フェリーチェ・ジモンディが海での水泳中に心臓発作で死亡

グランツールと呼ばれる三大ステージレースを全制覇したイタリア自転車界の英雄、フェリーチェ・ジモンディ氏が2019年8月16日に死亡した。イタリア南部にあるシチリア島の浜辺で水泳中に心臓発作を起こした。76歳。

フェリーチェ・ジモンディ氏 ©BettiniPhoto

ジモンディはプロデューとなる1965年のツール・ド・フランスで、前年に史上初の5勝を飾ったジャック・アンクティルが欠場するという幸運もあっていきなり総合優勝。ジロ・デ・イタリアでは1967、1969、1976年と3度の総合優勝。ブエルタ・ア・エスパーニャは1968年に制覇。そして1973年には世界選手権プロロードで優勝した。

グランツール全制覇はアンクティルに続く史上2人目の快挙。さらにミラノ〜サンレモ、パリ〜ルーベ、ジロ・デ・ロンバルディアなどのワンデーレースにも強く、イタリア自転車界で不動の地位を築いた。

最後のジロ・デ・イタリア制覇は34歳のとき。引退後は1980年代終盤にゲビスの監督を務め、その後はマルコ・パンターニが所属するメルカトーネウノチームの社長に就任。自転車メーカーのビアンキでも運営に参画。1988年のツール・ド・フランスでパンターニがジモンディ以来、33年ぶりのイタリア選手による総合優勝を遂げたときはシャンゼリゼの表彰台に登壇して喜びを分かち合った。