ユンボ・ビスマが最速タイム…第77回ブエルタ・ア・エスパーニャ開幕

第77回ブエルタ・ア・エスパーニャは2022年8月19日にオランダのユトレヒトで開幕。第1ステージは距離23.3kmのチームタイムトライアルが行われ、史上初の大会4連覇をねらうプリモシュ・ログリッチ(スロベニア)を擁するユンボ・ビスマが優勝。集団の先頭でゴールしたロベルト・ヘーシンクが地元オランダ開催の大会で最初に深紅のリーダージャージを着用した。

マイヨロホを獲得したヘーシンク ©Charly López

マイヨロホを着て故郷の大地に立つことは、夢が叶ったようなものだ…ヘーシンク

「本当に信じられない。ボーイズ(アシストのチームメート)に本当に感謝している。彼らはとてもクレイジーに強かった。マイヨロホを着ることになって本当に感謝している。それは間違いなく私のキャリアのハイライトの1つだ」とヘーシンク。

「中間計時で速いということは確認していたが、最後までたどり着かなければならない。チームタイムトライアルではなにかが起こる可能性があるが、このグループには強い選手がたくさんいるので、このチームは確実に勝つ可能性があると分かっていた。

今大会のチーム戦略は、プリモシュのライバルたちを徹底マークすることだ。通常、私の仕事はチームを助け、プリモシュを助けること。ここ数年助けてくれてありがとうとプリモシュは言ってくれたが、この戦略はベストだと思う。マイヨロホを着て故郷の大地に立つことは、夢が叶ったようなものだ」

2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第1ステージ ©Charly López

ヘーシンクはマイヨロホを着用するに値ある選手…ログリッチ

「素晴らしい気分。ボクはそれが当然のことだと思う」とヘーシンクに先頭を譲ったログリッチ。大会史上初の4連覇を狙うログリッチは、首位とタイム差なしの総合2位という絶好のスタートを切った。

「今日は大勢の観客とチームと一緒にスタートすることができて本当によかった。みんな完璧な仕事をしてくれたので、楽しかった。今日は勝てるくらいコンディションがよかった。

あと20日。ヘーシンクが最初にフィニッシュラインを越え、最初のリーダーになったが、彼はそれに値するからだ。彼と一緒に長年レースをするのは喜びだ。彼はボクに多くのことを教えてくれたし、オランダ選手がいるホームチームとして勝つのはとてもうれしい」

2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第1ステージ ©Charly López

第1ステージ結果

1JUMBO – VISMA00H 24′ 40”
2INEOS GRENADIERS00H 24′ 53”+ 00H 00′ 13”
3QUICK-STEP ALPHA VINYL TEAM00H 24′ 54”+ 00H 00′ 14”
4TEAM BIKEEXCHANGE-JAYCO00H 25′ 11”+ 00H 00′ 31”
5UAE TEAM EMIRATES00H 25′ 13”+ 00H 00′ 33”
6GROUPAMA – FDJ00H 25′ 18”+ 00H 00′ 38”
7BORA – HANSGROHE00H 25′ 21”+ 00H 00′ 41”
8TREK – SEGAFREDO00H 25′ 22”+ 00H 00′ 42”
9BAHRAIN VICTORIOUS00H 25′ 22”+ 00H 00′ 42”
10MOVISTAR TEAM00H 25′ 23”+ 00H 00′ 43”
11ASTANA QAZAQSTAN TEAM00H 25′ 26”+ 00H 00′ 46”
12TEAM DSM00H 25′ 33”+ 00H 00′ 53”
13AG2R CITROEN TEAM00H 25′ 35”+ 00H 00′ 55”
14EQUIPO KERN PHARMA00H 25′ 37”+ 00H 00′ 57”
15ALPECIN – DECEUNINCK00H 25′ 43”+ 00H 01′ 03”
16ISRAEL-PREMIER TECH00H 25′ 44”+ 00H 01′ 04”
17EF EDUCATION – EASYPOST00H 25′ 59”+ 00H 01′ 19”
18TEAM ARKEA – SAMSIC00H 26′ 05”+ 00H 01′ 25”
19INTERMARCHE – WANTY – GOBERT MATERIAUX00H 26′ 05”+ 00H 01′ 25”
20EUSKALTEL-EUSKADI00H 26′ 12”+ 00H 01′ 32”
21LOTTO SOUDAL00H 26′ 29”+ 00H 01′ 49”
22COFIDIS00H 26′ 30”+ 00H 01′ 50”
23BURGOS-BH00H 26′ 38”+ 00H 01′ 58”
オランダのユトレヒトでブエルタ・ア・エスパーニャが開幕 ©Charly López
イネオスグレナディアーズはユンボ・ビスマに続く2位 ©Sprint Cycling Agency

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)ロベルト・ヘーシンク(オランダ、ユンボ・ビスマ)
マイヨベルデ(ポイント賞)設定なし
マイヨルナレス(山岳賞)設定なし
□マイヨブランコ(新人賞)イーサン・ヘイター(英国、イネオスグレナディアーズ)

ユンボ・ビスマがチームタイムトライアルを制し、セップ・クスがシャンパンをまき振るう ©Charly López

⏩第2ステージにすすむ

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャの公式サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのfacebook
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのtwitter
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのinstagram

ブエルタ・ア・エスパーニャを見ようと多くのオランダ人が集まった ©Charly López

トム・デュムランが活動休止…苦悩の末に幸せを求めて

2017ジロ・デ・イタリア総合優勝者、30歳のトム・デュムラン(オランダ、ユンボ・ビスマ)がレース活動を休止すると1月22日夜に決意。チームは本人が活動休止をコメントする動画を23日に収録し、即日発表した。

トム・デュムラン ©LaPresse – D’Alberto / Ferrari / Paolone / Alpozzi

デュムランが決断したのはスペインのアリカンテで行われていたチームキャンプのまっただ中。ここ1年間、自転車選手として活動することが苦しくなってきた。それはここ3カ月でさらに強くなっていった」とデュムラン。

「チームにいい成果をもたらしたい。チームメートが活躍してほしい。自分自身の妻や家族にも幸せを感じてもらいたい。だったらなにをすればいいのか? いつも自問自答してきたが、明らかな答えを見つけるにはレースばかりに忙殺されて、しっかりと道を見つけることができなかった。

「もう私はなにをするべきかが分からなくなってしまった。それは幸せとはかけ離れた生活だと感じた。そんな状況をリセットしたいから、私はしばらくレースを離れようと思った」

活動休止期間は未定だが、苦悩の末に決断したデュムランは「次の朝はとても気持ちよく目を覚ますことができた」とコメントしている。

●ユンボ・ビスマのホームページ

トム・デュムランがユンボ・ビスマへ…ログリッチェとタッグ

オランダのトム・デュムランが2020シーズンから母国オランダのユンボ・ビスマに所属することが8月20日に同チームから発表された。3年契約。チームサンウェブとの契約が終了することは8月19日にチームが発表していた。

トム・デュムラン ©LaPresse – D’Alberto / Ferrari / Paolone / Alpozzi

デュムランは2017ジロ・デ・イタリアの総合優勝者。さらに同年、ベルゲンで開催された世界選手権では個人タイムトライアルで世界チャンピオンになった。ユンボ・ビスマには2018ツール・ド・フランスで総合4位になったプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア)がいるが、デュムランとともにツートップとして走ることになる。

ログリッチェがデュムランを制してUAEツアー第6ステージ優勝 ©LaPresse – Fabio Ferrari

デュムランとログリッチェは個人タイムトライアルに強く、上りもスペシャリストに負けない実力を備えたオールラウンダーとして、2018ツール・ド・フランス、2019ジロ・デ・イタリアなどで常にライバルとしてつばぜり合いを展開してきた。

●ユンボ・ビスマのホームページ