アレクサンドル・クリストフがアブダビツアー第1ステージを制して首位に

自転車ロードレースの最高カテゴリーである「UCIワールドツアー」に組み込まれた5日間のステージレース、第4回アブダビツアーが2月21日にUAEで開幕。第1ステージはUAEエミレーツに所属するアレクサンドル・クリストフ(ノルウェー)が集団スプリント勝負を制して優勝。欧州チャンピオンジャージを着用するクリストフは、前週のツアー・オブ・オマーンに続く勝利。チームの拠点となるUAEでシーズン2勝目を挙げた。総合成績でも首位に立った。

アブダビツアー第1ステージを制したアレクサンドル・クリストフ ©LaPresse – Massimo Paolone

アブダビツアー第1ステージ ©LaPresse – Fabio Ferrari

「先日開催されたドバイツアーでも調子がよかったが、勝利まではあとわずかだった。次のツアー・オブ・オマーンも初日からいい感じだったが、勝利は最終日まで待たなければならなかった」とクリストフ。
「中東で3週間にわたって滞在してレースをこなすことは、これから始まる欧州での春のクラシックの準備のために重要だ。いつもボクはグランツールのあとに絶好調になるからね」

2018年のアブダビツアーはクリストフが苦手とする個人タイムトライアルが組み込まれていて、「総合1位の座を守るのは難しいが、挑戦してみたい」と意欲を見せた。

アブダビツアー第1ステージのスタート前 ©LaPresse – Massimo Paolone
アブダビツアー第1ステージを制したアレクサンドル・クリストフ
アブダビツアー第1ステージで首位に立ったアレクサンドル・クリストフ

活躍が期待されていたディメンションデータのマーク・カベンディッシュ(英国)は正式スタートとなる0km手前、ニュートラル走行中に落車。2017ツール・ド・フランスの落車時に痛めた部分と同じ場所を強打して、リタイアを余儀なくされた。

アブダビツアー第1ステージのパレード走行中に落車してリタイアを余儀なくされたマーク・カベンディッシュ ©LaPresse – Fabio Ferrari

●関連ニュース

カベンディッシュがアブダビツアー第1ステージのパレード時に落車リタイア

●最新ニュースへ

マーク・カベンディッシュ、ツール・ド・フランス最多勝と東京五輪の金が集大成

毎週金曜日にカラー5段特集「自転車で行こう」を掲載するスポーツ新聞「東京中日スポーツ」は。2月16日付けの紙面でマーク・カベンディッシュをクローズアップしている。ツール・ド・フランス最多勝利記録まであと4勝。集大成は2020東京オリンピックの金メダル。今季すでに1勝で、ケガに泣いた昨年の白星に並んだ。復活にかける「マン島超特急」を紹介。

2017ツール・ド・フランスで落車骨折。その翌日のスタート地に姿を見せたマーク・カベンディッシュ

ドバイツアー第3ステージを制したマーク・カベンディッシュ

2017ツール・ド・フランスさいたまで日本のファンと交流するマーク・カベンディッシュ ©Yuzuru SUNADA

東京中日スポーツは1部130円で、首都圏と静岡県東部・山梨と新潟の一部エリアで駅キオスクやコンビニなどで購入できる。1カ月以内のバックナンバーなら208円(130円+送料78円)で郵送してもらえる。
東京中日スポーツのバックナンバー購入方法

●関連ニュース

カベンディッシュがゴール勝負を制す…ドバイツアー第3ステージ

●最新ニュースへ

カベンディッシュがゴール勝負を制す…ドバイツアー第3ステージ

マーク・カベンディッシュ(英国、ディメンションデータ)が2月8日に行われたドバイツアー第3ステージをゴール勝負で制した。総合成績では前日に2位につけていたエリア・ビビアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)が首位に立った。

ドバイツアー第3ステージを制したマーク・カベンディッシュ

「今日はとてもいい感触だった。トラックレースではビビアーニのスピードにかなわないので、最後の最後まで背後に追従して、絶好の位置からスパートをした」とカベンディッシュ。
「シーズン序盤に勝利をものにするのはいいことだ。この1勝でボクは昨年の勝利数と同じ数に並ぶことができた。昨年7月のツール・ド・フランスでの落車の影響は身体のいくつかにまだ残っている。多分残りの人生もそれを感じない日はないと思う。いつもの7月にはほど遠いが、今のコンディションには満足している」

首位のリーダージャージを着ていたディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)はレース途中で機材故障の自転車を交換。先行していた集団に復帰する際にチームカーを風よけにして走行した時間が容認できないほど長かったため、20秒のペナルティを受けて首位を陥落した。

ドバイツアー第3ステージでメカトラブルに陥ったディラン・フルーネウェーヘン

●ドバイツアーの公式SNS
www.dubaitour.com
Facebook page
Instagram account
Twitter page
YouTube Channel

ドバイツアー第3ステージ ©LaPresse – Fabio Ferrari

●関連ニュース

ビビアーニが29歳の誕生日を勝利で飾る…ドバイツアー第2ステージ

ドバイツアーにキッテル、カベンディッシュら強豪選手が集結…2月6日開幕

2月6日から10日までUAEで開催される5日間のステージレース、ドバイツアーの出場選手リストが発表された。カチューシャ・アルペシンのマルセル・キッテル、ディメンションデータ・ケベカのマーク・カベンディッシュが出場し、優勝候補の最有力となる。

マーク・カベンディッシュ(ディメンションデータ) ©ANSA/CLAUDIO PERI
マルセル・キッテル(カチューシャ・アルペシン) ©ANSA/CLAUDIO PERI

トレック・セガフレードはジョン・デゲンコルプを起用。UAEエミレーツのアレクサンドル・クリストフはヨーロッパチャンピオンジャージを着用して登場する。バーレーン・メリダはエースのビンチェンツォ・ニーバリ。クイックステップフロアーズはエリア・ビビアーニ。ロットNLユンボはディラン・フルーネウェーヘン。コフィディスはナセル・ブアニ。シーズン序盤としてはスーパースターがそろい、沿道をにぎわせるはずだ。

アレクサンドル・クリストフ(UAEエミレーツ)©Lorenzo Fizza Verdinelli/BettiniPhoto
ディラン・フルーネウェーヘン(ロットNLユンボ) ©Cor Vos/BettiniPhoto
ジョン・デゲンコルプ(トレック・セガフレード) ©Luis Angel Gomez/BettiniPhoto
エリア・ビビアーニ(クイックステップフロアーズ) ©Dario Belingheri/BettiniPhoto
ナセル・ブアニ(コフィディス ©Schamps/BettiniPhoto
ビンチェンツォ・ニーバリ(バーレーン・メリダ) ©Ilario Biondi/BettiniPhoto

●関連ニュース
2月開催のドバイツアーでキッテルとカベンディッシュが激突へ

2月開催のドバイツアーでキッテルとカベンディッシュが激突へ

2月6日から10日まで開催されるドバイツアーに16チームが出場する。1月15日に主催者が発表した。ワールドツアー9チーム、プロフェッショナルコンチネンタル5チーム、コンチネンタル1チーム、UAEナショナルチームが参戦する。1チームは7人編成で、中東の平たんコースで開催されることから、スプリンターに有利で、2017年はマルセル・キッテルが総合優勝した。

2017ドバイツアーを制したマルセル・キッテル

出場チームはアスタナ(カザフスタン)、バーレーン・メリダ(バーレーン)、BMC(米国)、クイックステップフロアズ(ベルギー)、ディメンションデータ・ケベカ(南アフリカ)、カチューシャ・アルペシン(スイス)、ロットNLユンボ(オランダ)、トレック・セガフレード(米国)、UAEエミレーツ(UAE)がワールドツアーチーム。コフィディス(フランス)、ラリーサイクリング(米国)、ノボノルディスク(米国)、ウィリエールトリエスティーナ・セッレイタリア(イタリア)がプロフェッショナルコンチネンタルチーム。コンチネンタルチームのミッチェルトン・バイクエクスチェンジ(中国)とUAEナショナルチームがこれに加わる。

カチューシャ・アルペシンのマルセル・キッテル、ディメンションデータ・ケベカのマーク・カベンディッシュの参戦が予定され、優勝候補の最有力となる。トレック・セガフレードのジョン・デゲンコルプ、UAEエミレーツのアレクサンドル・クリストフも強豪スプリンターだ。

2017ドバイツアー

●関連ニュース
ドバイツアーの2018コース発表…強豪スプリンターが総登場の予感