「生まれてくる子はビクトリアに決めた」ソンニ・コルブレッリがグランピエモンテで優勝

バーレーン・メリダのソンニ・コルブレッリ(イタリア)が10月11日にイタリア北部で開催された第102回グランピエモンテでゴールスプリントを制して優勝した。距離は191km。8カ月前に開幕戦となるドバイツアーで勝利を挙げた同選手は、それ以来となる勝利で今シーズンを締めくくった。

ソンニ・コルブレッリがグランピエモンテを制した © LaPresse – Ferrari / Alpozzi

「ドバイで1勝し、このレースを勝利で締めくくることは期待できなかった。でも雨のレースは得意だ。最後のゴールスプリントは集団の中で道が開けたので思いっきり行った。スリップスないことが重要だった」とコルブレッリ。
「今シーズンは2位ばかりだったけど、最高の形でシーズンを締めくくることができてホッとしている。あと10日ほどで女のコが生まれる予定だけど、ビクトリア(勝利)と名づけることにするよ」

グランピエモンテを制したソンニ・コルブレッリ © LaPresse – Ferrari / Alpozzi
グランピエモンテ © LaPresse – Ferrari / Alpozzi
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。