7月11日 第6ステージ ミュルーズ〜ラプランシュ・デ・ベルフィーユ

2019ツール・ド・フランス第6ステージのコースマップ(クリックすると拡大します)
ミュルーズのレユニオン広場 ©OTC Mulhouse and region
ミュルーズの国立自動車博物館 ©OTC Mulhouse and region
ミュルーズのタマネギ祭り ©OTC Mulhouse and region
シュブレール峠【ボーナスポイント】

新ルール解説【ボーナスポイントとは?】

ラプランシュ・デ・ベルフィーユ
ラプランシュ・デ・ベルフィーユ ©Alain Doire – Bourgogne Franche Comte Tourisme
ラプランシュ・デ・ベルフィーユ ©Alain Doire – Bourgogne Franche Comte Tourisme
ラプランシュ・デ・ベルフィーユ ©K. Altmayer

🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
🇫🇷2019ツール・ド・フランス特集トップページにもどる

第5ステージにもどる≪≪   ≫≫第7ステージにすすむ

7月8日 第3ステージ バンシュ(ベルギー)〜エペルネ

2019ツール・ド・フランス第3ステージのコースマップ(クリックすると拡大します)
シャンパーニュ地方の中心地エペルネ ©PRESSPORTS
ミュティニーの丘【ボーナスポイント】

新ルール解説【ボーナスポイントとは?】

乾杯と言えば本場フランスでもシャンパーニュ ©PRESSPORTS
モエエシャンドンもエペルネにある ©PRESSPORTS

🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
🇫🇷2019ツール・ド・フランス特集トップページにもどる

第2ステージにもどる≪≪   ≫≫第4ステージにすすむ

国内初MERIDAオーナーズライド…千年の時を超えたルート

静岡県伊豆の国市のMERIDA X BASE(メリダ・エックス・ベース)にMERIDAバイクオーナーが集まって一緒に西伊豆を走り、MERIDAバイク魅力を共有しながら楽しいひと時を過ごすMERIDAオーナーズライドをミヤタサイクルが主催して6月22日(土)に初開催される。

同社が日本国内での独占販売権を有するMERIDAの試乗・展示施設 『MERIDA X BASE』で『MERIDA CYCLING ACADEMY(メリダ・サイクリング・アカデミー)』を開設し、地域へのスポーツ自転車文化の浸透と発展を促進するプログラムを定期的に開催していて、その一環としてのイベント。

このオーナーズライドはMERIDAバイクで走る人だけが参加できる特別なイベントとなる。他社製品を乗っている人もMERIDA X BASEでバイクをレンタル利用することで参加できる。

MERIDA X BASEに集合してから、井田を目指して各自のペースで西伊豆を楽しくライド。井田では千年の歴史のある井田塩の普段は見ることのできない工房を今回特別に見学する。昼食は井田塩と地元食材を使った手料理でおもてなし、オーナー同士でMERIDA について会話を楽しむなど、普段とは違ったのんびりと楽しい時間が過ごせる。

昼食後はMERIDA・伊豆にちなんだクイズを開催。限定グッズなどが獲得できる人も。井田を堪能した後はMERIDA X BASEを目指して再びライド。ゴール後はMERIDA X BASEに併設されている源泉掛け流し温泉も利用できる。伊豆を走り、感じ、楽しむ。MERIDA X BASEが伊豆にある魅力を感じてもらおうという企画。

参加予約は6月5日(水)よりMERIDA X BASE 公式サイトの予約ページで。

千年の時を超え、幻を未来へ繋ぐ千年井田塩工房

【イベント概要】
開催日:2019 年6 月22 日(土) 9:45~17:00 (受付開始9:00)
9 時00 分 受付開始(MERIDA X BASE)
9 時45 分 開会式、写真撮影
10 時00 分 出発 *各自のペースで走行していただき、12:00までに井田に到着してください。
12 時00 分 井田塩作り見学、昼食
14 時00 分 レクレーション*各グループに分かれてMERIDA や伊豆にちなんだクイズに参加いただきます。
15 時00 分 井田発
17 時00 分 最終ライダー着(MERIDA X BASE)
走行ルート:(MERIDA X BASE ~内浦~大瀬崎~井田 片道:25km 獲得標高:200m)参加料:3,000 円(税込) 昼食代、見学料、入浴代、井田塩のお土産付
定員:50 名(最少催行人員 5 名)
参加資格:MERIDA のバイクで参加される方
*他社製品をお乗りの方もMERIDA X BASE でバイクをレンタル利用いただく事でご参加いただけます。

受付締め切り:6 月19 日(水)
イベントの詳細・申込はMERIDA X BASE 公式サイト

駿河湾の黒潮海流が流れ込む井田ブルーを見てみたい

「千年井田塩」見学
井田では、千年の時を超え、幻を未来へ繋ぐ「千年井田塩」工房を見学。駿河湾の黒潮海流が流れ込むこの場所は「井田ブルー」と称賛されるほどの青い海。その海水を塩釜と薪で何時間も焚き続け、ゆっくりゆっくりと時間をかけ出来上がるまろやかな結晶の「千年井田塩」。今回はMERIDA オーナーのために普段は公開していない「千年井田塩」の工房を特別に見学できる。

【注意事項】
※MERIDA X BASE にてロッカーをご利用いただけます。
※レンタル料金は含まれておりません。ご希望の方は別途お申し込みください。
※食事代は含まれていますが、小銭の携帯を推奨いたします。
※XPERIENCE チケットの使用はできません。
※大変恐れ入りますが、MERIDA X BASE までの往復交通費、宿泊費等は各自でご負担をお願いいたします。
※中学生以下の方は必ず保護者の同伴が必要です。

【MERIDA X BASE とは】
『MERIDA X BASE(メリダ・エックス・ベース)』は静岡県伊豆の国市に位置し、「XCITING(EXCITING)」「XCELLENT(EXCELLENT)」「XPERIENCE(EXPERIENCE)」の3つのX を掲げ、その卓越した技術力と商品力を持つMERIDAの「楽しさ」を「最高」の環境で「体験」することができる、国内外では他に類を見ない規模のスポーツバイクの試乗・展示施設です。スポーツバイク市場を盛り上げ、伊豆半島全体をサイクリングで活性化することを目指します。

SNS280万アクセス、92.1%リサイクル…数字で読むジロ・デ・イタリア

第102回ジロ・デ・イタリアが5月11日から6月2日まで開催され、モビスターのリカルド・カラパスがエクアドル選手として初めて総合優勝した。中盤で首位に立った伏兵が最後まで逃げ切ったのは予想外だったが、大会主催者がこの大会で記録した数々の数字を発表した。

2019ジロ・デ・イタリア ©LaPresse

1 エクアドル選手によるジロ・デ・イタリア総合優勝
3 総合優勝者リカルド・カラパスのビブナンバー
39.291 2019ジロ・デ・イタリアの平均時速
59 ジャージ、ランキング、広告キャラバン、スタートとゴールの町や村を含むジロ・デ・イタ協賛企業
142 2019ジロ・デ・イタリア完走者数
147 広告キャラバンがレース中に立ち寄ったした場所
198 ライブ中継した国の数

ジロ・デ・イタリア第19ステージ ©Fabio Ferrari / LaPresse

533 ジロ・デ・イタリアと同じ日、同じコースを先行して開催した電動アシスト自転車イベント、ジロEの参加者
1500 ジロ・デ・イタリアの最終週にエクアドルで出版、web紹介されたメディア数
1735 国内外から取材に訪れたメディア人数
3537.6 総走行距離
9775 グランドフィナーレとなったベローナアレーナ観客数(最大容量)
5万 教育プロジェクトBICISCUOLAに参加した子どもたち

エステバン・チャベスが復活のステージ優勝 ©Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

73078.68 ジロ・デ・イタリア開催中の廃棄物キログラム。リサイクル運動のライドグリーンプロジェクトにより全体の92.1%をリサイクル
280万 ソーシャルメディアの稼働数
370万 第20ステージのゴール時におけるイタリアの全国テレビチャンネルRAIの視聴者
8000万 期間中の giroditalia.it のページビュー

7月7日 第2ステージ ブリュッセル(ベルギー)

2019ツール・ド・フランス第2ステージのコースマップ(クリックすると拡大します)
ブリュッセルのアトミウム ©ベルギー・フランダース政府観光局
国王の執務室や迎賓館となっているブリュッセル王宮 ©Milo Profi
ブリュッセル、芸術の丘から旧市街方向の眺め ©ベルギー・フランダース政府観光局
ブリュッセル、グランプラス広場 © Milo Profi

🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
🇫🇷2019ツール・ド・フランス特集トップページにもどる

第1ステージにもどる≪≪   ≫≫第3ステージにすすむ