ミゲールアンヘル・ロペスがツアー・オブ・アルプス第2ステージ優勝

アルプス山脈を舞台とする5日間のステージレース、ツアー・オブ・アルプスは4月17日、距離145.5kmの第2ステージが行われ、アスタナのミゲールアンヘル・ロペス(コロンビア)が小集団のゴール勝負を制して優勝。アスタナチームは前日のペリョ・ビルバオ(スペイン)に続いて連勝を飾った。総合成績ではアンドローニのイバン・ソーサ(ベネズエラ)がビルバオに代わって首位に立った。

ツアー・オブ・アルプス第2ステージを制したミゲールアンヘル・ロペス © Luca Bettini/BettiniPhoto

この日最後の山岳、アルペ・ディ・パンペアーゴの頂上まで5km地点でアスタナ勢は先頭集団に5人を残していた。ゴールまで2.5kmになるとそのうちのひとり、ヤン・ハートが何度もアタックし、総合優勝を争う有力選手を消耗させていく。ハートは残り2kmで捕らえられたが、有力選手の動きはなく、最後のゴール勝負へ。体力を温存していたロペスがスプリント勝利を飾った。

「アルペ・ディ・パンペアーゴという伝統の山岳で勝利できて、過去の偉大なチャンピオンに近づけたことを光栄に思う」とロペス。
「チームメートの援護があって、とても過酷な山岳だったが安全に、そして体力を削ることなくクリアすることができた。ハートの動きによっていい状況となって、最後の数mまでパワーを温存することができた」

●関連ニュース

ペリョ・ビルバオがツアー・オブ・アルプス第1S優勝…フルームは5位

●最新ニュースへ

ペリョ・ビルバオがツアー・オブ・アルプス第1S優勝…フルームは5位

山岳ばかりが連続する5日間のステージレース、ツアー・オブ・アルプスが4月16日にイタリア北部で開幕。2つの難所が待ち構えた距離134.6kmの第1ステージはアスタナのペリョ・ビルバオ(スペイン)が最後の上り坂で先頭集団に加わり、残り3km地点からのダウンヒルで独走を成功させて優勝。総合成績でも首位に立った。

ペリョ・ビルバオがツアー・オブ・アルプス第1ステージを制した © Roberto Bettini/BettiniPhoto

スタート直後から9選手が抜け出して第1集団を形成したが、後続のメイン集団は周到にペースをコントロールして射程距離内で追走。終盤になると15人の先頭集団が形成されたが、アスタナチームはビルバオを含めて5選手が加わる。最後の上り坂で複数のアタックがあったが、それに食らいついたビルバオが峠を越えてからの下り坂でアタック。チームメートが抑え役となったことでゴールまで逃げ切った。

「ちょうど1年前、アスタナチームのミケーレ・スカルポーニが第1ステージで優勝してリーダージャージを獲得している」
ビルバオはゴール後に、2017年4月22日の練習中に交通事故死した元チームメートのことを振り返っている。
「彼のことはボクたちチーム全員の胸の中にあって、この日の栄冠をすべて捧げたい。ボクにとってもチームにとってもきょうの勝利は特別なんだ」

ジロ・デ・イタリアの調整レースとして参加しているスカイのクリストファー・フルーム(英国)もまずまずの走りを見せ、10秒遅れの区間5位でゴールしている。

●関連ニュース

NIPPOの日本人クライマー中根英登と伊藤雅和がツアー・オブ・アルプス参戦

●最新ニュースへ

ミケル・バルグレンがアムステルゴールドレースで優勝

第53回アムステルゴールドレースが4月15日にオランダで開催され、アスタナのミケル・バルグレン(デンマーク)がゴール勝負でミッチェルトン・スコットのロマン・クロイツィゲル(チェコ)とバーレーン・メリダのエンリコ・ガスパロット(イタリア)を制して初優勝した。

アムステルゴールドレースを制したミケル・バルグレン © Vereecken/BettiniPhoto

2018年から終盤に特別周回コースが設定されて、アタックがしやすいように変更された伝統の大会。マーストリヒトをスタートすると9選手が260kmにも及ぶ逃げを遂行し、最大で16分差をメイン集団につけた。これに対して後続集団はアスタナのローレンス・デブリーズらが先頭に立って追撃。その差を1人にして最終局面へ。

アスタナチームは勝負どころのカウベルクの坂でヤコブ・フルサングとバングレンがアタック。フルサングが何度も加速し、バングレンが背後について残り2kmに。ここでバングレンがアタックするとクロイツィゲルとガスパロットが反応。ゴール勝負はスプリントになったが、フルサングの背後で脚を温存していたバングレンがトップフィニッシュした。

「スタート直後から激しい戦いを余儀なくされたが、デブリーズが逃げた集団を捕まえてくれた。他のチームメートもボクがトラブルに陥らないようにアシストに徹してくれた」とバングレン。
「終盤はフルサングが積極的な走りを展開して、他の選手を疲れさせてしまい、それがアタックを決めることができた要因となった。こんな形で優勝することができてとてもうれしい」

「いいレースだった。ここ1カ月ほどレースから遠ざかっていたので、ちょっと興奮していた。でもとてもいい走りができたので満足している」
とフルサング。
「最後はいいポジションで走れた。バングレンが優勝できたことはボク自身も同じようにうれしい。優勝の一部分をになうことができたからね。彼は数年前に2位になっていたから夢をかなえることができただろう」

●関連ニュース

ミケル・バルグレンがクラシック緒戦のオムロープヘットニュースブラットで優勝

●最新ニュースへ

リッカルド・ミナーリがツール・ド・ランカウイ第4ステージ優勝

マレーシアで開催されているツール・ド・ランカウイは3月21日に第4ステージが行われ、アスタナのリッカルド・ミナーリ(イタリア)がゴール勝負を制して第2ステージに続く2勝目を挙げた。

ツール・ド・ランカウイ第4ステージを制したリッカルド・ミナーリ © Dario Belingheri/BettiniPhoto

この日も猛暑に見舞われたが、第2ステージと同様の平たん区間で、スプリンターであるミナーリを勝たせようとアスタナチームは万全の態勢を整えていた。終盤は横風によって集団が分裂したが、アスタナチームは先頭集団に残り、残り2kmから主導権を掌握した。
「この勝利はとても重要な意味がある。アスタナチームにあって昨年4月に交通事故死したミケーレ・スカルポーニに勝利を捧げることができたから」とミナーリ。

大会は4日間を終えてアダム・デヴォス(カナダ、ラリーサイクリング)が首位。ミナーリは1分19秒遅れの総合4位につけている。第5ステージに最難関の山岳区間に突入。25日まで開催される。

●関連ニュース

アスタナのリッカルド・ミナーリがツール・ド・ランカウイで区間勝利…総合でも首位に

●最新ニュースへ

アスタナのリッカルド・ミナーリがツール・ド・ランカウイで区間勝利…総合でも首位に

マレーシアで開催されているツール・ド・ランカウイは3月19日に第2ステージが行われ、アスタナのリッカルド・ミナーリ(イタリア)がゴール勝負を制してプロ初勝利を挙げた。

ツール・ド・ランカウイ第2ステージを制したリッカルド・ミナーリ © Dario Belingheri/BettiniPhoto

「とても暑くて、山岳も厳しく、さらには208.3kmという長距離だった。上り坂でいったんは脱落してしまったが、チームメートともにダウンヒルで第1集団に復帰することができた。最後はアシストの力を受けていいスプリントができた」とミナーリ。

初日に首位に立ったバルディアーニCSFのアンドレア・グアルディーニ(イタリア)が脱落したため、区間1位のボーナスタイムを獲得したミナーリが総合成績でも首位に立った。

●関連ニュース

ツール・ド・ランカウイ開幕…キナンの椿大志は熱中症でリタイア

●最新ニュースへ

ルイスレオン・サンチェスがパリ〜ニース第3ステージで首位に

3月4日に開幕した8日間のステージレース、パリ〜ニースは大会3日目となる7日に第3ステージが行われ、区間2位に入ったアスタナのルイスレオン・サンチェス(スペイン)が総合成績でトップに立った。

パリ〜ニース第3ステージで総合1位に立ったアスタナのルイスレオン・サンチェス ©Roberto Bettini/BettiniPhoto

第2ステージまではボーナスタイムの差があるだけで、サンチェスは15秒遅れの総合11位につけていた。この日は単独で逃げていた選手をディレクトエレルジーのジョナタン・イベール(フランス)と追いかけた。後続集団との差を広げて首位に立ちたいサンチェスが収支先頭に立って追撃したため、逃げた選手を捕らえたあとはイベールのスパートに追従できなかったが、集団に38秒差をつけたことで首位に立つことができた。

「最初はステージ優勝をねらっていたが、後続集団とのタイム差が開いたので、リーダージャージを獲得する目標に変更した」とサンチェス。
「明日は最初の難関となるタイムトライアルが待ち構えているので、今日の疲れをできるだけ取って、このジャージを守れるように頑張りたい」

大会は3月11日に地中海に面したニースにゴールする。

●関連ニュース

ルイスレオン・サンチェスがバルベルデとの接戦を制す…ブエルタ・ア・ムルシア

●最新ニュースへ

ルイスレオン・サンチェスがバルベルデとの接戦を制す…ブエルタ・ア・ムルシア

ブエルタ・ア・ムルシアが2月10日にスペインで開催され、アスタナのルイスレオン・サンチェス(スペイン)がモビスターのアレハンドロ・バルベルデ(スペイン)との接戦を制して、シーズン初戦にして初優勝を飾った。

ブエルタ・ア・ムルシアで優勝したルイスレオン・サンチェス ©Bettiniphoto

サンチェスは34歳、バルベルデは37歳。スペイン自転車界をけん引してきたベテランの2人が残り2kmで一騎打ちになった。最初にスパートしたのはバルベルデだが、サンチェスが冷静にこれを追い、先行していたバルベルデに追いつくと見事なカウンターアタックを決めて優勝した。

「とにかくこの勝利はチーム全員の走りで獲得したものだ。40人の先行集団ができてしまい、それを追走する集団をコントロールするのは至難の業だったが、チームのアシスト陣はそれをやってのけた」とサンチェス。
「優勝するためにはゴール勝負に持ち込むことなく、なにかを打開する必要があった。だから残り2kmで勝負を仕掛けた。バルベルデのような実力者と2人になれたのはおあつらえ向きの展開だった」

●関連ニュース

ビビアーニが最終ステージも制してドバイツアーで総合優勝

●最新ニュースへ

コロンビアのミゲルアンヘル・ロペスがアスタナと3年契約

コロンビアのミゲルアンヘル・ロペス(23)がアスタナと3年契約を結んだ。2017年はブエルタ・ア・エスパーニャでステージ2勝を挙げ、総合8位でフィニッシュ。同大会に新人賞ジャージの設定はなかったが、若手ではナンバーワンの成績を残した。

ミゲルアンヘル・ロペス。 @Bettiniphoto

ロペスは2015年にアスタナでプロデビュー。2016年はケガで好成績を残せなかったが、ミラノ〜トリノやアストリア一周レースで優勝。来季はファビオ・アルーが他チームに移籍することで、メジャーレースでのエースを託される存在になる。