マルク・ヒルシが旧サンウェブのDSM離脱…ノーコメント

2020シーズンに大活躍したスイスのマルク・ヒルシは、チーム名をサンウェブからDSMと変更した所属チームから離脱する。1月5日(日本時間同6日)にDSMが発表し、それ以上のコメントはなしとした。

2020ツール・ド・フランスのマルク・ヒルシ ©A.S.O. Pauline Ballet

ヒルシとDSMの契約は当初2021年12月31日までだったが、その契約を解除したとヒルシとチームの間で合意に達した。

「マルク・ヒルシは2020年に素晴らしいハイライトで画期的なシーズンを経験した。ヒルシとチームは素晴らしい勝利を修めた。ツール・ド・フランスのステージ優勝とフレッシュワロンヌ優勝、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュでエキサイティングな2位、世界選手権ロード3位の表彰台は、2020年に若手のヒルシが経験した素晴らしい偉業だ」とチーム。

「DSMは、マルク・ヒルシのキャリアがさらに継続することを願い、マルク・ヒルシがチームに貢献してくれたことに感謝の意を表します」

二枚看板の1人、ロマン・バルデのインスタには新ジャージ姿のマルク・ヒルシが写っていたが…
スキル・シマノを継承するDSMはシマノパーツを採用。バイクブランドはスコット

●DSMのホームページ