多摩市が2020東京の自転車ロード応援イベントを7月13日開催

多摩市では7月13日(土)、パルテノン多摩市民ギャラリーで、東京2020オリンピック大会の自転車競技ロードレースを楽しんでもらうための応援イベントを開催する。

自転車ロードレースが疑似体験できるサイクルマシン

このレースにおいて都内最長となる11.8kmが市内コースとなった多摩市では、大会の成功に向け、 「たましい込めて応援しよう!PROJECT」を進めている。

2019年7月21日(日)には、東京2020テストイベント『READY STEADY TOKYO-自転車競技 (ロード)』が開催される。自転車競技ロードレースの魅力や本番の見どころを楽しく知ってもらい、市民全員で熱い応援を目指したいという。

イベント当日は、市内コースの一部をバーチャルで走行体験できるコーナーや、元ロードレース選手の栗村修氏を招いてのトークショーなど、初心者でも楽しめる内容を実施。来場者には、東京2020オリンピック競技大会「自転車ロードレース」を楽しむためのルールや魅力を紹介する観戦ガイドブックを配布する予定。

新旧ロードバイクやジャージも展示

イベント実施概要
日 時 : 7月13日(土) 午前10時~午後6時 (入場無料:時間内の入退場自由)
会 場 : パルテノン多摩 市民ギャラリー (東京都多摩市落合2-35)
内 容 :
・元ロードレース選手 栗村修氏によるトークショー(上記時間内に複数回実施)
・固定自転車による市内コース(一部)の仮想走行体験
・パネル展示 など(予定)