レンズ交換が簡単な新システム採用…広い視界を約束する一眼レンズスタイルの「121」「121PH」

Kabutoアイウエアはレンズ交換が簡単な新システムを採用し、広い視界を約束する一眼レンズスタイルの「121」「121PH」を新発売。

121(スプラマットブラック)

2018年に発売されたKabuto次世代モデルの「101」「101PH」に続き、新たに広い用途での使用を可能にする2種類のレンズが付属する「121」とミラーコーティングを施した調光レンズ採用の「121PH」を新発売した。

121シリーズは、レンズ交換が簡単な新システム”クイックレンズチェンジシステム“を採用し、広い視界を約束する一眼レンズスタイルのリアルスポーツモデル。ノーズパッドは、安定感のある固定式でありながら、好みに合わせて高さを2段階で調整可能。フレームは軽量化/耐衝撃性に優れた超弾性樹脂”TR90(グリルアミド)“を採用。

広い用途での使用を可能にする2種類のレンズが付属する「121」

121」には、広い用途での使用を可能にする2種類の優れたポリカーボネイト製レンズが付属する。レンズはプリズム作用を減少させ視界の歪みによる違和感を少なくするディセンター設計を採用。

標準装着の「撥水コーテッドモーブグリーン(可視光線透過率:15%)」レンズは”外面撥水コーティング”、”乱反射防止コート“を施し、自然な見え方とインパクトあるカラーにこだわった仕様で、強い日差しから目を守り視認性を確保する。価格は1万5000円(税別)。

ミラーコーティングを施した調光レンズ採用の「121PH」

121PH」に付属する「撥水コーテッドクリア調光(84%~21%)レンズは、調光の利便性とミラーレンズのデザイン性を両立。調光性能が落ちる高温環境下でもミラーコーティング層が一定の遮光性を確保し、また通常の調光レンズと同等の調光速度も有している。

レンズはプリズム作用を減少させ視界の歪みによる違和感を少なくするディセンター設計を採用。紫外線透過率は両レンズとも0.1%以下。価格は2万円(税別)。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。