ケイリンとチームスプリント2位のトラックW杯最終戦をNHKが放送

1月25日から27日まで香港で行われたトラックワールドカップ第6戦の模様がNHK BS1で2月15日(金)19時から同49分に放送される。緊急ニュースが生じた際は変更される可能性がある。

ラックワールドカップ第6戦の男子ケイリンで優勝したテオ・ボス(右)。左は2位河端朋之 ©2019 JCF

同大会では河端朋之がケイリンで2位に、雨谷一樹、新田祐大、深谷知広の3選手がメンバーとなったチームスプリントで2位になった。番組は両種目を中心に構成される。

トラックワールドカップ第6戦の男子チームスプリントで2位になった雨谷一樹、新田祐大、深谷知広 ©2019 JCF

NHK BS1の詳細サイト

太田りゆがトラックワールドカップ最終戦女子ケイリンで2位

ガールズケイリンで活躍する太田りゆがUCIトラックワールドカップ第6戦の女子ケイリンで2位になった。

トラックワールドカップ第6戦の女子ケイリンで優勝したリー・ワイジー(香港)を中央に、左が2位太田りゆ、右が3位リーフーヤン・ジェシカ(香港) ©2019 JCF

全6戦で行われるUCIトラックワールドカップは、1月24日から27日にかけて、香港で第6戦が行われ、大会最終日の27日に女子ケイリンで太田りゆが銀メダルを獲得した。

女子ケイリンには今シーズン成長著しい小林優香と太田が出場。太田は決勝で地元香港の第一人者、リー・ワイジーの後方で素晴らしい伸びを見せて2位。ワールドカップのシーズン最終戦で悲願のメダル獲得となった。小林は準決勝で転倒・落車して決勝進出をのがした。

男子スプリントは深谷知広の11位が最高。女子オムニアム、女子スクラッチとともに上位へ入ることはできなかった。

トラックワールドカップ第6戦の女子ケイリンで残り1周を走る太田りゆ ©2019 JCF
トラックワールドカップ第6戦の女子ケイリン決勝 ©2019 JCF

太田りゆのコメント
すごく冷静に勝つことに集中して、なにがなんでもメダルが取りたいという気持ちで走った。今この時点で銀メダルが取れたことは素直に喜んでいいかなと思う。
ブノワコーチから「お前ならできる」と言われて始めた競技だが、何回も裏切るような結果しか出せていなかったので本当によかった。

男子スプリント
11 深谷知広(日本)
15 新田祐大(日本)
20 河端朋之(日本/JPC)

女子ケイリン
1 リー・ワイジー(香港)
2 太田りゆ(日本)
3 リーフーヤン・ジェシカ(香港/ジャイアント・マックスサクセススポーツプロサイクリング)
12 小林優香(日本/ドリームシーカー)※準決勝途中棄権、7-12位決定戦DNS

女子オムニアム
22 古山稀絵(日本)

女子スクラッチ
10 鈴木奈央(日本)

河端朋之がトラックワールドカップ第6戦ケイリンで2位

1月24日に27日に香港で開催されているUCIトラックワールドカップ第6戦(全6戦)は、大会3日目の26日に男子ケイリン決勝が行われ、河端朋之が2位になった。優勝はオランダのテオ・ボス(ビートサイクリング)。

トラックワールドカップ第6戦の男子ケイリンで優勝したテオ・ボスを中央に左が2位河端朋之、右が3位オ・ジェソク ©2019 JCF

男子ケイリンは日本から河端の他に新田祐大が出場し、2名ともに決勝に進出。決勝では河端が4番手から猛然と追い上げるもわずかに届かず2位。新田は後方から伸びきれず4位となった。

男子オムニアムでは橋本英也がメダル争いから僅差の7位に入り健闘。またオリンピック出場を目指す女子マディソンも中村妃智、古山稀絵のコンビが11位となってポイントを積み上げた。

河端朋之のコメント
ワールドカップ第5戦に行かず、トレーニングとコンディショニングをしっかりできたので体は仕上がっていた。位置取りは後方だったが、取れたとこから自分で行くだけ。届いてほしかったが、そこは力不足だった。

ラックワールドカップ第6戦の男子ケイリンで優勝したテオ・ボス(右)。左は2位河端朋之 ©2019 JCF

●レース結果
男子ケイリン
1 テオ・ボス(オランダ)
2 河端朋之(日本/JPC)
3 オ・ジェソク(韓国)
4 新田祐大(日本)

男子オムニアム
7 橋本英也(日本)95点

女子スプリント
16 小林優香(日本/ドリームシーカー)
24 太田りゆ(日本)

女子マディソン
11 日本(中村妃智、古山稀絵)

トラックワールドカップ第6戦の男子チームスプリントで日本2位

2018-2019UCIトラックワールドカップ第6戦が1月24日から27日にかけて香港で行われ、大会2日目の25日に行われた男子チームスプリントで日本が銀メダルを獲得した。シリーズは全6戦で、今回が最終戦。

男子チームスプリントの雨谷一樹、新田祐大、深谷知広 ©2019 JCF

日本のメンバーは雨谷一樹、新田祐大、深谷知広の3選手。予選、1回戦をともに2番目のタイムで決勝へ進出し、決勝ではオーストラリアと対戦。わずかに届かず銀メダルとなった。

東京オリンピックでのチームスプリント出場枠を獲得することになれば、ケイリン、スプリントにも2名づつの出場枠をもたらす。それだけに重要な種目で、今大会の2位は大きなポイントの加算となった。

日本男子チームスプリントはアテネ五輪で銀メダルを獲得した実績ある種目ながら、リオ五輪では出場を逃している。ワールドカップでのメダルは2012年10月以来、およそ6年ぶり。

雨谷一樹のコメント
予選から僅差の戦いで、1回戦勝てた(決勝進出を決めた)ことが一番大きい。決勝は自分としては今日一番の走りができた。世界選手権に向けてタイムをあげられるように頑張りたい。

トラックワールドカップ第6戦の男子チームスプリントで2位になった雨谷一樹、新田祐大、深谷知広 ©2019 JCF

●レース結果

男子チームスプリント
1 オーストラリア 43秒815
2 日本(雨谷、新田、深谷)44秒148
3 ポーランド 44秒202

男子チームパーシュート
10 日本(近谷涼、一丸尚伍、今村駿介、沢田桂太郎)4分03秒202

女子チームパーシュート
14 日本(中村妃智、吉川美穂、古山稀絵、橋本優弥)4分36秒733

深谷知広、橋本英也が健闘…トラックワールドカップ第5戦

1月18日から20日にかけて、ニュージーランドのケンブリッジでUCIトラックワールドカップ第5戦(全6戦)が行われ、大会3日目の20日は男子スプリント、男子オムニアムなどが行われた。

UCIトラックワールドカップ第5戦、橋本英也は男子オムニアムで5位 ©2019 JCF

男子スプリントには渡辺一成、新田祐大、深谷知広の3選手が出場したが、最高順位は深谷の8位。深谷は元世界チャンピオンのボジェ(フランス)を破るなど健闘を見せ、第2戦の6位に次ぐ順位を残した。

男子オムニアムでは橋本英也が出場。2種目終えて暫定トップに立つも、残るエリミネイションとポイントレースで思うように点数を伸ばせず最終順位は5位。表彰台こそ届かなかったものの、オリンピックランキングにおける貴重なポイントを獲得した。

UCIトラックワールドカップ第5戦、男子スプリントで新田祐大(右)が渡辺一成を制した ©2019 JCF

男子スプリント
8 深谷知広(日本)
14 新田祐大(日本)
19 渡辺一成(JPC/日本)

男子オムニアム
5 橋本英也(日本)101点

女子スクラッチ
5 鈴木奈央(日本)

UCIトラックワールドカップ第5戦、鈴木奈央が女子スクラッチで5位 ©2019 JCF

新田祐大がワールドカップ第5戦の男子ケイリンで3位に

2018-2019UCIトラックワールドカップ第5戦がニュージーランドのケンブリッジで1月18日に開幕。19日に行われた男子ケイリンで新田祐大が3位になった。

トラックワールドカップ第5戦を走る新田祐大 ©2019 JCF

全6戦で行われるUCIトラックワールドカップ。1月18日~20日にかけてニュージーランド・ケンブリッジで第5戦が行われ、大会2日目の19日に男子ケイリンの新田が銅メダルを獲得した。

新田は予選1着から順調に決勝へ進出。決勝は残り半周から猛然と追い上げを見せて僅差の3着に入った。ロンドン五輪代表で長く日本の短距離チームを牽引する存在ながら、個人として初のワールドカップでのメダル獲得。短距離チームの層の厚さを見せつけた。

「時間をかけてしまったのですけど、メダルを獲得することができた。日ごろからずっと応援してくださったファンの皆さん、スタッフ、家族みんなのおかげ」と新田。
「これに満足せず今後の日本の競輪・自転車競技のためにももっと活躍できるように頑張りたい」

トラックワールドカップ第5戦の男子ケイリン ©2019 JCF

男子ケイリン
1 エドワード・ドーキンス(ニュージーランド)
2 クェンティン・ラファルグ(フランス)
3 新田祐大(日本)
7 渡辺一成(JPC/日本)

トラックワールドカップ第5戦の男子ケイリンを制したエドワード・ドーキンス(ニュージーランド)を中央に左が2位クェンティン・ラファルグ(フランス)、右が3位新田祐大 ©2019 JCF

男子チームスプリント
6 日本(雨谷一樹、新田祐大、深谷知広) 43秒975(1回戦のタイム)

男子チームパーシュート
7 日本(窪木一茂、近谷涼、一丸尚伍、沢田桂太郎) 3分59秒073(1回戦のタイム)

小林優香がトラックワールドカップ第3戦の女子ケイリンで3位

小林優香(ドリームシーカー)が11月30日から12月2日までドイツのベルリンで開催された2018-2019UCIトラックワールドカップ第3戦の女子ケイリンで3位になった。レースは最終日の2日に行われた。

ワールドカップ第3戦の女子ケイリンを走る小林優香 ©2018 JCF

●女子ケイリンレース結果
1 ロリーヌ・ファンリーセン/van RIESSEN Laurine ビートサイクリングクラブ・オランダ
2 エマ・ハインツ/HINZE Emma ドイツ +0.071
3 小林優香/KOBAYASHI Yuka ドリームシーカー・日本 +0.128
7 太田りゆ/OHTA Riyu 日本

ワールドカップ第3戦女子ケイリンはロリーヌ・ファンリーセンが優勝。左が2位エマ・ハインツ、右が3位小林優香 ©2018 JCF

UCIトラックワールドカップ第3戦(全6戦)がドイツのベルリンで行われ、大会最終日に女子ケイリンで小林が自己最高の3位に入り銅メダルを獲得した。日本からはワールドカップで善戦を見せている小林と太田りゆ(日本ナショナルチーム)が出場。太田も7位に入り2020東京オリンピックの出場枠獲得へ向けた大きなポイントを得て大会を終えた。

2018-2019シーズンUCIトラックワールドカップは全6戦で争われ、各国上位3つの結果がオリンピックポイントに反映される。次戦は12月14日より英ロンドンにて実施予定。

小林優香のコメント
メダルを取れたことが素直にうれしい。去年は悔しい思いをし、今年の2戦目までも悔いの残るレースだった。ここできっかけがつかめて良かった。

小林優香がワールドカップ第3戦で銅メダル ©2018 JCF

●本大会の日本選手団

トラックW杯第2戦はNHK BS1で11月20日…世界選手権ロード再放送は11月14日

自転車競技のトラックワールドカップ第2戦がNHK BS1で11月20日(火)午後7時から同49分まで放送される。オリンピックレースシーズンがスタートしたトラック競技の白熱の戦いを伝える。

チロル地方のインスブルックで開催されている世界選手権ロード © Dario Belingheri/BettiniPhoto

9月に開催された2018ロード世界選手権の再放送も急きょ決定。11月14日(水)午前9時から10時49分まで。途中BSニュースあり。どちらの放送も予定ですので、臨時ニュースがあった場合は変更の可能性がある。