マリアローザは2023年にデジタル進化…高速化繊維を採用

ジロ・デ・イタリアの首位選手が着用するバラ色のジャージ、マリアローザの2023年版デザインが12月5日にイタリアのミラノで発表された。制作はサイクリングアパレルのカステリ社で、リサイクル&サスティナブル繊維を駆使し、デジタル進化した。

2023マリアローザ ©Gian Mattia D’Alberto / LaPresse

新作ジャージはクリスマスエディションとして12月5日から公式ショップでオンライン発売。2023年2月からはその他のチャンネルでも購入できるようになる。

ギザロ博物館に展示された歴代マリアローザ ©Gian Mattia D’Alberto / LaPresse
©Gian Mattia D’Alberto / LaPresse
2023マリアローザ

●ジロ・デ・イタリアのオンラインショップ

2023ジロ・デ・イタリア…首都ローマ凱旋は大会史上5回目

2023年5月6日から28日まで開催される第106回ジロ・デ・イタリアのコースが、10月17日午後5時30分(日本時間深夜0時30分)にイタリアのミラノにあるオペラ座で発表された。全21ステージ、総距離3448.6km。ステージ平均距離164.2km。

2023ジロ・デ・イタリアのコース

2023ジロ・デ・イタリアの特徴を箇条書きすると

●ジロ・デ・イタリアがアブルッツォ地方で開幕するのは史上2度目。2001年以来。
●イタリアの首都ローマが最終ステージとなるのは5回目。ローマがステージのゴールとなるのは49回目。
●最高標高のチマコッピは第13ステージ、アルプスのグランサンベルナール峠(スイス)。イタリア領内にないのは4回目。1971年もグロスグロックナー(オーストリア)。1982年のイゾアール峠(フランス)。1985年のシンプロン峠(スイス)。
●タイムトライアルの総距離は70.6km。70kmを最後に超えたのは2013年の75.4km。
●ナポリにゴールするのは44回目。前回は2022年5月、トーマス・デヘントが優勝。

現役引退したビンチェンツォ・ニバリ(左)と2022ジロ・デ・イタリア総合優勝のジャイ・ヒンドレー ©Gian Mattia D’Alberto / LaPresse

●第7ステージのゴールはグランサッソ・ディタリア(カンポ・インペラトーレ)。5回目のフィニッシュを迎える。1971年はビセンテ・ロペスキャリル。1989年はジョン・カールセン、1999年はマルコ・パンターニ、2018年はサイモン・イェーツが優勝。
●ベルガモは第15ステージのゴール。最後にゴールした2017年、ボブ・ユンゲルスが優勝。

2023ジロ・デ・イタリアの全21ステージ

●第16ステージのゴール、モンテボンドーネは6回目。2023年にはアルデノ側の新ルートから登る。これまではすべてトレント側から上りで、降雪の1956年にシャルリー・ゴール、1957年ミゲル・ポブレット、1978年ウラジミロ・パニッツァ、1992年にジョルジョ・フルラン、2006年にイバン・バッソが優勝。
●第19ステージはトレチメディラバレドでフィニッシュ。1967年フェリーチェ・ジモンディ、1968年エディ・メルクス、1974年ホセマヌエル・フエンテ、1981年ビート・ブロイ、1989年ルッチョ・エレラ、2007年リッカルド・リッコ、雪に見舞われた2013年はビンチェンツォ・ニバリが制した。

2023ジロ・デ・イタリアのプロフィールマップ

2023ジロ・デ・イタリア日程

5月6日(土) 第1ステージ コスタデイトラボッキ 18.4km(個人タイムトライアル)★
5月7日(日) 第2ステージ テラーモ〜サンサルボ 204km
5月8日(月) 第3ステージ バスト〜メルフィ 210km★★
5月9日(火) 第4ステージ ベノーサ〜ラーゴラチェーノ 184km★★
5月10日(水) 第5ステージ アトリパルダ〜サレルノ 172km★
5月11日(木) 第6ステージ ナポリ〜ナポリ 156km★
5月12日(金) 第7ステージ カプーア〜グランサッソ・ディタリア 218km★★★
5月13日(土) 第8ステージ テルニ〜フォッソンブローネ 207km★★
5月14日(日) 第9ステージ サビニャーノ・シュルルビコーネ〜チェゼナ 33.6km(個人タイムトライアル)★★★
5月15日(月) 休養日
5月16日(火) 第10ステージ スカンディアーノ〜ビアレッジョ 190km★
5月17日(水) 第11ステージ カマイオーレ〜トルトーナ 218km★
5月18日(木) 第12ステージ ブラ〜リボーリ 179km★★
5月19日(金) 第13ステージ ボルゴフランコ・ディブレア〜クランモンタナ 208km★★★
5月20日(土) 第14ステージ シエッレ〜カッサーノマニャーゴ 194km★
5月21日(日) 第15ステージ セレーニョ〜ベルガモ 191km★★★
5月22日(月) 休養日
5月23日(火) 第16ステージ サッビオキエーゼ〜モンテボンドーネ 198km★★★
5月24日(水) 第17ステージ ペルジーネバルスガーナ〜カオルレ 192km
5月25日(木) 第18ステージ オデルツォ〜バルディゾルド 160km★★★
5月26日(金) 第19ステージ ロンガローネ〜トレチメディラバレド 182km★★★
5月27日(土) 第20ステージ タルビジオ〜モンテルッサーリ 18.6km(個人タイムトライアル)★★★
5月28日(日) 第21ステージ ローマ〜ローマ 115km
★は難易度

ミラノのオペラ座でコースが発表された ©Gian Mattia D’Alberto / LaPresse

2023ジロ・デ・イタリアのコースは17日・日本時間深夜0時30分発表

2023年5月6日から28日まで開催される第106回ジロ・デ・イタリアのコースがきょう17日午後5時30分、日本時間深夜0時30分に発表される。大会のFacebook、Twitter、YouTube、DailyMotion、TikTok、Instagramでチェックできる。

2022ジロ・デ・イタリア第10ステージ ©Fabio Ferrari / LaPresse

2022ジロ・デ・イタリアはボーラ・ハンスグローエのジャイ・ヒンドレー(オーストラリア)が初めての総合優勝を達成した。

●ジロ・デ・イタリアのtwitter
●ジロ・デ・イタリアのFacebook
●ジロ・デ・イタリアのInstagram

ヒンドレーが2022ジロ・デ・イタリア総合優勝…2年前の雪辱を果たす

第105回ジロ・デ・イタリアは最終日となる5月29日、ベローナで第21ステージとして17.4km個人タイムトライアルが行われ、ジャイ・ヒンドレー(オーストラリア、ボーラ・ハンスグローエ)が前日までの貯金を利して初めての総合優勝を達成した。

2022ジロ・デ・イタリアを制したジャイ・ヒンドレー(オーストラリア、ボーラ・ハンスグローエ) ©Marco Alpozzi/LaPresse

1分18秒遅れの総合2位はリチャル・カラパス(エクアドル、イネオスグレナディアーズ)。

ジャイ・ヒンドレー(オーストラリア、ボーラ・ハンスグローエ) ©LaPresse
ベローナ円形闘技場にヒンドレーがゴール ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse
マチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス) ©Luca Bettini/SprintCyclingAgency©2022
ジャイ・ヒンドレー(オーストラリア、ボーラ・ハンスグローエ) ©Fabio Ferrari/LaPresse
総合2位のカラパスがヒンドレーを祝福 ©Marco Alpozzi/LaPresse
ポイント賞を獲得したアルノー・デマール ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse
クーン・ボウマンが山岳賞 ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse
フアン・ロペスが新人王に ©LaPresse

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)ジャイ・ヒンドレー(オーストラリア、ボーラ・ハンスグローエ)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
マリアアッズーラ(山岳賞)クーン・ボウマン(オランダ、ユンボビスマ)
□マリアビアンカ(新人賞) フアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード)

最後のジロ・デ・イタリアとなったニーバリ ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse
アレハンドロ・バルベルデ ©Marco Alpozzi/LaPresse

第20ステージにもどる≪≪

最後の山岳でヒンドレーが2年ぶりにマリアローザ【ジロ・デ・イタリア第20S】

第105回ジロ・デ・イタリアは5月28日、ベッルーノ〜パッソフェダイア間の168kmで第20ステージが行われ、3秒遅れの総合2位につけていたジャイ・ヒンドレー(オーストラリア、ボーラ・ハンスグローエ)が首位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオスグレナディアーズ)に1分28秒差でゴール。総合1位に躍り出て、2年ぶりにマリアローザを獲得した。

ジャイ・ヒンドレーがパッソフェダイアで逆転をかけて走る ©Fabio Ferrari/LaPresse

ステージ優勝は独走でゴールしたUAEエミレーツのアレッサンドロ・コービ(イタリア)。大会初優勝。

3秒遅れの総合2位ジャイ・ヒンドレー。2022ジロ・デ・イタリア第20ステージ ©LaPresse

2年前は最終日に逆転負け、運命のタイムトライアルへ

ヒンドレーはサンウェブ時代の2020ジロ・デ・イタリアで、最終日前日に総合1位へ。しかし同タイムでタオ・ゲイガンハート(英国、イネオス・グレナディアーズ)が並ぶという激戦となり、最終日にミラノで行われた個人タイムトライアルで逆転負けした。

山岳賞のクーン・ボウマン。2022ジロ・デ・イタリア第20ステージ ©LaPresse

「とても残忍なフィニッシュなので重要なステージになることは分かっていた。もしボクの足に余力があれば、また違った戦いができたと思う。チームはこの日にかけていて、完璧に走れた。先頭グループにレニー・カムナがいた。ボクたちが彼らに追いついてから、彼は大きな助けになった」とヒンドレー。

「壮大なステージだった。3週間のレースが終わって挑むタイムトライアルがどうなるかは分からないが、ボクはマリアローザのために死ぬつもりだ」

2019年は最終日前日にマリアローザを着用したが、翌日に逆転されたジャイ・ヒンドレー(オーストラリア、ボーラ・ハンスグローエ) ©LaPresse
2022ジロ・デ・イタリア第20ステージ ©Fabio Ferrari/LaPresse
2022ジロ・デ・イタリア第20ステージ ©Fabio Ferrari/LaPresse
最後の山岳パッソフェダイアでマリアローザのカラパスがヒンドレーから遅れた ©Fabio Ferrari/LaPresse
アレッサンドロ・コービが2022ジロ・デ・イタリア最難関のステージを制した ©Massimo Paolone/LaPresse
マリアローザを獲得したヒンドレー ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)ジャイ・ヒンドレー(オーストラリア、ボーラ・ハンスグローエ)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
マリアアッズーラ(山岳賞)クーン・ボウマン(オランダ、ユンボビスマ)
□マリアビアンカ(新人賞) フアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード)

2022ジロ・デ・イタリア第20ステージ ©LaPresse

第19ステージにもどる≪≪   ≫≫第21ステージにすすむ