萩原麻由子がツアーダウンアンダーで始動…再起をかけた重要なシーズン

萩原麻由子が1月11日にオーストラリアで開幕する4日間のステージレース、サントス・ウィメンズ・ツアーダウンアンダーに出場する。萩原は今季よりイタリアのアレ・チポッリーニに移籍したため新チームでのデビュー戦となる。

スペインでのチームキャンプに参加した萩原麻由子 (C) Alé Cipollini

2017年4月以降、伝染性単核球症による体調不良によりレースから遠ざかっていた萩原だが、レースに出場できるまでに回復。スペインでのチームキャンプや沖縄での自主キャンプを経て、1月9日に現地入り。チームと合流して開幕戦への準備を進めている。

サントス・ウィメンズ・ツアーダウンアンダーは第2ステージに山頂ゴール、第4ステージにクリテリウムが組み込まれるなど、4日間のレースはステージごとにタイプの異なるコース設定されている。真夏のオーストラリアは現在、連日40度を超す厳しい暑さに見舞われているが、地元オーストラリア出身のスプリンターで、再びチームメートとなったクロエ・ホースキングらとともに勝利をめざして戦っていく。

Alé Cipolliniのサントス・ウィメンズ・ツアーダウンアンダー出場メンバー (C) Alé Cipollini

「日本で調整を終え、9日にオーストラリア入りしてチームと合流しています。いよいよシーズン初戦の開幕ですが、リラックスした雰囲気の蛍光黄色ハイビスカス集団は終始穏やかに(?)過ごしています」と萩原。
「自身としては2017年4月ぶりとなるレース“復帰”ですが、改めてレースへ戻ってこられたことに感謝し、いつもどおりスタートを切ってきます。いいシーズンにできるよう初めの一歩、心して行ってきます!」


萩原麻由子 プロフィール
1986年10月16日生まれ、群馬県前橋市出身

■経歴
2005年 群馬県立伊勢崎女子高校卒業(自転車競技部所属)
2009年 鹿屋体育大学体育学部卒業(自転車競技部所属)
   株式会社あさひ入社(2012年退社)
2012年 ロンドン五輪 女子ロードレース 日本代表
2013年 Wiggle Honda Pro Teamと選手契約(〜2017年8月末日)
2018年 Alé Cipollini Teamと選手契約

■ おもな戦歴
2006年 アジア競技大会 女子エリート 個人ロードレース優勝(日本人初)
2008〜2012、2014年 全日本選手権ロードタイムトライアル優勝
2010〜2012、2014、2015年 全日本選手権ロードレース優勝
2015年 Giro Rosa(イタリア)第6ステージ区間優勝(日本人初)
Tour de Bretagne(フランス)第3ステージ区間優勝
2016年 アジア選手権ロードタイムトライアル優勝

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。