チームユーラシアiRCタイヤサイクリングアカデミーが参加者募集

チームユーラシアiRCタイヤサイクリングアカデミー2022が男子ユース選手(U17、U19、U23)を対象に、夏休み期間を使った欧州遠征の参加者を募集している。

ユーラシアiRCタイヤ

アカデミーではベルギーを拠点にユースカテゴリーのレース参加をサポートしている。レースに出場するだけでなく、集団内での位置取り、トレーニングの組み方、またトレーニング・レースにかかわらず走行中の事故を低減させるための指導に力を入れている。

参加カテゴリーは2004年から2007年生まれ

U17(2006年1月1日~2007年12月31日生まれ)とU19(2004年1月1日~2005年12月31日生まれ)のカテゴリーが対象。インターハイの開催時期を考慮し、7月20日前後出国のグループと8月10日以降出国のグループに分ける。

出場レース数について。U17は週に2レースまで、U19は週に3レースまでと規則があり、約2週間の滞在でU17は4レース、U19は5レースを予定。しかし、Covid-19の影響で、レース数が減っていることとベルギー選手のエントリーを優先させる規則があるため、予定通りにレースに参加できない場合もあるという。

参加費(参考代金)は30~40万円。約2週間の生活費、活動費(レースエントリー代含む)、航空運賃代金実費(15~25万円)が含まれる。海外旅行者保険、国際ライセンス発行手数料などは含まれない。遠征の時期により航空運賃が大幅に変わる。


募集人数
7月出発グループ U17合計4~6名
8月出発グループ U19合計4~6名

申し込み期限
5月8日 申請書送付期限(メール)

サイクリングアカデミーへの参加は、まず申請書の請求をする。参加の可否は「申請書」により申し込みをした後に選考が行われて連絡がある。その後、誓約書へ記入・送付し、正式にメンバーが決定する。申請書の提出段階ではまだ参加が決定しない。 5月10日を目途に選考の結果知らされるが。

問い合わせ・申請書の請求先
teameurasia2009(アットマーク)gmail.com
橋川健

協賛として高木秀彰サポートプログラムとiRC TIRE 井上ゴム工業

自転車専門フォトグラファー高木秀彰さん

この活動は2017年に急逝した自転車専門フォトグラファー高木秀彰氏の「若い選手を応援したい」という願いと遺族、関係者の支援による「高木秀彰サポートプログラム」と、若手自転車選手育成を目指す「iRC TIRE 井上ゴム工業」のサポートによりTeam Eurasia – iRC TIREが運営する。

iRCタイヤバーチャルレース参加者募集…参加無料で賞品も

ZwiftのMeetUp機能を使ったバーチャルレース風イベント、iRCタイヤチャレンジが再開する。5月5日に行われた第1シリーズ、6月16日から行われた第2シリーズに引き続き、12月29日から全4戦でiRCタイヤチャレンジ第3シリーズを行う。

iRC タイヤチャレンジ第3シリーズ

日程
2020年12月29日(火)
2021年1月5日(火)、1月19日(火)、2月4日(木)

参加資格
1995年1月1日以降に生まれた健康な男子選手・女子選手

参加費
無料

賞品
4戦を通じた総合成績、山岳賞、スプリント賞、がらぱ賞(女子)敢闘賞を通し獲得したiRCタイヤポイントに応じて、iRC タイヤカタログ商品の中から好きなタイヤをプレンゼント。

エントリー方法、ルールなどは以下のリンクで確認

注意
ZwiftでのMeetUpはレースとしての機能はなく、着順はつかない。主催者側が映像や参加選手の走行データを確認して順位をつけるので、Zwiftの公式上ではリザルトが残らない。また可能な限り着順を残すが着順が不明な場合も起こる。その場合は同着とする場合がある。


問い合わせ先
teameurasia2009(アットマーク)gmail.com

主催
チームユーラシア-iRC TIRE
協力
日本学生自転車競技連盟
DJがらぱ
協賛
iRC TIRE

●チームユーラシアiRCタイヤの詳細ページ

iRCチャレンジはZwiftを使ったレース風トレーニング…参加者募集

オンラインを使った会議やトレーニングなど新たな取り組みが盛んに行われている。レース再開の目途も立たず目標やモチベーションを失いがちな選手も多い現在、普及が進んでいるZwiftのMeetUp機能を使ったレース的イベント「iRCチャレンジ」が開催される。その参加者を募集している。

Zwiftinsiderの画面

各選手のモチベーション維持のみならず、日本中にいる隠れた素質の選手の発掘や、集団走行を苦手とし結果を出せない選手の自信回復など、各選手が実名で参加することで多くの作用が生まれると確信しての試み。主宰はチームユーラシアiRC タイヤの橋川健監督。5月5日から毎週火曜日の午後6時。全6回を開催予定。

iRCチャレンジは週1回の定期開催

5月5日午後6時(2019 UCI Worlds Harrogate Circuit 13.8㎞ X3周 41.4㎞)
5月12日午後6時(以降は後日公開)
5月19日午後6時
5月26日午後6時
6月2日午後6時
6月9日午後6時

参加資格
U19(ジュニア)とU23選手
実名+チーム名で参加すること
当日朝に体重を証明すること

定員100名
参加費無料
注意
MeetUpは本来レースとしての機能はなく、着順はつかない。主催者側が映像や参加選手の走行データを確認して順位をつけるので、Zwiftの公式上ではリザルトが残らない。

参考 4月29日に行われたテストライドリザルトとレポート

テストライド映像

詳しくは
http://teameurasia.hatenablog.com/entry/2020/05/02/223613
ライブ配信 がらぱチャンネル

ユーラシアIRCタイヤが広島中央森林公園でサイクリングアカデミー

チームユーラシアIRCタイヤが2020年も愛媛県今治市を中心に2月7日から16日まで合宿を行い、この合宿期間中となる2月8日(土)に広島のファンへの感謝の気持ちを込め、株式会社ネストロジスティクスの後援により、ロードバイクの講習会を行う。

講習会は初心者を対象とした「セーフティスクール」と中級者から上級者のレース参戦を前提とした「レーシングスクール」の2部構成。1部のみの参加も可能で、両方の参加も可能。料金は変わらず。

2019年は初心者向けに「安全に走る集団走行」に関する講習会を行ったが、今回の「セーフティスクール」は自転車専用コースを使い、一般公道では経験できない集団走行や先頭交代など実践的な講習内容に。また「レーシングスクール」では広島のコースの攻略法について地元の大町健斗と橋川健が中心となり指導を行う。2020年の全日本選手権ロードレースはこのコースで行われる可能性が高い。

株式会社ネストロジスティクス プレゼンツ サイクリングアカデミー@広島中央森林公園
開催日 2月8日(土)
場所 広島中央森林公園自転車コース
集合場所 中央森林公園サイクルセンター周辺
参加費 1000円 大学生以下500円(当日会場支払い) パンダカライダーは無料
(中央森林公園サイクリングコース使用料込み 駐車場代金は含まず 保険は各自で加入を

申し込み
当日エントリー可
事前に teameurasia2009@gmail.com まで連絡。当日は班分けなどを行うためにも簡単なアンケートと誓約書を記入。メールで事前に済ませることを推奨。事前エントリーした場合において万が一連絡なしでキャンセルした場合も料金は発生せず

各自で用意するもの
ロードバイク、へルメット、グローブ、昼食(午前と午後参加する場合)、防寒具、健康保険証(万が一事故が発生した場合に備えて)

雨天時はスクール中止
しかしユーラシアメンバーは雨天でもサーキットでトレーニングを行うので一緒に走ろう。ユーラシアメンバーのトレーニングメニューに合わせたペースとなる。参加費は無料だが、各自保険などへの加入が必要

セーフティスクール(初心者向け)
9:00集合 9:30スタート 12:000まで
集団走行の経験の少ないライダー向けの実走を中心としたセーフティースクール。
フルブレーキング、コーナリング、ドラフティング、集団走行、先頭交代など

レーシングスクール(中級者~競技者向け)
13:00集合 13:30スタート 16:00まで
※フルブレーキング、コーナリング、先頭交代、広島森林公園のコース攻略法
スクール終了後解散

欧州同世代と引き離されていく危機感…ユーラシアIRCが11シーズン目活動へ

チームユーラシアIRCタイヤが2020年シーズンの活動を始める。半数の選手がU23として4年目となり、大きな節目となる年。彼らがエリート1年目となる2021年に欧州で自立できるのか? これまでやってきたことがはっきりする1年となると考えているという。

バナー提供 岸工業(広島)

「2019シーズンに所属した日本人6選手はみなサイクリングアカデミー出身メンバー。当時右も左も分からなかった高校生たちが2019年は右も左も分からない高校生たちを指導している事に大きな成長を感じている」と橋川健監督。

一方で、「レースの成績は個々で成長を感じられたことはありましたが、チーム全体としてはもっと成長していかなくてはならない」という。「はっきりと言えば、欧州の同世代のトップ選手から引き離されていると感じています」

「言葉で危機感を持てというのは簡単だが、目標と現在位置をしっかりと見定めて、目標に向かって近づいていけるように私も選手も全力で戦います」

チームユーラシアIRCタイヤ2020年所属メンバー

2020年は以下の継続5名+新規3名の合計8名でレース活動を行う
鈴木史竜 (1998年4月生 静岡)
大町健斗 (1998年4月生 広島)
花田聖誠 (1998年7月生 神奈川)
吉岡拓也 (1998年11月生 福井)
山岸大地 (1999年9月生 神奈川)
以上継続メンバー

以下は新規メンバー
古林一夢 (2001年4月生 石川)
鳥海祐甫 (2003年1月生 東京 ジュニアカテゴリー)
寺澤アンドリュー(2000年5月生 長野 八戸学院大学所属)

古林は2016‐2018年にサイクリングアカデミーに参加し、2016年にはU17カテゴリーで10位に入賞している。また鳥海も2019年にサイクリングアカデミーに参加。U17カテゴリーの4レースに参加し3位、6位、7位に入賞を果たした。

寺澤は八戸学院大自転車競技部に所属している。2019年6月に行われた熊野合宿に参加し、実力をアピールした。2020年は八戸学院大で学連登録を行ったまま、チームの合宿、欧州遠征に参加。

2020スケジュール
2月6~16日  チームトレーニングキャンプ (愛媛県今治市大三島)
3月上旬     渡欧 レース参戦
4月15~19日  アルデンチャレンジ(5日間のステージレース)
5月      合計10~15戦 参戦後 帰国
5月28~31日    ツールド熊野
6月1~10日  チームトレーニングキャンプ (和歌山県新宮市)
全日本
7月      下期欧州遠征
中旬~     チームユーラシア-IRCタイヤ サイクリングアカデミー
8月      高木秀彰 サポートプログラム
       (欧州遠征の費用の一部~全額をサポートします
        東フランダース1周レース
9月末     欧州遠征終了
10月      ジャパンカップ オープンレース
太文字の活動はチームに所属していない選手も参加が可能。詳細は後日公開

高木秀彰サポートプログラムで欧州遠征を行った川崎三織。UCIレースで9位に入賞した

チームジャージ刷新、一般販売で活動費に補充

2020年はジャージのデザインを大きく変更。まだ細かい部分の変更があるというが、このデザインで進行している。2019年の協賛スポンサー企業は2020年も継続してサポート。

2019年のジャージの売り上げは101万3040円となり、ジャージの売り上げに協力してくれた選手に個別に還元し、収益の全額をチームの活動費として使用。
2020年ジャージもジャージの販売を行う。サプライヤーはブルガリアに本社を置き、多くの欧州ウェアブランドの委託生産を行うDOLTCINI(ドルチーニ)。2020年も収益の全額をチームの活動費として使用する。

価格 
半袖 15,984円
長袖 15,984円
ベスト 15,984円
ミッドシーズンジャケット 23,760円 (冬用)
コンビ エアロスーツ 31,968円 (ロードレース用 ワンピース)
ビブパンツ 15,984円
送料 一律1,000円(梱包代込み)
サイズチャートと詳細

問い合わせ先 teameurasia2009@gmail.com

締め切り 2020年1月5日24時
受け渡し 3月初旬~中旬に国内より発送予定