超軽量でコンパクトな噂のチューボリートのお値段は

オーストリアの自転車用インナーチューブ、チューボリート(tubolito)がいよいよ日本に入荷した。取り扱いは自転車関連輸入商社のマルイ。最も軽いモデルは23g、コンパクトに携行でき、しかも優れた耐パンク性能を発揮する。

Sチューボリートはこんなにコンパクト

オレンジ色をしたポリウレタン製の最新モデル。バルブ部分もオレンジ色のプラスチックで、軽量化を追求。700C、バルブ長42mmのSチューボロードは重量わずか23g。チューブが極めて薄いので予備チューブとして丸めて携行する際はとてもコンパクトになる。

これだけ薄いとパンクが心配になるが、突起物で突き刺した際の耐パンク性能は従来モデルの2倍という自社性能結果がある。

右の2つはSチューボロード(ディスクブレーキ専用)、その左はチューボロード、左は専用のパンク修理パッチ

ディスクブレーキ専用のSチューボロード(バルブ長 42mm、60mm)は肉厚0.15mmで、4800円(税別)。チューボロード(バルブ長 42mm、60mm)は肉厚0.3mmで、4300円(税別)。極めて高価だが、パンクしにくいので長持ちすることが期待できること、パンク修理の出費と作業時間が抑えられることがメリット。

チューボリート(tubolito) チューボロード 仏式(Tubo Road) 700×18-28C

価格:4,411円
(2019/4/27 21:55時点)
感想(0件)

IS-Xノロクローザー…進化銀と純水のみから作られた制菌・消臭剤

KOKORO CARE(ココロケア)ブランドのIS-Xノロクローザー(商品名IS-Xナノクローザー)は正絹織物の精錬加工など生地仕上業のプロフェッショナル企業、高橋練染が開発した「進化銀」と純水のみから作られた制菌。消臭剤。その強力な除菌力で菌に由来するニオイを、菌自体を除菌することで、根本からニオイを撃退する。

IS-Xノロクローザー

よく耳にする「抗菌」とは細菌を防臭する程度に菌が増えるのを抑えること。それに対し「制菌」とは雑菌をそれ以上増やすことなく、菌数を減少させることが可能な医療や介護の現場でも使用される能力を備え、制菌をうたえるSEKマークを取得している。

またスプレーボトルから噴射された「進化銀」はイオン誘導により菌に引き寄せられて菌に命中し、素早く除菌。その即効性には多くの体験者から驚きの声が上がっている。さらに塗布後に水分が蒸発しても進化銀が塗布面に残ることで効果が持続するため、強力な抗菌力が持続する。

またIS-Xノロクローザーの成分は進化銀と純水のみなので、塩素系やアルコール系と異なり有害ガスが出ることもなく、アルコールのアレルギーも心配する必要がないので、家庭で使用するエアコンのフィルター、マスク、テーブルや床、洗濯層、おもちゃやぬいぐるみ、自動車のマットなど、赤ちゃんやお年寄りがいる家庭も安心して使用できる。

自転車業界での取り扱いは自転車関連輸入商社のマルイ。300mlが1600円(税別)、30mlが740円(税別)。

●メーカーホームページ

IS-X ノロクローザー 300ml【3990円以上送料無料】

価格:1,706円
(2018/8/14 13:10時点)
感想(0件)

⚫関連ニュース

魔法びんのグローバル企業サーモスから自転車用ボトルの新色登場

⚫最新ニュースへ

自転車用アクセサリーのトップブランド、トピークから待望のiPhone X用ケース

自転車用アクセサリーのトップブランド「トピーク」から待望のアイフォーンX用ケース「ライドケース iPhone X用」が登場した。iPhone Xの特徴を活かしつつ、屋外で自転車に装着しての使用を想定し、ルックスと実用性を両立したスタイリッシュなスマートフォンケース。

ライドケース本体は耐衝撃性に優れたエンジニアリングプラスチックとラバーを巧みに組み合わせ、万一の落下時の衝撃を軽減するコーナー部のバンパーや、縦置き・横置きが可能なフリップスタンドを装備している。本体裏にはライドケースマウントへの装着マウントを設け、ライドケースセットに付属のライドケースマウントの他、各種の別売りライドケースマウントを活用し、バイクライディング時だけでなく幅広い場面で活用が可能。

またiPhone Xの特徴であるワイヤレス充電にも対応している。

セットに付属のアルミ製ライドケースマウントは、バイクのステムキャップやステム胴に取付け、無段階の角度調節と90度ずつの回転が可能で、ライダーの好みに応じたセッティングができる。

ライドケース セット(iPhone X用) 
5500円(税別)ライドケースマウント付属
ライドケース 単体(iPhone X用) 
3500円(税別)エンジニアリングプラスチック/ラバー(本体)、アルミ/エンジニアリングプラスチック(ライドケースマウント)。149x76x14㎜(ケース)。32g(ケース)

トピークのホームページ

●関連ニュース

トピークが高性能フロアポンプ、ジョーブロー スポーツⅢなどを発売

●最新ニュースへ

サーモスの自転車用ステンレスボトルをインプレッションしてみた

世界で初めて真空断熱製魔法瓶を製品化したことで知られる魔法びんのグローバル企業サーモス。注目されている自転車用ステンレスボトル「真空断熱ストローボトル FFQ-600」をチェックしてみた。

サーモスの自転車用ステンレスボトル。レッドカラーは最新色

まず日常生活で使えます。冷蔵庫で冷やしたミネラルウォーターを入れて外出すれば、その日ずっと冷たいままで飲めます。麦茶やスポーツドリンクも可。ただしクール専用なので、ホットドリンクは不可ということだ。クーリング性能を発揮させるためにステンレス鋼を二重構造化して真空断熱層を作っている。重量は270gなので通常ボトルよりも重いが、内容量600mlのドリンクを入れてボトルに差せばまったく気にならない。

走行中の操作も慣れれば困ることはない。リリースボタンをプッシュするとストローが飛び差してくるのでそれを口に運べばいい。ストローは底まで届いているので、顔を上向きにしてボトルからドリンクを絞り出さなくてもいい。ちょうど指がかかる位置に滑り止めの樹脂製リングがボトルを一回りしているので、落としやすいということもない。

ただしボトルケージ材質との相性があって、カーボンケージはガタガタしてしまう。ボトルケージのデザインによってはホールド力が不十分かもしれない。そんなときは「100均」などで売っているドア緩衝材などを使用。半円形をしたソフトクッションあるいはその端切れをケージの内側など要所に貼り付ければガタガタする音がなくなり、衝撃による不意の落下も防止できる。

最近の日本は猛暑になりがちで、照りつける日差しを長時間浴びていると精神的に不安になってしまうことも。そんなときに冷たい水を飲めばスーっと落ち着くことがある。氷を入れれば数時間経過しても氷がなくならないほどの保冷力。きっとサイクリストの味方になってくれるはずだ。

石畳などの路面ではカタカタとボトルがケージにふれる音がするので、緩衝材などで消音する必要がある

カラーはステンレスブラック、ステンレスホワイト、ステンレスレッド。3600円(税別)。取り扱いは自転車用品輸入商社のマルイ。

サーモス社ホームページより

【特急】サーモス 真空断熱ストローボトル FFQ-600 600ml

価格:3,499円
(2018/4/30 23:16時点)
感想(1件)

●関連ニュース

GarminのGPSデバイスがGPSを使わずしてできる5つのスゴ技

●最新ニュースへ

魔法びんのグローバル企業サーモスから自転車用ボトルの新色登場

世界で初めて真空断熱製魔法瓶を製品化したことで知られる、魔法びんのグローバル企業として名高いサーモス。2017年に発売されて好評の自転車用ボトル「真空断熱ストローボトル FFQ-600」の新色ステンレスレッドが発売された。従来カラーはステンレスブラック、ステンレスホワイト。取り扱いは自転車用品輸入商社のマルイ。

真空断熱ストローボトル FFQ-600は、サーモスならではのステンレス製魔法びん構造の高い保冷力と、さまざまなケージにフィットするφ73㎜のボディ、飲みやすさを追求したストロータイプの自転車専用ボトル。容量600cc。重量は270g。3600円(税別)。

サーモス真空断熱ストローボトル FFQ-600の詳細サイト

●関連ニュース

リーズナブル価格ながら使いやすくて定評のギザプロダクツがサイト開設

●最新ニュースへ