マルク・ヒルシが旧サンウェブのDSM離脱…ノーコメント

2020シーズンに大活躍したスイスのマルク・ヒルシは、チーム名をサンウェブからDSMと変更した所属チームから離脱する。1月5日(日本時間同6日)にDSMが発表し、それ以上のコメントはなしとした。

2020ツール・ド・フランスのマルク・ヒルシ ©A.S.O. Pauline Ballet

ヒルシとDSMの契約は当初2021年12月31日までだったが、その契約を解除したとヒルシとチームの間で合意に達した。

「マルク・ヒルシは2020年に素晴らしいハイライトで画期的なシーズンを経験した。ヒルシとチームは素晴らしい勝利を修めた。ツール・ド・フランスのステージ優勝とフレッシュワロンヌ優勝、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュでエキサイティングな2位、世界選手権ロード3位の表彰台は、2020年に若手のヒルシが経験した素晴らしい偉業だ」とチーム。

「DSMは、マルク・ヒルシのキャリアがさらに継続することを願い、マルク・ヒルシがチームに貢献してくれたことに感謝の意を表します」

二枚看板の1人、ロマン・バルデのインスタには新ジャージ姿のマルク・ヒルシが写っていたが…
スキル・シマノを継承するDSMはシマノパーツを採用。バイクブランドはスコット

●DSMのホームページ

ロマン・バルデがサンウェブ移籍…2021年から2年契約

驚異的なクライマーであるフランスのロマン・バルデが2021シーズンは、プロデビューから所属してきたフランスのAG2Rラモンディアルを離れ、ドイツのサンウェブに移籍することが発表された。2年契約。

2021年からサンウェブに移籍することが発表されたロマン・バルデ(左)

ツール・ド・フランスではステージ3勝、総合2位と3位、そして山岳王にもなったフランス期待の選手。さらにワンデーレースでの実績があり、2018世界選手権で銀メダルを獲得し、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュで3位、ストラーデビアンケで2位になっている。

さまざまな地形で戦う汎用性があるバルデ。2012年からAG2Rラモンディアルでプロになり、多くの経験を積んできた。29歳と円熟のときを迎え、初めて海外チームで走ることになった。

キャリアの中で移籍のタイミングとしては最適

「サンウェブとサインできてとてもうれしい。現在のチーム以外のオプションを検討する場合、機材やチーム運営に最新技術を取り入れて、機能しているチームを見つけることが非常に重要だと思った。スポーツについて明確なビジョンを持ち、MPCC(信頼ある自転車競技のための運動団体)のメンバーであることも必要だった」とバルデ。

ロマン・バルデ

「サンウェブでは、特定の目標や特定のレースをターゲットにせずにスタートするチャンスだ。まず基本に焦点を当て、アスリートとしてあらゆる分野を改善するために一生懸命に努力したい。その後に、レースのスケジュールと目標を見つけていく」

今回の移籍の機会はバルデのキャリアとして適切なタイミングだという。そして最後に、「AG2Rラモンディアルには本当に感謝しかない」と語った。

AG2Rラモンディアルは2021シーズンにAG2Rシトロエンと名称を変更させる予定だが、ずっとエースとして起用してきたバルデの穴を埋めるため、CCCからリオ五輪金メダルのグレッグ・ファンアーベルマート(ベルギー)とミヒャエル・シェアー(スイス)を3年契約で迎え入れることになった。

●サンウェブのホームページ

サンウェブ所属選手が世界中のサイクリストにビデオメッセージ

ドイツのサンウェブに所属する男女プロ選手らが、世界中のサイクリストに向けてYouTubeでメッセージを送った。「私たちの最高の願いは、この困難な状況を世界中のみんなが打破すること。みんな一緒にここを乗り越えよう!」という思いがつまったものだ。

ハッシュタグは #StayHome (家にいよう)、 #StaySafe (安全を心がけよう)

●サンウェブのホームページ

ジェイ・ヒンドレーがジャイコ・ヘラルドサンツアー総合優勝

ジャイコ・ヘラルドサンツアーが2月5日から9日までオーストラリアで開催され、サンウェブのジェイ・ヒンドレー(オーストラリア)が総合優勝した。17秒遅れの2位はセントジョージコンチネンタルのセバスチャン・バーウィック(オーストラリア)、36秒遅れの3位はミッチェルトン・スコットのダミアン・ホーソン(オーストラリア)。

ジェイ・ヒンドレーがジャイコ・ヘラルドサンツアーで優勝

ヒンドレーは、ミッチェルトン・スコットでプロデビューした2017年に同大会で総合2位。2018年からサンウェブに所属して、初の総合優勝を手に入れた。

ヒンドレーは山岳コースで行われた第2ステージで3人のゴール勝負を制して区間勝利するとともに、総合成績で首位に躍り出ると、第4ステージの山岳区間でも優勝。そのまま逃げ切って5日間のステージレースで初優勝した。

ジェイ・ヒンドレーがジャイコ・ヘラルドサンツアーで総合優勝
ジェイ・ヒンドレー(オーストラリア)

●サンウェブのホームページ

サンウェブが2020チーム体制とジャージを発表

ドイツ登録のプロチーム、サンウェブが2019年12月10日、男子、女子、ディベロップメント(若手育成)チームの選手体制を発表した。使用する自転車はサーベロ。ウエアは赤を基調とし、「キープチャレンジング」と具現化する縦の2本ストライプが入る。

男子チームのマイケル・マシューズ、女子のフロールチェ・マッケイ、ディベロップメントチームのクサンドレス・ベルブローセム

2019シーズンまでのエースだったトム・デュムラン(オランダ)がライバルチームであるユンボ・ビスマに移籍していったが、オーストラリアのマイケル・マシューズ、オランダのウィルコ・ケルデルマン、アイルランドのニコラス・ロッシュらが所属。

●サンウェブチームのホームページ