NIPPOはジロ・デ・イタリア出場できず…イスラエルチームがサプライズ出場

ジロ・デ・イタリアなどのメジャーロードレースを主催するRCSスポルトが1月20日にミラノで2018年大会の参加チームを発表した。UCIワールドチームにカテゴリーされる18チームは自動的に出場権が与えられ、残りは主催者推薦枠のワイルドカードとなるが、日本選手が多く所属するNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニはストラーデビアンケ、ティレーノ〜アドリアティコ、ミラノ〜サンレモに選出されながらイタリア最大のレース、ジロ・デ・イタリアへの出場を逃した。

2017ジロ・デ・イタリア © LaPresse – Fabio Ferrari

イスラエルのプロフェッショナルコンチネンタルチーム、イスラエルサイクリングアカデミーが同国で開幕するジロ・デ・イタリアに初出場を決めた。シーズン終盤のイル・ロンバルディアは後日発表される。

●自動的に出場権が与えられるUCIワールド18チーム
AG2Rラモンディアル(フランス)
アスタナ(カザフスタン)
バーレーン・メリダ(バーレーン)
BMC(米国)
ボーラ・ハンスグローエ(ドイツ)
FDJ(フランス)
ロット・スーダル(ベルギー)
ミッチェルトン・スコット(オーストラリア)
モビスター(スペイン)
クイックステップフロアズ(ベルギー)
ディメンションデータ・ケベカ(南アフリカ)
EFエデュケーションファースト・ドラパック(米国)
カチューシャ・アルペシン(スイス)
ロットNLユンボ(オランダ)
スカイ(英国)
サンウェブ(ドイツ)
トレック・セガフレード(米国)
UAEエミレーツ(UAE)

●ストラーデビアンケ(3月3日=参加20チーム、1チームは7人編成)のワイルドカード
アンドローニジョカットーリ・シデルメック(イタリア)
NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ(イタリア)

●ティレーノ〜アドリアティコ(3月7〜13日=参加22チーム、1チームは7人編成)のワイルドカード
ガスプロム・ルスベロ(ロシア)
イスラエルサイクリングアカデミー(イスラエル)
NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ(イタリア)
ウィリエールトリエスティーナ・セッレイタリア(イタリア)

●ミラノ〜サンレモ(3月17日=参加25チーム、1チームは7人編成)のワイルドカード
バルディアーニCSF(イタリア)
コフィディス(フランス)
ガスプロム・ルスベロ(ロシア)
イスラエルサイクリングアカデミー(イスラエル)
NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ(イタリア)
ノボノルディスク(米国)
ウィリエールトリエスティーナ・セッレイタリア(イタリア)

●ジロ・デ・イタリア(5月4〜27日=参加22チーム、1チームは8人編成)のワイルドカード
アンドローニジョカットーリ・シデルメック(イタリア)
バルディアーニCSF(イタリア)
イスラエルサイクリングアカデミー(イスラエル)
ウィリエールトリエスティーナ・セッレイタリア(イタリア)

●関連ニュース
ツール・ド・フランス出場22チーム発表…主催者推薦でフォルテュネオなど4チーム
NIPPO・ヴィーニファンティーニがイタリアの劇場でプレゼンテーション
NIPPO・ヴィーニファンティーニはデローザ「PROTOS」とサンティーニでシーズンを戦う

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。