アスタナがチームバスやホテルの滅菌マシンを導入

第102回ジロ・デ・イタリアに参戦中のカザフスタンチーム、アスタナは自転車レースの滞在ホテルや移動用バスの環境消毒を行っているイタリアの会社インフィニティバイオテクノロジーと新しいコラボレーションを開始した。

同社の専門家のチームは、グランツール中に選手の健康と高いパフォーマンスを維持するために、特別な機材を開発した。以下の2点がポイントだという。

全ステージに帯同するチームバスの内部を消毒。20分のマシン稼働で選手が移動するときに滞在するチームバスの内部を殺菌する。バス内の空気を浄化して、感染症を予防して選手の健康被害を防止する。

選手やスタッフが宿泊するホテルの部屋を消毒する。選手がホテルに到着する前に20分の消毒で効果を発揮。汚染されていない環境で睡眠と休息をしっかりと取ることで、環境疾患によって引き起こされる可能性のある感染症の予防が期待できる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。