太平洋を見下ろす絶景・牡鹿半島がサイクルボールに追加登録

サイクリングアプリ「ツール・ド」を使って日本各地の1周コースを走る期間分散型サイクリングキャンペーン「サイクルボール SeasonⅢ -グランボール制覇の旅-」の追加ステージ第1弾が発表された。6月11日(土)より追加されるステージは、太平洋を見下ろす絶景の牡鹿半島(宮城県石巻市)を一周するコース「おしいち」の1地域。

サイクルボール SeasonⅢは全国各地でサイクルツーリズム事業(自転車・サイクリングを活用した観光振興事業)を展開する一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパンが4月29日から開催。今後さらなるステージの増加や新たな取り組みを行っていくという。

おしいちメイン95km(走行期間:6月11日~11月30日)

石巻市かわまち交流センターが発着地点となる「おしいち石巻」。女川駅までの道のりは比較的フラットな道だが、牡鹿半島に入れば太平洋を見下ろす絶景が待ち望んでいる。半島先端の御番所公園から見渡す景色はそこまでの疲れを忘れさせてくれること間違いなし。
●コースの詳細ページ

サイクルボールSeasonⅢ-グランボール制覇の旅-
・内容:サイクリングアプリ「ツール・ド」を使って日本各地の1周コースの制覇を目指す
・参加費:無料
・期間:2022年4月29日(金)~2022年12月27日(火)
・開催地域(6月11日時点)
淡路島1周(兵庫県)、佐渡島1周(新潟県)、霞ヶ浦1周(茨城県)、筑波山1周(茨城県)、福島市・ 二本松市1周(福島県)、狩野川1周(静岡県)、伊豆半島1周(静岡県)、牡鹿半島1周(宮城県)
・主催:(一社)ルーツ・スポーツ・ジャパン
・共催:(一社)淡路島観光協会、茨城県かすみがうら市、福島市相馬市二本松市伊達市観光圏協議会、 (一社)美しい伊豆創造センター、狩野川周辺サイクル事業推進協議会、(一社)石巻圏観光推進機構
・協力:新潟県佐渡市
・事務局:ツール・ド・ニッポン

●サイクルボール SeasonⅢ -グランボール制覇の旅-公式サイト

アプリを使って北条義時ゆかりの地を巡る参加無料ラリー

サイクリングアプリ「ツール・ド」を使って、伊豆の絶景やグルメを楽しみながら、北条義時ゆかりの地をめぐる2つのコースを走ることで、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』ロゴをあしらったオリジナル記念品がもらえるキャンペーン「伊豆半島サイクルラリー」が2022年1月15日(土)~3月15日(火)の期間限定で実施される。

全国各地でサイクルツーリズム事業(自転車・サイクリングを活用した観光振興事業)を展開する一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパンと美しい伊豆創造センターが主催。

コースは北条コースと源氏コースの2つ

【コース1】北条コース(距離 34.9km/獲得標高 228m)
平坦な平野部を半日程度で周遊するコース。「鎌倉殿の13人 伊豆の国大河ドラマ館」前をスタートし、歴史資源を巡りながら三島大社まで行き、ゴールのMERIDA X BASEを目指す。
●コース詳細ページ

【コース2】源氏コース(距離 89.2km/獲得標高 1863m)
ヒルクライムをする中級以上のコース。脚力に自信がない人はMERIDA X BASEでeバイクのレンタルを推奨。コースの名の通り源氏ゆかりの地を多くめぐるコースで、歴史資源とともに伊豆半島ジオパークの絶景とグルメを楽しむ。
●コース詳細ページ

完走特典として鎌倉殿の13人オリジナルサコッシュ

いずれか1コースを完走すれば「伊豆半島サイクルラリー」フィニッシャーとして認定され、伊豆半島サイクルラリーマイスターの証、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』ロゴをあしらったオリジナルサコッシュをプレゼント。完走したコースそれぞれ色違いの全2種のサコッシュがもらえる。数量限定のためぜひ早めのチャレンジを。

◆フォトコンテスト
「北条・源氏」をテーマにしたキャンペーン期間中に撮影された思い出の写真を大募集。「# 伊豆半島サイクルラリー」のタグをつけてSNS(TwitterまたはInstagram)に投稿するだけで応募完了。 当選者には地元の特産品の豪華賞品をプレゼント。

◆オリジナル完走バッジ
オリジナルコースを完走すると、ツール・ドアプリ内でオリジナル完走バッジをGETできる。それぞれのコースのゆかりの人物を模したバッジをぜひ集めよう。

伊豆半島サイクルラリー
・期間:2022年1月15日(土)~3月15日(火)
・コース:伊豆半島サイクルラリー オリジナルコース 計2コース
・持ち物:自転車、スマートフォン、自転車用スマホホルダー、スマホ用のモバイルバッテリー ヘルメット、グローブ、保険、マスク、アルコール消毒液
・主催:美しい伊豆創造センター
・共催:一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパン
・事務局:ツール・ド・ニッポン事務局
●伊豆半島サイクルラリーのホームページ

アプリを使って関西3府県の歴史スポットを巡る参加無料イベント

サイクリングアプリ「ツール・ド」を使って、日本のはじまりとも言える京都、奈良、和歌山の3つの古都を縦断する8つのコースを走ることでオリジナルグッズや記念品がもらえるキャンペーン「ツール・ド×関西~京都・奈良・和歌山歴史巡り周遊ライド ~」が2021年10月22日(金)~12月26日(日)の期間限定で実施される。

関西広域連合が主催、全国サイクルツーリズム連携推進協議会の代表団体で、全国各地でサイクルツーリズム事業(自転車・サイクリングを活用した観光振興事業)を展開する一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパンが共催。

5つの発着地点それぞれの往復コースを合わせて8コースが用意された

①京都嵐山―京都南 歴史巡りコース
【往路】40km
京都嵐山を出発して、京都市内の歴史スポット「東本願寺」や「伏見桃山城」を巡ったあとは宇治市、城陽市を通過してツアーオブジャパン京都ステージの舞台でもある京田辺市へ入るコース。
●詳細コース

②京都南―奈良県 歴史巡りコース
【往路】 45km
「普賢寺ふれあいの駅」を出発して、奈良県へと続くコース。奈良の歴史巡りスポット「東大寺」「郡山城跡」「法起寺」などを巡りながら「レスティ唐古・鍵」へと続く奈良の街中を走行する。
●詳細コース

③奈良県―和歌山北 歴史巡りコース
【往路】 65km
「レスティ唐古・鍵」を出発して「橿原神宮」、奈良飛鳥の名所「キトラ古墳」八角堂の有名な「榮山寺」 を巡った後は吉野川、紀ノ川沿いを走行するコース。
●詳細コース

④和歌山紀の川 歴史巡りコース
【往路】 90km
「道の駅 紀の川万葉の里」を出発してすぐに待ち受けるのは「金剛峯寺」へ続くヒルクライムコース
●詳細コース

⑤和歌山紀の川 歴史巡りコース
【復路】 55km
「わかやままるしぇ」を出発してすぐに「和歌山城」を通り、その後は紀の川沿いを東へと抜けるコース。
●詳細コース

⑥奈良県―和歌山北 歴史巡りコース
【復路】 65km
「道の駅 紀の川万葉の里」を出発し、京奈和自転車道を中心に走行する快適コース。
●詳細コース

⑦京都南―奈良県 歴史巡りコース
【復路】 45km
「レスティ唐古・鍵」を出発して「法隆寺」「慈光院」「平城宮跡」と奈良の市街地を抜け、京都へ入っていくコース。
●詳細コース

⑧京都嵐山―京都南 歴史巡りコース
【復路】 40km
「普賢寺ふれあいの駅」を出発し、京奈和自転車道を通りながら京都嵐山へと北上するコース。
●詳細コース

8コース全てを完走したら完走記念メダルと認定証

1コース完走するごとに全てのコースで異なるデザインのオリジナルピンバッジをプレゼント。8コース全てを完走した人には完走記念メダルと認定証をプレゼント。ぜひコース制覇にチャレンジしてみてよう。

フォトコンテストは#ツールド関西のタグをつけて投稿すれば応募完了

キャンペーン期間中に撮影した思い出の写真を大募集!「 #ツールド関西」のタグつけてSNS(Twitter または Instagram)に投稿するだけで応募完了。入選者には豪華賞品をプレゼントする。

◆発着場所
第1発着地点:京都嵐山 渡月橋(京都府)
第2発着地点:普賢寺ふれあいの里(京都府)
第3発着地点:レスティ唐古・鍵(奈良県)
第4発着地点:道の駅 紀の川万葉の里(和歌山県)
第5発着地点:わかやままるしぇ(和歌山県)

ツール・ド×関西のホームページ

アプリを使って京都丹波を巡る参加無料のツール・ド×京都丹波

サイクリングアプリ「ツール・ ド」を使って、美しい里山風景に囲まれた京都丹波の魅力を感じながらコースを走ることで オリジナルグッズや記念品がもらえるイベント「ツール・ド×京都丹波」が2021年10月16日(土)から12月12日(日)までの期間限定で実施される。

全国サイクルツーリズム連携推進協議会の代表団体で、全国各地でサイクルツーリズム事業(=自転車・サイクリングを活用した観光振興事業)を展開する一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパンが運営。京都府南丹広域振興局が主催。

◆コース紹介
「85kmコース」「110kmコース」「140kmコース」は発着違いで2コースずつ

■亀岡観光ショートコース 30km
【サンガスタジアム byKYOCERA 発着】
亀岡市の観光スポットをぐるっと巡るお手軽なコース。約30kmの道のりにはのどかで気持ちのいい田園風景から水辺の風景、さらに戦国歴史スポットや温泉まで亀岡市の魅力がぎゅっと詰まっている。
URL:https://www.app-tour-de-nippon.jp/course/?course_id=440

■八木日吉周遊サイクリング 50km
【サンガスタジアム byKYOCERA 発着】
大堰川(桂川)左岸に広がる広大な田園風景の中を走り抜け、アウトドアスポットとしても人気の日吉ダムを目指す約50kmのコース。一番の頑張りどころとなる紅葉峠展望台からは、眼下に平の沢池を始めコ ースを一望できる絶景が広がる。
URL:https://www.app-tour-de-nippon.jp/course/?course_id=441

■京都丹波周遊ライド 85km
【サンガスタジアム byKYOCERA 発着】
日吉ダムを越え、さらに京丹波町まで足を延ばす中級者コース。コース一番のポイントは南丹市の南西エリアに広がる「るり渓自然公園」。標高500mの高原に位置するるり渓では、清らかな流れと四季折々の渓谷美を眺めながらの本格的なヒルクライムが楽しめる。
URL:https://www.app-tour-de-nippon.jp/course/?course_id=442

■京都丹波縦断ライド 110km
【サンガスタジアム byKYOCERA 発着】
分水界の存在する胡麻地域の南丹市らしい農村風景や、和知地域での河岸段丘のような自然が作り出した雄大な地形の変化が楽しめる。距離や獲得標高は今回の中でもナンバー2だが、比較的短めの峠が繰り返されるため、軽快なアップダウンで走り心地のよいコース設定となっている。
URL:https://www.app-tour-de-nippon.jp/course/?course_id=443

■京都丹波一周ロングライド 140km
【サンガスタジアム byKYOCERA 発着】
京都丹波エリアの魅力をこれでもかと詰め込んだ140kmのロングディスタンスに、獲得標高2000mオー バーというスペックで脚に自信のあるサイクリストの挑戦を待ち受ける京都丹波最強コース。一押しのポイントはこのコースだけがたどり着ける美山エリア。
URL:https://www.app-tour-de-nippon.jp/course/?course_id=444

■京都丹波周遊ライド 85km
【丹波自然運動公園 発着】
日吉ダムを越え、さらに京丹波町まで足を延ばす中級者コース。コース一番のポイントは南丹市の南西エリアに広がる「るり渓自然公園」。標高500mの高原に位置するるり渓では、清らかな流れと四季折々の渓谷美を眺めながらの本格的なヒルクライムが楽しめる。
URL:https://www.app-tour-de-nippon.jp/course/?course_id=445

■京都丹波縦断ライド 110km
【丹波自然運動公園 発着】
分水界の存在する胡麻地域の南丹市らしい農村風景や、和知地域での河岸段丘のような自然が作り出した雄大な地形の変化が楽しめる。距離や獲得標高は今回の中でもナンバー2だが、比較的短めの峠が繰り返されるため、軽快なアップダウンで走り心地のいいコース設定となっている。
URL:https://www.app-tour-de-nippon.jp/course/?course_id=446

■京都丹波一周ロングライド 140km
【丹波自然運動公園 発着】
京都丹波エリアの魅力をこれでもかと詰め込んだ140kmのロングディスタンスに、獲得標高2000mオー バーというスペックで脚に自信のあるサイクリストの挑戦を待ち受ける京都丹波最強コース。一押しのポ イントはこのコースだけがたどり着ける美山エリア。
URL:https://www.app-tour-de-nippon.jp/course/?course_id=447

完走特典
コースのいずれかを完走したfinisherに、「ツール・ド×京都丹波」走破の証オリジナル手ぬぐいをプレゼント。5コース全てを完走した人を京都丹波マイスターと認定。全コース完走者にはオリジナル認定証と地元特産品詰合せをプレゼント。ぜひ5コース制覇にチャレンジしてみよう。全コース完走とは発着点を問わず「30kmコース」「50kmコース」「85kmコース」「110kmコース」 「140kmコース」を完走することを指す。

フォトコンテストも

キャンペーン期間中に撮影した思い出の写真を大募集! 「#ツールド京都丹波」のタグをつけて SNS(Twitter または Instagram)に投稿するだけで応募完了!入選者には豪華賞品をプレゼント!

●ツール・ド×京都丹波のホームページ

アプリを使ってブリッツェン、ブラーゼン監修コースを走る

サイクルイベント「ぐるとち」を運営する、ぐるとち実行委員会は9月19~20日に予定していたリアルイベントの中止を踏まえ、一度に多くの人が集う1日開催型ではなく、コロナ 禍に対応した期間分散型のサイクルラリー「ぐるとち photo&ride2021」を実施する。

イベントは全国サイクルツーリズム連携推進協議会の代表団体で、全国各地でサイクルツーリズ ム事業(自転車・サイクリングを活用した観光振興事業)を展開する一般社団法人ルーツ・スポーツ・ ジャパンがサービス提供をするサイクリングアプリ「ツール・ド」 を使って、仲間と一緒に景色と美味しいものを楽しみながら、宇都宮ブリッツェン、那須ブラーゼン監修の下イベントオリジナルコースを走るもの。

走行中に撮った写真をSNSに投稿することで地元栃木県内の特産品がもらえるフォトラリーに応募することができ、とちぎの食・景色・空気、全てを満喫できるイベントとなっている。

キャンペーンの実施は2021年10月8日(金)~12月19日(日)までの約2カ月間。

◆コース紹介

【1】ナス1(172km/上級者向け)

那須塩原駅を発着として、那須エリアをぐるっと1周するコース。170kmを超える距離の中に八方ヶ原という激坂が含まれる難易度の高いコース。高原を感じるひらけた景観や達成感を味わえる。
●詳細ホームページ

【2】とちぎのダムハントコース(60km/中・上級者向け)

栃木県にある大きなダムを巡るコース。矢板市をスタートし、リンゴの栽培が盛んなエリアを抜けた後は、森の中を走り抜けているような景観の中ダムを目指す。ダムの他にも湧き水や廃線跡のサイクリングロードなど見どころも多彩。
●詳細ホームページ

【3】那須アグレッシブクライム(53km/中・上級者向け)

栃木の北部那須高原を目指して登っていくコース。最高地点は標高1000mを超える登りごたえとひまわり畑や南ヶ丘牧場など那須観光の両方を一度に感じることができる、厳しくとも楽しいコース。
●詳細ホームページ

【4】八溝七福神コース(72km/中級者向け)

八溝エリアに揃う七福神が祀られている神社を巡るコース。なかがわ水族館を発着とし、那珂川沿いを中心に心地よく走ることのできるコース。
●詳細ホームページ

【5】ウェルカムなすしお大吊橋コース(24km/初級者向け)

日本最大規模の大吊り橋を目指すコース。登りのあるコースだが、道中には絶品のチーズケーキや地元野菜をふんだんに味わうことができるスポットもあり、那須を味わいつつ走ることができる。
●詳細ホームページ

フォトラリーも
キャンペーン期間中に撮影した写真(自転車を入れたもの)に「#ぐるとちフォト」「#スポット 名」をつけてSNS(Twitter または Instagram)に投稿し、ぐるとち公式アカウント(@gurutochi) をフォローするだけで応募完了。当選者には地元の特産品をプレゼント。各スポットについて1回のみ投稿可能

<ナス1コース> は県のモデルルート第1号であることから「完走賞」として、同コースのスポット7カ所全てを投稿した人の中から抽選で「第1回ぐるとち参加無料招待(2022年度開催予定)」などの特別賞を贈答!

ぐるとち photo&ride
・期間:2021年10月8日(金)~12月19日(日)
・参加費:無料
・コース:宇都宮ブリッツェン、那須ブラーゼン監修のオリジナルコース
・持ち物:自転車、スマートフォン、自転車用スマホホルダー、スマホ用のモバイルバッテリー、ヘルメット、グローブ、保険、マスク、アルコール消毒液
・主催: ぐるとち実行委員会
ぐるとち photo&ride2021のホームページ