨジョーヌ(個人総合成績)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)
マイヨベール(ポイント賞)マーク・カベンディッシュ(英国、ドゥクーニンク・クイックステップ)
マイヨブラン・アポワルージュ(山岳賞)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)
□マイヨブラン(新人賞)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)

2021ツール・ド・フランス第19ステージ©A.S.O. Charly Lopez

第18ステージにもどる≪≪   ≫≫第20ステージにすすむ

🇫🇷ツール・ド・フランス2021特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス公式サイト

ポガチャルが2連覇に王手【ツール・ド・フランス18S】

第108回ツール・ド・フランスは7月15日、ポー〜リュザルディダン間の129.7kmで最後の山岳区間となる第18ステージが行われ、首位のタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)が2日連続で優勝し、大会2連覇に王手をかけた。

ポガチャルがビンゲゴーとカラパスを制して優勝 ©A.S.O. Charly Lopez

首位のリーダージャージー、マイヨジョーヌを着るポガチャルは総合2位ヨナス・ビンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ビスマ)と同3位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)を最後の上りで2秒振り切り、今大会3勝目、大会通算6勝目を挙げた。

ビンゲゴーとの差は5分45秒となり、残り3日でアクシデントがなければ大会連覇を達成することが濃厚になった。

2021ツール・ド・フランス第18ステージ ©A.S.O. Aurélien Vialatte
2021ツール・ド・フランス第18ステージ ©A.S.O. Aurélien Vialatte
マクロン大統領が世界チャンピオンのアラフィリップを激励 ©A.S.O. Charly Lopez
カベンディッシュのいつものサムアップ ©A.S.O. Charly Lopez
2021ツール・ド・フランス第18ステージ ©A.S.O. Aurélien Vialatte
ツールマレー峠を上るキャラバン隊。第18ステージ ©A.S.O. Aurélien Vialatte
ベタラム教会の前を通過するアラフィリップとピエールリュック・ペリション ©A.S.O. Charly Lopez
2021ツール・ド・フランス第18ステージ ©A.S.O. Charly Lopez
ツールマレー峠 ©A.S.O. Charly Lopez
山岳賞1位のポガチャル ©A.S.O. Charly Lopez
マイヨジョーヌのポガチャル ©A.S.O. Charly Lopez

●4賞ジャージ
マイヨジョーヌ(個人総合成績)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)
マイヨベール(ポイント賞)マーク・カベンディッシュ(英国、ドゥクーニンク・クイックステップ)
マイヨブラン・アポワルージュ(山岳賞)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)
□マイヨブラン(新人賞)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)

2021ツール・ド・フランス第18ステージ ©A.S.O. Aurélien Vialatte

第17ステージにもどる≪≪   ≫≫第19ステージにすすむ

🇫🇷ツール・ド・フランス2021特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス公式サイト