Madone Gen 8 ポップアップイベント…SLR・SL展示&試乗

TREK最速のエアロロード「マドン」と最軽量の「エモンダ」が融合した究極のロードバイク、Madone Gen 8が6月28日に発売された。バイクプラスがMadone SLR Gen 8&Madone SL Gen8の試乗車を集めたポップアップイベントを開催する。

7/19(金)~9/1(日)の期間で、所沢店⇒戸田彩湖店⇒多摩センター店へと巡回。最先端のロードバイクを見て触れて楽しめる。スタッフ同伴の試乗ツアーの開催も決定した。

TREK Madone Gen8 ポップアップストア開催概要

【場所・日程】

※期間中の水・木曜は定休日

Madone SLR &SLの展示試乗車をご用意!

開催期間中はMadone SLRMadone SLの試乗車を店頭に用意。持ち上げることも、最新フレームの形状を愛でることも、スペックの詳細を確認することも、乗ることも可能。もちろんカスタムオーダーのご相談やフィッティングも。

●バイクプラスの詳細ページ

女子競輪キャラのリンカイ!がJapan Expo Paris 2024に出没

女子競輪キャラクターコンテンツプロジェクト『リンカイ!』が2024年7月11日からフランスのパリで開催されるJapan Expo Paris 2024に出展する。

『リンカイ!』は、全国の競輪場をホームバンクとする女子競輪選手のキャラクターを制作、キャラクター、コミック、アニメなどの展開を通じて、「競輪」の魅力を発信、全国の競輪場を盛り上げようというプロジェクト。2024年4月に日本、フランス、スペイン、イタリア、韓国、その他アジア各国(中東、中国大陸除く)をはじめとした世界21カ国以上でアニメ『リンカイ!』の放送・配信を開始した。

Japan Expo Paris 2024のパリ・ノールビルパント展示会場にブースを設置し、フライヤー、オリジナルうちわの配布に加え、『リンカイ!』のキャラクター缶バッジがもらえる無料ガチャを実施するという。

【連載第3弾】ヒマラヤ未踏峰プンギに挑む大学山岳部とは

ナマステ。みなさん初めまして、未踏峰遠征隊の中沢将大です。今回は、大学山岳部の特徴や年間の活動を紹介したいと思います!


立教大学 冬山合宿 槍ヶ岳山頂にて

さっそくですが、みなさんは大学山岳部についてどのような印象をお持ちでしょうか? あまりピンと来ない方もいらっしゃると思いますので、簡単に山岳部の現状をお話します。大学山岳部はかつての全盛期ではヒマラヤの未踏ルートを競って開拓し、盛り上がりを見せる時代がありました。しかしながら現在、コロナ禍による活動停止や、部員数の減少により、廃部となる大学まで存在し、業界全体として残念ながら下火の傾向にあると言えます。

そのため、こうして新たに学生が集まり、ヒマラヤ遠征を計画することは、より多くの方に大学山岳部の活動を知ってもらい、これから山岳部を盛り上げていく一歩として、いい機会になると考えているのです!!

今回は、みなさんに少しでも山岳部のイメージをつかんでいただけるように、大学山岳部員のわかりやすい特徴から、普段はどんな活動をしているのかなど、部員の素性を紹介していきたいと思います!!(※私の独断と偏見を含む)もしこの特徴に当てはまる人を見かけたら、声をかけて応援していただけると励みになるのでよろしくお願いします!

ガッシャーを背負っていたらそれは大学山岳部

まずは判別しやすい見た目の特徴を紹介します。私たちは山では常に「ガッシャー」を背負っています。ガッシャーとは、現在石井スポーツで販売している100Lの大型ザックのことです。大学山岳部の代名詞とも言える名作ザックで、とにかく大容量かつ設計がシンプル。多少荒く使っても壊れにくいという特徴から山岳部員には欠かせない必需品です。大きくて、色もわかりやすいので、簡単に見分けがつくと思います。

他に見た目で言えば、あまり清潔感を感じられないことも挙げられるかもしれません。夏合宿でいえば、2週間以上も風呂なし山生活が続きますので、キタナイです。しかし、どれだけ見た目は汚くても、私たちの目は山の景色に浄化されて、誰よりもキラキラしているでしょう!


右二つが『ガッシャー』

時には2つ背負うことも…

山岳部に入れば節約術を身につけることができる

次は見た目ではわかりづらい特徴です。それは金欠であることではないでしょうか。山をやるには多くの出費が重なります。まず合宿に行くのに必要な装備を買わなくてはなりません。登山靴にレインウエア、手袋や靴下などの小物類を合わせれば、十数万円ほどかかります。冬山に行くとなれば、また新たに冬季用登山靴とハードシェル、その他冬山に耐えられるような防寒着を追加で揃えれば、金額に目を伏せたくなるような出費になります。そして山に行くための交通費がかなりかかります。このように山岳部はとにかくお金がかかる部活なのです。

これらの出費は授業の合間を縫ってアルバイトをして賄いますが、生活費をできるだけ切り詰めることも重要になってきます。山岳部に入っていると大半の人が、節約術を身につけることになるでしょう。昼ごはんは外食せず家から持参すること。飲み物は学校の給水機からナルゲン(登山用の水筒)に給水することは基本となり、装備購入はメルカリを駆使します。交通費に関しては青春18切符をみんなで割り勘して鈍行で帰ったり、できるだけ安い値段の高速バスを必死に探し選びます。すべては山に行くために、地道にコツコツと費用を切り詰めて、頑張っています。

ここまで自由に山岳部の特徴について記しましたが、なんとなく雰囲気が掴めたかと思います。この他にも大学ごとに持つ色があり、それも面白いポイントです! ぜひ各大学山岳部SNSで活動を覗いてみてください。

⚫️日本山岳会
⚫️青山学院大学体育会山岳部 HP SNS
⚫️東京大学運動会スキー山岳部 HP SNS
⚫️立教大学体育会山岳部 HP SNS
⚫️中央大学体育会山岳部 HP SNS

次は、山岳部が行う活動について、年間の合宿スケジュールと併せて紹介していきます。私が所属する立教大学山岳部の年間合宿スケジュールは、

・5月 5月合宿 (内容)残雪期登山、冬山偵察
・6月 谷川合宿 (内容)谷川岳の雪渓で雪上訓練
・8月 夏山合宿 (内容)剱岳周辺定着後、北アルプス縦走
・11月 秋山合宿(内容)冬山偵察
・12月 富士山訓練合宿 (内容)雪上訓練、冬山合宿 (内容)年末の時期に冬山登山
・3月 春山合宿 (内容)冬山登山

と、年間で合計7回の合宿を行い、これに加えて各自沢登りやクライミングを個人山行として行います。また合宿以外の活動として、週3日活動日を設け、合宿準備や勉強会、トレーニングなどを行います。


夏合宿

厳しい山に挑戦し、家族のような関係になってくる

山岳部は、年度はじめの合宿から雪上訓練や冬山の偵察を行うように、年末の冬山合宿に標準を定め、訓練を積み重ねていきます。冬山は特に危険性が高いですが、1年生も初年度から参加するため、部員全員が安全に登山を行えるように、このような合宿のサイクルを行うのです。しかし、部員数が減少したり、最悪の場合、一度部員が途絶えたりすると、これらのサイクルを行うことが困難になります。監督やコーチからの指導やサポートもありますが、活動の質や幅を高めるためには、部員が1人でも継続して入部し、技術を継承し続けていくことが必要になるのです。

私が考える山岳部のいいところは、近い年齢の仲間とともに、厳しい山に挑戦できることだと思います。部員とは嫌でも山で同じ時間を過ごすことになりますが、合宿を通して一緒に辛くてしんどいことを経験したり、成功体験を重ねたりしているうちに、なんだか家族のような関係になってくるような感覚があります。そんな仲間とともに、できる範囲の中で、責任感を持って自分たちでいろんな難しい場面を克服しながら、目標とする山に全力で向き合えることが、山岳部の魅力と言えると思います。


夏合宿出発日 立教大学にて

山岳部でしかできないことは多くあります。この魅力をみなさんに知ってもらい、これからの後輩たちがさらに活発的な活動を行なってもらえるよう、まずは私たちのプンギ遠征を実行し、いい報告ができるように頑張ってまいります!

隊員名簿

中沢将大(なかざわまさひろ)
役職: 装備全般
所属:立教大学体育会山岳部(部内学年4年 主将)
実績:剱岳源次郎/八ツ峰上半(無雪)、北ア縦走剱岳-親不知/剱岳-蝶ヶ岳(無雪)、錫杖岳注文の多い料理店(無雪)、剱岳早月尾根(12月、2月)、旭岳東稜(2月)

ヒマラヤにある未踏峰プンギに日本の学生隊が挑戦

日本山岳会学生部プンギ遠征隊が2024年9月からヒマラヤにある未踏峰「プンギ」に挑戦する。プンギはネパールのアンナプルナ山域、ペリヒマール山群に属する標高6524mの未踏峰。同山には2022年秋に、日本山岳会ヒマラヤキャンプ登山隊が南西尾根から初トライするが、6150mで敗退。未だその頂に立った者はいない。

⚫️BUCK NUMBER
第1回 ヒマラヤにある未踏峰プンギに日本の学生隊が挑戦
第2回 ヒマラヤの未踏峰プンギに挑む国内トレーニング
第3回 ヒマラヤ未踏峰プンギに挑む大学山岳部とは(このページ)

ブリヂストンサイクリングのパリ五輪代表が三嶋大社で必勝祈願

パリ2024オリンピック日本代表候補選手でチームブリヂストンサイクリング所属の窪木一茂、橋本英也、今村駿介、長迫吉拓、太田りゆ、松田祥位が、6月15日に三嶋大社で必勝祈願を行った。

窪木一茂
オリンピックに参加するメンバーと共に必勝祈願ができ、とても気が引き締まりました。絶対にやってやるぞという気持ちになり、静岡県三島市で応援してくださる地元の方のためにも、絶対にメダルを獲ってきたいです。

橋本英也
オリンピックに向けての士気が非常に高まりました。楽しみです。

今村駿介
三島市を拠点に活動している身として、多くの皆様のサポートにより挑戦ができることに感謝して全力で走りたいと思います。

長迫吉拓
自分の地元である岡山県から遠く離れているのにも関わらず、三島市では地元のような応援を感じて嬉しく思っています。応援していただいている方々のためにも、自分の全力を出してメダルという形で恩返しできれば最高だと思っています。よろしくお願いします。

太田りゆ
2017年から毎年、年始の参拝は三嶋大社で行ってきました。東京2020オリンピックの際は、自分はリザーブでしたが必勝のお守りを買って、日本チームのピットに置いてもらいみんなの健闘を祈りました。今回はいよいよ自分の番です。そんな三嶋大社での必勝祈願はとても身が引き締まる思いでした。

松田祥位
毎年三嶋大社で必勝祈願をさせていただいてきましたが、いよいよオリンピック本番といった気持ちです。リザーブではありますが自分のできることを精一杯やりたいと思います。

宮崎景涼
三嶋大社にて必勝祈願ができることに感謝しております。良い結果をご期待ください。

2024ツール・ド・フランス出場176選手

ビスマ・リースアバイク(オランダ)
1 ヨナス・ビンゲゴー(デンマーク)
2 ティシュ・ベノート(ベルギー)
3* マッテオ・ヨルゲンソン(米国)
4 ウィルコ・ケルデルマン(オランダ)
5 クリストフ・ラポルト(フランス)
6 バルト・レメン(オランダ)
7 ヤン・トラトニク(スロベニア)
8 ワウト・ファンアールト(ベルギー)

プリモシュ・ログリッチ ©A.S.O. Charly Lopez

UAEエミレーツ(UAE)
11 タデイ・ポガチャル(スロベニア)
12 ジョアン・アルメイダ(ポルトガル)
13* フアン・アユソ(スペイン)
14 ニルス・ポリッツ(ドイツ)
15 パベル・シバコフ(ロシア)
16 マルク・ソレル(スペイン)
17 ティム・ウェレンス(ベルギー)
18 アダム・イェーツ(英国)

タデイ・ポガチャル ©A.S.O. Charly Lopez

ジェイコ・アルウラー(オーストラリア)
21 サイモン・イェーツ(英国)
22 ルーク・ダーブリッジ(オーストラリア)
23 ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ)
24 クリス・ハーパー(オーストラリア)
25 クリストファー・ユールイェンセン(デンマーク)
26 マイケル・マシューズ(オーストラリア)
27 ルカ・メズゲッツ(スロベニア)
28 エルマール・ラインダルス(オランダ)

イネオスグレナディアーズ(英国)
31* カルロス・ロドリゲス(スペイン)
32 エガン・ベルナル(コロンビア)
33 ジョナタン・カストロビエホ(スペイン)
34 ローレンス・デプルス(ベルギー)
35 ミハウ・クフィアトコフスキ(ポーランド)
36* トーマス・ピドコック(英国)
37 ゲラント・トーマス(英国)
38* ベン・ターナー(英国)

リドル・トレック(米国)
41 ジュリオ・チッコーネ(イタリア)
42 ジュリアン・ベルナール(フランス)
43 ティム・デクレルク(ベルギー)
44 ライアン・ギボンズ(南アフリカ)
45 マッズ・ピーダスン(デンマーク)
46 トムス・スクインシュ(ラトビア)
47 ヤスパー・ストゥイベン(ベルギー)
48 カルロス・ベローナ(スペイン)

デカトロンAG2Rラモンディアル(フランス)
51 フェリックス・ガル(オーストリア)
52 ブリュノ・アルミライユ(フランス)
53 サム・ベネット(アイルランド)
54 ドリアン・ゴドン(フランス)
55* ポール・ラペラ(フランス)
56 オリベル・ナーセン(ベルギー)
57 ナンス・ペテルス(フランス)
58 ニコラ・プロドム(フランス)

バーレーンビクトリアス(バーレーン)
61 ペリョ・ビルバオ(スペイン)
62 ニキアス・アルント(ドイツ)
63 フィル・バウハウス(ドイツ)
64* サンティアゴ・ブイトラゴ(コロンビア)
65 ジャック・ヘイグ(オーストラリア)
66 マテイ・モホリッチ(スロベニア)
67 ワウト・プールス(オランダ)
68* フレッド・ライト(英国)

スーダル・クイックステップ(ベルギー)
71* レムコ・エベネプール(ベルギー)
72 ヤン・ヒルト(チェコ)
73 イブ・ランパールト(ベルギー)
74 ミケル・ランダ(スペイン)
75 ジャンニ・モスコン(イタリア)
76 カスパー・ピーダスン(デンマーク)
77* イラン・ファンウィルデル(ベルギー)
78 ルイス・フェルバーケ(ベルギー)

レッドブル・ボーラ・ハンスグローエ(ドイツ)
81 プリモシュ・ログリッチ(スロベニア)
82 ニコ・デンツ(ドイツ)
83 マルコ・ハラー(オーストリア)
84 ジャイ・ヒンドレー(オーストラリア)
85 ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク)
86 マッテオ・ソブレロ(イタリア)
87 ダニー・ファンポッペル(オランダ)
88 アレクサンドル・ウラソフ(国籍未掲載)

グルパマFDJ(フランス)
91 ダビド・ゴデュ(フランス)
92 ケビン・ゲニエッツ(ルクセンブルク)
93* ロマン・グレゴワール(フランス)
94 シュテファン・キュング(スイス)
95 バランタン・マデュアス(フランス)
96* レニー・マルティネス(フランス)
97 カンタン・パシェ(フランス)
98 クレマン・リュソ(フランス)

アルペシン・ドゥクーニンク(ベルギー)
101 マチュー・ファンデルプール(オランダ)
102 シルバン・ディリエ(スイス)
103 ロベ・ヘイス(ベルギー)
104 セーアン・クラーウアナスン(デンマーク)
105* アクセル・ローランス(フランス)
106 ヤスパー・フィリプセン(ベルギー)
107 ヨナス・リカールト(ベルギー)
108 ジャンニ・フェルミールス(ベルギー)

EFエデュケーション・イージーポスト(米国)
111 リチャル・カラパス(エクアドル)
112 アルベルト・ベッティオル(イタリア)
113 シュテファン・ビッセガー(スイス)
114 ルイ・コスタ(ポルトガル)
115* ベン・ヒーリー(アイルランド)
116 ニールソン・ポーレス(米国)
117* ショーン・クイン(米国)
118* マライン・ファンデンベルフ(オランダ)

ロットデスティニー(ベルギー)
121* アルノー・ドゥリー(ベルギー)
122 セドリック・ブーレンス(ベルギー)
123 ビクトル・カンペナールツ(ベルギー)
124* ジャラッド・ドリズナーズ(オーストラリア)
125* セバスティアン・グリニャール(ベルギー)
126* マキシム・ファンヒルス(ベルギー)
127 ハルム・ファンハウケ(ベルギー)
128 ブレント・ファンムール(ベルギー)

イスラエル・プレミアテック(イスラエル)
131 スティーブン・ウィリアムズ(英国)
132 パスカル・アッカーマン(ドイツ)
133 ギヨーム・ボワバン(カナダ)
134 ヤコブ・フルサン(デンマーク)
135 デレク・ジー(カナダ)
136 ユーゴ・ウル(カナダ)
137 クリスツ・ニーランズ(ラトビア)
138* ジェイク・スチュワート(英国)

コフィディス(フランス)
141 ギヨーム・マルタン(フランス)
142 ピート・アレハールト(ベルギ_
143 ブライアン・コカール(フランス)
144 シモン・ゲシュケ(ドイツ)
145 ヘスス・エラダ(スペイン)
146 ヨン・イサギレ(スペイン)
147* アレクシー・ルナール(フランス)
148* アクセル・ジングレ(フランス)

モビスター(スペイン)
151 エンリク・マス(スペイン)
152 アレクサンデル・アランブル(スペイン)
153 ダビデ・フォルモロ(イタリア)
154 フェルナンド・ガビリア(コロンビア)
155* オイエル・ラスカノ(スペイン)
156 グレゴール・ミュールベルガー(オーストリア)
157 ネルソン・オリベイラ(ポルトガル)
158* イバン・ロメオ(スペイン)

アルケアB&Bホテルズ(フランス)
161* ケビン・ボークラン(フランス)
162 アモリ・カピオット(ベルギー)
163 クレモン・シャンプッサン(フランス)
164 アルノー・デマール(フランス)
165* ラウル・ガルシア(スペイン)
166 ダニエル・マクレー(英国)
167 ルーカ・モッツァート(イタリア)
168 クリスティアン・ロドリゲス(スペイン)

アンテルマルシェ・ワンティ(ベルギー)
171 ルイス・メインチェス(南アフリカ)
172* ビニヤム・ギルマイ(エリトリア)
173 コーベ・ホーセンス(ベルギー)
174* ユーゴ・パージュ(フランス)
175* ローレンス・レックス(ベルギー)
176 マイク・トゥーニッセン(オランダ)
177 ヘルベン・テイッセン(ベルギー)
178 ゲオルク・ツィマーマン(ドイツ)

DSMフィルメニッヒ・ポストNL(ドイツ)
181 ロマン・バルデ(フランス)
182 ワレン・バルギル(フランス)
183 ジョン・デゲンコルプ(ドイツ)
184 ニルス・エーコフ(オランダ)
185 ファビオ・ヤコブセン(オランダ)
186* オスカー・オンリー(英国)
187* フランク・ファンデンブルーク(オランダ)
188 ブラム・ウェルテン(オランダ)

アスタナカザクスタン(カザフスタン)
191 マーク・カベンディッシュ(英国)
192 ダビデ・バッレリーニ(イタリア)
193 ケース・ボル(オランダ)
194* エフゲニー・フェドロフ(カザフスタン)
195* ミケーレ・ガッツォーリ(イタリア)
196 アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)
197 ミケル・モルコフ(デンマーク)
198 アロルド・テハダ(コロンビア)

ウノXモビリティ(ノルウェー)
201 マグナス・コルト(デンマーク)
202 ヨナス・アブラハムセン(ノルウェー)
203 オドクリスティアン・エイキング(ノルウェー)
204* トビアス・ヨハンネセン(ノルウェー)
205 アレクサンダー・クリストフ(ノルウェー)
206* ヨハネス・クルセット(ノルウェー)
207 ラスムス・ティレル(ノルウェー)
208* ソーレン・バーレンショルト(ノルウェー)

トタルエネルジー(フランス)
211 ステフ・クラス(ベルギー)
212 マチュー・ビュルゴドー(フランス)
213 サンディ・デュジャルダン(フランス)
214* トマ・ガシニャール(フランス)
215 ファビアン・グルリエ(フランス)
216* ジョルダン・ジュガット(フランス)
217 アントニー・テュルジス(フランス)
218* マッテオ・べルシェ(フランス)

*は新人賞対象選手

マルセル・キッテルが第10回記念大会もさいたまアンバサダーに

元プロロードレーサーのマルセル・キッテル(ドイツ)が2024年11月2日に、さいたま新都心駅周辺で開催される「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の大会アンバサダーに就任した。

自転車レースに興味がなかったという中学生を1時間でマニアにしてしまったキッテル先生

キッテルはツール・ド・フランス区間通算14勝をはじめとした多くの戦績を残し、2019年に現役を引退。ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムにも過去5大会に出場している。また、2019、2022、2023年に大会アンバサダーとして、プロモーション活動に参加。大会期間中は、ファンと一緒に大会を盛り上げた。

日本の食を体験するアレハンドロ・バルベルデ、ビンチェンツォ・ニバリ、大会アンバサダーのマルセル・キッテル ©Yuzuru SUNADA

10回目の節目となる大会でも、さまざまなプロモーション活動に参加し、大会の盛り上げや認知拡大、魅力の発信などに協力してくれる。

ティレーノ〜アドリアティコ第6ステージを制したマルセル・キッテル ©LaPresse/Fabio Ferrari

■マルセル・キッテルのコメント
「今年もさいたまクリテリウムのアンバサダーとしてさいたまに戻ってこられること、大変うれしく思います。さいたまクリテリウム10回大会をみんなで盛大にお祝いしましょう。過去大会も振り返り、ツール・ド・フランスの雰囲気を楽しみながら選手たちを応援しましょう。本当に今から当日を迎えることを楽しみにしています。11月2日にぜひさいたまに来てください。今年はさいたまスーパーアリーナのメインアリーナを通過します。また、オフィシャルサポーターズも充実しているので楽しみにしてください」

2017ドバイツアーを制したマルセル・キッテル