カリマーの抗ウイルス加工プロダクトが続々リリース

英国発祥のアウトドアブランド、karrimor(カリマー)は、新しい生活様式の中で安心して使えるプロダクトとして、ポリジン社が展開する繊維への抗ウイルス加工技術、Polygiene ViralOff(バイラルオフ)を採用したアイテムを積極的に展開。2021年春夏シーズンは、Tシャツ5型を発売するほか、2020年12月に発売後すぐに完売したフェイスカバーを再リリースする。

facecover

新型コロナ原因ウイルスへの効果が立証されたポリジン社ViralOffを採用

抗ウイルス加工技術バイラルオフは、新型コロナウイルスの原因ウイルスであるSARS-CoV-2に対する効果が検査機関で証明され、また30回洗濯後の耐久性も立証されている。

Tシャツシリーズ

urban utility T
Price:¥6,050(税込) Color:White / Digital Mint / Black Size:XS / S/ M / L / XL

urban utility T

HBT S/S T
Price:¥6,050(税込) Color:White / French Navy / Black Size:XS / S/ M / L / XL

HBT S/S T

climb climber T W`s
Price:¥5,720(税込) Color:White / Myrobolan / Good Grey Size:S/ M / L

climb climber T W’s

camp pict T
Price:¥5,720(税込) Color:Myrobolan / French Navy Size:S/ M / L / XL

camp pict T

climb MYP T
Price:¥5,720(税込) Color:White / Good Grey / Black Size:S/ M / L / XL

climb MYP T

face cover (フェイスカバー)

facecover

Price:¥2,700+税 Color:Dark Grey/Black Size:ONE SIZE Material:Polyester 95%,Polyurethane 5%,Polygiene ViralOff®

吸水速乾性能を持つ素材にグローバルな安全認証を取得している抗菌・抗ウイルス加工、Polygiene社Viral Offを施したフェイスカバー。表面に付着した特定のウイルスの数を減少させる。両耳に引っかけて固定することで行動時も鼻、口元をしっかりカバー。

●カリマーの詳細ホームページ

通気性がよくて快適なパールイズミのマスクに注目

パールイズミがベンチレーションマスクを発売する。口部分が大きく開く仕様になっているため、呼吸を妨げず、不快なムレを積極的に開放する。耳にかけるゴムにはアジャスターが付いていて、長さが調節でき、耳も痛くなりにくく、長時間使うことができる。

サイズは2サイズで、女性にもぴったりフィット。付属品としてマスクのポケットに挟み込むための生地も同封している。サイクルショップやスポーツ用品店で販売する。

表の素材に微細な穴を設けることで高い通気性を確保。薄く軽量でハリのある素材で形が崩れにくく、口とマスクの間に適度な空間を保つため、さらっとした着け心地。素材に撥水加工 を施しているため、汗による張り付きも軽減する。

医療用ではなく、使用や洗濯を繰り返すことで劣化する消耗品。

ゴムを好みの長さに調節で きるため、耳が痛くなりにくく、長時間の使用でも快適

MSK-03 / ベンチレーションマスク
【カラー】1. ホワイト 2. グレー 3. ネービー
【価格】1580円(税抜)
【サイズ】S-M, M-L
【商品特徴】
■日本製
■表:ポリエステル100% 裏:ナイロン80% ポリウレタン20%
■付属:ポケット挟み込み用生地 1枚(ポリエステル100%)

●パールイズミのホームページ

パンダーニマスクが100デザインを達成して記念セール

イタリア製高級スポーツ生地で作るランニングウエアブランドPandaniのマスクのデザインが100種類になったのを記念して、耳にかける紐のノーマルタイプ(調整タイプもあり)在庫限り500円OFFで販売。紐が調整タイプかどうかの違いだけなのでお得。

ツール・ド・フランスなどの自転車レースで使用されるスポーツ生地を使用。表面は光沢があり高級感もある。UV機能も備え基本的な吸汗速乾性も優れていて、空気の抜けもいいことが特徴。

通気性がよくランニングなどのスポーツ時も呼吸が楽に行えることをコンセプトに生地の選択を行なっている。メインの縦縞の生地はUV効果もあり、運動時のエアロ効果もある生地を使っている。内側はメッシュ生地を使用するものが多い。中にはより激しい運動用の1枚仕立ての物も数種あるという。

サイズ 
・Regular – 顔の大きさ男性M、 Lサイズ。 女性Lサイズの方向き。 
仕様/素材 
・上部分: イタリア製メッシュ生地/ポリエステル94%、 ポリウレタン6%
・下部分: イタリア製エアロ生地/ポリエステル80%、 ポリウレタン20%
種類 
・4デザイン(2020年9月26日現在)
販売価格 
・各2178円(税込み)、 本体価格1980円

VENGA! RUN PANDA! Printed MASK/ペールブルー
CUTIE 70s Printed MASK
Venga! Wappen Printed MASK/PINK
100種類のデザインマスク
100種類のデザインマスク
口を開けるとウォーターボトルの飲み口が入るサイズに開く
エアロ生地を採用

●パンダーニのWebショップ

ブエルタ・ア・エスパーニャが公式マスク…サプライヤー契約

業務用安全用品のパレデス・セグリダード社がユニパブリックと契約を結び、2020ブエルタ・ア・エスパーニャでのマスクと安全靴の公式サプライヤーとなった。

大会のマネージングディレクター、ハビエル・ギレンは、「パレデスのような会社と協力して従業員の保護を行うことは義務だ。私たちは喜び、安心している」とコメント。

職場の安全を専門とするパレデス・セグリダード・プロジェクトは、パレデスグループの一員で、プロの保護機器の国際的ブランドの1つ。2020年大会では、レーススタッフの新型コロナウイルス感染拡大の防止策として、特別な保護靴とFFP2マスクを使用する。

マスクは、独自の研究所によって国際的に認定された高品質の材料を駆使して最大限の保護を確保。すべての欧州連合の要件を満たしているという。

通常のマスクは3〜4層の構造だが、二重保護と5層を有するのが特徴。安全性のレベルを大幅に向上させる特別なフィルターとレイヤーで構成されているという。

●パレデス・セグリダードのホームページ

ツール・ド・フランス最終日の選手らが人種差別抗議マスク

テニスの全米オープンで優勝した大坂なおみ選手同様に、ツール・ド・フランス最終日となる9月20日、出場選手が人種差別抗議を訴えるマスクを着用してスタート地点に登場。「サイクリングの世界でも人種差別をなくそう」と世界に訴えた。

B&Bホテルズ・ビタルコンセプトのケビン・レザ(フランス) ©A.S.O. Alex Broadway

パリ・シャンゼリゼにゴールするツール・ド・フランス最終日、出場選手は新型コロナウイルス感染拡大の防止策としてレース前後での着用を義務づけられたマスクに#notoracism(人種差別はノー)というスローガンを手書きした。

コロナ禍の厳戒態勢の中で開催された自転車競技界のメージャーレースで人種差別に対する連帯を示すためのものだ。

ユンボ・ビスマのワウト・ファンアールト(ベルギー) ©A.S.O. Alex Broadway

「自転車選手はとても敏感な人々であり、彼らは社会で活動する男性と女性であり、世界じゅうの差別を拒絶する。こういった意見に共感してくれる自転車界であることをうれしく思う」と国際プロサイクリスト協会のジャンニ・ブーニョ会長はマイヨジョーヌを獲得したタデイ・ポガチャルと参加選手全員に拍手を送った。

ロット・スーダルのカレブ・ユアン(オーストラリア) ©A.S.O. Alex Broadway

●国際プロサイクリスト協会のホームページ