BMC改めCCCチーム…エチェオンド製ウエアがサンウェブと見分けがつかない

BMCレーシングから2019シーズンはCCCとチーム名称を変更するプロチームが、2019シーズンのチームウエアを12月14日に発表した。スペインのエチェオンドが製作するウエアはオレンジが基調で、同日に発表されたサンウェブと極めて似ている。CCCチームが使用するロードバイクはBMCからジャイアントになるので、混乱しないように。

(c) Chris Auld Photography

オレンジはポーランドのシューズ・バッグのメーカーであるCCCのコーポレートカラー。スソに向けて黒色にフェードしていくが、その部分もサンウェブと特徴が似ている。

「エチェオンドのチームキットを目の当たりにして興奮している。オレンジと黒のデザインは私たちの新しいチームのアイデンティティを表していて、私たちに新鮮な表情を与えてくれる」とチームマネージャーのジム・オショビッツはご満悦。
「エチェオンドのアパレルの品質は選手のテクニカルな部分で優位性を与え、彼らは最高レベルでレースを継続することができる。私たちは2019シーズンのスタートを楽しみにしていて、私たちのニューカラーを鮮烈にデビューさせたい」

ちなみにジャイアント同様、エチェオンドは2018年までサンウェブのオフィシャルパートナーだった。

⚫関連ニュース

サンウェブの2019ウエアは2本ストライプ継承もオレンジ色に

⚫最新ニュースへ

災害時などはスマホ充電も可能…ジャイアント新型スポーツeバイク「ESCAPE RX-E+」

ジャイアントは10月16日に新型スポーツeバイク「ESCAPE(エスケープ)RX-E+」の発売を開始する。重量は20kg。価格は28万円(税別)。

ジャイアント・エスケープRX-E+ アイスグレイ 28万円(税別)

スポーティクロスバイク「ESCAPE RX」の初心者でも扱いやすいジオメトリーを採用した軽量アルミフレームに、モーターユニットを搭載。ダウンチューブと一体化するデザインの大容量バッテリーを搭載して、最大200kmを超えるアシストを実現する。剛性の高い前後12mmスルーアクスル式と油圧ディスクブレーキの採用で、誰でも楽しく安全に長時間サイクリングが可能。

パワフルかつスムーズなモーターサポートを実現するYAMAHAとの共同開発。4モードから状況に応じたサポートを選択可能。最大トルク80Nm、最大ケイデンス110rpm
グリップと一体化した操作レバーは手を動かすことなく操作ができる安心設計。視認性に優れたセントラルメーターはスマホの充電を可能にするマイクロUSBポートを搭載
ジャイアント・エスケープRX-E+ ブラック 28万円(税別)

Livロードバイク試乗会が東京、名古屋、福岡で開催

女性のためのサイクルブランドLiv(リブ)は、10月20日(土)から全国3カ所のLivフラッグシップストアで「Livロードバイク試乗会」を開催する。

Livロードバイク試乗会

用意される試乗車は、2019年で誕生したエアロ性能を高めた「ENVILIV(エンヴィリブ)」のほか、オールラウンド軽量モデル「LANGMA(ランマ)」シリーズと、なめらかな乗り心地とアップライトな姿勢が特徴の「AVAIL(アヴェイル)」シリーズのカーボンロードバイク3モデル。特徴の違う3モデルを何度でも試せる。

2018年のLivバイクには上品で目を引くカラーとグラフィックデザインを採用。さまざまな方向からの光に反射することで、驚くほど深く豊かな色調を表現する。写真では伝えられない美しさなので実物を見てみたい。

東京、名古屋、福岡の各会場では、女性スタッフが試乗車貸出対応する。初めてロードバイクに乗ってみたい人や、クロスバイクからロードバイクの乗り換えを検討中の方人など、相談に乗ってくれる。各会場となるLivフラッグシップストアのLivコーナーでは、試乗車以外のラインナップやアパレル、パーツ類をチェックできる。

Liv(リブ)は女性のためのサイクルブランド

Livロードバイク試乗会
<会場・開催日程>

【名古屋会場】
日時:2018年10月20日(土)、21日(日) 11:00~16:00
場所:ジャイアント/リブストア名古屋
住所:愛知県長久手市砂子101
アクセス:グリーンロード「砂子交差点」かど

【福岡会場】
日時:2018年11月10日(土)、11日(日) 11:00~17:00
場所:ジャイアント/リブストア福岡
住所:福岡県福岡市早良区百道浜1-3-70
アクセス:福岡市地下鉄空港線「西新」駅より徒歩11分

【東京会場】
日時:2018年12月8日(土)、9日(日) 10:30~16:00
場所: ジャイアント/リブストア二子玉川
住所:東京都世田谷区玉川1-10-7
アクセス:東急田園都市線・大井町線「二子玉川」駅より徒歩2分

料金:無料
予約:不要
持ち物:身分証明証

BMCレーシングが2019年からジャイアントに乗り換え…チーム名はCCCに

台湾を拠点とする世界最大級の自転車メーカー、ジャイアントとその女性ブランドであるLivがポーランドのCCCチームと2019年のパートナーシップ契約を結んだ。10月5日、現在のBMCレーシングを率いるジム・オショビッツが米国カリフォルニアで発表した。BMCレーシングは来季から、メインスポンサーをBMCからCCCに変更し、ワールドツアーチームとして活動していくことがすでに発表されている。

2018ツール・ド・フランスでマイヨジョーヌを着用したグレッグ・バンアベルマート(ベルギー) © ASO

ジャイアントとLivはこれまでの5年間、ドイツ登録のサンウェブチームとパートナーシップ契約を結んでいたが、2018年12月31日で終了。新たなチームとの契約を水面下で進めていたが、その落ち着き先がスイスの自転車メーカーBMCをメインスポンサーとするBMCレーシングになった。そのためBMCチームがジャイアントとLivの新パートナーシップ契約を発表するという、ちょっと風変わりな広報リリースになった。

ジャイアントとLivはこれまで同様に、ワールドツアーチーム(CCC)・U23男子チーム(CCCデベロップメント)・エリート女子チーム(CCC-Liv)の3チーム編成で活動していく。

CCCはポーランドのシューズ・バッグのメーカー。BMCで活躍してきたリオ五輪金メダリストのグレッグ・バンアベルマート(ベルギー)は2019年からCCCに所属することが決まっていて、新シーズンはジャイアントに乗ることになる。サンウェブは2019年から男子・女子、育成チームを含めてカナダ発祥のサーベロを使用することになっている。

⚫関連ニュース

サンウェブがサーベロと契約…トム・デュムランが動画に出演

⚫最新ニュースへ

Liv新型エアロロード「ENVILIV ADVANCED PRO DISC」発売

ディスクブレーキを採用したLiv新型エアロロードバイク「ENVILIV ADVANCED PRO DISC(エンヴィリブ アドバンスド プロ ディスク)」をジャイアントが9月下旬から販売する。

最高レベルのスピードを実現するために設計された新型「ENVILIV ADVANCED PRO DISC」は、軽量かつ高剛性のカーボンフレームに、空力性能を最大化する「AeroSystem Shaping Technology」を採用したエアロロードバイク。女性の体格の解剖学的構造、サイジングのバリエーション、筋肉のエネルギーと出力に関する多くのデータをもつLivの「3F Design Philosophy」をもとに設計された。チームサンウェブ・ウィメンのライダーからフィードバックを受けた、空力と剛性を優先したアグレッシブなレースジオメトリは、最大限のパワー伝達を可能にし、ライダーに未知のスピードを提供する。

ENVILIV ADVANCED PRO 0 DISC 63万円(税別)

ENVILIV ADVANCED PRO DISC
女性専用エアロロード「エンヴィリブ」に待望のディスクブレーキ仕様が登場。ディスクブレーキに合わせて最適化された新フレームはエアロ性能をさらに向上。エアロ形状のハンドルバーとステムを備えたコックピットは、最高の剛性と空力を提供する一方で、ハンドルバーのリーチとドロップは女性ライダーに最適化。ディスクブレーキの高い安定性と引きの軽さはストレスを軽減し、ライディングへの集中力を高める。また、ダイナミックバランスドレーシング(DBL)テクノロジーを用いた「GIANT SLR 1 DISC AERO」ホイールシステムを採用し、回転時のホイールの空力と剛性を最適化して、バイクトータルとしての効率性を追求。

ENVILIV ADVANCED PRO 1 DISC 50万円(税別)

ジャイアントとLivのウェブサイトで2019年モデルが一挙公開

ジャイアントと、その女性ブランドLivのウェブサイトが9月5日(水)に更新され、どちらも2019年モデルが一挙公開された。2019モデル PICK UPと題したブログ記事で各モデルの特徴を紹介している。

Livの2019モデル PICK UP記事に注目

●ジャイアントのウェブサイト
●Livのウェブサイト

ジャイアントの2019モデル PICK UP記事も注目

⚫関連ニュース

キャノンデールが2019年モデルをウェブサイトで公開

⚫最新ニュースへ

ジャイアントがエスケープRXシリーズ、グラビエ、TCXシリーズを7月から先行販売

ジャイアントは7月より順次、GIANT 2019モデルのオンロードクロスバイク「ESCAPE RXシリーズ(3車種)」、Xロードクロスバイク「GRAVIER」、シクロクロスバイク「TCXシリーズ(4車種)」を先行販売する。

エスケープRX
2019モデルからロゴを一新したフィットネスライドの定番クロス「エスケープRX」シリーズ。ロードバイク譲りのALUXX-SL軽量アルミを⽤いたフレームは、快適性を高めるベントシートステーとD-FUSEシートピラーを採用。さらに内装式ケーブルやスムースウェルディングで、クラスを超えた質感を実現。UNICLIP SYSTEMサドルは、ライトやフェンダーなど対応アクセサリをワンタッチで着脱可能。

エスケープRX 1
10万5000円(税別)

エスケープRX 1

エスケープRX 2
7万9000円(税別)

エスケープRX 2

エスケープRX 3
6万7000円(税別)

エスケープRX 3

グラビエ
軽量なフレームに27.5インチホイール×45mm幅の太めなタイヤを採用し、走りの軽さを犠牲にすることなく快適で安定した走りを実現。アスファルトから砂利道などの荒れた路面にも幅広く対応するベストバイモデル。5万4000円(税別)

グラビエ

TCXアドバンスドプロ
最⾼レベルの泥はけ性能のためのアシンメトリチェーンステイ、振動吸収性のためのD-FUSEピラー、剛性を⾼めるOVERDRIVE 2 と前後12mmスルーアクスル、最新フラットマウントディスクブレーキ規格など、勝利のためのテクノロジーを結集したカーボンシクロクロスバイク。

TCXアドバンスドプロ1
43万円(税別)

TCXアドバンスドプロ1

TCXアドバンスドプロ2
30万円(税別)

TCXアドバンスドプロ2

TCXアドバンスド
26万円(税別)

TCXアドバンスド

TCX SLR 2
SLRテクノロジーによる軽量・高剛性のアルミフレームに、快適性に優れるD-FUSEカーボンピラーを採用。ワイヤで油圧キャリパーを制御するCONDUCTディスクブレーキを採用し、よりピンポイントで正確なバイクコントロールが可能。18万円(税別)

TCX SLR 2

ジャイアントのホームページ

⚫関連ニュース

ジャイアントが最新アパレル、レースデーコレクションを6月7日に発売

⚫最新ニュースへ

Livが2019モデルのランマ、エスケープRX、ブラヴァ、グラムを7月から先行販売

ジャイアントは2018年7月より順次、Liv 2019モデルのロードバイク「LANGMA ADVANCED(2車種)」、オンロードクロスバイク「ESCAPE RX W」、シクロクロスバイク「BRAVA SLR」、X-ROADクロスバイク「GRAMME」を先行販売する。

ランマ・アドバンスド
軽量で登坂性能に優れるレースパフォーマンスと、オールラウンドな汎用性を併せ持ち、女性のライドに最適化されたロードバイク「ランマ」。ADVANCEDクラスは、上位グレードの設計思想を踏襲しながら、クラス最高レベルの剛性 / 重量比を実現する究極のバリューグレード。QOM(クイーン・オブ・マウンテン)にはワイドレンジなギヤを搭載し、ヒルクライムへの挑戦をサポート。

LANGMA ADVANCED 1
26万円(税別)

ランマ・アドバンスド1

LANGMA ADVANCED 2
21万円(税別)

ランマ・アドバンスド2

エスケープRX W
日本の女性のフィットネスライドに向けて作られた独自企画のクロスバイク。専用コンフォートサドル、160mmクランク(XXSサイズ)など、こだわりの女性仕様はまさにLivならでは。CONTACT COMFORTサドルはUNICLIP SYSTEM採用で、ライトや泥除けなどの対応ギヤを取り付け可能。6万5000円(税別)

エスケープRX W

ブラヴァSLR
スローピングデザインを採⽤して、⾜つき性を確保した女性専用設計シクロクロスバイク。軽量・⾼剛性なSLRアルミフレームに、荒れた路面でもラインをトレースしやすい「OVERDRIVE 2」ヘッド規格、振動吸収性を⾼めるD-FUSEカーボンピラーに加え、今期からチューブレスレディタイヤを標準装備。23万円(税別)

ブラヴァSLR

グラム
軽量フレームに27.5インチ径のホイールと安定感のある太めのタイヤを採用し、快適な走りを約束するクロスバイク。専用設計されたフレーム、身体にやさしいパーツなど、日本の女性のスポーツライドに最適なこだわりが詰まった人気モデル。5万4000円(税別)

グラム

Livのホームページ

⚫関連ニュース

ジャイアントの女性ブランドLivが「SPECTRA」「2018 RACE DAY」などアパレル新製品を発売

⚫最新ニュースへ