今度のサガンは料理人…ジロ・デ・イタリアのプロモーション動画

典型的なイタリアのタベルナでボーラ・ハンスグローエのペテル・サガンが料理の腕をふるった。初参戦するジロ・デ・イタリアのプロモーション動画シリーズ第2弾で、初回の芸術家に続いてイタリアの魅力に迫った。

Peter Sagan Backstage video per Giro d’Italia
Peter Sagan Backstage video per Giro d’Italia

タベルナのお客さんたちは伝統的なイタリア料理を食べ、そのおいしさに興奮していた。計算され尽くしたレシピで、とりわけソースがとてもおいしいかったので、「キッチンに素晴らしいイタリアのシェフがいるに違いない」とお客さんたちはうなずき合った。

Peter Sagan Backstage video per Giro d’Italia

芸術、音楽、食べ物、ファッションなど、イタリアが世界的に有名な文化的卓越性の多くにサガンはスペシャリストの領域を演じている。初回はこの「美しい国」を象徴するピナコテカ・ディ・ブレラやスカラ劇場で動画を収録したが、今回はイタリアの無数の料理の伝統をプロモーション動画の中で探求している。

Peter Sagan Backstage video per Giro d’Italia

ジロ・デ・イタリアは新型コロナウイルス感染拡大により、いつもの5月開催から2020年は10月3〜25日に延期されている。「コルサローザ(ジロ・デ・イタリアの愛称)に挑む最終的な準備はすでにできている」と、初参戦となるサガンは語っている。

サガンがイタリアのさまざまな文化にチャレンジする大会プロモーション動画は4回シリーズと番外編からなり、毎週木曜日に随時公開される。

Peter Sagan Backstage video per Giro d’Italia

●ジロ・デ・イタリアのホームページ
🇮🇹ジロ・デ・イタリアの特集サイト

ペテル・サガンが10月開幕のジロ・デ・イタリア参戦を決意

ボーラ・ハンスグローエのペテル・サガン(スロバキア)が2020ジロ・デ・イタリアへの参加を発表。「コルサローザ(ジロ・デ・イタリアの愛称)に挑む最終的な準備はすでにできている」と語った。ジロ・デ・イタリアは新型コロナウイルス感染拡大により10月3〜25日に延期されている。

Peter Sagan Backstage video per Giro d’Italia

新型コロナウイルス感染拡大によるロックダウンの前に、RCSスポルトはサガンが出演するプロモーションビデオを収録していて、6月26日から毎週木曜日に4回シリーズと番外編を随時公開していく。

イタリアチームで頭角を現したサガンだけに、イタリアの文化的な卓越性を長年にわたって感じてきた。芸術、音楽、料理、ファッションなどだ。ビデオの最初のエピソードは、ミラノのピナコテカ・ディ・ブレラから始まる。

Peter Sagan Backstage video per Giro d’Italia

「ロックダウン前に計画した参戦プログラムにジロ・デ・イタリアがあった。新しいカレンダーがリリースされたが、この約束を守り、コルサローザの開幕に合わせていくつもりだ」とサガン。

「欧州北部のクラシックレースと日程重複するが、ジロ・デ・イタリアに参加することを決めた。迷いの瞬間も第二の考えもなかった。初出場となるが、ワクワクしている。参戦を延期する予定はない」

Peter Sagan Backstage video per Giro d’Italia

大会主催者によるプロモーション活動にも積極的だ。
「初めてのジロ・デ・イタリアだから、いろいろな準備を心がけた。イタリアの卓越性と才能を深く知ることも楽しみだった。今ではイタリアンアート、音楽、料理、ファッションの専門家だよ」

●ジロ・デ・イタリアのホームページ
🇮🇹ジロ・デ・イタリアの特集サイト

ジロ・デ・イタリアが政府、連盟と協議し開催実現へ一歩

新型コロナウイルス感染拡大により延期されたジロ・デ・イタリアは、主催するRCSスポルトが、イタリア自転車競技連盟とイタリア政府のスポーツ大臣と会合し、大会実現に向けて調整に入った。

左からスポーツオフィスのジュゼッペ・ピエッロ事務局長、イタリア自転車競技連盟のレナート・ディロッコ会長、ジロ・デ・イタリアのマウロ・ベーニ統括、RCSスポルトのパオロ・ベッリーノCEO、イタリアスポーツ省のビンチェンツォ・スパダフォーラ大臣、イタリアナショナルチームのダビデ・カッサーニ監督

イタリア自転車競技連盟のレナート・ディロッコ会長、イタリアスポーツ省のビンチェンツォ・スパダフォーラ大臣との会合は、6月19日朝にローマのスポーツ省で行われ、イタリアナショナルチームのダビデ・カッサーニ監督とスポーツオフィスのジュゼッペ・ピエッロ事務局長も出席した。

会議の結果について、RCSスポルトのCEO兼ゼネラルマネージャーのパオロ・ベリーノとジロ・デ・イタリアのディレクター、マウロ・ベーニは次のようにコメント。

「スパダフォーラ大臣との会談は非常に生産的だった。私たちは、ジロ・デ・イタリアを開催するために疫学的リスクを最小限に抑えるべく必要なすべての措置を提示。自転車レース再開のためのプロトコルを提出した。大臣は、RCSスポルトとイタリア自転車競技連盟の協調的な努力を高く評価。6月11日に施行されたD.P.C.M.(デクレト・デル・コンシリオ・デイ・ミニストリ・デッラ・レプッブリカ・イタリアナ=イタリア共和国閣僚会議の大統領令)とすりあわせた。今後、大会の開催計画とその内容を分析し、RCSスポルトが主催する自転車イベントの実施に向けて合意が得られる予定だ」

🇮🇹ジロ・デ・イタリアの特集サイト
ジロ・デ・イタリア公式サイト

ジュリオ・チッコーネがクライマー王者ガチバトルで優勝

トレック・セガフレードのジュリオ・チッコーネ(イタリア)が5月24日に開催されたバーチャルレース「チャレンジ・オブ・スターズ」のクライマー部門で優勝した。ジロ・デ・イタリア主催者のRCSスポルトがインドアサイクリングのBKOOLとコラボして、時計のティソとイタリア電力公社のエネルを公式パートナーとして主催。その模様はSNSで配信された。

チッコーネは決勝でベルギー人ライダーのトーマス・デヘント(ロット・スーダル)とステルビオ峠に設定された距離2.9km、平均勾配8.69%、最大値12.75%の上り坂で一騎打ち。チッコーネは7分44秒で最初にフィニッシュラインを越え、デヘントの8分03秒を上回った。

クライマーのチャレンジマッチは準々決勝から始まり、チッコーネがヤコブ・フルサン(アスタナ)を、シモン・ゲシュケ(CCC)がビンチェンツォ・ニーバリ(トレック・セガフレード)を、デヘントがラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ)を、ワレン・バルギル(アルケア・サムシック)がクリストファー・フルーム(イネオス)を破った。

準決勝となる2レースではチッコーネがゲシュケを破り、デヘントがバルギルを破った。決勝ではチッコーネがデヘントとの対決で勝利した。

「多くのトップライダーとのいい競争だった。トーマスは非常に速くスタートした。彼はスゴいパワーを生み出すことができるライダーだ。私はこの登りをどれだけの力でプッシュすることができるか計算していたので一生懸命登ったが、じつは彼がちょっと減速することを願っていた」と優勝のチッコーネ。

「幸いにもすべてが最終的にうまくいった。チャレンジ・オブ・スターズはユニークなフォーマットだし、本当の挑戦だった。とても楽しかった。今はちょっとリラクゼーションを楽しむ時間がほしい」

「優勝にあと一歩だった。途中でジュリオに7秒リードしていたので、私は勝ったと思ったが、決勝ではそれまでと同じワットを押し込むことができなかった」とデヘント・

「ジュリオが終盤で追いついてきて、最終的に追い越していくのを見たとき、夢が終わったと思った。私はジュリオの強さを知っているので、前半戦で突っ込む必要があると考えていた。最初から一生懸命プッシュし、リードをキープしようと考えた。私は500ワット以上で押していたが、最後までそれを維持できなかった。強いヒルクライマーにはかなわない。彼は今日の私より優れていた新進気鋭のライダーだ」

●チャレンジ・オブ・スターズのTwitter
●チャレンジ・オブ・スターズのfacebook
●チャレンジ・オブ・スターズのInstagram
🇮🇹ジロ・デ・イタリアの特集サイト

ヤコブセンがスプリンターのVRガチバトルで勝ち抜き優勝

ファビオ・ヤコブセン(ドゥークニンク・クイックステップ)が5月23日に開催されたバーチャルレース「チャレンジ・オブ・スターズ」で優勝した。ジロ・デ・イタリア主催者のRCSスポルトがインドアサイクリングのBKOOLとコラボして、時計のティソとイタリア電力公社のエネルを公式パートナーとしてレースを主催。その模様はSNSで配信された。

オランダのロードチャンピオンであるヤコブセンが、8人の強豪スプリンターが選抜されたコンペティションで初優勝した。決勝ではイタリアの個人タイムトライアルチャンピオンであるフィリッポ・ガンナ(イネオス)をトスカーナ地方の田園地帯に設定された1.2kmコースで破った。平均勾配は0.97%、最大勾配2.53%というスプリンター向けのコースだった。

イベントは準々決勝から始まり、まずはパスカル・アッカーマン(ボーラ・ハンスグローエ)がナセル・ブアニ(アルケア・サムシック)を破った。ヤコブセンは世界チャンピオンのマッズ・ピーダスン(トレック・セガフレード)を破った。ジャスパー・デブイスト(ロット・スーダル)はティム・メルリエ(アルペシン・フェニックス)を、ガンナがマッテオ・トレンティン(CCC)を退けた。

準決勝は2レース。ヤコブセンがを破り、ガンナがベルギーのデブイストを打ち負かした。決勝ではヤコブセンがガンナとの一騎打ちで勝利した。

「今回の成功はホントに幸せだ。1200mという競技距離は通常の集団ゴールスプリントよりも長かったので、いまは脚が痛い!」とヤコブセン。

「私は画面をチェックし、対戦相手をピッタリとマークし、最後の500mで私が持っているすべてをスプリントに注入した。私は最近、特に悪天候の場合、間違いなく数時間は屋内でトレーニングをしているんだ。このような新しいレース形式に参加するのは楽しいよ。リアルのジロ・デ・イタリア出場を逃したけど、今回のチャレンジはちょっと緊張していたことを白状するよ」

「メカニカルトラブルがあったのでフィニッシュでは不運な結果となったけど、いい1日だった。ヤコブセンはうまくプレーしたよ」と準優勝のガンナ。

「調子はよかったし、短い爆発的なスプリントは得意だった。1200mの距離だったけど、脚は消耗したよ。外でレースをするのとは明らかに違った。通常のレースでは集団内の動きがよくわかる。今回は画面をチェックする必要があった。それでも決定的に似ているのは、レースが終わった後の脚の痛みだ」

フルームやニーバリがクライマー部門に登場

5月24日にはクライマー部門が行われ、8選手が出場。ステルビオ峠の2.9kmヒルクライムがコース。平均勾配は8.69%、最大は12.75%。

自宅でトレーニングするクリストファー・フルーム

5月24日の出場選手(クライマー)
ヤコブ・フルサン(アスタナ)vsジュリアノ・チッコーネ(トレック・セガフレード)
ビンチェンツォ・ニーバリ(トレック・セガフレード)vsシモン・ゲシュケ(CCC)
ラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ)vsトーマス・デヘント(ロット・スーダル)
クリストファー・フルーム(イネオス)vsワレン・バルギル(アルケア・サムシック)

●チャレンジ・オブ・スターズのTwitter
●チャレンジ・オブ・スターズのfacebook
●チャレンジ・オブ・スターズのInstagram
🇮🇹ジロ・デ・イタリアの特集サイト

フルームが勝ち抜きバトル参戦…1回戦はバルギルと対決

自転車ロード界の最強16選手が5月23、24日にバーチャルレース「チャレンジ・オブ・スターズ」に挑戦する。ジロ・デ・イタリア主催者のRCSスポルトがインドアサイクリングのBKOOLとコラボして、時計のティソとイタリア電力公社のエネルを公式パートナーとしてレースをバーチャル開催。その模様はSNSで配信される。

自宅でトレーニングするクリストファー・フルーム

バーチャルレースはトスカーナ地方の仮想コースを走るスプリンター部門と、ステルビオ峠を上るスプリンター部門に分かれ、それぞれ8人のトップ選手が勝ち抜き形式で優勝を目指す。

「新型コロナウイルス感染拡大によって私たちがレースに参加できない時に、テクノロジーを使ったチャレンジ・オブ・スターズイベントに参加し、サイクリングファンにエンターテイメントをもたらすことは素晴らしい」とイネオスのクリストファー・フルーム(英国)。

「この新しいタイプのチャレンジを、このスポーツのトップライダーを相手にチャレンジすることを楽しみにしている」

チャレンジ・オブ・スターズのクライマー部門組み合わせ

出場選手
●クライマー

ヤコブ・フルサン(アスタナ)
ジュリアノ・チッコーネ(トレック・セガフレード)
ビンチェンツォ・ニーバリ(トレック・セガフレード)
シモン・ゲシュケ(CCC)
ラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ)
トーマス・デヘント(ロット・スーダル)
クリストファー・フルーム(イネオス)
ワレン・バルギル(アルケア・サムシック)

4月18日から5月10日まで7ステージで争われたジロ・デ・イタリアバーチャルで総合優勝したアスタナの一員、ヤコブ・フルサン(デンマーク)は、「確かに現在の状況を考えると、多くのレースがキャンセルされたり延期された状況で、屋内サイクリングは実際の道路の上でレースができるのを待っている間、トレーニングとして優れた代替手段だ」と語り、今回もエントリー。

「私たちは、新しい国際カレンダーに設定されたレースに出場することができるのを楽しみにしている。チャレンジ・オブ・スターズのように、ライバル選手と真剣バトルを味わうことができるのは素晴らしいことだ」

チャレンジ・オブ・スターズのスプリンター部門組み合わせ

出場選手
●スプリンター/ルーラー

パスカル・アッカーマン(ボーラ・ハンスグローエ)
ナセル・ブアニ(アルケア・サムシック)
ファビオ・ヤコブセン(ドゥークニンク・クイックステップ)
マッズ・ピーダスン(トレック・セガフレード)
カレブ・ユアン(ロット・スーダル)
ティム・メルリエ(アルペシン・フェニックス)
マッテオ・トレンティン(CCC)
フィリッポ・ガンナ(イネオス)

レースの模様はベルギーのテレビ局「スポルザ」で独占中継されるが、日本では視聴できない。世界中のファンはTwitter、facebook、Instagramでチェックできる。

●チャレンジ・オブ・スターズのTwitter
●チャレンジ・オブ・スターズのfacebook
●チャレンジ・オブ・スターズのInstagram
🇮🇹ジロ・デ・イタリアの特集サイト

ジロ公式バーチャルレースにトップ16選手がエントリー

自転車ロード界の最強16選手が5月23、24日にバーチャルレース「チャレンジ・オブ・スターズ」に挑戦する。ジロ・デ・イタリア主催者のRCSスポルトがインドアサイクリングのBKOOLとコラボして、時計のティソとイタリア電力公社のエネルを公式パートナーとしてレースをバーチャル開催。国際的に放送される。

RCSスポルトがBKOOLと提携してスター選手に挑戦の舞台を提示した。バーチャルトーナメントとして、8人のクライマーと8人のスプリンターがノックアウト対決し、それぞれのカテゴリーで最強の選手を争う。

BKOOLのテクノロジーにより、ヒルクライムはステルビオ峠、スプリンターはトスカーナのコースをそれぞれの室内で再現。没入型の経験を楽しむことを可能にした。

レースの模様は、イベントの公式ソーシャルメディアチャンネル(Facebook、Instagram、Twitter)によって報じられ、世界中のファンがその展開を目撃することができる。

出場選手
●スプリンター/ルーラー
パスカル・アッカーマン(ボーラ・ハンスグローエ)
マッズ・ピーダスン(トレック・セガフレード)
ナセル・ブアニ(アルケア・サムシック)
マチュー・ファンデルプール(アルペシン・フェニックス)
ファビオ・ヤコブセン(ドゥークニンク・クイックステップ)
カレブ・ユアン(ロット・スーダル)
マッテオ・トレンティン(CCC)

●クライマー
ラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ)
ビンチェンツォ・ニーバリ(トレック・セガフレード)
ジュリアノ・チッコーネ(トレック・セガフレード)
ワレン・バルギル(アルケア・サムシック)
ヤコブ・フルサン(アスタナ)
トーマス・デヘント(ロット・スーダル)
シモン・ゲシュケ(CCC)
その他の出場選手は随時更新中

●イベントの公式Twitter

アスタナが初開催のジロ・デ・イタリアバーチャル総合優勝

カザフスタンのアスタナが初めて開催されたジロ・デ・イタリアバーチャルで総合優勝した。全7ステージを終えたアスタナは、ステージ勝利2回、2位と3位が3回という成績で、2位に49分57分差をつけた。初日に獲得したマリアローザを最終日まで守った。

アスタナがジロ・デ・イタリアバーチャルで優勝

4月18日から5月9日まで、毎週水曜日と土曜日に選手たちは自宅でマリアローザのためにオンライン上で対戦した。設定された7ステージは、リアルのジロ・デ・イタリア各ステージの最終部分だった。

©Astana Pro Team

「たとえそれが仮想的なものであったとしても、ボクたちは総合優勝に本当に満足している。チームは初日にマリアローザを手に入れ、最後までそれを保持することができた、それは素晴らしい」とヤコブ・フルサン。

「もちろん、道路を走るジロ・デ・イタリアとは全く違う。ステージは短かったかもしれないが、超強烈だったので、素晴らしいトレーニングになった。今後のトレーニングスケジュールにそれを含めたが、やっぱり道路の上でレースがしたい。しかし、厳しいトレーニングに耐え、困難な時代にチームを支えてくれるスタッフやスポンサーを見る絶好の機会だった。チームとして一緒に働き、WhatsApp(欧州版LINE)でチームメイトやコーチのサポートを受け、お互いにモチベーションを上げ合った」

「全体として素晴らしい経験だったし、組織は素晴らしい仕事をしたし、ボクたちはメインパートナーであるSamruk-Kazynaを世界中の私たちのファンに知らせることができた」

イタリアナショナルチームのフィリッポ・ガンナが最終日のトップタイム。写真はトラック世界選手権のもの。©Davy Rietbergen/CV/BettiniPhoto

「ジロバーチャルで優勝できたのはいいことだ。それは仮想レースだったかもしれないが、それにもかかわらず、簡単なレースではなかった。ステージは短いが強烈だった。私たちのライダーは全力を尽くし、私たちはみな一緒に働き、参加することを真剣に受け止めた」とチームマネージャーのドミトリー・フォフォノフ。

「バーチャルレースはスポンサーを見せる絶好の機会であり、ライダーはレース感覚のようなものを持っていた。また、ジロ・デ・イタリア主催者も素晴らしいレース運営をしてくれた。組織は完璧だった」

ピンクレースを制したトレック・セガフレード

女子のピンクレースはトレック・セガフレードが初日からトップに立ち、最終日まで一度も首位を譲ることなく総合優勝した。

●Garminバーチャルライドのホームページ

🇮🇹ジロ・デ・イタリアバーチャル / 延期された2020ジロ・デ・イタリア特集サイト